フォト
無料ブログはココログ

2018年9月15日 (土)

美ビッド見て歩き *66国立民族学博物館「アーミッシュ・キルトを訪ねて

毎月楽しみにしている、川嶌一穂さんの美ビッド見て歩きは、大阪千里万博公園の国立民族学博物館の「アーミッシュ・キルトを訪ねてーーそこに暮し、そして世界に生きる人びとーー」という展覧会です。

アーミッシュというもともと16世紀、スイスやドイツでの宗教的迫害から逃れて、北米に移住したキリスト教の一派で今でもドイツ語の方言を話している、ということです。そこの人たちの暮らしぶりを伝えてくれる貴重な機会だ、ということです。

災害の頻発する日本にとって、示唆に富んだ展覧会であると。

ふと立ち止まってそういう暮らしぶり、かつて日本にもあった暮らしぶりに思いを馳せてはどうか、ということではないかと読みながら思いました。

Img808


Img809

美ビット見て歩き 私の美術ノート *66 川嶌一穂

国立民族学博物館企画展「アーミッシュ・キルトを訪ねてーそこに暮らし、そして世界に生きる人びとー」

写真 アメリカ・ペンシルベニア州ランカスターのアーミッシュ村で買い求めたキルト(著者所蔵・撮影)

 アメリカは、つくづく面白い国だと思う。ITで世界を席捲する一方で、私たち戦後の日本人が惜し気もなく捨ててしまった信仰心とか、女の針仕事の喜びとか、村の助け合いなどを、今もって頑固に守っている「アーミッシュ」と呼ばれる宗教共同体をいくつも抱える国でもある。
 私がはじめてアーミッシュの存在を知ったのは、30年以上も前の「刑事ジョン・ブックー目撃者―」というハリソン・フォード主演の映画だった。電気も車もない村で、男は全員白いシャツに黒の釣りズボン(ベルトは「自分を飾るもの」なので禁止)、女は地味な色のワンピースを着て、髪を人に見せないように必ずゴースのキャップを被る。映画の画面にあふれる簡素な暮しの美しさに圧倒され、私は当時ずいぶんアーミッシュに憧れた。
いつかは訪れてみたいというひそかな夢が、思いがけず2004年に実現した。語学研修の学生を引率して、アメリカ東部・メリーランド州の大学に滞在した時、研修プログラムの一つにアーミッシュ村訪問があった。
 一口にアーミッシュと言っても、村によって規律が違い、それほど厳格でない村は観光客を受け入れていた。私たちの訪れた村には土産物売り場もあり、高低差のあるコースを、かなりのスピードで走る「馬車!ジェットコースター」?まであった。
近くのマクドナルドで、薄青色のワンピースを着て、キャップを被った女性が車から降りるのを見かけたが、それはメノナイトと呼ばれる、アーミッシュから派生した、規律のゆるやかなグループだということだった。
 元々アーミッシュは、16世紀のスイスやドイツでの宗教的迫害から逃れて、北米に移住したキリスト教の一派で、今でもドイツ語の方言を話している。教育は「読み書きそろばん」を中心とした独自の課程による村内の学校に限定されている。現在の総人口は約31万人で、それも増加傾向にあるという(鈴木七美「そこに暮らし、そして世界に生きる人びと」『月刊みんぱく』平成30年6月号)。
 わたし自身、今やエアコンや携帯電話、インターネットのない生活は考えられない。しかしこの便利すぎる生活が、どこか嘘くさい気がするのも確かだ。今回の展覧会は、手芸に興味のない人には向かないかもしれないが、災害の頻発する日本に、アーミッシュの暮しぶりを伝えてくれるとても貴重な機会だ。

次回は平成30年10月12日付(第2金曜日掲載)=
・ ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。

メモ 国立民族学博物館本館企画展示場 大阪府吹田市千里万博公園10番1号。電話06(6876)2151。大阪モノレール「万博記念公園駅」より「太陽の塔」を見ながら徒歩20分(タクシーはつかまらないので、歩きやすい靴で)。会期は12月25日まで。水曜日休館。www.minpaku.ac.jp/

2018年8月12日 (日)

美ビッド見て歩き*「縄文  1万年の美の鼓動」

近頃、ジョーモン、「縄文」という言葉を良く聞きます。
毎月楽しみにしている美ビット見て歩きは、東京国立博物館で9月2日までひらかれている特別展「縄文  1万年の美の鼓動」です。
奈良新聞に掲載されていました。

Img735

Img736_2



美ビット見て歩き 私の美術ノート *65 川嶌一穂

東京国立博物館特別展「縄文―1万年の美の鼓動―」

写真 深鉢形土器・東京都あきる野市出土・高さ56cm(会場内撮影スポットにて著者撮影)

 「縄文」と聞くと、有名な「火焔型土器」や「遮光器土偶」などを思い浮かべて、形は面白いが、全く異次元的で、私たち現代の日本人とは断絶したものだと思っていた。ところが現在、東京・上野の国立博物館で開かれている「縄文」展を見て、考えが変わった。


 会場に入ってすぐ、縄文時代草創期(紀元前11000年~同7000年)の青森県出土「微隆起線文土器」が、わたしの縄文イメージをいとも簡単に壊してくれた。高さ30cmほどの、底の尖った土器だが、思ったより薄手で、指の巾ほどの浅い溝が水平に彫られている。口縁を少し外に広げ、襞を作って波打たせている。全面の縞模様もうるさ過ぎず、何とも洗練されたデザインである。


 続く福井県出土、縄文時代前期(紀元前4000年~同3000年)の「赤彩鉢形土器」にも魅了された。高さ10cmほどの器で、焦げ茶色の地に、濃い赤色で、木とも花とも見える抽象的な連続模様が施されている。色といい形といい、桃山時代の茶陶と見紛うばかりの洒落た造形である。
広い会場の第1室で、この2点を見ただけで、私は1万年以上続いた縄文の美意識が、それが終焉を迎えてから2000年以上も経過した現代の私たちに、ひそやかに、しかし確かに受け継がれていると感じた。


本展第3章「美の競演」で、世界各地で作られた古い土器がそれぞれ数点ずつ展示されているが、縄文土器はそのどれと比較しても制作年代が古く、かつ技術的にも高度である。
実は、放射性炭素年代測定法による、最古の縄文土器の「1万2000年前の作」という測定結果は、世界全体から見て余りにも早いので、何らかの条件が作用した誤った値だと考える考古学者がいたほどである(「カラー版日本美術史」美術出版社・2003年刊)。


縄文時代中期(紀元前3000年~同2000年)および後期(紀元前2000年~同1000年)の傑作、縄文の国宝6件が揃う会場第4章は、さすがに圧巻である。火焔型土器1点と土偶5点すべてに、その制作者や、制作者を支え作品を享受した集団の自信が満ち溢れている。


西日本に縄文遺跡が少ないことを反映しているのか、この大規模な縄文の展覧会が関西に巡回しないのは、本当に残念だ。東京に出掛ける予定のある方は、ぜひ半日を上野の博物館でお過ごし下さい。北海道から沖縄まで分布する縄文に、日本の成り立ちを探ってみたくなること必至です。
台風の逆走する酷暑の夏、みな様どうかご自愛を!

=次回は平成30年9月14日付(第2金曜日掲載)=
・ ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。

メモ 東京国立博物館平成館 東京都台東区上野公園13-9。電話03(5777)8600。JR上野駅公園口より徒歩10分。会期は9月2日まで。月曜日休館(8月13日は開館)。http://jomon-kodo.jp/

2018年6月15日 (金)

なら「PHOTO CONTEST」

Img637


第3回を迎えるなら「PHOTO CONTEST」が7月31日まで募集されています。くわしくは、http://photocontest.irietaikichi.jpをごらんください。

Img638

2018年6月 9日 (土)

美ビッド見て歩き *63 「東大寺と東北」特別展

毎月楽しみにしている川嶌一穂さんの奈良新聞の「美ビッド見て歩き」の6月は、宮城県の多賀城市の東北歴史博物館での展覧会です。東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北ーー復興を支えた人々の祈りーー」展です。
多賀城市は奈良市と友好都市です。大震災の翌年だったでしょうか、多賀城市を訪れたことがあります。鹿鳴人のつぶやき→
重源上人像などがいま多賀城市にお出ましされていると聞きます。6月24日まで。

Img628


Img629

美ビット見て歩き 私の美術ノート *63 川嶌一穂

東北歴史博物館 東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北―復興を支えた人々の祈り」展

写真 会場入口で観客を迎える「大仏さまの右手」(著者撮影)

 七年前の東北大震災の惨状は、それを目の当たりにした私たち日本人の考え方や生き方に、ゆっくりと、だが確実に影響を与え続けている。

 何も出来ないが、せめて年に一度は東北を訪れようと決めて、本欄でも26年4月に三陸鉄道、27年3月に気仙沼のリアス・アーク美術館、28年6月に東京藝術大学美術館での「いま、被災地から」展を訪れた。昨年はその機会がなかったので、「東大寺と東北展」のチラシを見つけた時は、すぐ予定表に書き込んだ。

 東京駅から仙台駅までは新幹線でわずか1時間半。展覧会は込んでいたが、東大寺の仏さまの「出開帳」が賑わっているのは単純に嬉しかった。

 

 東大寺と東北との浅からぬご縁の始まりは、本欄28年7月の「石山寺」でも触れたように、大仏鋳造が開始された天平十九年(747)の2年後に、陸奥国小田郡(宮城県涌谷町黄金山神社境内)で初めて黄金が産出し、大仏表面の鍍金用の黄金九百両(12・6kg)が献上された時からだ。大伴家持がそれを寿いで「すめろきの みよさかえむと あづまなる みちのくやまに くがねはなさく」(「万葉集」巻十八)と詠んだのはよく知られている。

 アフロヘア―で有名な「五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀如来坐像」(東大寺蔵と五劫院蔵)は、今回はじめて二体並んで拝見した。お顔の表情から衣文、印相までこんなに違っていたとは、別々に拝見した時は気付かなかった。

 平氏による南都焼討ち後の東大寺復興に比べて、江戸時代の復興については、公慶(こうけい)上人の事績をはじめ、五代将軍綱吉の生母・桂昌院が二月堂本尊に「御正躰(懸け仏・みしょうたい)」を奉納したことなど、知らないことが多かった。青海波を背景に、美しく荘厳された丸彫りの観音像を配した直径5尺(約153cm)に及ぶ巨大な「御正躰」は、桂昌院による東大寺復興への寄与の象徴と言えるだろう。

 貞観十一年(869)、平成の大震災と同じくらいの規模の地震が東北を襲った。食料支給や免税などの救済措置が取られ(「三代実録」)、いま博物館に遺蹟が隣接する多賀城に、復興庁のような機関が置かれた。貴族政治のイメージの強い平安時代も、危機管理能力はすごかったのだ。

帰りに博物館から、遺蹟「末の松山」と「多賀城碑」に運んでもらったタクシーの運転手さんは、海に近い自宅は全部津波で流されたが、家族は全員無事だったので、「自分はまだいい方だ…」と淡々と話された。

 

=次回は平成30年7月13日付(第2金曜日掲載)=

・ ・・・・・・・・・・・・・・・

かわしま・かずほ

元大阪芸術大学短期大学部教授。

メモ 東北歴史博物館 宮城県多賀城市高崎1-22-1。電話022(368)0106。JR東北新幹線仙台駅より、JR東北本線に乗り換えて14分、「国府多賀城駅」下車、すぐ目の前。月曜日休館。会期は6月24日(日)まで(一部展示替えあり)。http://todaiji.exhn.jp/

 

6月9日の奈良新聞1面の「国原譜くにはらふ」に恵さんという記者が書かれています。

Img633

 

Img276

Img277

2018年5月30日 (水)

保山耕一さんのこと、奈良新聞「国原譜」より

Img610

奈良新聞5月29日付1面のコラム「国原譜」に保山耕一さんのことが書かれています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「奈良には365の季節がある」。生駒市在住の映像作家保山耕一さんの言葉だ。保山さんはがんと闘いながら、日々変わる奈良の美しい風景を撮り続ける。

 26日、県立図書情報館で保山さんの作品上映会があった。当初の募集人員200人の倍となる約400人が詰めかける人気だった。

 保山さんが撮った映像を見て涙を浮かべる人も多い。なぜ、そこまで人の心に響くのだろうか。

 自然相手の撮影は時間との闘いだ。刹那(せつな)瞬間を求め、何時間、何日間も待つ。健康な人でも大変な作業であり、直腸がんを患う保山さんの苦痛は想像に難くない。

 元春日大社権宮司の岡本彰夫さんは、著書の中で保山さんの作品を「神品」と賞した。「病や老いによって何かを失ってはじめて見える世界、たどり着ける境地がこの世にはあるに違いない」とし、「ただただ一途(いちず)に道を追求した人にしか到らぬ境地」と記す。

 保山さんのSNSには撮影や闘病への葛藤が赤裸々に記され胸を打たれる。その苦しみを知りつつも、今後も多くの作品を生み出してくれることを願ってやまない。(法)

2018年5月27日 (日)

日経新聞(有料電子版)より

世界に届け9歳の音色 バイオリン界の父に導かれ、鳥取 

2018/5/21
96958a9f889de1e2e5e6eae5e7e2e0e3e2e

4月に米子で開いた初リサイタルのさかぐちあおのさん

 鳥取県米子市立小4年のバイオリニスト、坂口碧望さん(9)=同県日吉津村在住=が世界的な活躍を目指し、演奏活動を本格化させている。米子市は「日本のバイオリン界の父」と呼ばれる指導者、故鷲見三郎(1902~84)の出身地で、坂口さんは三郎の孫弟子に当たる。ドイツでトップレベルの管弦楽団と共演を果たすなど才能を開花させつつある。

 坂口さんは米子で4月に開いた初のリサイタルで、高度な技術が必要なサラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」など7曲を披露。哀愁に満ちた旋律を、情熱的に紡いだ。

 「馬が駆け抜ける様子など、曲ごとにいろんな場面を思い浮かべながら弾いた。私の魂が観客に伝わるとうれしい」と話す。学校に通えない途上国の子どもたちを元気づけられる演奏家になるのが夢だ。

 三郎の弟子で義理の娘、野冨子さんに3歳から師事。野冨子さんの娘、恵理子さんの演奏会を米子で鑑賞したのが縁だ。自宅での毎日3、4時間の練習に加え、3週に1度上京してレッスンを受ける。全日本ジュニアクラシック音楽コンクール低学年の部1位など、主要コンクールで上位入賞を重ねる。

 来日したドイツ・ブランデンブルク国立管弦楽団の指揮者から能力を認められ、2017年11月にソリストとして現地を訪れ、約500人の聴衆から絶賛された。野冨子さんは「自然に恵まれた米子の地が、豊かな感性と心に響く演奏を育んだ」と目を細める。

 鷲見三郎は日本のバイオリン奏者、指導者の草分け。22歳で上京、現在のNHK交響楽団で活躍し、国立音楽大や桐朋学園などで教えた。徳永二男さんや千住真理子さんら多くの門下生がいる。〔共同〕

 

 

 

2018年5月12日 (土)

美ビット見て歩き 私の美術ノート *62 川嶌一穂さん

毎月楽しみにしている川嶌一穂さんの美ビット見て歩き 私の美術ノート が奈良新聞に載っていました。日本の絵の知識の乏しいのですが、今までの連載でいろいろな画家のつながりが少しずつつながっていくような気がします。

Img583
Img584



美ビット見て歩き 私の美術ノート *62 川嶌一穂 

京都国立博物館 「池大雅 天衣無縫の旅の画家」展

 

写真 「大雅堂夫婦の図」伴蒿蹊著『近世畸人伝』(国立国会図書館デジタルコレクション)より

 

写真は、池大雅(いけのたいが。享保8年〈1723〉~安永5年〈1776〉)がその生涯を閉じてから10数年後に刊行された、木版本の伝記集『近世畸人伝』の挿絵である。絵や書に埋もれた狭い部屋で、大雅は三弦、妻の玉瀾が筝(そう)で合奏する夫婦の図だ。

 

 この書の「大雅」の項の少し後に、「祇園梶子(ぎおん・かじこ)」がある。祇園で茶店を開いていた梶子は、歌をよくし、歌集まで出した。この項に掲載の一首。「雪ならば梢にとめてあすや見む夜の霰の音のみにして」雪と違って霰はすぐ消えてしまうので、降り出す時のシラシラという音を聞くのみだ、というお洒落な歌。作者の梶子は、玉瀾の祖母である。

 

玉瀾も祇園で茶店をしながら、夫の大雅とともに、絵を描き、詩を作り、筝を弾くというまことに幸せな一生を送った。庶民の、しかも何代も続く女性の雅(みやび)な人生を思うとき、江戸時代の文化的豊かさにただただ驚くばかりだ。

 

豊かさ、と言えば、身分を超えた当時の交流も印象的だ。本欄第57回(平成29年11月)で取り上げた柳沢淇園(きえん)と、大雅の出会いもその一つである。妻・玉瀾の名も、淇園の号「玉桂」の一字を贈られたものという。淇園の大陸趣味を、大雅もまた共有したことが、本展覧会「第2章」のテーマとなっている。

 

詩書画一体の文人画のイメージが強い大雅だが、意外にも「四季歌賛」のような、仮名書きの和歌に大和絵を添えた作品もある。日本画家・伊東深水が愛蔵したと解説にあったが、さもありなん、と思わせる琳派風の愛らしい絵である。さらに「擬光悦(光悦にならう)」と記された「嵐峡泛査図(らんきょうはんさず)屏風」は、尾形光琳作の「紅白梅図屏風」に直接つながる堂々たる大和絵だ。

 

 現存する大雅の筆になる最も早い作品は、書の「獨楽園之記」で、何と十二歳の作。うまく書いてやろう、という気負いの全くない、むしろ枯れたと言ってもいい筆跡だ。

 

しかし絵の傑作は、やはり晩年に多い。たとえば「瀟湘勝概図(しょうしょうしょうがいず)屏風」。「瀟湘八景」を六曲一隻(せき)の屏風に描いたものだが、大雅の筆によって、古くから有名な大陸の景勝地が日本の親しい自然風景になっている。絵の中でしばらく遊びたいような気持のいい作品だ。

 

 今回の展覧会は、「過去最大規模の大雅展」と銘打つだけに、150件もの作品と資料が展示されている。まさに「大河」と呼ぶにふさわしい!大雅の世界を、彼の過ごした京の地で堪能できる又と無い機会だ。

 

=次回は平成30年6月8日付(第2金曜日掲載)=

 

 ・・・・・・・・・・・・・・・

かわしま・かずほ

元大阪芸術大学短期大学部教授。 

メモ 京都国立博物館平成知新館 京都市東山区茶屋町527。電話075(525)2473。京阪電車七条駅下車、東へ徒歩7分。月曜日休館。会期は5月20日(日)まで(会期中展示替えあり)。

http://www.kyohaku.go.jp/jp/

2018年4月24日 (火)

保山耕一氏の「春日大社の藤」

P10206401


(保山耕一さん。奈良女子大学記念館にて。)

いま春日大社には藤の花が咲いています。
ちょうど奈良国立博物館では「春日大社のすべて」特別展が開かれています。

映像作家の保山耕一さんがつい昨日23日、朝6時30分の春日大社の門が開くと同時に、本殿や若宮神社の藤を撮られ、早速YOUTUBEで、公開されていますので紹介します。ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=7IgBbPDpxnU

2018年4月16日 (月)

美ビット見て歩き *61滋賀県ミホミュージアム

毎月楽しみにしている奈良新聞の川嶌一穂さんの美ビット見て歩きが載っていました。今月は滋賀県のミホミュージアムです。奈良市内から木津川市、加茂町、和束町などをドライブして1時間あまりのところです。新緑の季節、お茶畑なども広がりわたしの好きな道です。信楽焼の産地のすぐ近くです。


Img538

Img537

美ビット見て歩き 私の美術ノート *61 川嶌一穂

滋賀県ミホ・ミュージアム 「猿楽と面(おもて)―大和・近江および白山の周辺からー」展 

写真 ミホ・ミュージアム展示室入口(著者撮影)

 

狂言と能を合せて「能楽」と言うのは明治時代からで、それまで能は「猿楽」と呼ばれていた。その源流を訪ねて、飛鳥時代から流行した伎楽や舞楽の面と、鎌倉時代に寺社で盛んになった追儺(ついな)で使われた鬼の面から展示が始まる。

平安時代の雑楽などを描いた「信西古楽図」(展示は5月6日まで)には、猿回しや様々な曲芸が描かれている。幼い頃、おん祭りの時と思うのだが、国立博物館敷地の南西の隅で猿回しを見て、すっかり気に入ってしまい、その後長いこと家の中で真似をしたことを思い出した!猿回しが何百年も前からあったなんて、驚いた。

 

 鎌倉時代になると、興福寺の薪猿楽、多武峰妙楽寺の八講猿楽、春日若宮おん祭猿楽に大和四座が参勤して、互いに芸を競い合った。今で言う金春、観世、宝生、金剛の四流である。

 

 興福寺の薪能と、春日大社の摂社である水屋神社で奉納される神事能を描いた、江戸時代の「奈良薪能絵巻」と「奈良水屋能絵巻」が展示されている。色彩も鮮やかで、地形など正確に描かれているので、細かく見て行くととても面白い。仮設の桟敷席が設けられたり、もう屋台の食べ物屋も出ている。

 

面ではないのだが、今回、金春禅竹(1405-1471以前)の伝書「明宿集」は必見。世阿弥(1343?~1443?)の娘婿・禅竹の自筆伝書が昭和三十年代に金春宗家の筐底から発見されたことは聞いていたが、本展図録によると、その一部は、袋とじ本の袋の中に一枚一枚隠されていたという。まさに一子相伝の秘書だった伝書が、ガラス越しとはいえ、そのままに眼前にあることが不思議で、600年の時空を飛び越えたような気がした。

 

展示替えがあるが、本展覧会で重要文化財80点を含む総数300点を超す面が展示されている。各流の家にある面を除けば、天河神社の諸面を筆頭に、名品という面はほとんど揃ったのではないだろうか。

 

名人が着けると、それが面とは意識しないほどピタっと貼りついて、刻々と変化する役の感情を一つの面で表現する「面」。役者から切り離された面は果たしてどういう表情をしているのだろうか、と思いつつ拝見した。さっと見れば別に何事もないのだが、気になって観れば、恐るべし!こちらが受けとめられない程の強い存在感を放った。

 

 残念ながら、私はまだ行き合ったことがないが、美術館棟に向かうアプローチ両側の枝垂桜は、例年4月中旬頃に満開になるという。奈良からはなかなか遠いが、能好きの方はぜひお出かけ下さい。

 

=次回は平成30年5月11日付(第2金曜日掲載)= 

 ・・・・・・・・・・・・・・・ 

かわしま・かずほ 

元大阪芸術大学短期大学部教授。

メモ ミホ・ミュージアム 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300。電話0748(82)3411。JR琵琶湖線石山駅発「ミホ・ミュージアム行き」帝産バス(所要時間50分)乗車(9時10分から13時10分まで1時間に1本)。月曜日休館(4月30日開館、5月1日休館)。会期は6月3日(日)まで(会期中展示替えあり)。http://miho.jp

 

 

2018年4月13日 (金)

うつくしいくらしかた 奈良こよみ(無料アプリ)72候

先日、写真家の野本暉房さんのパーティーでお会いしご挨拶できた写真家の澤 戢三 さんからフェースブックで教えていただきました。撮影も担当されているとのことです。写真も拝借します。

30624083_1655493477903413_326927927

「奈良こよみ(無料アプリ)72候の14候です」
「 鴻 鴈 北 (こうがんかえる)清 明 」
冬を過ごした雁が、北国へと去っていきます。
雁は「かり」とも読んだり、また鴈と書くこともあります。
「春の沈下橋(沈み橋)<大城橋(斑鳩町・河合町)>=撮影:澤 戢三 ...

奈良こよみ/72  無料アプリ ダウンロード=
www.kurashikata.com/72seasons-nara-koyomi/

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30