フォト
無料ブログはココログ

2018年12月12日 (水)

五色塚古墳へ 3

兵庫県で一番大きく、全国でも有数の前方後円墳である五色塚古墳へ行きました。
全長194m、後円部直径125m、前方部幅81m。頂上部まで登ることも出来て大きさに驚きました。
ちなみに日本で一番古墳の多い県は兵庫県ということでした。
明石海峡に近く、JR山陽線がすぐそばを走っています。
何度か電車で近くに来ていますが、こんな大きな古墳があるとは知りませんでした。
また1965年から1975年にかけて神戸市教育委員会が整備事業をしたとのことです。
表面も整備され、埴輪列も2200本も再現され、古墳の作られた時が再現されています。
奈良のナガレ山古墳をさらに規模を大きくしたように思えました。
Cimg36562_2

Cimg36572_2

 
Cimg36591 Cimg36581
Cimg36612 Cimg36642
Cimg36722 Cimg36761

周りはマンションや住宅が迫り、目の前は海が広がります。4世紀後半、このあたりの海上交通を支配した人物が葬られているのではないかと説明板に書かれていましたが、石室などの発掘調査は行われていないということでした。

行きにくい兵庫県の3カ所をこの日はバスを使って見学することができました。企画案内をしていただいた雑賀さんありがとうございました。またご参加の37名の皆さん、ありがとうございました。



2018年12月11日 (火)

石の宝殿  生石神社へ  2

昼食後、高砂市の石の宝殿へいきました。奈良の益田岩船に匹敵するという巨岩をご神体にしている生石(おうしこ)神社にお参りしました。

Cimg3647 Cimg3642
Cimg3639 Cimg3626
ご神体の巨岩のまわりを一回りしましたが、全景を写真に撮ることはできませんでした。(JR宝殿駅に4分の1の模型があると地元の池内力さん情報です)
重さ500トンともいわれますが、よくわからないということです。彫ったあとがありますが、何のために作られたのかかよくわからないということでした。

裏山に登って撮った写真です。
Cimg3631 Cimg3633
遠景に大阪湾が見えました。姫路城も見えるとのことでしたがあいにく見つけることはできませんでした。
Cimg3638

2018年12月10日 (月)

兵庫県・浄土寺へ 1

バスで兵庫県に行くまほろばソムリエの会のツァーがありました。企画・案内は副理事長の雑賀耕三郎さん。ガイドは顧問の木村三彦さんです。浄土寺は有名な快慶の作った阿弥陀仏があるお寺です。なかなか行く機会がなかったのですが好天に恵まれ行くことができました。

Cimg3597 Cimg3598
地元のひまわりガイドの方の説明を聞きました。
浄土堂(阿弥陀堂)。
大仏様
(だいぶつよう)の建物で国宝は東大寺南大門とふたつしかないとのこと。建物内部から特徴を聞きました。
・貫(ぬき)・天井がない・阿弥陀三尊の後ろに壁がない・遊離屋垂木・紅梁など。
Cimg3603

阿弥陀仏はいただいたパンフレットより。
Img162

中央の阿弥陀如来は5.3m。右の観音菩薩、左の勢至菩薩が3.7m。
建物の外からではわからなかった大きさです。
浄土堂(阿弥陀堂)は天井がないので、このような大きな像が立っているということでした。
蓮華座とその下に雲座がある。
快慶の初期の作で若々しく力強いとのこと。
快慶展でも展示できなかったのがよくわかります。阿弥陀堂のうしろは西になり、季節、時間によって、後ろから西方浄土に来られたような光があたるということです。
以前東京の友人のNさんの奥様がこの阿弥陀様を刺繍で作られた作品を拝見したことを思い出しました。

Cimg3606 Cimg3611
境内の様子。
浄土寺の開山は鎌倉時代、東大寺を再建された重源上人とのこと、重源像は奈良国立博物館に寄託されているとのことです。(そういえば何度も拝見しています)
奈良とのつながりが強いことがよくわかります。
Cimg3618 Img163
近くで産出された竜山石でつくられたとのことです。

この日の行程表です。
Img164

2018年11月 9日 (金)

当尾の里の浄瑠璃寺

奈良から車で15分くらい走ると京都府木津川市の当尾の里に浄瑠璃寺があります。門をくぐり、まず三重塔に向かいました。この日は好天でちょうど三重塔におまつりしてある薬師如来が開帳されていてお参りできました。ちょうど紅葉も進んで、見頃を迎えていました。(11月8日撮影)

Cimg34111
三重塔(此岸)から宝池をはさんで、本堂(彼岸)を望むことができます。
Cimg34171 Cimg34221
本堂には、ふだん九体の阿弥陀如来像が安置されています。浄瑠璃寺の別の名は九体寺です。
この7月から、5年計画で、順々に100年ぶりに金箔など修理が施されていくそうです。(2体がご不在でした)ちょうど佐伯住職がおられたのでお話もうかがうことができました。

Cimg34192 Cimg34211 

11月末まで、ふだんは見られない吉祥天像もご開帳でした。

Img110

2018年9月30日 (日)

熱海へ。熱海A-bizのお話

鎌倉からJRで熱海へ行き、和風旅館である古屋旅館に泊まりました。改修されたとてもきれいな旅館でした。温泉も良し、お料理も良し。

翌朝、熱海の海岸べりを散歩。私は15年ほど前まで陶器業界の総会や展示会で毎年1月に熱海にいっていました。20年以上訪れていた大規模なつるや旅館は、建て替えられて分譲マンションになるようでした。ちょうど、貫一お宮の銅像や松の前です。

Cimg28911 Cimg28921

9時過ぎ銀座商店街や川沿いの道をおおまわりして熱海市役所まで歩きました。

Cimg28932 Cimg28941

訪れる前に読んだ『熱海の奇跡』(東洋経済新報社)に出てきた、まるやさんです。いかにして活気をとりもどしたのか、「衰退した観光地」の代名詞となっていた熱海はなぜ再生できたのか、を書いた市来広一郎さんの手がけた本に出てきました。干物を焼いて食べるお店とゲストハウスです。

Img839

まるやさんでいただいた、あたみまちあるきMAP(部分)です。

Img838

熱海市役所では昨年11月に、全国の200名あまりから1名選ばれて着任されたA-bizのチーフアドバイザーの山崎浩平さんのお話をうかがいました。

富士市のF-bizで3ヶ月研修を受けられ着任されたということです。
いろいろなお店の事例や、A-bizのお話でした。
売り上げを伸ばすには、とテーマを絞り込んで相談にのられているというお話でした。非常に参考になりました。

Cimg28971

Img836 Img837

(画像をクリックすると拡大します)

2018年9月29日 (土)

鎌倉大仏様、TABIJIさん、小町商店街へ

先日、奈良市中心市街地活性化研究会と奈良商工会議所小売部会の皆さんと鎌倉へ行ってきました。JR鎌倉駅から江ノ電に乗ってまずは鎌倉の大仏様お参りへ。参道にはいろいろな目新しい店がありました。

Cimg28303 Cimg28391

鎌倉の大仏様は室町時代から露座のままとのこと。体内にも入ることができました。
Cimg28381 Img835

そして長谷駅に戻る途中、参道から左へ80m。

奈良もちいどのセンター街の夢CUBE1期生であり、鎌倉にも出店されているTABIJIさんのお店も訪問できました。数ヶ月前テレビでも拝見したお店です。がんばっておられます。

HP→http://www.tabi-ji.jp/

Cimg28511 Cimg28501

再び江ノ電に乗り、鎌倉駅のひとつ手前の駅でおりて、商店街を見学。鎌倉商工会議所を訪問しました。

専務理事さん、中小企業支援課兼振興課長さん、鎌倉小町商店街会長さんらから鎌倉の観光と商店街などのお話を1時間30分、うかがいました。たいへん熱く語っていただきました。お世話になりました。

そのあと、雨の中鎌倉駅前の小町商店街を見学しました。鶴岡八幡宮への近道であり人通りも多く家賃も高いということでした。食べ歩きで有名で小さな店が多く、昔からの店が少ないとのことです。あいにく雨でした。

Cimg28721 Cimg28591

Cimg28652 Cimg28671






2018年5月26日 (土)

天安河原宮へ  5

天岩戸神社から続いて歩いて渓谷に下っていきました。川の水がとても美しく透き通っていて流量も結構ありました。たしかに神々しいところです。

P10302661 P10302671

大きな洞穴がありました。ヒヤッとした冷気を感じました。

P10302701 P10302771

P10302761 P10302751

Img601

(おしまい)

2018年5月25日 (金)

天岩戸神社へ参拝 4

天岩戸神社を西本宮から参拝しました。

P10302601 P10302471

P10302812 P10302552

神官の説明を聞きながら拝殿から神域に入りました。こちらは奈良の大神神社と同じく、自然が神体ということです。深い渓谷の向こうに、天岩戸と思われる大きな岩穴が神体ということでした。神域は撮影禁止でした。

P10302832

天岩戸の戸ははるか長野県の戸隠まで飛んでいった、したがって戸隠というとのことでした。

Img600

2018年5月24日 (木)

高千穂神社へ 3

P10302491 P10302551

高千穂神社に参拝しました。

P10302572 P10302581

Img597

2018年5月23日 (水)

高千穂峡へ 2

東九州自動車道を使って、宮崎市から2時間半かけて、高千穂峡へ初めて行きました。およそ600mくらいの高度とのこと、涼しさを感じました。
日曜祝日ならなかなか乗れないという人気のボートに乗り、滝を見に行きました。ボートは30分2000円、久しぶりにボートをこぎました。柱状節理がよくわかりました。
こちらも中国系の観光客がたくさん訪れていました。

P10302421 P10302221

P10302362 P10302201

船から下りて、橋の上からの渓谷の様子です。

P10302401

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31