フォト
無料ブログはココログ

2022年12月 6日 (火)

サッカー奈良クラブ、商店街をお礼行進

758db1eb7dfd85881131ea428e7aef42

奈良新聞デジタル Nara News Paperのトップページ奈良のニューススポーツ
2022.12.05が伝えていますので紹介します。

そのほか朝日新聞、毎日新聞、読売新聞も、もちいどのセンター街のこのお祝いのフラッグとともに写真と記事が載っています。


奈良クラブ、J昇格で決意と感謝の凱旋 フリアン監督や選手ら35人

 

沿道のサポーターたちに手を振り、感謝の気持ちを伝えるフリアン監督=4日、奈良市の奈良もちいどのセンター街

 

奈良の商店街を歩く

 

沿道から「おめでとう」

 

 サッカーのJリーグ昇格を決め、来シーズンからJ3に参戦する奈良クラブのフリアン・マリン・バサロ監督や選手ら35人が4日、買い物客や観光客でにぎわう奈良市の「奈良もちいどのセンター街」や「三条通り商店街」を歩き、感謝の気持ちを伝えた。

 奈良クラブはJFL(日本フットボールリーグ)参入8年目の今季、初優勝を飾り、順位や集客面もクリアして悲願のJ3昇格を達成。この日は「ファンやサポーターはもとより、地元の商店街や関係者の支えがあればこそ」との思いを伝えるとともに、新たなステージに向けて決意を表明した。

 浜田満社長やフリアン監督、キャプテンの小谷祐喜選手、生駒市出身の平松遼太郎選手らが四つのグループに分かれ、手を振り笑顔で歩いた。途中、「12番目の選手」と呼ばれる背番号12をつけたユニホーム姿のサポーターらも駆けつけ「おめでとう」「よくやった」などの声が上がった。

 

 シーズン中、何度もロートフィールド奈良に駆けつけたという奈良市の会社員、福井繁寛さん(53)は「昇格が決まった瞬間、涙が出た。来季も頑張ってほしい」と選手をたたえた。観光で奈良を訪れた大阪市内に住む女性(25)は「ワールドカップでも日本が決勝トーナメントに進出したが、奈良クラブも来季が楽しみ」とエールを送っていた。

その後、フリアン監督や選手らはホテル日航奈良(奈良市三条本町)で開かれたシーズン終了報告会に参加。フリアン監督は「シーズン前、勝利できるチームをつくると宣言したが、多くの試合で勝つことができた。選手、スタッフだけではなしえず、多くの人の支えで達成できた。J3でもみなさんに楽しんでいただきます」と話した。

 

https://www.nara-np.co.jp/news/20221205214858.html

2022年7月18日 (月)

高校野球奈良大会

Img255_20220718104701

 Img256_20220718104801



高校野球奈良大会が開かれています。奈良女子大学附属は初戦の2回戦、西ノ京高校に4-1と快勝しました。

奈良女子大附属は全員1,2年生チームとのこと。これからのますますのご活躍を期待したいと思います。

西ノ京高校はこれが最後の高校野球出場とのことです。

2022年6月29日 (水)

高校野球 奈良県予選日程

Img237_20220625142901

高校野球の夏の大会。奈良県予選は7月9日からとのことです。

組み合わせが決まったとのことです。(画像をクリックすると拡大します)奈良新聞より。

この夏は、一般の入場もOKとのことです。

2022年3月12日 (土)

奈良県に競技会用50mプールをもう一つ

Img059_20220307162601

最近、プールが老朽化したとかということで、プールがあちこち閉鎖されています。

競技会をひらく50mプールも奈良県には大和郡山市のスイムピアしかありません。>

しかも屋根がありません。

あの飛び込みプールもある伝統の天理プールも閉鎖されたように聞きます。

競技会を開くのもすでに予定が詰まっていて余裕がないそうです。 競技会用50mプールをもう一つ設置をという署名を集められています。

(画像をクリックすると拡大します)

Img060_20220307162601

2022年2月18日 (金)

北京オリンピック

コロナ禍の中、北京オリンピック2022が開かれています。

 Dsc_2251_20220218155701

Dsc_2252

メモとして残します。

 

2021年12月25日 (土)

27日から高校ラグビー

Dsc_1911

27日から東大阪の花園ラグビー場では、高校ラグビーです。もちいどのセンター街北入口に、横断幕が掲げられました。

年末を感じます。

MBSの高校ラグビーのホームページです。⇒https://www.mbs.jp/rugby/

2021年7月26日 (月)

1.3m/s

Img755_20210726095201

Uuzvq3lml_bkiqyakc1vfvk0qkusbtgpqwp51fwd

写真は共同より拝借。

東京オリンピックで女子400m個人メドレーで大橋悠依選手みごと優勝でした。
反して瀬戸選手は予選落ち。
女子400自由形、奈良の難波選手は予選落ちでした。

 

ところでテレビで今回1.3m/sとかの表示がトップ3の選手にされています。
どういう意味かと尋ねなければと思っていましたが、
どうやら1秒で何メートル進んでいるのか表示しているようです。
その数字が大きいほど1秒あたりの進む距離が出ますから、追い込みが届くのか
目安になりそうです。
えらい技術は進んでいるものですね。

 

 

2021年6月10日 (木)

全米女子オープンゴルフ2021

あまり注目していなかったのですが、全米女子オープンゴルフ2021は日本人同士のプレイオフとのテレビ速報で知りました。

結果19才の笹生選手が畑岡選手をプレイオフの3ホール目でバーディーをとった初優勝。ゴルフ好きの友人は実況で

見ていたそうです。

幸い後日YOUTUBEで見ることが出来ました。

笹生選手は日本人のお父さんとフィリピン人のお母さんとの間に生まれたとのことです。

それにしても先日の松山選手の優勝とともに日本人選手の全米での活躍すばらしいものです。

Dsc_1098_20210609141001

Dsc_1101_20210609141001

2021年5月17日 (月)

阪神好調!!

今年は阪神好調です。バース・掛布・岡田が3連発ホームランを打った年から35年とか。ひょっとしたらと思うのはまだ早いと自重しています。
現在、阪神の4番は佐藤輝明選手、近畿大学卒で生駒の練習場で練習していたせいか、奈良出身、少なくとも京阪神出身の大物新人です。
巨人の4番は奈良県五條市の智弁学園高校卒業の岡本選手。どちらも奈良にゆかりのスラッガーです。
興味を持って、阪神、巨人の闘いを注目したいと思います。
この3連戦は阪神がみごと2勝1敗。4.5ゲームに差は広がりました。

42b7cf620883caad7b66c08dad31888d_1

阪神、4番の佐藤輝明選手(写真は資料より拝借)

スポニチの速報です。

◇セ・リーグ 巨人5―6阪神(2021年5月16日 東京D)

 

 “伝統の一戦”2001試合目となる巨人―阪神戦が東京ドームで行われ、巨人は最大4点差から1点差まで迫るも及ばず、5―6で敗戦。首位・阪神との直接対決で1勝2敗と負け越し、ゲーム差は再び4・5と開いた。

 

 巨人は2―6で迎えた6回、梶谷、ウィーラーの連打で無死一、二塁とし、3連打目となる丸の右前適時打で1点返すと、3回に先制9号ソロを放っている主砲・岡本和が4連打目となる左前打を放って無死満塁。1死後、若林の二ゴロで2点目が入ると、敵失でもう1点加えてこの回計3点をもぎ取り、1点差に迫った。だが、反撃はここまでだった。

 

 投手陣は5試合ぶりの白星を目指した先発左腕・今村が2点先取してもらった直後の3回に追いつかれ、3イニング連続で先頭打者に安打を許すなど3回2失点で降板。2番手として登板したドラフト1位右腕・平内は2/3回4失点とリリーフ失敗となったが、戸根、田中豊、野上、鍵谷、中川が無失点リレー。5回以降、阪神打線を無安打に抑えたが、報われなかった。

2021年4月10日 (土)

女子800Mフリー

Img562_20210410111001Img563_20210410111001

奈良市の難波実夢選手は800mは1位、東京オリンピック代表になりました。

4月10日、奈良新聞は大きく伝えています。

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31