フォト
無料ブログはココログ

2022年6月26日 (日)

名古屋へ 近鉄特急「ひのとり」にて 百撰会総会と展示会へ。

世の中がコロナ禍を抜け出そうとしているのでは、ということで業界の会合・展示会も2年ぶりに名古屋でひらかれました。時間の余裕もあったので、近鉄奈良駅⇒西大寺⇒大和八木⇒名古屋へ。

最近、近鉄特急のいろいろな新しい車両が話題です。「ひのとり」の先頭車両にうまく予約できました。

八木に到着の「ひのとり」です。

Dsc_2750

先頭車両(プレミアム)は、満席でしたが、1人席でゆっくりと、大和路から伊勢路をすごしました。途中停車は津駅のみ。

Dsc_2753

Dsc_2752

名古屋到着。八木から97分。時間で行くと奈良から京都経由、新幹線が速いのですが、ゆっくりとした旅気分を味わうことが出来ました。

Dsc_2755_20220624133001

Dsc_2757

Img238

プラス乗車券。

(追記)

名古屋での総会でもらった感謝状。記念にアップしておきます。
理事34年、うち理事長10年と。歳月は早い。

Dsc_2775

 

 

2022年6月22日 (水)

市立伊丹ミュージアムへ

せっかく伊丹市に来ましたので、ウォークの解散後、阪急伊丹駅から歩いて7分くらいの、この4月にリニューアルされたという市立伊丹ミュージアムを訪ねました。(JR伊丹駅からも7分くらいとのことです)

Dsc_2741

Dsc_2740

伊丹市博物館から移ってこられたという、行基像を拝見しました。(2F常設歴史コーナーにて)

Dsc_2732_20220619092901

中庭の風景です。

Dsc_2738

石橋家住宅、庭の方から。

Dsc_2737

ミュージアムの外観です。

Dsc_2742

外から見た石橋家住宅と酒蔵。

Dsc_2743

公式サイトです⇒https://itami-im.jp/

ちょうどサンテレビのニュースを伊丹市役所の中畔明日香さんから紹介されました。(5分)

⇒https://news.yahoo.co.jp/articles/0166adf0249ae01512841a050ed9e7b54de3b1bf?fbclid=IwAR3j6icRPgNllrva_BohHGYT9cxTNUagHG00mqmUwYlpl51-e8aMUqzv9WM

そして以前、伊丹バルで来たことがある広場や商店街を通って、阪急伊丹駅へ。

帰りは、阪急伊丹駅から塚口乗り換え、大阪駅へ。

ほぼコロナ明けという感じで、人々が多数まちに繰り出されていました。

伊丹市の崑陽池(こやいけ)から崑陽寺まで行基の足跡をたどる 2

崑陽池から2時間あまり歩いて、最終ゴールの崑陽寺に着きました。

Dsc_2720

仁王門。

Dsc_2718

行基が創立した畿内四十九院のひとつで、西国薬師四十九霊場第十九番札所。西国街道(現・国道171号線)沿いに立つ。

あたりでは一番広いお寺ということです。

本堂。

Dsc_2721

Dsc_2722

Dsc_2723

古いお堂は江戸初期の建立とのことです。

Dsc_2729

行基さんの歌、

山鳥の ほろほろとなく 声きかば 父かとぞ思ふ 母かとぞ思ふ

の歌碑がありました。

薬師寺の高田好胤師の筆とのことです。

 

Dsc_2726

賑やかな伊丹の道路に面しながら、静かで、広い境内でした。

2022年6月21日 (火)

伊丹市の崑陽池(こやいけ)から崑陽寺まで行基の足跡をたどる 1

先日、伊丹市役所の中畔明日香さんから紹介いただきましたので、行基さんのゆかりの崑陽池から崑陽寺をガイドしていただくウォークに参加してきました。

Img233_20220618161201

行基像(伊丹市立ミュージアム)

Dsc_2732

行きはJR伊丹駅から市営バスで集合場所のスワンホールへ。

そして現在の崑陽池。かつてはもっと大きくて、現在の伊丹市役所あたりまでかつては池であったという。

P1160274

今昔MAP情報をいただきました。左が明治時代とのことです。

289283165_557288686030635_12979040582141

ことしの冬はコウノトリも飛んできたということです。

P1160276

上空からは日本列島の野鳥の島が見えるとのことです。そういえば飛行機からもよく見えるという話しを聞いたことがあります。

伊丹空港から近くて、この日は何機もの飛行機を見ました。

P1160285

江戸時代(文化年間)の地図です。

P1160279

P1160281

そして9時半に崑陽池を出発。ガイドさん6人ほどの案内を各所で聞きながら歩きました。参加者は15名くらいでしょうか。

細い道を歩きましたが、かつての西国街道、京都から西宮への道、参勤交代もあったらしく本陣もあり、宿場町だったとのことです。

P1160290

途中有間(有馬)への道とも交差していたとのことです。

P1160309

天神社もありました。(東天神社にて)

P1160299

P1160304_20220618162301

曇り空でやや蒸し暑い日でしたが、2時間ほど西国街道などを歩きました。(続く)

 

2021年10月 2日 (土)

大仙陵へ

堺市まで行ったので、はじめて大仙陵(仁徳天皇陵)に行きました。

P1130622

外濠と内濠の二重になっていることがわかりました。(ほんとうは三重とのことです)大きすぎて近くへ行くとその大きさを実感できませんでした。

墳丘の全長が486m。濠をいれて、南北840m、東西654m、周囲が2718mとのことです。

以前飛行機の離陸の時に見たことがあります。

(画像をクリックすると拡大します)

P1130626

P1130618

P1130624

P1130629

P1130628

 

堺観光ガイド⇒https://www.sakai-tcb.or.jp/spot/detail/126

クフ王ピラミッド、始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓、5世紀中ごろ築造とされ全長約486mの日本最大の前方後円墳。百舌鳥耳原三陵の一つで、墳丘は3段に築成され三重の濠がめぐり10基以上の陪塚があります。

 

エジプトのクフ王のピラミッド、中国の秦の始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓の一つといわれ、上空から見ると円と四角を合体させた前方後円墳という日本独自の形で、5世紀中ごろに約20年をかけて築造されたと推定されています。日本最大の前方後円墳で北側の反正天皇陵古墳(田出井山古墳)、南側の履中天皇陵古墳(石津ヶ丘古墳)とともに百舌鳥耳原三陵と呼ばれ、現在はその中陵・仁徳天皇陵として宮内庁が管理しています。前方部を南に向けた墳丘は全長約486m、後円部径約249m、高さ約35.8m、前方部幅約307m、高さ約33.9mの規模で3段に築成されています。左右のくびれ部に造出しがあり、三重の濠がめぐっていますが、現在の外濠は明治時代に掘り直されたものです。葺石と埴輪があり埴輪には人物(女子頭部)や水鳥、馬、鹿、家などが出土しています。
昭和30年代と最近の調査で造出しから須恵器の甕が出土し、古墳が造られた年代を知る資料として話題になっています。明治5年(1872年)には、前方部で竪穴式石室に収めた長持形石棺が露出し、刀剣・甲冑・ガラス製の壺と皿が出土しました。出土品は再び埋め戻されたといわれていますが、詳細な絵図の記録があり、甲冑は金銅製の立派なものだったようです。
日本最大の前方後円墳にふさわしく、周囲に陪塚と考えられる古墳が10基以上あります。仁徳天皇陵とされていますが、日本書紀などに伝えられる仁徳・履中の在位順とは逆に、履中天皇陵古墳よりも後で築造されたことがわかっています。

 

所在地
堺市堺区大仙町

アクセス
JR阪和線「百舌鳥駅」下車 徒歩8分

駐車場
大仙公園仁徳御陵駐車場/乗用車105台(2時間まで200円、以降1時間毎に100円追加、5時間以上600円)、バス18台(1台1回1,000円)

その他
◆内部非公開◆
全貌を肉眼で見るのは難しいですが、よく見えるポイントが次の3ヶ所です。
永山古墳南側の陸橋の上、JR百舌鳥駅南側の陸橋の上、堺市役所高層館21階展望ロビー(現在閉鎖中)

 

2021年9月30日 (木)

大阪府立近つ飛鳥博物館へ

狭山池博物館からつぎに、近つ飛鳥博物館へ行きました。三回目です。こちらも安藤忠雄氏の設計。

以前に当ブログに書いた近つ飛鳥博物館⇒http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-8914.html

先に見た仁徳天皇陵あたりの大きな模型です。

P1130670

そして聖徳太子の棺の模型。

P1130668

四天王寺の模型。

P1130667

何度訪れても充実した常設展です。

近つ飛鳥博物館のホームページ⇒http://www.chikatsu-asuka.jp/

Img828

 

 

 

2021年5月 8日 (土)

龍田古道 2 (JR河内堅上駅から高井田駅まで)

続いて、JR河内堅上駅からところどころ家があったりブドウ畑があったり、大和川は見えず、山道を歩きました。

P1100352

P1100353

住宅やグラウンドがある中にかつての青谷遺跡ー竹原井頓宮跡ーとの表示です。聖武天皇などが滞在したとのことです。

P1100355

少しわかりにくかったのですが、青谷の吊り橋を見つけてわたりました。かつては青谷の渡しがあったとのことです。

P1100357

吊り橋から上流方向。

P1100360

吊り橋から下流方向。工場が大きく見えます。

P1100363

吊り橋を渡り終えて。

P1100365

しばらく国道25号線を歩き、工場横を右にまがり歩きました。このあたりどの道か表示もなくやや心配になったところで国分神社が見えました。やれやれ、木陰で昼食休憩です。

P1100369

休憩後、鎌倉期にできたという国分神社を参拝して、本殿のちょうど裏にある松岳山古墳(まつおかやま)に登りました。

P1100370

P1100372

P1100371

墳頂部です。130mの前方後円墳ということです。石棺がバラバラになっている様子です。

P1100373

しばらく住宅街を歩くと、大和川親水公園が広がっています。いざという場合はヘリポートになるところがイベント広場です。

P1100383 

このあたり江戸時代に堤防が造られ、国分の町ができたということです。

P1100386_20210506180701

大きな国豊橋を渡りました。歩いてきた上流方向を眺めました。反対方向には近鉄大阪線の鉄橋が見えました。

P1100390

JR高井田駅近くの史跡 高井田横穴公園へ。

P1100405

たくさん横穴古墳がありました。

P1100403

ようやくJR高井田駅へ到着。ぶらぶら歩いたり見学したり写真を撮ったり、休憩したりして、ゆっくり4時間かけて歩きました。そんなにアップダウンはない初心者も歩けるコースとのことでしたが、運動不足ゆえかくたびれました。

P1100393

結局三郷駅から高井田駅へ2駅分歩きました。帰りのJRの王寺駅行の先頭車両から、歩いた2駅分をしっかり眺めました。

P1100409

Img20210506_18183956

龍田古道、大和川、JR大和路線、国道25号線、信貴山、明神山いろいろ織りなす面白いコースです。奈良盆地の川の水はここに集まってきています。亀の瀬あたりが地すべりで大和川が塞がると奈良盆地は大洪水になるかもしれないと想像したことです。かつて奈良盆地が大きな湖の時代があったと言うことですが、亀の瀬あたりがダムのようになっていたのでしょうか、そのあたりを知りたいと思いました。

亀の瀬あたりの地すべり工事は、国土交通省の長年にわたるビッグプロジェクトであるとのことです。

姫路市在住の奈良まほろばソムリエの池内さんの「やいちの歴史探訪」高井田駅から三郷駅へ歩かれたブログもたいへん参考になりました。ありがとうございました。→http://www.mahorama.info/posts/post14.html

(おしまい)

 

2021年5月 7日 (金)

龍田古道1(三郷駅から河内堅上駅まで)

先日、三郷町役場で日本遺産「龍田古道」のMAPなどをもらっていたのでぜひ歩きたいと思っていました。前日の雨から打って変わって晴れで店も休みの6日、9時20分JR三郷駅を歩き始めました。

P1100287

25000分の1の地図(大和高田)の左上の部分がきょうの目標のコースです。ほぼ大和川沿いのコースです。
駅辺りで龍田古道の看板などの写真を撮っていると、「私たちが作りました、うれしくなって龍田古道のMAPをどうぞ」と通りがかりの奥さんからMAPをいただきました。有り難いことです。

画像はクリックすると拡大します。

Img20210506_16532542

赤い線。「万葉びとに続け 古代行幸路ノスタルジックコース」です。

Img20210506_17134047

三郷駅近くに犬養孝先生揮毫の万葉歌碑がありました。

P1100288

P1100289

郵便局では龍田古道の記念切手が販売されていました。

P1100292

磐瀬の杜の万葉歌碑です。

P1100296

P1100297

大和川を渡るJR大和路線(関西本線)、ちょうど快速が大阪方向からやってきました。

P1100300

関地蔵。

P1100304

P1100303

新しい案内板がきちんとつけられています。

P1100301

住宅地を抜けていよいよ龍田古道です。

P1100310

P1100309

峠八幡神社。

P1100314

P1100320

P1100324

P1100322

P1100326

水路のトンネルですが見ることはできませんでした。なるほど、よく見れば亀が彫ってあります。

P1100328

P1100329

亀の瀬 地すべり資料室も休館でした。工事車両には出会いました。まだ工事が続いています。

P1100331

対岸には国道25号線。

P1100333

南を見上げると見えるのは、以前に登った近頃脚光を浴びる明神山でしょうか。

P1100325

亀の瀬の石です。電車はこのあたりトンネルですので電車からは見えません。

P1100335

ちょうど鉄橋でJR快速電車がすれ違いです。偶然撮れました。

P1100344

河内堅上駅に到着しました。

P1100351

(続く)

 

 

2020年12月26日 (土)

伊根の舟屋へ

12月のはじめに

友人の水彩画を以前見て、一度行ってみたいと思っていた、京都府の北、丹後半島の伊根の舟屋を機会があって訪ねることが出来ました。

まだ雪も降らず穏やかな天気でした。奈良からも高速道路がつながり3時間くらいでした。

展望台からの光景です。

P1130236

湾をとりまくように1軒1軒に船が収納できる舟屋が設けられています。こういう光景は全国的にもないそうです。

P1130226

P1130239

重要伝統的建造物群保存地区になっています。

P1130229

丹後半島の東海岸の中ほどにありました。

P1130246

伊根町観光協会のホームページです→http://www.ine-kankou.jp/

2020年11月29日 (日)

十津川村へ 2

2日目もとても良い天気。一行は地元のマイクロバスに乗って、8時半出発。

この日も杉井辰夫さんの解説付で、一路、果無(はてなし)集落へ。ポスターでも有名でぜひ行きたかったところです。直登で登山口から1時間かかるというところを林道をバスで登っていきますが、バスもなかなかたいへんそうでセコンドギアくらいで登っていきます。

やがて世界遺産の果無集落に到着。有名な世界遺産の石碑が建っています。画像はクリックするとすべて拡大します。

P1130013

ポスターの岩本さん宅あたりを散策。果無集落は、北の高野山から、峠を越えて谷を下って本宮神社への小辺路(こへじ)という参詣道にあります。果無集落から4キロほど先には果無峠があるということです。

参詣道でありかつ生活道路という特色があるということです。

映像作家の保山耕一さんのYOUTUBEの映像です→https://www.youtube.com/watch?v=ngYTfESlCTo

同じく今年の7月の映像です→https://www.youtube.com/watch?v=ZhFMEAME3yQ

P1130081

朝9時、雲海があります。

P1130006

P1130058

P1130094

P1130044

P1130078

こんなところにバス停がありましたが、時刻表では月曜日だけ運行のようです。山の上に住むあちこちのこどもはスクールバスで通っているそうです。

再びバスに乗り、十津川村の川沿いを走ってつぎは玉置神社へ行きます。杉井さんに質問したのですが、十津川あたりは標高で200メートルくらいで、玉置神社は標高1000メートルのあたりにあります。したがって標高差800メートルほどをバスはぐねぐね道を登ります。杉井さんは十津川村折立に家があり、中学の頃、玉置神社の例祭の時や初日の出を拝見の時など2時間半ほどかけて登ったということでした。小型バスも登れる道が出来て、玉置神社へ人もお参りしやすくなったとのことです。

やがて駐車場へ到着。徒歩で玉置神社へ参拝。

P1130102

P1130105

巨岩がありました。枕状溶岩堆積地とのこと。海の火山の溶岩が長年にわたり標高1000mの玉置神社まで隆起したとのことです。ブラタモリなら注目の巨岩との解説でした。

P1130107

P1130106

杉の巨木がありました。神代杉、樹齢3000年とのことです。胴回り8.5mとのことです。

P1130135

P1130129

夫婦杉。

P1130141

玉置神社は、大峰山奥駆修行の重要なお参りする神社であること。本宮神社から10番目の靡(なびき)とのことです。展望台への道の道中で奥駆けの道をすこし拝見しましたが、人ひとり歩くことができる細い道で、修行の厳しさを感じることでした。また社務所のある建物では狩野派のふすま絵も拝見できました。天皇の玉座の間もありました。

P1130148

Img351

細い道が奥駆けの道ということです。

P1130179

そのあとバスで展望台へ。山の尾根がみごとに目前に広がりました。右手が野迫川村・高野山方向、左手が本宮(海の方)方向ということです。画像をクリックすると拡大します。

Dsc_0392

Dsc_0391

P1130161

バスは一路下って昴の郷へ。ここで奈良交通の大型バスに乗り換えて、釜飯の長谷川さんへ。ここまでガイドしていただいた杉井さんとご一緒で、十津川村のことがよくわかりました。ありがとうございました。

そこで十津川のキノコをおみやげに買いました。詰め放題500円の安さでした。

キノコがいっぱい入った釜飯。1320円(税込)

Dsc_0394

このツァーはGOTOトラベル適用らしく、4000円の日にち限定の商品券とさらに奈良県民は十津川村で来年5月まで使用可能な商品券2000円をもらうというとてもお得なツァーでした。

そして戴いたパンフレットや資料はたいへんな量でした。ゆっくり読み直しているところです。

帰り道は順調に五條市を経由して近鉄八木駅南口に予定の4時半ちょうどに到着。
良い天気に恵まれて、なかなかいくことができない十津川村へのすばらしいツァーを楽しむことが出来ました。

皆さんお世話になりました。

情報満載の十津川村のホームページです→https://www.vill.totsukawa.lg.jp/

(終わり)

 

 

 

より以前の記事一覧

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31