フォト
無料ブログはココログ

2022年1月16日 (日)

あおによし音楽コンクール奈良

あおによし音楽コンクール奈良の奥谷友子さんが先日来られ、楽しいお話を伺いました。
フェースブックで過分にご紹介されましたので、ブログでも紹介させていただきます。

あおによし音楽コンクール奈良のホームページです⇒https://aoniyoshimc.com/

271747637_2413458658784078_1351074076336

 

【地元奈良からのご支援】
本日は主催するあおによし音楽コンクール奈良に平素よりご支援頂く、明治4年創業、器まつもり取締役社長の松森重博様にご挨拶に伺いました。
松森様には奈良ロータリークラブ様で卓話の機会も頂き、今月は大和高田ロータリークラブ様、来月は大和郡山ロータリークラブ様からも卓話にお声がけ頂き、大変有り難く思います☺️
松森社長は奈良の文化を発信するブログ、『鹿鳴人のつぶやき』でも、奈良の文化や魅力発信を頂き、商店街など地域経済活性化にも大変ご尽力頂いています。
本日は奈良市もちいどの夢CUBEに伺いチーズカフェsoanでランチを頂きました。
こちらでは、松森様が中心となられ、起業家を支援され商店街の活気と存続に大きな貢献をなさっておられ素晴らしい成功を収めておられます。
ソアンは、万葉時代の飛鳥の高級食材であったチーズ蘇(そ)と庵でsoanと名付けられたようで素敵なお名前です!奈良の大学にいらしたオーナー町田美保様が、東京から引っ越され奈良で頑張っておられて奈良県民としても嬉しく思います。
ラザニアが挟まれたボリューム満点のランチで美味しくおなかいっぱいになりました✨

『あおによし』は奈良の枕詞です。地元奈良のみなさまの応援もあってのことで、心強いです。
コロナが落ち着いたら沢山の地元奈良県民にも演奏会をお聴き頂けるよう願っています。

今年は予選を奈良、大阪、京都、兵庫、名古屋、広島、東京で開催します。

奈良から全国へ音楽が広がるよう発信して参りますので、第9回もご支援をどうかよろしくお願いします😌

 

2022年1月15日 (土)

二つの歌

中学以来の友人のK君が二つの歌を送ってきてくれました。二つともなかなか良い歌だと思います。
以下のYOUTUBEで聴くことが出来ますので紹介させていただきます。

さだまさし&楊姫銀「人生の贈り物~他に望むものはない」
https://youtu.be/ZszWKP2Hhf4

Dsc_1980
Dsc_1981

すぎもとまさと「銀座のトンビ」
https://youtu.be/-AKVgIe7-7o

2021年11月26日 (金)

FMラジオ 原田莉奈さん

車でFM・NHKを聞いていたら、原田莉奈さんと聞こえて、聞いていたら、やはり奈良県出身、東京藝大大学院の原田さんのお話とピアノ演奏が流れてきました。

奈良の青丹よし音楽コンクールで優秀な成績で入賞されていて、奈良ロータリークラブで青丹よし音楽コンクール代表の奥谷友子さんの講演のつぎにみごとなピアノ演奏をしてくれた人です。

ピアノは2歳半から、絵を描くことも好きで、ピアノの演奏と共に過ごしたとのことです。高校で京都の堀川高校の音楽課程にすすみ、高校3年生のときピアノコンクールで優秀な成績から東京藝大を現役で入学したとのこと。

いろいろな楽しいお話とピアノ演奏がありました。

シューマン、リストの3曲の演奏です。今後ドイツ留学も目指して勉強中とのことでした。

わたしはNHK番組を30分ほど、車も止めて聞きました。

28日まで,NHKの以下のホームページで、お話とピアノ演奏を聴くことが出来ます。

/www.nhk.or.jp/radio/player/ondemand.html?p=5674_01_3741879

P1110175

2020年6月 奈良ロータリークラブ例会にて原田莉奈さん。奈良ホテル大和の間。

2021年11月20日 (土)

12月5日 「第9」コンサート

Img899_20211109113601

DMG MORI やまと郡山城ホールは開館して20周年ということです。響きの良いホールとして有名です。

コロナ禍の中、密にならないように気をつけて、開館20周年記念の「第9のコンサート」が12月5日に開かれます。

コーラス陣は少人数で絞り込まれています。わたしも誘われてベースのパートで久しぶりに歌う予定です。楽しみにしています。

 

2021年11月 7日 (日)

11.13 NARA CROSSOVER

Img897_20211107161801

(画像をクリックすると拡大します)

シンガーソングライターの氷置 晋さんたちが、11月13日平城宮跡歴史公園、朱雀門ひろばでメイドインならの音楽フェスティバルを行うとのこと。

主催者の想いを以下のようにつづっています。

「この1年半の間、何度も動き出そうと試みましたが、度々やってくる「感染拡大」の波にのまれ、音楽活動を継続するモチベーションを保つことすら難しい日々が続いていました。

そんな中でも配信ライブに切り替えてみたり、技術の研鑽に励んでみたりと、なんとか活動を続けてきました。でも、何かが足りない・・・。

音楽は楽しいはずなのに、足りないものがあるのです。
こんなにモヤモヤするなら、いっそのこと音楽を辞めて新しい仕事を、と思い悩むくらいに、何かが決定的に不足していました。

それは「わくわく感」でした。
未曾有の事態の中、僕だけではないと思いますが、ずいぶん長い間「何かにわくわくする感覚」をすっかり失ってしまっていたのです。

自分はシンガーソングライターとして一人で歌うことが多いですが、もともと音楽の道に入ったきっかけが路上でのチャリティライブだったこともあって、大勢のミュージシャンの人たちと集まって演奏をするのが大好きです。
それが自分にとってこんなに大切なことだったなんて、コロナ以前は思いもしませんでしたが、当たり前にできなくなったことで「自分が音楽を好きな理由はこれだったのか」と、初めて痛感しました。

このままではいけないと思い、「この秋にみんなで集まって何かしよう」「自分がわくわくできることをしよう」と、このイベントを主催することを決めました。

地域との連携についてや、「困っている誰かのために」など、イベントの意義について色々と考えたりもしましたが(もちろん結果的にそうなったら嬉しいですが)、本当は自分自身が「わくわくしたい」という、とても個人的な理由で企画したイベントです。」

今の自分が「一緒に音楽がしたい!」と心から思う音楽家たちに声をかけさせていただきました。当日はきっと自分自身が誰よりも一番楽しんでいるに違いありません。
その楽しさが、観てくださる方たちにも伝わってくれたらいいなと思っています。

企画が動き出してからは、世の中の状況的にも難しい部分がたくさんあり、野外で(しかも世界遺産で)イベントを主催するのも初めてのことなので、実現できるかわからない不安は多々ありましたが、いつの間にか、自分の中に少しずつ「ワクワク」が戻ってきていることを感じました。
「これでまだ音楽を続けられる」と心から思いました。

僕が自分らしく生きていくために本当に必要だったのは、本番に向けて、何かを準備したり企画したり、大勢の人たちと一緒に動いていくエネルギー、仲間と一緒に音を奏でる「わくわく感」、そしてそれを聴いてくれる方たちの拍手、それら全てが合わさって初めて完成する「生のライブ」でした。

このイベントに関わってくださる全ての皆さまの心に、少しでも「ワクワク」が戻ってくるような一日になればと、強く思っています。

奈良ミュージックデザイン 氷置晋」

ホームページです⇒https://shinhioki.com/

 

2021年10月 4日 (月)

氷置 晋さんのコンサートへ

Img813_20210913162501_20211002145901

茜さす昼のならまちコンサートを聴いてきました。

シンガーソングライターの氷置晋さんのクラシックです。

ピアニストの川上ミネさんのご紹介で、発声を習っているテナーの松原 友さんとの競演でした。

とても素晴らしいコンサートでした。

新しいことにどんどんチャレンジは大したものです。

これからもがんばっていただきたいと思います。

 

この日のプログラムです。

Img831

また、この日も氷置晋さんが歌われた歌の一部がYOUTUBEにアップされています。

 

【シンガーソングライターがクラシック歌曲を本気で歌ってみた】

 

フニクリフニクラ(イタリア語)
https://www.youtube.com/watch?v=J6rSv6FVnV4&t=0s

 

フニクリフニクラ(若草山バージョン)

https://www.youtube.com/watch?v=XYzS-loLYlI

 

帰れソレント

https://www.youtube.com/watch?v=bB_1g-50Igc

 

夢のあとに

https://www.youtube.com/watch?v=6IE20gbmmPA

 

2021年9月16日 (木)

10月3日、氷置晋さんのコンサート

かねてクラシックのボイストレーニングを受けていると聞いていた、シンガーソングライターの氷置晋さんですが、

10月3日(日)、奈良市ならまちセンター市民ホールでコンサートを開くとのことです。

ボイストレーニングを受けているテナーの松原 友さんらとご一緒とのこと。

氷置 晋さんはイタリアのカンツォーネなどを歌うそうです。

10月3日(日)14時30分開場。15時開演。

 

Img813_20210913162501

Img814_20210913162501

2021年5月 6日 (木)

大人の子どもの日、無事終了

Img591_20210504103101

5月5日、万全のコロナ対策のもと、無事終了しました。出演の皆様お疲れさまでした。ご来場の皆様ありがとうございました。

第1部

ヴァイオリン相原瞳さんのバッハの無伴奏ヴァイオリソソナタ1番でオープン。

P1100205

松下寛子さんのベートーベンのピアノソナタ8番「悲壮」。

P1100214

ベートーベンのヴァイオリンソナタ「春」、相原瞳さんとピアノは佐藤明子さん。

P1100219

休憩のあと第2部。

司会は事務局長の駒二三男さん。

P1100232

平井耕三郎の4曲をソプラノ独唱、大原末子さんとピアノ松下寛子さん。

P1100236

ショパンの3曲をピアノ佐藤明子さん。

P1100239

マーラーの「子どもの不思議な角笛」から。バリトン松下伸也さん、ピアノ松下寛子さんご夫妻。

P1100244

第3部

上田清 大和郡山市長がくらしにちょっとクラシック音楽の会を代表してごあいさつ。

 

P1100251

武満徹の作詞作曲の歌3曲。

「小さな空」はYOUTUBEでどうぞ→https://www.youtube.com/watch?v=M7Fk4WeuMP0

ヴォーカルとピアノ氷置 晋さん、サクソフォンは中村千紗さん。

P1100269

最後、恒例のみんなで歌おう。氷置 晋さんの歌とピアノで。会場の皆さんは心の中で歌いました。

Dsc_1013

P1100276

万全のコロナ対策のもと、無事終了しました。来年は5月4日にまた会いましょう、ということです。

きょうのプログラムから。(クリックすると拡大します)

東大寺長老、筒井寛昭会長のご挨拶です。

Img20210506_02422036

大和郡山市長、上田清さんの言葉です。

Img20210506_02430157

きょうの熱演のPROGRAMでした。

Img20210506_02433791

〈追記)奈良新聞は5月7日付で伝えています。

Img598_20210507145001

 

 

2021年4月20日 (火)

氷置晋 農沢明大 バスターミナル・コンサートへ

Dsc_0956

4月17日、夕方6時から奈良公園バスターミナルで氷置晋 農沢明大のコンサートがありました。

お二人の個性が発揮されたコンサートで大いに楽しむことができました。

音楽は、ふだんのお二人の専門は、氷置晋さんはピアノ、ギター、ボーカル、そして農沢さんはヴァイオリンです。

この日は、氷置晋さんは、このコロナ禍の中、クラシックの高名な先生について、昨年来はじめてボイストレーニングをしたということで、

カンツォーネの「帰れソレントを、イタリア語で朗々と歌いあげました。(伴奏は農沢さん)

農沢さんは、かつて国際的な口笛コンテストで2位をとったという、口笛をピアノ伴奏で吹きました。高音もきれいに吹かれさすがのものでした。さらに氷置晋さんの歌を力強いピアノ伴奏をしたり、「ゆず」の歌を歌いました。(とても高い声が出ていました)

多才な芸をおふたりは見せてくれました。

そして、合間にお二人の奈良女子大附属の中学高校以来19年にわたるエピソードが語られました。なかなかの武勇伝もありました。

これも興味深く、新しい漫才コンビのように思えました。

アンケートの結果、好評につき、おふたりのバスターミナル・コンサートは第2回目も開催されるようです。

Img20210418_05503625 Img20210418_05520321 Img20210418_05513510

2021年4月 9日 (金)

第8回あおによし音楽コンクール

第8回を迎える、あおによし音楽コンクールの案内です。案内を頑張っておられる、奥谷友子実行委員長から頂きました。

プロフェッショナルステージは、ピアノ、ヴァイオリン、声楽

一般ステージは、弦楽器・管楽器・ピアノ・声楽。

エントリー受付期間は、3月1日から7月31日まで。

ホームページは、→https://aoniyoshimc.com/

 

 

Img558

Img559

より以前の記事一覧

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31