フォト
無料ブログはココログ

2016年11月30日 (水)

奈良、新玄関へ街づくり(関西は今) 日経新聞

JR関西本線(大和路線)の奈良駅と郡山駅の間は距離も長いので、間の奈良市八条町に新駅をつくったらどうか、と以前から言われています。済生会病院あたり、2016年4月撮影。

Cimg41332

日経新聞11月19日付けに、

奈良、新玄関へ街づくり(関西は今)
JR新駅、高速IC近接 ホテル誘致、脱「日帰り」 が掲載されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 JR奈良駅と郡山駅間の奈良市・八条地区に市の新たな顔となる「副都心」を形成するプロジェクトが動き始めた。8年後の2024年度をメドにJR新駅を設置し、高速道路のインターチェンジ(IC)とも接続。阪神甲子園球場の8倍強に相当する約32.3ヘクタールを一体的に整備する。豊富な観光資源を生かしてインバウンド(訪日外国人)需要の取り込みも狙うが、ホテルなど核となる施設をいかに誘致するかが成否を握る。


 
 八条地区プロジェクトは国の補助を受けて県、市と西日本旅客鉄道(JR西日本)がスクラムを組む。7月に国土交通省から鉄道高架化などの事業認可を受け、24年度をメドに関西本線に新駅を設置する。
 同時期までに周辺道路やバスターミナルを整備し、高速道路の京奈和自動車道の奈良IC(仮称)も完成する見通しだ。総事業費は京奈和道やICを除き推計400億~500億円になる見込みだ。

 市役所から南に約2キロメートルの八条地区はのどかな田園地帯だが、奈良の玄関口である近鉄奈良駅周辺に次ぐにぎわいのある街にする考えだ。

 市が今春作成した「基本構想」によると、新駅東側にホテルや商業施設、スポーツ競技などを開催するアリーナなどを誘致。その周辺に住宅ゾーンを設ける方針だ。現在、JR奈良駅から大阪駅までは50~55分かかる。新駅は快速電車も停車することになるとみられ、大阪駅までの所要時間は45分前後と住宅地としての魅力は高い。


 JR西日本近畿統括本部の担当者は「高架化と新駅が完成すると、踏切4つが撤去され交通安全性と街の一体感が増す。ICも近く、人の交流が生まれる」と期待する。

 シティーホテルのほか、観光案内所なども設置し、新たなインバウンド拠点を目指す。奈良県の宿泊者数は15年で255万人と徳島県に次いで都道府県別でワースト2位。国内有数の観光資源を持つことからすれば意外だが、宿泊は京都、大阪という観光客も多いためだ。

 しかし、関西国際空港から観光客を直接、奈良市内に呼び込めれば、「日帰り観光地」から脱却できる可能性がある。八条地区は大安寺に近く、唐招提寺や薬師寺がある西ノ京地区にも隣接している。新駅は法隆寺駅にもつながる。

 

 

 バス交通を担う奈良交通(奈良市)は「ホテルのほかに、荷物を預けられるサービス拠点があると奈良の南玄関の拠点として機能する。街づくりの方向性を見極めてから路線拡充を検討したい」(谷口宗男会長)と話す。現在、関空から奈良までは1時間30~40分程度かかるが、奈良ICを利用すれば八条地区までなら1時間15分程度まで短縮されるという。

 駅と高速道路が一体となった街づくりは宅地開発にも有利だ。南都経済研究所の嶌川安雄理事長は「大阪・梅田までの所要時間が短くなるので通勤、通学が便利になり、住宅増や地価上昇による税収増効果も見込める」と話す。

 ただ、関西の先行例であるJR舞子駅周辺は明石海峡大橋が開通した1998年ごろは住宅開発もあり活気が生まれたが、ここ10年ほどは1日平均乗車人数が2万人前後と伸び悩む。

 八条地区の新たな街づくりでは、地産地消型の商業施設など歴史ある地域の特色をいかに出していくかも問われそうだ。
(奈良支局長 浜部貴司)
2024年とのこと、時間がまだまだかかると思われますが注目したいと思います。

2012年7月 1日 (日)

原発の再稼働と計画停電予定表

7月1日、夏の関西の電力需給が不足する恐れがあるということで、大飯原発が再稼働したようです。多くの反対も安全の点検も最終的には、無視されたようです。

一方、関電の「計画停電の予定表」のハガキがおくられてきました。もし実施されたら、社会活動に生活にたいへん不便が生じると思います。まあ原発を再開しなければこうなるよということかもしれませんが・・・。

Cimg0660

ともかくも7月1日から当方の店「器まつもり」でも照明を落とし、節電することにしました。お客様のご理解をいただきたく思っています。

そして計画停電については、関西電力のHPで案内しているそうです。→ http://www.kepco.co.jp/

<お問い合わせ専用ダイヤル>

お客さま番号(14桁の番号)をご準備のうえ、お問い合わせください。

電話
0120-911-777通話料無料

[受付時間]平日(月~金)9時~20時 土日祝9時~17時30分

需給状況に応じ、受付時間を拡大する場合がございます。

  • ※お電話がつながりにくい場合がございますので、あらかじめご了承ください。
  • ※一部のIP電話からは、ご利用いただけない場合がございますので、関西電力ホームページなどによりご確認をお願いいたします。
  • ※お問い合わせの際には、番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違いのないようにお願いいたします。

耳やことばがご不自由なお客さまにつきましては、FAXによるお問い合わせも承っております。

FAX
0120-911-011

[受付時間]平日(月~金)9時~17時30分

2011年9月 9日 (金)

お見舞い

このたびの台風による被災を受けられた紀伊半島南部の皆様にお見舞い申し上げます。

被災状況が明らかになるにつれて、事の重大さを感じます。

このところ大変多用で遅くなりましたが、お見舞い申し上げる次第です。

2011年6月28日 (火)

東日本大震災復興構想会議の「復興への提言~悲惨の中の希望~」

構想会議から、復興ビジョンが政府に提出されました。新聞で要旨を読みました。

26日朝刊の毎日新聞の見出しは「復興、財源増税で」と書かれています、また現在のデフレ下での増税は大問題だと思います。

前文はすばらしいと思います。「つなぐ」、「支える」、「希望」、「共生」、今ある「いのち」などがキーワードです。

全文は以下で読むことができます。

http://www.cas.go.jp/jp/fukkou/pdf/kousou12/teigen.pdf

「高齢者や弱者にも配慮したコンパクトなまちづくり、くらしや
すさや景観、環境、公共交通、省エネルギー、防犯の各方面に配慮したまちづくりを行う。とりわけ景観については、地域住民の徹底的話し合いと納得によって、統一感のある地域づくりが望まれる。」

「また、再生可能エネルギーと生態系の恵みを生かす地域づくりや、次世代技術等による産業振興、地域資源の活用と域内循環を進めることにより、地域の自給力と価値を生み出す地域づくりを行うべきである」

「住民間の合意形成とまちづくり会社等の活用、地域住民のニーズを尊重するため住民の意見を取りまとめ、行政に反映するシステム作りが不可欠」、と書かれています。

これらは復興のためだけでなく、今、奈良市にも求められていることだと思います。

2011年4月 3日 (日)

日経新聞から

この大震災で自粛ムードがやや過剰にかもしだされているように思います。

中日本、西日本はこの自粛ムードをこえて・・・、という記事が日経新聞の首都圏版で書かれていました。むしろ中日本、西日本の方に読んでいただきたいと思います。

有料で日経新聞電子版も購読していますので、引用します。

編集委員氏のコメントももらっています。

「西日本がけん引役」という小見出しを立てたのはほんまに期待しているからです。戦後というか、明治以来というか、東京への一極集中の見直しのきっかけになるのではないかとも思います。

(以下日経新聞から)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再興へメッセージ発信を 道府県議選と政令市議選告示
  2011/4/2付
  情報元
  日本経済新聞 朝刊
  1098文字

 統一地方選の前半戦となる道府県議選と政令市議選が1日、告示された。未曽有の震災が引き起こした東京電力福島第1原子力発電所の事故で、関係地域で原発問題がにわかに争点に浮上した。



避難先の埼玉県加須市に到着した福島県双葉町の人たち(3月30日)=写真 浦田晃之介


反原発派が出馬


 中国電力の原発建設計画の発表から約30年がたつ山口県上関町では、敷地造成工事を始めた途端の福島での大事故で、工事中断を余儀なくされた。県議選には同町周辺に位置する光市、大島郡の2選挙区で反原発派候補が急きょ出馬して、現職に挑む。

 国の原子力政策に理解を示してきた北海道、福井、島根、佐賀県の現職知事らもすでに始まっている選挙戦で国や電力会社に安全対策の強化を求める。対立候補はこれまでの甘さをつく。

 町長を先頭に福島県川俣町→さいたま市→埼玉県加須市へと3度の移転、避難生活を続ける福島県双葉町民。福島第1原発5、6号機を抱える人口7千人にも満たない原発の町だ。2年前の町長選では候補者全員が7、8号機増設を訴えた。

 町の振興を原発誘致にかけたが、隣の同じ原発町の大熊町(1~4号機)と張り合ってハコモノ建設に走り、借金が膨張。当時、県内唯一の早期健全化団体に陥ることが確定的だった。他に目立った産業のない双葉町にとって、原発の増設で再び原発マネー(交付金)に頼る以外、財政再建の道はなかったのかもしれない。

 今回の統一地方選で予定された町議選は延期、住民の集団避難などで実施のめどはたたない。首都圏の電力需要をまかなうために、危険と隣り合わせで生活してきた町民。原発の安全神話を信じて受け入れた結果が今の“放浪の旅”につながったのは痛々しい。


西日本けん引役


 地震と津波で町長が死亡、職員の3割が死亡もしくは行方不明の岩手県大槌町など、自治体でも悲報が相次ぐ。被災地のがれきの山、原子力発電事故による放射性物質流出、電力不足や余震への不安を抱える東日本。当面の日本のけん引役は中日本、西日本だろう。統一地方選で大いに日本再興に向けてのメッセージも発してもらいたい。

 一時は注目を浴びた地域政党も震災に隠れた格好だ。愛知県・名古屋市の「減税日本」も議員の報酬引き下げだけでなく、ほかの減税財源捻出の方途を示さないと単なるポピュリズム(大衆迎合)に終わる。大阪府の「大阪維新の会」も、大阪都構想で政令市解体を主張するものの、政令市の一つ、堺市では同市解体に反対の同会所属の市議選候補もあり、会内部の主張が分裂気味だ。

 とはいえ、有権者にとって選択肢が増えるのは歓迎すべきことだ。既成政党、無党派の候補を含めて、大いに明日への希望につながる論議、政策を示して選挙戦を盛り上げてもらいたい。

(編集委員 中西晴史)

2011年3月14日 (月)

東日本大地震

Scimg3446 Scimg3447

(写真は先日600mを越したと報道されていた、東京スカイツリータワーですが、仕事で出かけたいつもの浅草ROX近くからの遠望です。地震の影響を調査するということのようです)

テレビ、新聞は11日に起こった東日本大地震を連日大きく取り上げています。インターネットもしかり。携帯電話などの安否を問い合わせる連絡先もつくられました。

テレビ映像はすべてではないですし、知りたいところをすべては映し出してくれません。それでも、それぞれの町や都市がたいへんな痛手を被(こうむ)っているのがわかります。

岩手県や宮城県の知り合いに連絡が取れていません。安否と被害の状況が気にかかります。

今回の地震は、たいへん広範囲であること、地震だけではなく巨大な津波を伴っていること。想像以上の出来事です。

映像で車や家や船がいろいろなゴミとともに、たいへんな勢いで上陸してきたり、あるいは海へ引いていく様子、あるいは仙台空港なども津波が襲い、飛行機までもが津波に流される映像が放送されていました。

余震やさらなる津波も予想されたり、実際に起きています。翌日は長野や新潟でもかなり大きな地震がありました。

コンビナートの石油基地の被害、原子力発電所、福島第一なども心配です。原子力発電所のことは情報が小出しにされているといわれていて、さらに心配です。

首都圏もたいへんな影響を受けました。帰宅困難者がとても多く、3時間や5時間も歩いて自宅へ帰った人もかなり多く聞きます。自動車で帰った人も大渋滞でたいへんな時間がかかったようです。

わたしも先週8日火曜日に、東京日帰り出張でした。大地震と3日違いです。その日夕方友人たちと反省会で飲んで無事新幹線で帰ることができました。でも東京で地震に出会ったとしたら、鉄道も止まり、宿泊もとれなかったら、たちまち長距離の帰宅困難者になります。小さなラジオと小さな懐中電灯は持って旅行するようにはしていますが、いずれにせよ、地震は突然にやってくるものです。今回、地震予知はあったのでしょうか。

ともあれ、被害にあわれた方、影響を受けられた方に、お見舞い申し上げます。

2011年3月11日 (金)

大地震お見舞い申し上げます

「3月11日午後2時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード(M)8.8の極めて強い地震が起き、宮城県北部で震度7の烈震を観測した。気象庁は北海道太平洋沿岸から徳島県まで大津波警報を発令。仙台新港に高さ10メートルの津波が到来したほか、福島県相馬市で7.3メートル、岩手県釜石市で4.1メートルの津波を確認した。岩手、宮城、福島、茨城県の沿岸部を津波が襲い、行方不明者が多数発生しているもよう。」

テレビでたいへんな状況を伝えています。お見舞い申し上げます。

2010年4月 3日 (土)

奈良は一級

ニュースによれば、上位3位まで奈良の美術展ということです。

 【ロンドン時事】日本人は世界一の美術展好き-。美術専門の英月刊紙アート・ニューズペーパーは31日の電子版で、2009年に世界で開催された美術展の入場者数ランキング(1日当たり)を発表。日本の施設が開催した特別展が、上位4位までを独占した。
 トップは東京国立博物館の「国宝 阿修羅展」で、1日平均1万5960人が入場。以下2位は奈良国立博物館の「正倉院展」、3位は東京国立博物館の「皇室の名宝-日本美の華」、4位が国立西洋美術館(東京)の「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」だった。
 6位に入った仏グランパレでの「ピカソと巨匠たち」(7270人)など、欧米の著名な美術展を上回る集客力は、「日本人の美術展への嗜好(しこう)が不況知らず」(同紙)であることをあらためて裏付けた形だ。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000015-jij-int

2009年9月 1日 (火)

2009総選挙

8月30日は衆議院選挙がありました。
自民は300→119 、 公明は31→21

民主は115→308、 社民7→7、国民4→3、大地1→1、日本1→1、共産9→9、みんな4→5、無所属6→4

定数480.

政権交代になるということです。初めての経験です。いろいろなことが良くなることを期待し、注目したいと思います。


2009年8月29日 (土)

緊急地震放送

先日東京へいこうと朝6時40分の電車に乗り、ラジオをきくとやおらFM・NHKから「千葉県沖合いで地震」という緊急放送がくりかえされました。これは、新幹線や東京方面は電車が動かずきょうの予定はくずれてしまうのかと思ったことでした。

ほどなく居眠りをしていると、どうやら震度1とかラジオでは伝えています。先日の静岡県あたりの地震などで練習なのか過剰反応かよくわかりませんでしたが、幸い何事もなく定時に電車や新幹線は走ってくれました。

住んでいるところでの緊急事態も困りますが、旅行や出張のときはとくに困ると思います。このごろは、携帯電話だけでなく、ラジオや懐中電灯なども必需品かもしれません。でも緊急放送には驚かされました。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31