フォト
無料ブログはココログ

2022年1月 6日 (木)

奈良ロータリークラブの初例会へ

6日は奈良ホテルで、奈良ロータリークラブのことし初の例会がありました。

有馬孝清会長のごあいさつ。中野重宏パストガバナーの乾杯などがありました。

Dsc_1983

きょうはお正月で、「七福神」というめでたい舞が元林院の菊乃さんによって舞われました。

七福神ですが、えびすさんだけが出てくるということでした。

一番前のテーブルで拝見できました。

P1140342

P1140323

P1140340

P1140329

P1140313

お正月らしいご馳走をいただきました。

2022年1月 5日 (水)

寅の時

ことしは寅年ですが、

聖徳太子の寅の年の寅の日の寅の時、という話は有名です。それで寅の時とは何時か?ふと疑問に思って調べました。

夜11時から子のとき、1時から丑のとき、3時から寅のときと2時間刻みで24時間を割ることを初めて知りました。

泣く子も黙る丑三つ時とは怪談でよく聞く台詞ですが、1時から3時を4つに分けて、2時から2時半が丑三つ時になるとのことです。

2021年12月 7日 (火)

第9合唱、歌いました。

Img899_20211109113601_20211207112701

Dsc_1768

263407243_189649313375591_28426771738723

12月5日、DMG MORI やまと郡山城ホール20周年記念コンサートがありました。

無事終了しました。
コロナ対策で、正指揮者、オーケストラ、ソリスト陣はステージで、その前の客席に合唱です。そして合唱を指揮する副指揮者がいます。

合唱も密を避けるため、S20,A20,T13,B13,合計66名と少数です。

初めてのシチュエーションでしたが、無事暗譜で歌いきることが出来ました。東京で第9合唱を聴いてちょうど50年になります。

写真の右端で首から上がかろうじて私も写っています。上田清市長と並んで歌いました。

聴いた人の感想ではなかなか良い第9合唱だったとのこと嬉しく思います。

 

2021年11月10日 (水)

奈良どっとFM無事終了しました

256177214_4610104982430982_8525635210051

11月10日、3時からの奈良どっとFMの生放送、無事30分番組が終了しました。もちいどのセンター街マネージャーの前田パーソナリティーの私への質問は、
16年続けている「鹿鳴人のつぶやき」のブログのきっかけ、
短歌のきっかけ、
奈良まほろばソムリエ検定のこと、
明日の奈良の知事表彰のことでした。
あっという間に時間が来て、リクエストしたサイモンとガーファンクルの「明日にかける橋」が流れる中無事終了しました。
ありがとうございました。 

2021年10月29日 (金)

天河弁財天へ 3

P1140013

P1140016

P1140017

神官により正式参拝しました。祝詞奏上そして般若心経も唱えられました。

Img20211026_04485044 Img20211026_04501768

248916160_6338810566194173_1576124894541

無事、雨の中、鳳閣寺、理源大師と箱屋勘兵衛さんのお墓参り、龍泉寺お参り、天河弁財天をお参りすることが出来ました。
予定より早く5時半頃、無事、奈良に帰りました。
そして、もちいどのセンター街の理源大師堂と弁財天に無事お参りできたことを全員で報告しました。

餅飯殿山上講はこの夏の大峰山参拝とともに今年も三社寺を参拝出来ました。

多くの大峰山上講がやや継続が難しくなってきていると聞いてますが、商店街でこうした大峰山をお参りしつづけていることが、長年の商店街の力になっていると一同話しすることでした。さらに、これからの若い人たちの参加を期待したいと思います。

P1140018

この日は雨の一日でしたが、得がたい体験となりました。皆さまありがとうございました。(おしまい)

2021年10月28日 (木)

天川村 龍泉寺へ 2

昼食後、天川村の龍泉寺をお参りしました。

P1140008 P1140006

護摩を焚いて頂いてお参りしました。

P1130949

248366530_6338804476194782_2965226364401

Img20211026_04455486

P1130943

龍泉寺、龍の口伝説。

P1130948

画像はクリックすると拡大します。

P1130945

さて天川村洞川は標高835mもあるそうです。この日は雨で12度くらいしか気温は上がっていなかったようです。

P1140010

 

2021年10月27日 (水)

黒滝村 鳳閣寺へ 1

10月25日。餅飯殿山上講で、吉野黒滝村の鳳閣寺と理源大師と箱屋勘兵衛のお墓参り、天川村の龍泉寺お参り、天河弁財天お参りに参加してきました。

参加はもちいどのの7名。ジャンボタクシーを貸し切りです。

まず8時半、もちいどのセンター街にある理源大師堂、弁財天に参拝して出発。

昨日までの晴れから本日は1日中、残念ながら雨でしたが予定の全員が参加です。

P1130887

10時30分頃、天理市ー桜井市ー明日香村ー大淀町ー下市町を通って吉野郡黒滝村の鳳閣寺へ。

以前に書いた鹿鳴人のつぶやきです。わたしにとって12年ぶりのお参りということがわかります。

http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-ef2e.html

P1130898

黒滝村でもらった以下のハイキング パンフレットに、鳳閣寺、理源大師と餅飯殿のことがくわしく書かれています。(画像はクリックすると拡大します)

Img20211026_05150099

 

P1130896 P1130931

鳳閣寺から雨の山道を歩きました。足下は杉の葉が濡れてややたいへんでした。30分ほど歩いて、理源大師廟へお参り。国の重要文化財です。

P1130908

すぐ傍らの、餅飯殿 箱屋勘兵衛さんのお墓にお参りしました。

P1130911 P1130913  

お墓の三面にくわしく書かれています。お墓は昭和12年に餅飯殿山上講で建てられたと書かれています。

P1130917 P1130916 P1130915

理源大師廟の前で記念撮影。

248398977_6338789226196307_4367756381818

 

2021年9月 7日 (火)

2022年の祝日

本屋の店頭に早くも2022年の手帳がありましたので、早速いつもの手帳を買いました。

Dsc_1396

そして2021年は祝日がずいぶん移動されましたので、改めて2022年の祝日を調べてみました。

知らないうちに体育の日がスポーツの日になっています。

平成の日はありませんが、昭和の日が4月29日に残りました。

2022年1月01日 (土) 元日
1 2022年1月10日 (月) 成人の日
2 2022年2月11日 (金) 建国記念の日
3 2022年2月23日 (水) 天皇誕生日
4 2022年3月21日 (月) 春分の日
5 2022年4月29日 (金) 昭和の日
6 2022年5月03日 (火) 憲法記念日
7 2022年5月04日 (水) みどりの日
8 2022年5月05日 (木) こどもの日
9 2022年7月18日 (月) 海の日
10 2022年8月11日 (木) 山の日
11 2022年9月19日 (月) 敬老の日
12 2022年9月23日 (金) 秋分の日
13 2022年10月10日 (月) スポーツの日(体育の日改め)
14 2022年11月03日 (木) 文化の日
15 2022年11月23日 (水) 勤労感謝の日

9月に入り天候もすっかり秋の雰囲気になってきました。猿沢池から五重塔を望む。9月6日撮影。

Dsc_1394

2021年8月26日 (木)

橋本町御高札場あたり

Dsc_1380

8月25日 橋本町御高札場あたりです。

昨日あたりから、暑さが戻ってきました。10日頃からの梅雨のような長雨にときに豪雨で、ことしはお盆のころではない感じでした。

25日、奈良市では小学校中学校が2学期が始まったとのこと。小学校中学校はしばらく午前中だけのようです。

24日は、パラリンピックの開幕式。

高校野球も無観客で、雨続きで順延が多いことです。

奈良県でもコ感染者がはじめて200人越えたとのことです。

コロナの収束はまだ先が見えません。

あらためて気をひきしめて感染予防をしましょう。

 

2021年4月 3日 (土)

桜満開 カメラ散歩

4月1日(木曜日)はとても良い天気でした。初夏の陽気でした。カメラ散歩です。

奈良ホテルの枝垂れ桜

P1090513

P1090506

東大寺大仏殿 大仏池より

P1090515

東大寺大仏殿と興福寺五重塔 若草ドライブウエイより

Dsc_0855

若草山 三重目 頂上付近より  案外人は登ってこられていました。

P1090534

 

P1090542

御蓋山(みかさやま)

P1090545

P1090546

史跡 鶯塚古墳

P1090559

Dsc_0860

Sp1090578

奥山ドライブウェイー 鶯の滝

P1090570

P1090576

P1090579

春日山石窟仏

P1090581

P1090583

高円山の万葉歌碑

高円の秋野の上の朝霧に妻呼ぶを鹿出で立つらむか(巻20-4319)

訳・高円の秋の野面に立ちこめる朝霧、その霧の中に、今頃は妻呼ぶ雄鹿が立ち現れていることであろうか。

P1090587

P1090590

 

より以前の記事一覧

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31