フォト
無料ブログはココログ

2020年3月10日 (火)

東日本大震災から9年

17768311

3月11日は、東日本大震災から9年です。今年はコロナウィルスということで記念式典も見送りになるとか。決して風化させてはいけないと思います。

そんな中、「Fukushima50フクシマフィフティ」という映画が6日から封切りになりました。いろいろな会合や用事が中止になる近頃ですが、先日、高の原のイオンシネマの夜の部を見てきました。

福島原子力発電所の津波直後を生々しく描いた映画でした。原発を爆発させないように、大気中に圧力を放出する、放射能をまき散らす「ベント」しか選択枝がなく、バルブを開けに行く決死的な作業員の姿などが描かれていました。所長の吉田さんはテレビなどでよくインタビューに応じられていましたが、吉田さん役の渡辺 謙さんらを中心とした人間ドラマでした。首相官邸、東電本社、福島原発の現場とのやりとりなど迫真的でした。
当時の官邸批判大あり、東電本部批判大あり、原発もあり、また大きな東日本の壊滅の危険性もあったが決死的な行動、自衛隊や米軍の助けもあり、大爆発までには至らなかった。幸せな生活が戻ったかのエンディングに感じました。その後どうであったのか、原発はどうなのか。現政権はどうであるのか、そのあたりは?その現場で吉田所長などがんばった人間関係はよく描かれていましたが・・・・。

原発のこと、津波のこと、東日本大震災のことなどいろいろ考えさせられる映画でした。

ちょうどいまのコロナウィルスと通じる点も感じました。せっかくの映画ですが、時節柄か場内は空席が多くありました。しかしながら福島原発のこと、東日本大震災のことなど風化させてはいけないと思います。

 

「Fukushima50フクシマフィフィティ」のホームページです→https://www.fukushima50.jp/

2020年2月28日 (金)

映画「FUKUSHIMA50」封切

1776831

映画、FUKUSHIMA50が3月6日に封切りとなります。東日本大震災から9年たちます。忘れてはいけない原発事故だと思います。今も問題は続いています。

映画のHPです。画像も拝借しました。https://www.fukushima50.jp/

2020年2月 5日 (水)

2月ならシネマテーク

Img771

2月のならシネマテークです。7日から始まります。

誰かを受け入れるとき、そこには希望が生まれる。
内戦が激化する故郷シリアを逃れた青年カーリドは、生き別れた妹を探して、偶然にも北欧フィンランドの首都ヘルシンキに流れつく。空爆で全てを失くした今、彼の唯一の望みは妹を見つけだすこと。ヨーロッパを悩ます難民危機のあおりか、この街でも差別や暴力にさらされるカーリドだったが、レストランオーナーのヴィクストロムは彼に救いの手をさしのべ、自身のレストランへカーリドを雇い入れる。そんなヴィクストロムもまた、行きづまった過去を捨て、人生をやり直そうとしていた。それぞれの未来を探す2人はやがて"家族"となり、彼らの人生には希望の光がさし始めるが...。

開催日時
2月7日(金)11:00 / 14:00
2月8日(土)11:00 / 14:00
2月9日(日)11:00 / 14:00
開催場所
東大寺 金鐘ホール

2019年12月23日 (月)

12月29日、保山耕一さんNHK「こころの時代」再放送されます

P10806111

12月29日(日曜)
午前5時00分~ 午前6時00分
こころの時代~宗教・人生~・選「命の輝きをうつす」
で保山耕一さん再放送されるそうです。

奈良県在住の映像作家・保山耕一さん。末期のがんを抱えながら、毎日、奈良の自然や寺社仏閣を撮影している。その日に撮った映像はすぐさま編集してSNSで発表。「奈良の365日の季節のうつろいを写した作品」は「涙が出る」「神様の気配がする」と静かな反響を呼んでいる。自らの死と向き合いながら、奈良の風景を写し続ける保山さんにレンズの先に見つめる世界について伺う。(2019年2月放送)
【出演】映像作家…保山耕一,春日大社宮司…花山院弘匡,【司会】住田功一
字幕放送

2019年12月21日 (土)

27日から「男はつらいよ50」

Img740 Img741

12月27日から、「男はつらいよ50」お帰り寅さん、のロードショーということです。

HPです→https://www.cinemaclassics.jp/tora-san/50th/

2019年12月12日 (木)

13日から映画「カツベン」ロードショー

Img719

Img720

毎日新聞奈良版の記事です。

「Shall we ダンス?」などの作品で知られる周防(すお)正行監督の最新作「カツベン!」(12月13日公開)で、かつて奈良市中心部にあった映画館「尾花劇場」がモデルの一つになった。無声映画時代に活躍した活動弁士をテーマにした物語で、県内の関係者も公開に期待を高めている。【塩路佳子】
 尾花劇場は猿沢池にほど近い同市高畑町に1920~79年にあり、現在は跡地にホテルサンルート奈良が建つ。同ホテル社長の中野聖子さん(51)によると、明治期に歌舞伎などを公演した芝居小屋「尾花座」が前身で、中野さんの曽祖父が買い取って映画館として開業した。21年には日活映画「実録忠臣蔵」が上映され、興行の成功を記念して掲げられた「奉献額」が今も…

74605577_2561588237242588_85551027594167

映画紹介のページ→https://www.youtube.com/watch?v=Wj546a5frJE

2019年10月 8日 (火)

10月のならシネマテーク

Img606

10月11日から13日まで、チベット映画「草原の河」と以下の映画です。

場所は東大寺金鐘ホールにて。

CINEMA FIGHTERS PROJECT】-----------------------
●11日(金)10:40上映
「パラレルワールド」監督:河瀨 直美/キャスト:山田 孝之、石井 杏奈
 
●11日(金)13:40上映
「キモチラボの解法」監督:A.T./キャスト:EXILE AKIRA、小林 喜日、駒井 蓮、水崎 綾女
 
●12日(土)10:40上映
「Snowman」監督:萩原 健太郎/キャスト:倍賞 美津子、鈴木 伸之、藤井 美菜、村井 國夫
 
●12日(土)13:40上映
「色のない洋服店」監督:齋藤 俊道/キャスト:Dream Ami、鹿賀 丈史 
★☆★追加上映★☆★
「草原の河」上映後
「パラレルワールド」監督:河瀨 直美/キャスト:山田 孝之、石井 杏奈

 

 
●13日(日)10:40上映
「終着の場所」監督:常盤 司郎/キャスト:町田 啓太、玄理
 
●13日(日)13:40上映
「SWAN SONG」監督:落合 賢/キャスト:岩田 剛典、桜庭 ななみ
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

開催日時
10月11日(金)10:40上映+11:00上映 / 13:40上映+14:00上映

 

10月12日(土)10:40上映+11:00上映 / 13:40上映+14:00上映+16:10上映

 

10月13日(日)10:40上映+11:00上映 / 13:40上映+14:00上映
開催場所
東大寺 金鐘ホール

 

HPは→http://cinematheque.nara-iff.jp/

2019年9月 4日 (水)

14日ー16日 なら国際映画祭 プレイベント

Img542

9月14日ー16日 なら国際映画祭 プレイベント2019が開かれます。

14日は14時30分から、ならまちセンターでオープニングがあり、15時から映画上映です。

なら国際映画祭のHPです→http://nara-iff.jp/

Img543

 

 

2019年6月30日 (日)

7月のならシネマテーク

Img457

7月のシネマテークは5日から7日まで。平城宮跡の平城宮いざない館にて。

「ロープ・戦場の生命線」という映画です。

2019年6月12日 (水)

NHK国際放送 保山耕一さん

1668af2dfe54de9cc22143d3f37a2823_large_2

NHKの国際放送で保山耕一さんを捉えた番組が放送されました。しばらく以下のHPで見ることが出来るそうです。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/5003119/?fbclid=IwAR2k3XegWzUhT--mwe6kg3iz7rSqpsFuC4_KFiyWq0ILvG_HJFLPZsx05DQ

より以前の記事一覧

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31