フォト
無料ブログはココログ

2018年11月28日 (水)

12月の奈良シネマテーク

Img114

陽光きらめくフレンチアルプスで、家族4人の楽しいバカンス... のはずが、家庭崩壊の危機!?

 

スマートなビジネスマンのトマス、美しい妻のエバ、そして娘のヴェラと息子のハリーは、一家そろってフレンチアルプスにスキー旅行にやってくる。しかし、昼食をとっていた最中、目の前で雪崩が発生。幸い大事には至らなかったが、その時に取ったトマスの行動が彼のまとっていた「理想的な家族の父親像」を崩壊させ、妻や子どもたちから反発や不信を買って家族はバラバラになってしまう。

 

開催日時

12月 7日(金)10:00 / 14:00 / 19:00

12月 8日(土)14:00 / 18:00

12月 9日(日)11:00 / 15:00

開催場所

きらっ都奈良 3F
奈良市橋本町3-1

*会場にならシネマテーク専用駐車場はございません。

料金

入場料: 一般 1,000円

割 引: 奈良市民 500円

奈良市内勤務者 500円

60歳以上 500円

学生 500円

ハンディキャップ 500円(同伴者1名様まで同額)

*各種証明書の提示が必要です。

 上映1時間前より当日券販売(先着順)

 各回入替制

*シネマテーク会員様・レッドカーペットクラブ会員様は会員証提示でどの作品を何度でも見放題

追記

2014年/スウェーデン、デンマーク、フランス、ノルウェー/カラー/118分/日本語字幕付き
監督:リューベン・オストルンド
原題:Turist
出演:ヨハネス・バー・クンケ、リーサ・ローヴェン・コングスリ 他
配給:マジックアワー

主催:NPO法人なら国際映画祭実行委員会
後援:奈良県・奈良市・奈良市教育委員会・奈良女子大学・奈良県立大学

 

2018年11月 5日 (月)

11月奈良シネマテーク

Img097

11月9日、10日、11日と3日間、ホテルサンルート奈良で、奈良シネマテークがひらかれます。「独裁者と小さな孫」
HPは→http://cinematheque.nara-iff.jp/

2018年10月20日 (土)

ならシネマテーク10月26日、27日、28日

Img002

10月26日から28日まで、ならシネマテークです。東大寺・金鐘ホールにて。

「しあわせはどこにある」

2018年9月11日 (火)

9月12日夕方のNHKならナビに「ならbonbon」紹介されます

9月12日(水)夕方のNHK奈良のならナビで奈良、もちいどのセンター街のきらっ都・奈良の「ならbonbon」が紹介されるそうです。また14日(金)11時45分からの”ぐるっと関西お昼前”でも放送されるそうです。

ならbonbonは7月9日の当ブログをご覧ください。

http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/onbon-9c38.html

2018年9月 1日 (土)

なら国際映画祭のスケジュール

Img773
20日から始まる、なら国際映画祭のスケジュール表を手に入れました。小さくて見えにくいのですが、画像をクリックすると何とか読めると思います。スケジュール→
22日、春日大社奉納上映の「映像詩・春日大社」のチケットを早速ぴあで手に入れることが出来ました。

Img774
なら国際映画祭のHPです→http://nara-iff.jp/

2018年8月 1日 (水)

8月のならシネマテーク

Img680

8月のならシネマテークは「ラサへの歩き方 祈りの2400km」です。

チベット、カム地方マルカム県プラ村。ニマの家では、父親が亡くなり、まだ四十九日が明けず、法事が行われていた。父の弟のヤンペルは、兄のように思い残すことなく自分は死ぬ前に聖地ラサ行きたいと願っていた。ニマは叔父の願いを叶え、叔父を連れ、ラサへ巡礼に行く決意をする。彼らの巡礼のことを知ると、次々と同行を願う村人が集まり、老人、妊婦、そして幼い少女タツォを含め一行は総勢11人になった。村から五体投地で1200km離れた聖地ラサへ、さらにそこから1200kmあるカイラス山への巡礼の旅がはじまる。


開催日時
8月10日(金)10:00 / 14:00 / 19:00

8月11日(土)14:00 / 18:00

8月12日(日)11:00 / 15:00
開催場所
奈良県立大学・1号館301教室

奈良市船橋町10番地

くわしくはHPを→http://cinematheque.nara-iff.jp/

2018年7月 3日 (火)

7月のならシネマテーク

Img591

7月のならシネマテークは、「すれ違いのダイヤリース」です。

 

ソーンはいい奴だけどかなり情けないお気楽男子。恋人に定職を持つように叱られて、仕方なく仕事探しを始めたものの、ようやく見つけた仕事は、電気なし・水道なし・携帯電話もつながらない僻地の水上学校の先生だった......。
赴任したものの、スポーツしか自信がないソーンは毎日失敗ばかり。ある日、前任の女性教師エーンの日記を見つける。そこには、自分と同じように僻地の学校で寂しさを感じ、子供達の教育や恋人との関係に悩む、エーンの正直な心の中が書かれていた。その悩みに共感したり、ある時は教え方を学んだりするうちに、ソーンは会ったこともない彼女に恋してしまう。

 

アカデミー外国語映画賞<タイ代表>作品
タイ・アカデミー賞 最多13部門ノミネート&6部門(脚本賞・編集賞・撮影賞・美術賞・作曲賞・歌曲賞)受賞
英国イーストウェンド映画祭 観客賞

 

開催日時

7月6日(金)10:00 / 14:00 / 19:00

 

7月7日(土)14:00 / 18:00

 

7月8日(日)11:00 / 15:00

開催場所  奈良国立博物館 講堂  奈良市登大路町50番地

2018年6月22日 (金)

映画『VISION』

Img640

いま公開されている河瀬直美監督の「VISION」を見てきました。奈良県の吉野の映像と音楽の美しい映画です。
フランス語、英語のセリフもあり、日本語字幕スーパーもありました。

世界で高い評価を受ける河瀬直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台に、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得したフランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、そして、日本が世界に誇る俳優永瀬正敏をダブル主演に迎えた映画作品。

HPは→http://vision-movie.jp/

ことしは日仏友好160年ということで、ジャポニスムという催しがフランス、パリで開かれます。河瀬監督のこのVISIONも7月に上映されるそうです。たぶん吉野の映像は、フランスでも評判になることでしょう。

ついでながら、春日大社のおん祭りも100人規模でおわたり行列が10月22日頃にパリでおこなわれるとのことです。

ジャポニスムのHPです→https://japonismes.org/

2018年6月17日 (日)

映画『万引き家族』

Dsc_09891

いま話題の是枝監督のカンヌ映画祭の最高賞受賞作を見てきました。
ほんとうの家族が失っているもの、それが家族ではないつながりの「万引き家族」6人にあるというのがひとつのテーマではないかなと思いました。
東京のスカイツリーの見える町での出来事です。

映画のHPです→http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/

2018年6月 6日 (水)

6月のならシネマテーク

Img590

北フランスの大西洋に臨む港町に暮らすマルセル・マルクス。彼はル・アーヴルの駅前で靴磨きを生業とし、妻・アリエッティと愛犬ライカと仲睦まじく穏やかに過ごしていた。そんなある日、港にアフリカからの不法移民が乗ったコンテナが漂着する。偶然にもマルセルは、警察の検挙をすり抜けた一人の少年イドリッサと出会い――。

「街のあかり」「過去のない男」などのフィンランドの巨匠アキ・カウリスマキ監督の作品

開催日時

6月 8日(金)10:00 / 14:00 / 19:00

6月 9日(土)14:00 / 18:00

6月10日(日)11:00 / 15:00

開催場所

奈良国立博物館 講堂
奈良市登大路町50番地

HPです→http://cinematheque.nara-iff.jp/

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31