フォト
無料ブログはココログ

2020年9月13日 (日)

美ビット見て歩き*87

毎月楽しみにしている奈良新聞の川嶌一穂さんの九月の美ビット見て歩きは、京都市京セラ美術館です。今回大幅なリニューアルを終えてコロナ禍を越えて、美術館は公開されたそうです。相当大規模に改修されたようです。平安神宮あたりはよく行きますが、わたしもコロナ禍の今年になってから、京都へ出かけていません。一度出かけたいものだと思います。

Img152

Img153

 美ビット見て歩き 私の美術ノート *87 川嶌一穂

 

京都市京セラ美術館開館記念展「杉本博司 瑠璃の浄土」。「コレクションルーム 夏期」。

 

写真 リニューアルなった館の入り口を南側から望む。左は平安神宮の大鳥居。(著者撮影)

 

 来月で8年になる本欄で、京都市美術館は今まで紹介の機会がなかった。振り返れば、昭和39(1964)年の「ミロのヴィーナス特別公開」、昭和40年の「ツタンカーメン展」には家族と、その翌年だったか、「ロダン展」には一人で出かけた。まだ地下鉄もなかったので、奈良から京都市美は遠かった。
 今回大幅なリニューアルを終え、いよいよ公開というときにコロナウイルス禍が襲った。館は様々な変更を余儀なくされるも無事開館に漕ぎ着け、私もトンボ返りだったが春以来はじめて箱根の山を越えた。
 昭和3(1928)年、京都御所で行われた昭和天皇即位の礼を記念して開館した「大礼記念京都美術館」が前身で、そのためか、建築はきわめて荘重。不思議なことにその建物は、前衛的な現代美術の展示をも悠々と受け入れてぴたりと収めていた。はたしてこの建築がどのようにリニューアルされたのか、とても楽しみだった。
 写真は、平安神宮大鳥居の手前から北を向いて入り口を撮ったもの。館の西側を広く緩やかなスロープにして、1階分を掘り下げて作った、地下1階にあたる入り口に誘導する。写真の右から3分の1あたりの地面に小さな三角形の影が見えるが、そこが入り口である。
 新しく出来た地下1階に、入場券売り場、カフェ、ミュージアムショップがあり、大きな階段を上って地上1階の展示室へと進む。地下の活用ということでは、ルーブル美術館中庭のピラミッドが有名だが、今回はそれよりずっと合理的で美しい再生だと思う。さらに東側を開けて、「布団着て寝たる姿」の東山を借景にした庭園を眺められるようになったのは素晴らしい。気が晴々とした。
 新設されたコレクションルームで、館のコレクションの中から四季に合わせて作品が展示される予定で、今は「夏期」展が開かれている。
近代の日本画では美術院系の東京の日本画よりも、大和絵の伝統を継ぐ色彩豊かな京都の日本画に心惹かれることが最近は多くなった。時代で言うと大正期から昭和10年代半ば頃の、伸び伸びとしてしかも凛とした女性を描いた作品が好きだ。「夏期」展にも、勝田哲、秋野不矩、三谷十糸子、堂本印象らの優品が並んだ。
 同時に開館記念展として、北東部に突き出した新館「東山キューブ」で、「杉本博司 瑠璃の浄土」が開かれている。作品以外に杉本のコレクションが数点展示されているが、その中に「法勝寺瓦」(平安時代)があった。法勝寺は11世紀、まさに美術館のある地・岡崎に白河天皇が造営し、応仁の乱以後廃絶した巨大寺院である。東寺の五重塔よりはるかに高い八角九重塔が、市美に隣接する動物園のいま観覧車のある地点に聳え立っていたという。
 今回、京セラが市と50年間の命名権契約を結んで、館は通称「京都市京セラ美術館」となったが、命名権と言えば思い出すエピソードがある。6年前、鎌倉市が海水浴場として親しまれていた由比ガ浜、材木座、腰越の3海岸の命名権を売り出した際、「鳩サブレー」で有名な豊島屋がそれを購入したが、自社の名前を入れずに結局もとの海岸名のままとした。「粋だねぇ」という声が多かった。
 ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。

 

=次回は10月9日付(第2金曜日掲載)=

 

メモ
 京都市京セラ美術館 京都市左京区岡崎円勝寺町124。京都市営地下鉄東西線「東山駅」より白川沿いに北へ徒歩8分。電話075(771)4334。https://kyotocity-kyocera.museum 「コレクションルーム夏期」は、9月22日(火・祝)まで。「杉本博司 瑠璃の浄土」は、10月4日(日)まで。月曜日休館(祝日の場合は開館)。ウェブか電話(075−761−0239)による事前予約・定員制。HPの一番下にあるYouTubeのアイコンをクリックすると、リニューアル工事中の映像が見られる。

 

京都市京セラ美術館のHPです→https://kyotocity-kyocera.museum/

2020年9月12日 (土)

上野誠先生おめでとうございます。

先日、奈良大学文学部教授の受賞のニュースが流れていました。上野先生おめでとうございます。

奈良新聞のデジタルニュースより。

1615cca32167fb2a648035a6b833b340-1

上野誠・奈良大学文学部教授(60)の著書「万葉学者、墓をしまい母を送る」(講談社刊)が第68回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞し、7日、東京都千代田区の日本記者クラブで贈呈式が開かれた。同賞は応募総数113作品の中から2作品が受賞。もう1作品はジャーナリストの岩瀬達哉さんの「裁判官も人である」(同社刊)が受賞した。

 

 上野さんの受賞作品は、故郷の福岡県にあった墓をしまい母親を奈良へ呼び寄せ7年間にわたり介護し看取るまでの経験や、家族の歴史などを軽妙な文章の中にも深い愛情を持って描いたエッセイ集。

 

 同クラブの遠藤利男会長は「今の時代に向き合い多くの人の心をとらえている」と評した。

 

 終了後、取材に応じた上野さんは「奈良新聞文化賞(第20回、平成27年)受賞が書くことの励みになり、今回の受賞につながった。60歳の年に受賞したことで今後新しい展開が生まれる気がする」と喜びを語った。

2020年8月28日 (金)

音のかたち 奈良季節を描くピアノ NHK

多くの方からNHKテレビの情報をもらいましたので紹介します。

Safe_image_20200826134901

音のかたち 奈良 季節を描くピアノ
8月30日(日)午後1:05~午後1;50
NHK総合奈良放送局管内で放映
川上ミネさんのピアノと保山耕一さんの映像で綴る
「やまとの季節七十二候」、奈良の映像詩がなぜ人々の心を
つかむのか。
この夏、春日大社で神様に音楽を奉げる「奉納演奏」を企画された、
川上ミネさんの曲作りの現場に密着。


9月20日(日)午前8:00~午前8:45
NHK総合近畿ブロックで放送


9月25日(金)午前0:00~0:45(木曜深夜)
NHKBS1で放送

2020年8月20日 (木)

なら燈花会2020、保山さんの映像

P1090798

春日大社さんからの情報です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映像作家の保山耕一さんが中元万燈籠の様子を撮影くださいました。

 

また、東大寺・興福寺・飛火野で行われた「 なら燈花会 」も撮影されています。三社寺の美しい映像詩をご覧ください。

 

▼8月8日 なら燈花会2020 興福寺
https://www.youtube.com/watch?v=POvZ8Tp7Ayw

 

▼8月10日 なら燈花会2020 春日大社 飛火野
https://www.youtube.com/watch?v=t4sq-PmmOc0

 

▼8月13日 なら燈花会2020 東大寺
https://www.youtube.com/watch?v=2IpRQ9NSG74

 

▼8月15日 春日大社 中元万燈籠
https://www.youtube.com/watch?v=-kMoEgW3cKg

2020年8月18日 (火)

30年ぶりに、中田文花さんより。

先日、東大寺観音院を訪ね、吉井勇の歌碑のことを8月4日の「鹿鳴人のつぶやき」

に書いたところ、その歌碑について中田文花さんから教えてもらいました。

そして、中田文花さんは旧姓、木ノ本圭子さんであり、なんと30年前、当方のギャラリーまつもりで日本画の初個展を開かれた方であることがわかりました。

とても多くの方が来場され、とても印象的な個展でした。今でも覚えています。

そして、いま「日本画家、舞楽舞人、歌人、華厳宗に僧籍あり。天平人活動。お水取り、花会式、聖霊会、おん祭を描く。著書『知恩院祈りの美』」の中田文花さんであるということがわかりました。

実に30年ぶりにかつて出会っていたことがわかったのです。
歌人でもあるということから早速、当方の歌集「大和まほろば」をお送りしたところ、フェースブックで以下のように紹介していただきました。(写真は木ノ本さんから。そして当方保管分)

個展の案内はがき

117445439_2037952289671516_5036024331485

Img111b

P1110713

P1110715

 

 

 

初個展を伝える新聞記事(画像をクリックすると拡大します)

平成2(1990)年5月9日 読売新聞

117444339_2037952356338176_7426968721097

(以下、中田文花さんから。ありがとうございました。)

【歌集『大和まほろば』 松森重博 】
私の初個展は平成2年、奈良の餅飯殿商店街入口にある『ギャラリーまつもり』でした。
30年近い月日が流れましたが、そのご代表の松森重博さんとfacebookで繋がりました。
それは先日の観音院の壺法師の歌碑の投稿がきっかけでした。歌の力です。

 

松森さんは実業家として地元商店街の振興に尽力されながら歌人、ブロガーとしてもご活躍。
ブログ『鹿鳴人の呟き』は松森さんとは知らず、時折拝読していたのでした。
昨年出版された歌集『大和まほろば』(京阪奈情報教育出版)をご恵送賜り、一気に拝読しました。
旅人の歌ではない、奈良に育ち奈良に生きる者にしか詠むことの出来ない日常。その日常は長い歴史に彩られた特別なことが溢れていて、友人達も短歌に登場するのが面白い。

 

大の字に雪残りたる高円の山おだやかに奈良の年明け

 

幼き日ターザンごっこに興じたる南円堂に藤の花咲く

 

ようやくに願いのかない修ニ会にて局の中に声明を聞く

 

実家に帰ったらその個展の葉書や新聞など色々出てきました。個展搬入を手伝いに来てくださった師僧と写真撮ってました。賛助出品もしてくださいました。若い~😂(名前は旧姓です)

 

https://www.amazon.co.jp/…/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_m1poFbSZ6Q8…」

117641817_2037952256338186_7369832513646

2020年8月16日 (日)

美ビット見て歩き *86

8月の川嶌一穂さんの美ビット見て歩きは、神戸にある「戦没した船と海員の資料館」http://www.jsu.or.jp/siryo/map/、


地道に集めた資料からみる「戦争」です。

ことしは戦争が終わって75年です。
戦後生まれが増えて、戦争のことを風化させてはならない、という努力があちこちで
進められています。
又いま再び戦争への道にあるのでは?という危惧も聞かれます。

今、知りうる戦争のことをできるだけ正しく知って、若い世代に伝えることが必要だと思います。

 

Img107

Img108

 

美ビット見て歩き 私の美術ノート *86 川嶌一穂

 

戦没した船と海員の資料館

 

写真 昭和20年7月14日 津軽海峡 青森港沖で米海軍機動部隊艦載機から攻撃を受け、回避中の飛鸞丸とおぼしき青函連絡船<米国立公文書館より入手>(戦没した船と海員の資料館提供)

 

 大正13年生まれの亡父は、師範学校在学中に肋膜炎で1年休学した。快復後、昭和20年5月に学徒動員で陸軍予備士官学校に入校し、そこで8月15日を迎えた。朝からジリジリと暑い日だったそうだ。
 「同級生の多くが南方で戦死したが、僕の時はもう南方へ行く船がなかった。病気になっていなかったら、確実に僕も死んでたと思う」。父は毎年今頃になるとこう話した。そして自分は助かったことを、終生申し訳ないと思っていたようだ。
 最近、父の「船がない」という言葉が頭のどこかに残っているのか、吉田滿著『戰艦大和ノ最期』や、大井篤著『海上護衛戦』を読むようになった。全く興味がなかったのに、自分でも不思議だ。
 有名な前著は、戦艦大和から奇跡の生還を果たした著者が、終戦直後にほとんど一日で書き上げた作品。カナ・旧字体の文語体で、大和の最期を克明に描写する。「餘リニ稚拙、無思慮ノ作戰ナルハ明ラカナリ」など作戦自体を批判しながらも、全体としては業務日誌のように感情を挟まないで淡々と記す。なお作品中、大和から投げ出された漂流者を救助する友軍船が、一杯になったので日本刀で腕や手首を斬って取りすがる兵を追い払った、という個所はフィクションらしい。
 『海上護衛戦』は、海上護衛総司令部参謀を務めた著者が、太平洋戦争は戦略計画上の誤算、とりわけ海上交通保護を軽視したことによる人災、とする立場からの、まさに海上補給敗戦史である。父の言った「南方へ行く船もない」事情が次々と語られて、悲惨な事この上ない。
 大和を旗艦とした沖縄海上特攻作戦も、「撃沈されるしかない作戦に要する4000トンの重油があれば、大陸からの物資輸送と、日本海への敵軍潜水艦の侵入を食い止める役に立つ」という著者の進言が容れられなかった象徴的な例の一つである。
 現代でも日本の輸出入貨物の99.7%は船で運ばれている(「横浜みなと博物館」HP)。しかも大戦中は多くの民間人、民間船が徴用された。「日本殉職船員顕彰会」HPによると、軍人の損耗率(死亡率)が陸軍20%、海軍16%であるのに対し、民間船員のそれは何と推計43%にも上る。
 このご時世でまだ伺っていないのだが、神戸にある「戦没した船と海員の資料館」には、大戦中に戦没した軍艦を除く商船約2800隻のうち、1300隻の写真と説明文、1500隻の説明文が展示されている。説明には、所属会社名、総トン数、戦没した時間と位置が記されるが、写真のない船も多い。アメリカ国立公文書館にも行き、地道に資料を集め、公開してこられた。充実したHPもぜひご覧下さい。
写真は、昭和20年7月14日、青森港から函館に向けて航行中だった青函連絡船・飛鸞丸(推定)。午後3時、米空軍艦載機大編隊の攻撃を受け、直撃弾多数を浴びて、3時20分沈没。警戒隊員13名、船員10名が戦死された。終戦まであと1月だった。

 

・ ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。

 

メモ
 戦没した船と海員の資料館 兵庫県神戸市中央区海岸通3−1−6 全日本海員組合関西地方支部内。阪神本線元町駅西改札口より南へ徒歩8分。電話078(331)7588。www.jsu.or.jp 入館料無料。開館は平日午前10時〜午後5時。

 

2020年7月12日 (日)

美ビット見て歩き*85

毎月、奈良新聞で楽しみにしている川嶌一穂さんの美ビット見て歩きは、東京国立博物館の特別展「きもの KIMONO」5ヶ月ぶりの感動というタイトルです。2月以来久しぶりの展覧会は事前予約制などいろいろコロナへの対策をこらしつつ、再開されたとのことです。

奈良県立美術館からも展示品の出品があったとのこと。奈良県立美術館でも7月25日から9月22日まで、「みやびの色と意匠ー公家服飾から見る日本美」という特別展が行われます。

 

Img007_20200711100101

Img008

 

 

美ビット見て歩き 私の美術ノート *85 川嶌一穂

 

東京国立博物館特別展「きもの KIMONO」

 

写真 重要文化財「小袖 黒綸子地波鴛鴦模様(くろりんずじなみおしどりもよう)」江戸時代・17世紀 東京国立博物館蔵(特別展「着物 KIMONO」提供)

 

 今年2月、日本橋高島屋の「=風=小品展」に行ったのが最後だった。その翌週、東博の、日本書紀成立1300年特別展「出雲と大和」に行く友人との約束を、怖がりの私から言って取りやめた。それも政府の要請で2月26日に予定より早く閉幕し、見る機会を失ってしまった。
 安倍首相が移動自粛の全面的解除を発表した6月18日以降、美術館再開の情報を探した。すると、4月から6月にかけて開催の予定だった東博の特別展「きもの」が、6月30日からに変わっている。行きたい!
事前に名前、住所、電話番号を記入して、入場の日と時間を指定した「日時指定券」を、スマホやインターネットで予約しておく。クラスターが発生した場合に必要なのだろう。
 マスクの着用が求められ、体温チェックのカメラの前を通って入り、会場入り口で手のアルコール消毒をする。スタッフも全員マスク着用。それでも5か月ぶりの実物を見る美術展は、素直に嬉しかった。
 本展は、後白河法皇が鎌倉の鶴岡八幡宮に奉納したと伝えられる表着(うわぎ)で幕が開く。鳳凰模様の色彩もよく残っている。これだけ高温多湿のわが国で、800年も守り継がれてきた貴重な神服だ。
 その400年ほど後の桃山・慶長期の小袖は、色が多彩に、デザインは大胆に、技法も洗練されて、一気に会場が華やかになる。屏風の中で、庶民が飛びきりお洒落な着物を着ている。長く続いた戦乱の戦費がすべて衣装代に代わったかのような着道楽ぶりだ。
 写真は、17世紀後半の寛文(かんぶん)年間に流行した、動きのある模様が特徴の寛文小袖。黒地に、刺繍のオシドリや絞りの大波、豪華な金糸の波頭がとても斬新で、かつ下品ではない。
 展示はその後も時代に沿ったデザインの変遷を丁寧に追って、驚くような今風のキモノに引き継がれる。奈良県立美術館からも素晴らしい帯と着物が出ていた。
 海外の浮世絵の里帰り展に行くと、初刷りに近い作品が並んでいて、何故こんな素晴らしいものを手放してしまったのかとため息が出る。幕末から明治初期と、敗戦後の二度にわたる大変革期を経験したとは言え、結局は当たり前すぎて日本人がその価値に気づいていなかったのだ。
 東大のキャンベル先生が買い始めてから高値になったと言われる江戸の木版絵入り本や、昭和の着物で同じことが起きていないだろうか?たいてい「もう職人さんもいないので、今はこんないいものは作れません」とアンティーク着物の店の人は言う。
昭和の女子なら覚えている、着物を着るときの特別な心の華やぎ。もっと着物を着て、何とか若い人に繋げて行きたい。着物は、芭蕉の句をもじって言えば「さまざまのこと思い出す着物かな」なのである。
 何年も前からこれだけの作品を展示する準備をし、会期と観覧の手順の変更のためにどれだけの努力をされたか計り知れない。感謝します。

 

=次回は8月14日付(第2金曜日掲載)=
・ ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。

 

メモ
 東京国立博物館平成館 東京都台東区上野公園13−9。JR上野駅公園口より徒歩10分。電話03(5777)8600。展覧会公式サイトhttps://kimonoten2020.exhibit.jp/ 会期は、6月30日(火)〜8月23日(日)。展示替えあり。月曜日休館(8月10日開館、11日閉館)。事前予約制(日時指定券のオンライン予約が必要)。

 

 

2020年7月 2日 (木)

奈良県立図書情報館2F、保山耕一さんの映像

久しぶりに奈良県立図書 情報館へ行きました。2Fエントランスでは保山さんの映像が流れていました。

久しぶりに見る大型画面の映像。夕方で少し暗かったせいか、割合はっきり見えました。

Img20200701_17465111

6月16日から7月30日まで。

28分間のリピート再生。初夏の色彩というタイトルです。つぎつぎと初夏の風景が出てきました。

Dsc_01051

Dsc_01061_20200701180301

Dsc_01081_20200701180301

十津川村の果無集落も出てきました。ドローン撮影ですばらしい風景が映し出されました。

Dsc_01091

 

2020年6月14日 (日)

美ビット見て歩き*84

奈良新聞で毎月楽しみにしている、川嶌一穂さんの美ビット見て歩きの今月は、「昭和の子どものお手伝い・・・母と一緒に料理や編み物」です。

今回、読みはじめて懐かしいお話に興味があふれました。

まず写真は、東大寺南大門でのスナップです。弟さんといとこさんと柱に3人、どなたが撮られたのか素晴らしい写真です。

そして一条通の𠮷寅という八百屋さんの話。その息子さんが吉川啓右(けいすけ)さん。いま花芝でレストラン「吉川亭」の名物シェフ、わたしの小学校、中学校以来の同級生です。

川嶌さんはお母様との料理や編み物の手伝いの様子をよく覚えておられます。

二〇一〇六一六の漬け梅の母のラベルも古びにけるかな 一穂

川嶌さんには「昭和の子どもたち」をぜひエッセイを書きつないでいただきたいと思います。

Img958 Img959

 

美ビット見て歩き 私の美術ノート *84 川嶌一穂

 

昭和の子どものお手伝い

 

写真 昭和34年頃の東大寺南大門で、従姉と弟と。柱は痩せ、かなり傷んでいる。

 

 「外出は食料と日用品の買い物だけ」という生活を3か月近く続けたのは、物心着いてから今回がはじめてだ。少し時間がかかったが、そのうち次第に体に馴染んで、地元の個人商店で買い物していた子どもの頃のことをよく思い出した。
 昭和30年代、まだ家に冷蔵庫がなかった頃、母はほとんど毎日、野菜は一条通りの吉寅(よしとら)さん、魚は東笹鉾町の西川鮮魚店へ通った。和菓子の萬林堂さんは、当時まだなかった。
 吉寅の大将は野太い声で真桑瓜でも西瓜でも「今日はええのが入ってるで」と勧め上手で、品物は確か。木戸をくぐった奥にはちょっとした生まものもあって、蝿避けの大きな線香が置いてあった。竹の簀の子に入ったカマスゴを買って、さっと湯通しして酢醤油で食べるのは美味しかった。大将と同じ前掛けをして甲斐甲斐しく働いていた息子の啓ちゃんが、いま花芝商店街の吉川亭の名物シェフである。
 家ではよくお手伝いをした。頭を2cmほど切り、切り口に塩をまぶして渡された胡瓜を、「はい、ありがと」と言われるまで、頭と胴体をこすり合わせる。今よりも胡瓜のアクが強かったのだろう。
 グリンピースを鞘から出すのは、楽しかった。ふっくらと膨らんだ鞘の端を親指で強く押すとパカっと、かすかな音がして割れる。筋に沿って開けていくと、生まれたての赤ちゃんの足の指のような豆が現れる。それを親指で落として行く。豆がステンレスのボールに落ちる時、こんころこんと可愛い音がした。
 一番怖いお手伝いは、柏餅の漉し餡を作るときだ。母が両手鍋に煮上がった小豆を汁ごとこぼすのを、下でわたしがさらしを縫った袋を手に持って受けるのだが、湯気で熱いの何の!しかも袋はすぐにぱんぱんになって、重たいの何の!「手ぇ、放したらあかんよ」と母の檄が飛ぶ。熱いうちに濾さないといけなかったのだろうが、あれは怖かった。
 昔はセーターも手編みだった。毛糸は売っている綛(かせ・毛糸を輪にして束ねたもの)のままでは編みにくいので毛糸球にする。その時も子どもの出番だ。
両手の肘を曲げて胸の前で立てる。その腕に母がそーっと綛をかける。母が向かい合わせに座って、自分の右手に毛糸を巻き取っていくのだが、子どもは両腕を丁度いい間隔に保つのがけっこう大変なのである。両腕をきつく張りすぎると毛糸が出て来にくいし、ゆるければ綛が外れてしまう。小学校も高学年になると、毛糸を引っ張りやすいように腕ごと回したりして、もうすっかりベテランである。
 わたしがうんと小さいとき母が編んでくれた赤いカーデガンが嫌いだった。赤色一色ではなく3種類ほどの同系色の毛糸を編んだもので、手首のゴム編みと前立ては濃い赤色、腕と身頃も2色に編み分けられていた。
何十年も経ってから、「あのカーデガン、今なら手編みのパッチワークでお洒落やろうけど、あの頃は嫌やったわ」と、何気なく母に話すと、返事が返ってこない。ふと見ると、膝の上にパラパラパラと大粒の涙がこぼれていた。
「しまった!」
敗戦後すぐの物の無い時代に子どもを育てるのがいかに大変だったか、言葉にならなかったのだろう。百人一首の「つらぬきとめぬ玉ぞ散りける」だった。

 

二◯一◯六一六の漬け梅の母のラベルも古びにけるかな (一穂)

 

=次回は7月10日付(第2金曜日掲載)=
・ ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。

2020年5月24日 (日)

會津八一の色紙

Img923

先日、もと奈良新聞記者の小久保忠弘さんから、會津八一記念館発行の會津八一の色紙をいただきました。

読み方を姫路の會津八一研究家の池内力さんに聞きました。

「良い色紙をもらわれましたね。出典は王維の「秋夜独坐」から

雨中山果落 燈下草蟲鳴 


雨中山果落ち 灯下蟲草鳴く

とのことです。

小久保さん、池内さんどうもありがとうございました。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30