フォト
無料ブログはココログ

2018年4月 2日 (月)

4月ならシネマテーク

Img493

4月のならシネマテークは、6,7,8日です。場所は、3月に引き続いて、奈良もちいどのセンター街にあるきらっ都・奈良の3Fです。

きらっ都・奈良のHPです→http://machinara.jp/

以下は、ならシネマテークのHPから。

カンヌ、ベネチア、ベルリンの世界三大映画祭での受賞経験を持つ名匠ジャファル・パナヒ監督によるユニークな人生賛歌。2015年 ベルリン国際映画祭金熊賞受賞作品。

映画を愛する人、ものづくりに関わる人、
そして壁に立ち向かうすべての人々に贈る、奇跡の人生讃歌

イラン政府への反政府的な活動を理由に、2010年より"20年間の映画監督禁止令"を受けながらも、パヒナ監督はタクシー運転手に扮して、情報統制下にあるテヘランの街に暮らすさまざまな境遇の客を乗せる。死刑制度について議論する教師と路上強盗、監督志望の大学生、金魚鉢を抱えた2人の老人など、個性豊か。彼らとの対話から、テヘランに生きる市井の人々の人生模様や、リアルなイラン社会が浮かび上がってくる。

開催日時
4月6日(金)10:00 / 14:00 / 19:00

4月7日(土)14:00 / 18:00

4月8日(日)11:00 / 15:00
開催場所
きらっ都奈良 3F
奈良市橋本町3-1

*会場にならシネマテーク専用駐車場はございません。
料金
入場料: 一般 1,000円

割 引: 奈良市民 500円

奈良市内勤務 500円

60歳以上 500円

学生 500円

ハンディキャップ 500円(同伴者1名様まで同額)

*各種証明書の提示が必要です。

 上映1時間前より当日券販売(先着順)

 各回入替制

*シネマテーク会員様・レッドカーペットクラブ会員様は会員証提示でどの作品を何度でも見放題
追記
2015年/イラン/カラー/82分/日本語字幕付き
監督:ジャファル・パナヒ
原題:TAXI
出演:ジャファル・パナヒ
配給:シンカ
提供:東宝東和 協力:バップ

主催:なら国際映画祭実行委員会
後援:奈良県・奈良市・奈良市教育委員会・奈良女子大学

2018年3月17日 (土)

なら国際映画祭のレッドカーペットクラブ会員募集

Img492


2年に一度のなら国際映画祭の年になりました。9月20日から24日に開催ということです。
ただいま、2018年度レッドカーペットクラブ会員の募集をされています。
毎月のならシネマテークで映画を見ることも出来ます。おすすめです。

Img491

なら国際映画祭のHPです→http://nara-iff.jp/

2018年3月 2日 (金)

3月のならシネマテーク

3月のならシネマテークです。3月9日から11日まで、場所は奈良もちいどのセンター街にある「きらっ都・奈良」です。映画は「さざなみ」。

妻の心はめざめ、夫は眠りつづける―――

自然豊かな田舎で2人暮らしの仲睦まじい夫婦ジェフとケイトは、週末の土曜日に結婚45周年の記念パーティーを控える。しかし月曜日、ジェフ宛にある手紙が届いたことで、彼らの土曜日までの6日間は、45年の関係を大きく揺るがしていく――。

開催日時
3月9日(金)10:00 / 14:00 / 19:00

3月10日(土)14:00 / 18:00

3月11日(日)11:00 / 15:00

HPです。→ならシネマテーク

Img450

2018年2月27日 (火)

岡潔先生のドラマ「天才を育てた女房」

8ffdd4052c5a45ac883bf1b4309ec83a
先日放送されたもと奈良女子大学の数学者、岡潔先生のドラマ「天才を育てた女房」
は見逃したのですが、友人がWEBで見る方法を教えてくれました。早速みることができました。
「3月31日までTverで配信されている
様です。見逃された方は以下のリンクからどうぞ」とのことです。

https://tver.jp/episode/40625085

2018年2月14日 (水)

映画「東大寺修二会を支える裏方・童子 野村輝男の世界」

P10105861
以前、長年にわたる東大寺修二会の映像を編集され上映された、大和郡山の黒田敏彦さんのお水取りの映画を拝見したことがあります。前回もたいへんな人気でした。 

その黒田さんが、参籠53回(すなわち53年)、童子(どうじといっても子供ではありません。練行衆の身の回りのお世話から、おたいまつなどいろいろな修二会の行事を支える人たち)
として長年、東大寺修二会を支えてこられた野村輝男さんに焦点をあてて作られた映画の上映会です。

3月10日(土)上映2時から、やまと郡山城ホール(大ホール)にて。(入場整理券持参の方のみ入場可とのことです)
申込の締め切りは2月15日までハガキでということです。お急ぎください。

2018年2月 8日 (木)

2月9日-11日ならシネマテーク

Img365

2月のならシネマテークは2月9日から11日。

「ハッピーエンドの選び方」

エルサレムの老人ホームに暮らす、発明好きのヨヘスケル。
ある日、彼は望まぬ延命治療に苦しむ親友マックスから、発明で安らかに死なせてほしいと頼まれる。妻のレバ―ナに猛反対されるが、親友を助けたい一心で、自らスイッチを押して最期を迎える装置を発明する。
秘密だったはずの発明の評判は瞬く間に広がり、依頼が殺到してしまい!?
そんななか、レバーナに認知症の兆候が...。
残された時間と向き合って見えてくる、人とのつながり、人生の輝き。ヨヘスケルとレバ―ナの選択とは―?

場所は、奈良女子大学の講堂です。HPです→HP

2018年1月 7日 (日)

1月12-14日ならシネマテーク

Img364
2018年の最初の、ならシネマテークは1月12日から14日まで。場所は奈良国立博物館の講堂です。葛飾北斎と娘のお栄の物語。「百日紅さるすべり」です。

今日も江戸は、両国橋や吉原、火事、妖怪騒ぎ、など喜怒哀楽に満ちあふれている。
家に集う渓斎英泉や歌川国直と騒いだり、犬と寝転んだり、離れて暮らす妹・お猶と出かけたりしながら、お栄は、父であり師匠でもある葛飾北斎とともに絵を描いて暮らしている。
お栄は、絵に色気がないと言われて落ち込む、絵を描くことはあきらめない。
そして、百日紅が咲く季節が再びやってくる、嵐の予感とともに・・・・・・。

江戸の四季を通して自由闊達に生きる人々を描く、浮世エンターテイメント!
時を超えて現代へ紡がれる人生賛歌の傑作。
悩んでも 落ち込んでも 筆は止めない。

開催日時

1月12日(金)10:00 / 14:00 / 19:00

1月13日(土)14:00 / 18:00

1月14日(日)11:00 / 15:00

開催場所

奈良国立博物館 講堂
奈良市登大路町50番地

 

2017年12月 5日 (火)

12月のシネマテーク

Img227

12月のシネマテークは、『かもめ食堂』12月8日から10日まで。奈良女子大学の講堂にて。

 

かもめ食堂。それは、フィンランドのヘルシンキの街角にある食堂でした。
こころをこめた「いらっしゃいませ」と、おにぎりと。
毎日ふつうで、おいしくて、小さいけれど堂々としていました。

 

日本人女性のサチエ(小林聡美)が始めた"かもめ食堂"になかなか客はやってこない。そんなある日、一人目のお客さん、青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)がやって来て...。 

シネマテークのHPです→http://cinematheque.nara-iff.jp/

2017年11月 1日 (水)

11月のならシネマテーク

Img226

11月のならシネマテークは「ホワイト・ゴッド少女と犬の狂詩曲」です。

 

雑種犬に重税を課すという悪法が施行された、ある街。13歳のリリは理解の無い父親によって愛犬ハーゲンを捨てられてしまう・・・。必死でハーゲンを救うべく探りまわるリリ、そして主人を失ってしまったハーゲンは安住の地を求めて街を彷徨う。人間に捨てられ、裏切られてしまった、かつての"人間最良の友"。ハーゲンは虐げられてきた施設の犬たちを従えて人間に対して反乱を起こすのだった・・・。

 

第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ、パルムドッグ賞をダブル受賞した作品。

11月10日から12日まで。

奈良女子大学の講堂にて。

奈良シネマテークのHPです→http://cinematheque.nara-iff.jp/2017/11/

2017年10月 1日 (日)

10月のならシネマテーク

Img095

10月のならシネマテークは、10月6日から8日まで、『孤独のススメ』です。場所は、奈良もちいどのセンター街のきらっ都・奈良3Fです。

オランダの田舎町、単調で振り子のような毎日を生きる男やもめのフレッド。人づきあいを避けひっそりと生活していた彼の元に、ある日突然、言葉も過去も持たない男テオが現れる。帰すべき家も分からず、やむなく始まった奇妙な共同生活だったが、ルールに縛られていたフレッドの日常がざわめき始め、いつしか鮮やかに色づいていく――。心のままに生きることは難しい、でも大切なものに気づかない人生ほどわびしいものはない。すべてを失くした男が、名前すら持たない男から学んだ幸せとは――?

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30