フォト
無料ブログはココログ

2018年12月17日 (月)

美ビット見て歩き 69 「西郷隆盛像」

 
Img169   
Img170
毎月楽しみにしている、川嶌一穂さんの美ビット見て歩きです。上野公園の西郷隆盛像です。

明治150年。西郷隆盛像120年ということです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美ビット見て歩き 私の美術ノート *68 川嶌一穂
高村光雲・後藤貞行作「西郷隆盛像」
写真 東京・上野公園の「西郷隆盛像」(著者撮影)
 ことし平成30年は、明治維新百五十年記念の年だったが、NHKの大河ドラマが「西郷どん」だったくらいで、あまり盛り上がらなかったように思う。50年前の百年記念は、政府主催の記念式典が1万人を迎えて日本武道館で開かれたのをはじめ、世を挙げて近代日本の百年を振り返ったと記憶する。
まだ身の回りに明治生まれの人が大勢いたこともあるだろうが、今はスマートフォンに追い立てられて、長いスパンで物を考えられなくなっているのかも知れない。
 かくてはならじ!と、東京・上野公園へ出かけた。もともと上野の山全体が徳川将軍家の菩提寺である寛永寺の敷地で、今も歴代将軍のうち6人が眠っている。本堂裏手の書院には、最後の将軍・慶喜が蟄居した葵の間が保存されているし、江戸初期造営の東照宮や、動物園の敷地内には五重塔も現存する。
 そんな徳川家ゆかりの上野の山に、徳川の世に終止符を打った立役者の一人、西郷隆盛の像があるのは、ちょっとした歴史の皮肉だろうか。像のすぐ裏手に、彰義隊の墓もある。
 明治22年(1889)、大日本帝国憲法発布による大赦により、明治10年(1877)9月、鹿児島・城山で死を遂げた西郷に正三位が贈られ、「賊徒」の汚名が晴らされた。
 そのとき陸軍大将の軍服を着た騎馬姿の西郷像を建てる計画が動き出した。宮城正門外に設置する許可が下りていたが、賊徒であった西郷像を宮城前に置くことに疑義が出て、上野公園に変更された。
 制作を依頼された高村光雲が、サーベルを持った軍服姿の木造雛形を公開すると、これもかつて逆賊の汚名を着た者にふさわしくないとされ、筒袖に草履ばき、帯に兎猟のわなを下げ、猟犬を連れた現在の姿になった。じっさい西郷は兎猟が大好きで、西南戦争中も犬を手放さず、兎猟をしていたので(仁科邦男『西郷隆盛はなぜ犬を連れているのか』草思社)、一番西郷らしい姿に落ち着いたのかも知れない。
 西郷が最期まで持っていたのが、安政の大獄で斬首となった福井藩士・橋本左内からの手紙である。その左内に「仲秋臥病雑詠」という漢詩がある。
「…誰か知る一片清輝の影 かつて澳門の白骨を照らして来るを」。
「澳門」は、ポルトガルに侵略されたマカオのこと。…この美しい月光は、マカオの悲劇を照らして来たことを忘れてはならない、と欧米列強に囲まれた幕末の日本に警鐘を鳴らすのである。江戸城無血開城を成功させた西郷と幕臣・勝海舟の思いも同じであった。
記念撮影のために像に走り寄った小学生が、「あ、泣いてる!」と叫んだ。酸性雨による錆だが、たしかに一筋の涙の跡のように見えた。
=来年1月はお休みを頂いて、次回は2月8日付(第2金曜日掲載)=
・ ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。
メモ 「西郷隆盛像」東京都台東区上野恩賜公園内。JR山手線上野駅下車。「公園口」改札を出て、公園の中を左手(南)に5分歩く。庶民が見た西南戦争は、石牟礼道子『西南役伝説』(講談社文芸文庫)がおすすめ。今年2月に亡くなった著者・石牟礼さんのご冥福をお祈り致します。

2018年12月 4日 (火)

「ひととき」12月号より 「儀式の解読」

Img022
新幹線のグリーン車中では無料で、あるいはキオスクで販売されているウエッジの「ひととき」12月号です。
元春日大社権宮司であり現在、奈良県立大学客員教授である岡本彰夫さんの文です。
おんまつりの「奈良その奥から 儀式の解読」というタイトルで内容の濃いお話を書かれています。
そして写真は映像作家の保山耕一さんの春日大社の雪のちらつく写真です。
すばらしいコンビです。
11月号に載っていると聞きましたが連載ですね。


2018年12月 2日 (日)

1月26日 水木十五堂賞 授賞式

平城宮のいざない館へ12月から新しくなった保山耕一さんの上映をみてきました。最初に休憩コーナーの大型ビジョンを拝見。
そのあと、特別展示室へ。
「錦繍の大和路」の映像が新しく、當麻寺西南院、奈良忍辱山の円成寺、高城山、天川村龍泉寺、みたらい渓谷、ナメゴ谷、佐保川べりなどが映し出されました。
他、「平城宮跡」、「大和の誇り」、も合計80分以上見入りました。入場無料。駐車料金も2時間で400円。
おすすめです。
帰りがけには、知り合いのMさんにも声をかけられ、しばし歓談できました。そして、1月26日の水木十五堂賞の授与式のチラシを手に入れることができましたので紹介します。

Img020

Img021

保山耕一さん、水木十五堂賞受賞 おめでとうございます。

映像作家、保山耕一さんは大和郡山市より、第7回、水木十五土賞に選ばれました。
来年1月26日DMG MORI やまと郡山城ホールで授賞式、記念講演、作品上映、座談会が行われると、12月1日の朝日新聞奈良版は伝えています。保山さん、ほんとうにおめでとうございます。

Img154_2

また、奈良県民だよりも伝えています。
Img155
水木十五賞のことは、大和郡山市のHPに詳しく載っています→https://www.city.yamatokoriyama.nara.jp/govt/torikumi/mizuki/002904.html

2018年11月17日 (土)

入江泰吉先生と保山耕一さん

保山耕一さんの動画を見て、入江泰吉先生を思い起こされる方が多いようです。
わたしもそう思います。
おふたり共通してやまとの良さを映像で現わされておられるからではないでしょうか。
Img014
(入江泰吉先生、1990年、井上博道さん撮影。『太陽』入江泰吉のすべてより)
そう思うと、奈良市写真美術館で入江先生の作品と保山耕一さんの映像を流されるのも良いかもしれません。
奈良市写真美術館には立派な映像室もありますから。
期待したいものです。

Cimg27971

(保山耕一さん。春日大社での国際映画祭、奉納上映会にて、2018年9月22日)

保山耕一さんについて書かれた方の良いブログに出会いました→ブログ
https://gamp.ameblo.jp/kashii-hayato/entry-12418555924.html?fbclid=IwAR22U0ml_l--FE--KcznlapANnnN0UmmwXnT5ctsWa2v5sH-yVCNMuK4IAk

2018年11月15日 (木)

第12回、万葉小品展

Img120 Img121
16日から18日まで、ギャラリーまつもりでは、当ギャラリーゆかりの人たちの作品展を行います。
お近くに来られたらお立ち寄りいただければ幸いです。

2018年11月11日 (日)

美ビット見て歩き 私の美術ノート *68 国立歴史民俗博物館「正倉院文書」

毎月楽しみにしている、川嶌一穂さんの美ビット見て歩き 私の美術ノート *68が先日、奈良新聞に載っていました。

正倉院文書の複製プロジェクトが千葉県の国立歴史民俗博物館で行われていることを初めて知りました。
もっとも、予算は今回クラウドファンディングで何とかなったそうですが、全然「完成へ見通し」立ってないので、
これからずっと、今までと同じだけの予算が付くか、今年と同じくらいの寄付が集まったとして、あと35年かかる、という話です。

正倉院文書はいろいろな情報を伝えてくれます。
これからも継続して複製プロジェクトが続けられるようにしてもらいたいものです。

Img111

Img112

美ビット見て歩き 私の美術ノート *68 川嶌一穂

 

国立歴史民俗博物館「正倉院文書」複製製作プロジェクト

 

写真 大仏池ほとりの銀杏の黄葉(20151112日、花好きの友人による撮影)

 

 まだ自分で興味を持つ以前の子ども時代に、美術の好きな親に連れられてあちこち見て歩いたのは、今思えば貴重な体験だった。来週12日まで奈良国立博物館で開催中の正倉院展も、まだ幼い頃から毎年見ていた。当時は観客も少なくて、無料公開日だった「文化の日」も全然混んではいなかった。旧館の古めかしい展示ケースは、子どもでも見やすかった。

 後に大学の「日本美術史」の授業の中で、「僕の爺さんは、明治時代に正倉院御物の修復を行い、布製品は実践女学校の生徒さんに頼んだ」と聞いて、やっぱり修復しながら今に伝わっているのだなと納得した。

 もともと東大寺の「正倉」だった正倉院で、1200年以上も守られてきた宝物には、美術工芸品のほかに様々な文書類がある。その数、何と一万点以上。正倉院展で毎年数点ずつ展示され、まだ拝見してないが、今年は写経生の借金の文書が出ているらしい。

 紙は貴重だ。天平時代、戸籍などの公文書は、保存期間を過ぎても破棄されることなく、写経所の事務帳簿などとして裏面が再利用された。このため紙の両面に性格の違う情報が残り、世界でも類を見ない量の、8世紀の古文書が今に伝わった。奇跡と言うより他ない。

 文書の内容は、ほとんどが活字翻刻されていて、インターネット上の「国立国会図書館デジタルコレクション」でも読むことができる。しかし活字翻刻では原本の状態は一切分らないし、新しい研究によって読み誤りが見つかる場合もあるだろう。そもそもこれだけ災害の頻発する日本列島での文化遺産の保存は、常に大きな課題だ。

 今年の初め国立歴史民俗博物館が「正倉院文書」の複製製作のため、クラウドファンディングを開始したというニュースが流れた。聞けば歴博では、35年前から正倉院文書の精巧な複製を製作し、全部で約800巻のうち半分くらいが完成しているという。ところがいずこも同じ秋の夕暮で、予算削減の憂き目に遭い、このままでは完成まで半世紀以上かかる可能性が出て来た。

 そこで窮余の策として、クラウドファンディングで支援金を募ることになったが、蓋を開けてみれば、目標金額の350万円をはるかに超える金額が集まり、今年度も無事製作が進められることになったという。奈良人として、大いに気になる話題だった。

 いつも正倉院展を見た後は、大仏殿の北西にある正倉院まで足を伸ばして、大仏池の銀杏の木を見に行く。ある年は散り際に行き合って、黄金の光が降るようだった。写真は3年前に友人が撮ったものをお借りした。

 

=次回は12月14日付(第2金曜日掲載)=

 ・・・・・・・・・・・・・・・

かわしま・かずほ

元大阪芸術大学短期大学部教授。

 

メモ 国立歴史民俗博物館 千葉県佐倉市城内町117。電話043(486)0123。「正倉院文書」複製製作プロジェクトのクラウドファンディングは締め切ったが、引き続き寄付を受付中。歴博のホームページ左下の「歴博サポート(ご寄附)のお願い」に案内あり。


https://www.rekihaku.ac.jp/


2018年10月15日 (月)

能面展

Img003
丸尾万次郎先生のご指導の万美夢面館  能面展が10月19日から21日まで奈良もちいどのセンター街の器まつもりの2F、ギャラリーまつもりでひらかれます。第31回を迎えるということです。
Img004

2018年10月13日 (土)

美ビット見て歩き *67 「没後50年 藤田嗣治展」

Img030

Img031
毎月奈良新聞に掲載され楽しみにしている、川島一穂さんの美ビット見て歩きは「没後50年 藤田嗣治展」です。
来週の10月19日から12月16日まで、京都国立近代美術館(岡崎公園内)で開かれるとのことです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美ビット見て歩き 私の美術ノート *67 川嶌一穂
京都国立近代美術館「没後50年 藤田嗣治展」

写真 藤田嗣治『自画像』 1929年 油彩・カンヴァス
 東京国立近代美術館蔵 ©Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2017 E2833(京都国立近代美術館提供)

 美術界では長い間、フジタ晩年の30年を支え、画家亡き後の著作権者であった君代夫人の目の黒いうちは、大規模な展覧会は開催できないと言われてきた。親鳥が大きな翼で雛を守るように、展覧会開催を拒否していた夫人が、9年前に98歳で他界し、今年がフジタ没後50年。ようやく藤田嗣治の大回顧展が開かれた。

 父・嗣章の、陸軍軍医総監としての前任者・森鷗外の助言をいれて、フランス遊学の前に東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学したフジタは、卒業制作の『自画像』を残している。世間に漕ぎ出そうとする若き日の野心的な表情を見事に描いた自画像である。
 美校卒業後パリに渡ったフジタは、当時流行していたキュビスムや、目を貼りつけたようなモヂリアニ風の作品にも取り組んだ。フジタらしからぬこれら初期の作品には、本展で初めて目にすることができた。

 1920年代に入って、乳白色の下地に細い墨の線で描くという、日本画の技法を取り入れた独特の様式が完成し、非常な人気を博した。写真の『自画像』も、そのスタイルを遺憾なく発揮した作品だが、画家はどことなく不安気な表情をして、壁の女性像も倦み疲れたような顔である。
 この自画像が制作された1929年に世界大恐慌が始まり、パリの美術界もパトロンを失って低迷し、フジタも中南米に渡った後、昭和8年(1933)、日本に帰国した。異国の風景に触発されたこの時期は、別人によって描かれたかのような濃彩の作品が多い。

 続いて『アッツ島玉砕』と『サイパン島同胞臣節を全うす』の並ぶ「作戦記録画」の部屋に入ると、再び空気が一変した。しかし暗い画面をじっと見ていると、「戦意昂揚のため」という建前とは関係なく、大作の群像作品を制作する画家フジタの素朴な「喜び」も見えてくる。

 日本の敗戦後、戦争中の国策協力を非難され、アメリカに渡るが、そこでもアメリカ人画家・ベン・シャーンらに「日本人ファシスト」画家として糾弾される。しかし戦争画を描いた日本人画家は藤田だけではないし、ベン・シャーンが米戦時情報局で制作したポスターも、いわば「戦争画」と言えるだろう。フジタは一人納得できない思いを抱いたのではないだろうか。

 渡仏して夫人共々フランス国籍を取得し、カトリックに改宗したフジタ最晩年の宗教画が最終室に並んでいるが、何故か痛々しい印象を受ける。むしろ、グッズ売り場にも置かれていた集英社新書『藤田嗣治 手しごとの家』『本のしごと』『手紙の森へ』の中の、いつも何かしら手を動かして物を作り、それを身の回りに置いていたフジタが、彼本来の姿なのかもしれない。
次回は平成30年11月9日付(第2金曜日掲載)=
・ ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。
メモ 京都国立近代美術館(岡崎公園内) 京都市左京区岡崎円勝寺町。電話075(761)4111。
いい季節なので、近鉄京都線「近鉄丹波橋駅」で京阪線に乗換え、「三条駅」で地下鉄東西線に乗換え、「東山駅」下車。東へ歩き、左折して疎水沿いに歩くのがおすすめ。約10分。会期は10月19日から12月16日まで。月曜日休館。http://foujita2018.jp/
 

2018年10月11日 (木)

興福寺中金堂落慶の散華

Img016
Img011 Img012
Img010  Img009 
7日から連日多くの方が落慶法要に行かれているようです。
10月11日、興福寺中金堂落慶法要のいよいよ結願です。
興福寺中金堂平成再建落慶記念としていただいた、散華です。
絵は、法相柱を描かれた、畠中光享さんの作です。
Img017

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31