フォト
無料ブログはココログ

2017年7月26日 (水)

奈良市民体育大会2017 スイムピアへ。高校野球へ。

ことしの奈良市民体育大会は、大和郡山市の奈良県営のスイムピアで行われました。ことしも中学高校の頃の水泳部のOB会「附水会」5人で出場して来ました。試合で泳ぐのは初めてのプールです。屋内の25mプールで行われました。

Img066


Cimg9495 Img069


25m背泳ぎで60才以上の部、タイムはたいした事はないのですが、幸いにも1位になりました。

日ごろあまり泳いでいないので、たいへんくたびれました。

そのあと、橿原球場の高校野球の応援へ。シード校の奈良大学附属高校(旧、正強高校)相手に、母校、奈良女子大学附属高校(中・教)は好試合を展開しました。結果は2-6x。コールド負けかもしれないと心配していた野球部OBから高い評価を受けていました。選手諸君は無論、生徒の皆さん、ご父兄、先生、OBOGら学校一丸となった応援は素晴らしいものでした。

Cimg95062 Dsc_12311

Dsc_12331

翌日の奈良新聞、毎日新聞などでも大きく伝えていましたが、なんと、「東スポ」に取り上げられていると教えていただきました。

“好奇な目”とも闘う「女子大付属」野球部の反骨精神
7/24(月) 10:01配信

3回戦で敗れた奈良女子大付属ナイン

 第99回全国高校野球選手権奈良大会は23日、佐藤薬品スタジアムで3回戦が行われ、奈良女大付が奈良大付に2?6で敗れた。長谷監督は強豪相手に7安打するなど善戦したナインを「負けはしましたが、研究の成果は出せた。選手は自分たちを信じて思い切りやってくれた」とねぎらった。

 男女共学の進学校で創部66年の歴史を誇り、過去には県大会準優勝の実績もある。しかしナインはその校名ゆえの“好奇な目”とも闘ってきた。あるOBは「決して多くはないですが『女子大付属』ということで上から目線でこられることもあります。『野球部があるんだあ』と言われたこともある。今の選手もそうした声を何とかはね返したいと思って必死にやってきた」と明かす。女子大付属とはいえ白球を追う思いは同じ。グラウンドでナメられるわけにはいかなかった。吉田部長も「『女子大付属の進学校だろう』という目で見られることもある。だからこそ生徒は反骨精神を持って頑張ってくれたんです」と力説する。

 中高一貫校で共有グラウンドのため、使用できるのは週2回で日々の練習時間も午後6時半まで。十分でない環境の中、創意工夫と中高一貫の特色を生かしたチームワークを発揮。作戦は自分たちで考え、サインを出すほどにまでなった。

 部員20人のうち11人が3年生で、秋からは部員総数9人と試合ができるギリギリの状態。現在の中学3年生が入学する来春には5~6人の入部者が見込めるものの“人員不足”は明らか。女子マネジャーもこの夏で3年生が引退して1人になるため、部員、マネジャー両方の勧誘活動が目下の課題だ。

2016年12月24日 (土)

高校ラグビーと応援歌

Cimg69812

高校ラグビーの全国大会が年末から、東大阪市の花園ラグビー場ではじまります。奈良から近鉄電車で便利ですので毎年多くのチームが奈良に宿をとります。12月27日開幕とのことです。毎日放送の高校ラグビーのページです→http://www.mbs.jp/rugby/

Img692

そんなとき、奈良県橿原市出身のシンガーソングライターの若林美樹さんの歌をもちいどのセンター街のクリスマスパーティーで聴きました。そのCDは「TEPPEN」。ラグビーの応援歌第1弾とのことです。

Img693

2016年8月 7日 (日)

リオ・オリンピック400個人メドレー

リオ・オリンピック開始早々に、注目の男子400メートル個人メドレー決勝。萩野選手と瀬戸選手。

P10301201

P10301321 P10301301

P10301291 P10301381

見事、萩野選手1位金メダル第1号、そして瀬戸選手3位銅メダル。同一レースの二人のメダルは60年ぶり、メルボルン以来ということです。メルボルンオリンピックは、ラジオの国際放送で古川勝選手の平泳ぎ優勝を夢中で聞きました。萩野選手瀬戸選手、見事な快挙です。これで日本の水泳の快進撃に弾みをつけるのではないでしょうか。期待されます。

P10301441 P10301451
女子100mバタフライ準決勝で16才の池江選手、すばらしい後半の追い込みでその組1位、決勝でもがんばって欲しいと思います。

2016年1月27日 (水)

バンビシャスのホームゲーム

20160130


奈良のプロのバスケットチームのバンビシャスです。前半負けが先行していて余り話題に上りませんでしたが、このところ連勝中とのことです。30日18時、31日14時から地元奈良の鴻ノ池の中央体育館で試合があるそうです。どうぞ応援にお出かけ下さい。

くわしくはHPをどうぞ→http://bambitious.jp/

2016年1月 3日 (日)

高校ラグビー準々決勝

きょう1月3日は東大阪市の花園ラグビー場で高校ラグビーの準々決勝です。

ノーシード校ながら、関西から奈良の天理高校、そして関学高校などがベストエイトに進出しています。大いに健闘を期待したいと思います。

 Cimg65821 Cimg65841

Cimg65681 Cimg65691

(写真は昨年の準々決勝の様子です)

毎日放送のhpです。→http://www.mbs.jp/rugby/

2015年12月26日 (土)

高校ラグビー

Cimg26261  Dsc_0291

いよいよ高校ラグビーの全国大会が12月27日から、東大阪市の花園ラグビー場で始まります。来年の1月11日までとのことです。

例年、奈良の町にも全国の高校ラグビーの皆さんが来られて宿泊され、試合に行かれます。
健闘を期待したいと思います。

MBSのHPがいろいろな情報を伝えてくれます。→http://www.mbs.jp/rugby/

2015年12月21日 (月)

ラグビートップリーグ観戦

近鉄ライナーズ対東芝ブレイブルーパスのジャパンラグビー・トップリーグの試合が奈良市・鴻ノ池競技場でありました。幸い自由席のスタンドで見ることができました。日本代表の東芝リーチ・マイケル選手は出場でしたが、残念ながら近鉄のトンプソン・ルーク選手は怪我とかで欠場でした。

Cimg25991 Cimg26021

試合は立ち上がりから、東芝の動きが良く、スクラム、モールも強く東芝のトライそしてゴールがつづきました。途中、近鉄のフォワードの選手がモールでの反則でシンビン(一時退場)となり、さらにトライを重ねられました。対して、近鉄も前後半1トライずつ返しましたが、前後半を通じて東芝の勢いはくずれませんでした。とくにナンバー8のリーチ・マイケル主将の力強さはさすがと思いました。

Cimg26082 Cimg26101

Cimg26132 Cimg26174

この日は天気も良く、上々のコンディションでしたが、スタンドは日陰になり気温は冷たく感じました。
そして生のトップリーグはさすがに迫力があり、フォワードのぶつかり合い、バックスの突破とタックルの激突など見ごたえのあるものでした。
得点は東芝58対近鉄12というゲームでした。
スタンドは地元近鉄ファンがとても多かったようです。
日本代表のエディ・ジョーンズ前監督は「日本は勝ち負けにややこだわる」といっていましたが、勝ち負けでなくゲームを楽しむことが出来ました。

くわしい試合結果は→http://www.top-league.jp/game/2015/score11137.html

両チームのメンバー表です。
Img095 Cimg25991_2

遠くに若草山が見えます。

2015年12月19日 (土)

12月20日奈良・鴻ノ池競技場でラグビー、トップリーグ開催

B1thumbautox7077629


奈良から花園ラグビー場は近鉄電車で30分あまりと近いのですが、さらに近くの奈良、鴻ノ池競技場(先日の奈良マラソンのスタートでありゴールでした)で、ラグビーのトップリーグが12月20日(日)に開催されます。近鉄ライナーズと 東芝ブレイブルーパス の対戦で13:00 試合開始とのこと。両チームに先日のワールドカップの日本代表選手がいます。好試合が期待されます。

トップリーグのHPです→http://www.top-league.jp/

2015年9月23日 (水)

ラグビーWカップ第2戦 今晩10時15分からテレビ中継

A

ラグビーのワールドカップがイギリスではじまりました。日本の第1戦は、強豪南アフリカ連邦でしたがテレビ放送はありませんでした。が、日本は善戦し、みごと終盤逆転し、みごとに勝ちました。

一般的には勝てる見込みはないだろうとの予想でしたが、日本チームは勝ちにいくのだとはっきりとした意思をもっていたと報じられています。

さて第2戦は対スコットランド戦、きょう23日午後10時15分から日本テレビー読売テレビでは実況中継があるそうです。ぜひ見てテレビ応援をしたいと思います。

2015年9月 6日 (日)

京谷こまえさん、 おめでとうございます

 Img050  Img051_2

(左上、トップを走る京谷さん)

もちいどの通りの1本東に隣り合って、元林院町という由緒あるならまちの町があります。そこで長らく「京富」というお酒を飲んだりしゃべれたり、くつろぐことができるお店があります。

そこの京谷こまえさんがこのたび世界マスターズ陸上のフランスでの大会で銀メダルと銅メダルをとられたというニュースがのっていました。以前からマラソンや長距離で何度も優勝されたり入賞されたことは聞いていますし、まちでよく練習されたり、もちいどの通りを歩いておられるのでごあいさつを交わしていました。

しばらく競技の方のことは聞きませんでしたが、見事な成績です。京谷こまえさん、おめでとうございます。そしてお店は7日から再開と張り紙してありました。(まんぎょくさんの南隣です)

以下、2015年9月2日 奈良新聞よ

 第21回世界マスターズ陸上競技選手権大会は8月4日から16日まで、フランス・リヨン市で開かれ、県から参加した京谷こまえさん(66)=奈良市元林院町=が65歳―69歳の800メートルで銀メダル、同1500メートルで銅メダルを獲得した。京谷さんは「結果には満足。これから少し休んで、またがんばりたい」と喜んでいる。 

4年に1度ある世界大会。京谷さんは、日本人の友人がいるフランスで行われることで出場を決めた。友人にアパートを探してもらい、そこを拠点に、調整を続けて大会に臨んだ。

 

 京谷さんが一番驚いたのは「世界選手大会となると、タイムを競うのではなく、全員がメダル狙い。駆け引きが激しく800メートルはオーバーペースになった」と言う。700メートルまで先頭に立ったが、ラスト100メートルの直線コースで追い抜かれて2位になった。

 

 1500メートルは前には出ずに5位前後につけて、優勝候補のジャンセン(デンマーク)についていく作戦を立てたが、そのジャンセンが2周目でリタイア。予想外の展開に慌てたが、そこから追い上げて3位となった。しかも1500メートルは、ここ数年どの大会にも出場しておらず4年ぶりの出場だった。 

 

 京谷さんの800メートルのベストタイムは2014年のアジアマスターズで記録した2分48秒08。この大会の800メートルの成績は2分51秒08。タイムよりこの大会のメダルをみんなが欲しがっているかがうかがえる。そのため「みんなテンションが高く、面白かった」と振り返る。

 

 奈良マラソン大会の前身、大仏マラソン大会に子どもを出場させるために48歳から始めた陸上競技だが、今ではすっかり生活の一部になっている。

 

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31