フォト
無料ブログはココログ

2023年10月24日 (火)

「命の映像詩、やまとの季節」24日、25日、26日、27日、連日放映されます。

391588820_6653967928058238_4293642418340

そして

映像作家保山耕一さんの作品「命の映像詩 やまとの季節 秋から冬へ」が
10月27日(金)午前3:00~午前4:00(60分) NHKBSプレミアムで放送予定です。

堀尾岳行さんの紹介です。
「奈良在住の映像作家・保山耕一さんが撮影した冬から春へのうつろい。
一期一会の映像とピアニスト・川上ミネさんが奏でる楽曲。
響きあう音と光で、季節を感じる映像詩。

藤原宮跡のコスモス、彼岸花・月ヶ瀬・大柳生、藤原宮跡の夜明け、
綿・山の辺の道、安倍文殊院、斑鳩町、彼岸花・御所市、金木犀・平城宮跡、
曽爾高原のススキ、秋の蝶・淨教寺、五條市の秋、元興寺の萩、平城宮跡の秋、
白毫寺の萩、飛火野の秋、不退寺の秋、長岳寺の秋、正暦寺の秋、岡寺の秋、
奈良盆地雲海、矢田寺の紅葉、春日奥山、大仏池の初霜、晩秋の飛鳥川、
朱雀門、初雪・春日大社、山の辺の道・白石町、二上山落日」とのことです。

上記のように保山耕一さんの映像が、NHKで連日放送されますので紹介します。

以下は映像作家の保山耕一氏からのメッセージです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「命の映像詩、やまとの季節」
NHK BSプレミアムにて全4作4夜連続の再放送となりました。
トータルで4時間の映像詩。
ナレーションなし、すべての楽曲は川上ミネさんのソロピアノ曲。

番組へのご感想やご要望は是非ともNHKへお届けください。
NHKへ届いた視聴者のリアルな声が私や川上ミネさんへの一番の応援になります。
SNSに投稿する感覚で一言だけの感想でも大丈夫ですからNHKへ届けてください。あなたの声がNHKを動かすこともあります。
あなたの声には力があるのです。

局内で評価されるのは数字ですから、一人でも多くのご感想を蜘蛛の糸を掴む心境でお待ちしております。
視聴者の方から私に番組のご感想をメールやお手紙で送ってくださることがあります。私にとってすごく励みになり、本当にありがたいです。
ですが、それによって何かが変わるわけではありません。
もし、そのご感想を私宛だけではなくNHKへも送ってくだされば、次につながる力になるかもしれません。
私が最も望んでいる未来につながるかもしれません。

自分の力だけではどうすることも出来ない、でも、皆様のそんな力が集まれば道は出来ると信じたいのです。
きっとこれが私にとって最後のチャンスになると切実に感じています。
厚かましいお願いをお許しください。
どうかよろしくお願い致します。

NHK全国
https://www.nhk.or.jp/css/contact/

NHK奈良局(奈良県在住の皆様は奈良局へ)
https://www.nhk.or.jp/nara/contact/

全国と奈良局、両方に送って下さっても大丈夫です。

2023年7月17日 (月)

神さまのお引っ越し日記 奈良・春日大社

Img700_20230715161601

(画像をクリックすると拡大します)

7月22日(土)NHKBSプレミアム、BS4Kで午後11時から0時30分で配信予定とのことです。

2023年6月15日 (木)

映画 馬場あき子「幾春かけて老いゆかん」

Mv_n1760

 

幾春かけて老いゆかん 歌人 馬場あき子の日々
2023年 / 日本 / 113分 / ヒッチハイク 配給

 

監督田代裕

 

語り國村隼

 

音楽渡辺俊幸

 

公式サイトhttps://www.ikuharu-movie.com/

 

本作は93歳から94歳にかけて歌人、馬場あき子の1年を見つめたものである。

 

本作は93歳から94歳にかけて歌人 馬場あき子の1年を見つめたものです。少女時代から短歌に親しみ、19歳で短歌結社「まひる野」に入会。以後、教員として戦後民主主義教育の現場にも身を置きながら経済復興による創造と破壊や60年安保などを駆け抜け、うつろな豊かさに至るまでの日本を見つめて1万首以上の歌を詠んでいます。歌への傾倒と同時に、初めて「隅田川」を観たことをきっかけに能の喜多流にも入門。80過ぎまで自ら舞い、新作能も書き下ろしてきました。精力的に活動する一方、親、夫、そして歌の仲間や能の友たちは、一人また一人と先立っていきます。今、馬場の胸に去来する思いとは…。

大阪・十三で上映されている第七芸術劇場のホームページから転載させていただきました。

http://www.nanagei.com/mv/mv_n1760.html

 

封切りの映画館での馬場あき子さんと監督さんのお話⇒https://www.youtube.com/watch?v=qoKI1bQaFxY

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(以下、先日の日経新聞夕刊 有料電子版より転載させていただきます。)

 

歌人・馬場あき子の日常を記録したドキュメンタリー映画「幾春かけて老いゆかん」が公開中だ。2021年秋の「馬場あき子全歌集」出版から間もない93歳から94歳の1年に密着し、歌壇の第一人者の人生観に迫る。

 

朝日歌壇の選者として投稿歌を一瞬で見定めえり分けていく様子、主宰する結社の歌誌「かりん」のオンライン編集会議、自身が書き下ろした新作能「利休」申し合わせ(リハーサル)の立ち会いと、コロナ禍にあっても精力的な日々をカメラは追い、随所に歌を差し挟む。タイトルは代表歌〈さくら花幾春かけて老いゆかん身に水流の音ひびくなり〉からとっている。

 

公開に先立つ本紙のインタビューでは、自身の「題材」について「大きな世界の中で貧しくなっていく日本、人間も粗雑になっていく日本、その日本で生きている自分を感じるわけ。そういうなかで目の前にあるものがどんな位置を保っているのかを考える。すると花一つからでも、それを背景に見えてくるものがある」と話した。映画には〈使ひ捨てのやうに手荒く棲(す)んでゐる地球さびしく梅咲きにけり〉などの歌が引かれる。

 

戦火を生き、安保闘争ではデモに加わりと、時代の軌跡と重なる半生を送ってきた。「女性の生き方には大変なものがあったけれど、60年前はがんばれば良い世の中が来るという希望があった。今の歌人をかわいそうに思う。今は、歌いにくい時代です。複雑で、どこをどう愛したらいいかとても難しい」

 

そんな令和の世にあって、「短歌ブーム」をどう見るのか。「短歌はモノローグ。さみしいからモノローグで本当のことがいいたくなる。心にわだかまるひそかな思いや憎しみ、愛をつぶやくことによってなぐさめられる」。反対に経済が豊かな時代には「心を述べなくていい」俳句がはやったと振り返る。

 

「でも私は絶望はしないの。自分がいままで生きてきた強さがある。がれきから太陽が出て、がれきに沈む風景をもう見ているのだから」。凜(りん)とした声でそう語った。

 

(桂星子)

2023年6月14日 (水)

17日ブラタモリ、「吉野」

Dsc_1654

6月17日(土)午後7時30分から、  NHK総合テレビのブラタモリは「奈良県 吉野」とのことです。

「奈良・吉野~なぜ桜といえば吉野なのか?~」
今回の舞台は吉野。桜の季節にはおよそ40万人が訪れる言わずと知れた花の名所はどう生まれたのか?タモリさんがブラブラ歩いて解き明かす
▽一目千本!山全体が桜一色に!

「ブラタモリ#238」で訪れたのは奈良・吉野。
旅のお題「なぜ桜といえば吉野なのか」を探る
▽始まりは修験道!根本道場のご本尊と桜の関係とは
▽人々の“祈り”が山を桜で埋め尽くした?
▽カギは北斜面!山の地質と参詣道の向き…桜の名所は偶然が生んだ?▽門前町をブラブラ!ほら貝を発見したタモリさんが…?
▽花の下にて春死なん…吉野の桜を全国に広めた人物とは▽現代の花見の先駆け?秀吉が開いた前代未聞の大イベント!

2023年4月26日 (水)

5月のならシネマテークは椿井小学校にて

こんにちは。なら国際映画祭です。いつも応援ありがとうございます。
イベント情報のご案内を配信いたしますとのニュースが届きました。

342030342_976928787009755_41006505709201

2023年ならシネマテーク5月の上映会を開催します。
作品は『くちびるに歌を』です。今月は、椿井小学校にて開催いたします。場所が変更となっておりますのでご注意ください。
お席に限りがございますので、お早めにご予約をお願いいたします。

 

https://nara-iff.jp/cinematheque/2543/

 

『くちびるに歌を』

 

長崎県・五島列島の中学校。ある日、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ手紙を書く課題を出す。そこには、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩みと秘密が綴られていた。その手紙は悲しい過去からピアノを弾けなくなっていた柏木の心を動かして……。

 

アンジェラ・アキの名曲「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」を
モチーフに生まれた中田永一の小説を、新垣結衣の主演で映画化。

 

 

監督:三木孝浩『陽だまりの彼女』『ホットロード』
原作:中田永一(「くちびるに歌を」小学館刊)
出演:新垣結衣、木村文乃、桐谷健太
配給:アスミック・エース
© 2015 『くちびるに歌を』製作委員会 ©2011 中田永一/小学館

 

【日時】5月4日(木・祝) 9:45 / 13:30 (30分前受付・開場)
5月5日(金・祝) 9:45 / 13:30 (30分前受付・開場)
*5月5日13:30の上映後、Youthトークイベントあります。

 

【場所】椿井小学校 体育館
(〒630-8343 奈良県奈良市椿井町25) (https://goo.gl/maps/XJ5cPURXjN3jT23Q6)
*会場が変更しております!
※シネマテーク用の駐車場・駐輪場はございません。

 

【料金】
中学生以下無料 (無料チケットもご予約をお勧めいたします)
当日券 一般1,000円
奈良市民・奈良市内勤務・60歳以上・学生・*ハンディキャップ
(*の同伴の方一名様まで同額)割引として500円
上映30分前より当日券販売(先着順)

 

各回入替制
予約優先
前売り券(予約):https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02r7s73mbyy21.html
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により日程、会場等の内容を予告なく変更する場合があります。ご来場の前に必ず公式サイトをご確認ください
https://nara-iff.jp/

 

https://youtu.be/BkF_28NOgnk 
予告編

 

2023年3月23日 (木)

BS4K 保山さん 3月24日25日「水のささやき」

堀尾岳行さんからご紹介いただきました。

の保山耕一さんの、NHK・BS・4Kでの2晩連続の放送です。

わたしは始めBSの2つを探したのですがありませんでした。BS・4Kという録画予約できました。

このところ、保山耕一さんの映像がNHKで深夜放送されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映像作家保山耕一さんの「やまとの季節 二十四節気 水のささやき」シリーズ

立春から大暑まで12作が
3月24日(金)午前0時00分~午前1時00分(60分) NHKBS4Kで一挙放送予定です。

奈良在住の映像作家・保山耕一さんが撮影した一期一会の映像と
ピアニスト・川上ミネさんが奏でるオリジナル楽曲。
響きあう音と光で、季節を感じる映像詩。

Hoyamasan_20230316151601_20230319135601

映像作家保山耕一さんの「やまとの季節 二十四節気 水のささやき」シリーズ

立秋から大寒まで12作が
3月25日(土)午前0時00分~午前1時00分(60分) NHKBS4Kで一挙放送予定です。

奈良在住の映像作家・保山耕一さんが撮影した一期一会の映像と
ピアニスト・川上ミネさんが奏でるオリジナル楽曲。
響きあう音と光で、季節を感じる映像詩。

2023年3月19日 (日)

【速報・BSプレミアム2夜連続放送】

映像作家 保山耕一さんからの速報が届きました。

Hoyamasan_20230316151601_20230317111201

【速報・BSプレミアム2夜連続放送】
番組名「命の映像詩 やまとの季節」
副題
●春から夏へ
3月21日(火)前1:30~2:30 ※20日深夜
●夏から秋へ
3月21日(火)前2:30~3:30 ※20日深夜
●秋から冬へ
3月22日(水)前1:30~2:30 ※21日深夜
●冬から春へ
3月22日(水)前2:30~3:30 ※21日深夜

2023年3月 1日 (水)

1986年 真珠の小箱より お水取り

Dsc_1163_20230221172701

3月になりました。きょうから東大寺修二会も本行です。

1986年の近鉄提供の人気番組、真珠の小箱で、お水取りがアップされていますので紹介させていただきます。

https://www.youtube.com/watch?v=E3_ElwyJGJA

2023年2月24日 (金)

27日、八嶋智人さんのNHKファミリーヒストリー

Img119_20230224100101

タレントで大活躍中の八嶋智人さんのNHKファミリーヒストリーの放送が近づいてきましたので、ご紹介します。

八嶋智人さんは奈良市出身の奈良市観光特別大使です。
奈良女子大学の附属小学校から中学高校まで在学、
中学高校では水泳部に入り、部長も務めたとのことです。

NHK総合テレビで、八嶋智人さんをテーマにした「ファミリーヒストリー」という番組が、2月27日(月)午後7時57分から放送されるそうです。よかったら録画するなりして、ご覧ください。

(以下NHKのHPより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「俳優・八嶋智人〜純愛にあふれた母 東大寺との縁とは〜」
初回放送日: 2023年2月27日

数々のドラマでユーモアあふれる役どころを好演してきた八嶋智人。その明るさは母から、好奇心は父から受け継いでいた。父は古墳の堀を泳いだり、体育館の屋根でスキーをして怒られたやんちゃ者。父方祖父も剛の男で稼ぎもよかったが、戦争から帰ると生活が激変する。母方祖父は1270年以上続く東大寺の修二会(お水取り)で大切な役割を担い、仏の精神に触れてきた。母も苦しい時期に東大寺で働くことになり、元気を取り戻す。

2月27日(月)午後7:57 ほか 放送予定へ

2023年2月 4日 (土)

2月12日 保山耕一さん上映会の案内

2月12日の保山耕一さん上映会の案内が届きました。まだ席はあるようです。ぜひお出かけください。

昨年8月から、毎月私も短歌で出演させていただいています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月12日(日)
奈良公園バスターミナル東棟2階レクチャーホール
会場:13時30分 開演:14時
大人3,000円、学生500円、全席指定、当日精算
コロナ感染予防対策として入場者数を減らして開催します。

■第一部、14時〜
ならどっとFM「岡本彰夫の奈良、奥の奥」公開収録
提供:株式会社淺沼組

■第二部、15時30分〜
映像作家保山耕一作品上映会
※お客様にもれなく萬葉ラムネをプレゼント。
チケットウェブ予約
https://event.nara.jp/sp/feb
お問い合わせ、チケット予約
hozan4kmovie@gmail.com

【出演者】
ゲスト:松田大児(画家)
司会:中川直子(ならどっとFM)
出演:岡本彰夫
出演:松森重博(歌人)
出演:西山美穂(萬葉ラムネ)
出演:竹田博康(奈良県地域デザイン推進局)
朗読:上本京子
歌:大垣知哉
歌:檜垣里枝子
ピアノ:すみかおり
ギター:牧野由希子
バイオリン:秦進一
パーカッション:森内清敬
ワールドシップアンサンブル
バイオリン:農澤明大

328136377_735950597831423_17471780003637

より以前の記事一覧

2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31