フォト
無料ブログはココログ

2019年2月 4日 (月)

「セトレならまち」のディナーコースへ

奈良・猿沢池畔の東に「ホテル・セトレならまち」が2018年12月にオープンしました。
機会がありましたので、レストランへ行きました。場所は、吉田屋旅館さんのあったところで、取り壊され土地を吉田屋さんが貸されて、ホテル・セトレならまちがオープンしたと聞いています。日経新聞にもファンドを利用してオープンしたと2018年4月に記事も載っていました。

ホテル運営のホロニック(神戸市)は2018年秋に奈良市内でホテル運営を始める。地元旅館が新たに建設するホテルの運営を受託する。奈良の伝統文化や地元住民との交流を楽しめるよう設計し、ゆったりと滞在したい家族層や夫婦らを取り込む。初年度4億円の売上高を目指す。

吉田屋旅館(奈良市)が別館の解体に月内にも着手。新設するホテルを「セトレならまち」の名称でホロニックが運営受託する。総工費は7億円程度。地上4階建てで全32室あり、興福寺近くの猿沢池や中庭に面する部屋もある。

建物には奈良の土壁を使うほか、入り口付近には奈良の左官職人や指物職人などが作った茶室仕様の部屋を用意するなど、奈良の伝統工芸を味わえる造りにする。中庭で野菜の産直市やファッションショーなども企画して地元住民の来館も促す。宿泊料金は1泊2食で5万~6万円を見込む。

ホロニックは神戸市や滋賀県守山市など4カ所でホテルを運営している。レストランの食材や家具の木材は地元産を使うなどの特徴がある。16年3月期の売上高は22億円。

P10305152

P10305163 P10305173

P10305181 P10305191

P10305262 P10305302 P10305371 藁まほろば赤牛の料理一品は写真ありません。

料理には奈良県の食材をいかしているとのことです。繊細な包丁使いを感じました。この日のディナーコース料理です。料金は税金サービス込みでひとり1万円でした。

Img242

セトレならまちのHPです→ http://hotelsetre-naramachi.com/

いま奈良には、つぎつぎと新しいホテル宿泊施設がオープン、また建築されています。既存のホテルレストランと共に大いに期待したいと思います。

2018年5月20日 (日)

冷たいそうめんの季節になりました

P1030160

暑い日が続き、冷たいそうめんの季節となりました。
先日、JR奈良駅にある「奈良のうまいものプラザ」でおいしいそうめんをいただきました。
写真を撮って、記事にしました。
鹿鳴人の"イチ押し!"うまいものコラムに載りましたのでくわしくは以下のHPをご覧ください。

http://www.narano-umaimonoplaza.com/ichioshi/cold_somen/

2018年3月20日 (火)

鹿鳴人のイチ押し!桃鹿茶

Cimg1320

大和当帰葉や大和橘など16種類がブレンドされた「桃鹿茶(とうかちゃ)」が最近売り出されました。
JR奈良駅ビル1Fのうまいものプラザで目に付きましたので、記事にしました。
鹿鳴人のイチ押し!ということで、
くわしくは

以下のHPをご覧ください。→http://www.narano-umaimonoplaza.com/ichioshi/toukacha/

Cimg1318 Cimg1325

2017年12月15日 (金)

「五條市ジビエール五條プロジェクト」

8月に当ブログで紹介した「五條市ジビエール五條プロジェクト」ですがどうなったのかと思っていましたが、
http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-f9b7-1.html
五條市産業環境部農林政策課 鳥獣対策係 ジビエール五條
からメールが届き、品物も無事届きました。
20171210_180413

「この度は、「五條市ジビエール五條プロジェクト」にご賛同いただき、商品の購入を頂きましたこと心よりお礼申し上げます。
まず、プロジェクトの報告ですが、プロジェクト成立しております。
謹んでお礼申し上げます。ありがとうございます。
冷凍庫導入には、事業は進み近々導入を予定しています。
10月18日プロジェクトが終了し、11月中旬にジビエ商品を発送としていましたが、状況等の連絡が遅くなり現在に至ったこと、誠に申し訳ありませんでした。
ご心配された方々も多々おられたこととおもいます、この場をお借りしお詫びいたします。
申し訳ありませんでした。
さて、お待たせしています商品ですが、12月4日に発送いたします。
もうしばらくお待ちくださいますよう、お願いいたします。
冬本番、あったかいお鍋で五條ジビエをご賞味ください。
皆さんのご協力に感謝し、今後のジビエール五條の発展に寄与していく所存です。
ご協力感謝いたします。ありがとうございました。
平成29年12月1日」

2017年12月 2日 (土)

北海道・新十津川町のイチ押し! ~奈良・十津川村の逸品も

4回目の「鹿鳴人のイチ押し」、北海道の新十津川町と奈良県・十津川村のおすすめを書きました。アップされましたので紹介します。

北海道の函館本線の札幌市と旭川市の間に滝川市がありますが、滝川市の西に広がるのが新十津川町です。明治22年に奈良県吉野郡十津川村を襲った豪雨で、奈良県から北海道に多くの人たちが移られ、新十津川村として開拓されました。明治時代、北海道で稲作を始め、酒造会社をはじめて起こされました。その苦労の様子やそのあとの新十津川町のことは、「奈良まほろばソムリエ」の公式ブックにも紹介されている川村たかしの大河小説「新十津川物語」にくわしく書かれています。

Img316

(画像をクリックすると拡大します)

今回は、その新十津川町からの品々です。

まず、その酒造会社の「金滴」甘酒丹切飴です。酒かすの白さであり、味も酒かすの味がします。すこし懐かしい味の飴です。一袋買って帰ると、おいしくていつの間にか食べてしまっています。
金滴 甘酒丹切飴そして新十津川メロンゼリーです。

Cimg1105 Cimg1100

新十津川町と母村である奈良県十津川村は村のマークも同じで、今もしっかり交流されているそうです。

Img317

一方奈良県十津川村といえば、やはり清流の鮎でしょう。その鮎を年中ご家庭で食べられるように工夫されたのが、「焼き鮎」です。そのまま火にあぶってゆずやレモンを絞って食べるのも良し、また鮎かまめし、鮎そうめんにするのも良しとのことです。

そして「ゆべし」です。古来、「柚餅子(ゆべし)」は十津川郷に伝わる柚子の保存食だったそうです。
霜の降るころ、柚子の中味を取り除き、その中に米こうじ味噌・そば粉・米粉・煎りゴマなどをすべて粉にして混ぜ合わせたものを入れ、長時間蒸したあと、寒風に約1ヶ月さらして出来上がるとのことです。十津川の秋の風物詩ということです。

十津川村の焼き鮎とゆべし。

Cimg1094 Cimg1097

鹿鳴人のイチ押しのページは→http://www.narano-umaimonoplaza.com/ichioshi/shintotsugawa/

全文をぜひご覧ください。

2017年10月17日 (火)

鹿鳴人のイチオシ!うまいもの、にゅうめん

Cimg03872

「奈良うまいものプラザの店先には、柿や栗、梨、みかんなどいろいろな秋の野菜が並んでいます。

 

おすすめは、10月に入ってランチタイム(11時から14時30分まで)のみ提供されている、にゅうめんです。奈良の名産、三輪そうめんは夏の冷たいそうめんだけでなく、これからの季節、にゅうめんでいただくことができます。・・・・」ということで、今月のおすすめが、うまいものプラザのHPに載りました。

 

くわしくはHPをご覧ください。http://www.narano-umaimonoplaza.com/ichioshi/nyumen/

2017年6月10日 (土)

「うまっしゅ」 旨っ酒、オープン

Img995

ひがしむき商店街の丸八ビル(かつての丸八パチンコ店あと)の奥に、新しい店「うまっしゅ」ができました。
早速、飲む会合の前に30分、おじゃましてきました。奈良県内の30蔵のお酒がそろっているということです。盃が大、中、小と選べます。値段もそれぞれのお酒で違いますし盃の大きさごとに違います。

Cimg92341  Img999


30の酒蔵です。クリックすると拡大します。違う酒蔵を飲むごとにスタンプが押され、10個押してもらうと小さな盃一杯サービスがあるということでした。

小さな盃で、3種類のお酒を飲んでみました。お酒は冷蔵庫で冷やしてあり、それぞれにおいしくいただきました。料理も冷奴や枝豆、刺身盛り合わせなどいろいろありました。メニューをみると、飲み物は日本酒だけでなく、ビールや焼酎、ソフトドリンクなどいろいろ取り揃えてます。また最近立ち飲みの店が多いように思うのですが、ゆったりと椅子に坐って飲めるのも良いと思います。

一番奥の特別コーナーでは、この日、大和郡山市あたりをウォークされたかぎろひさんのツァーの皆さんが飲んでおられました。かぎろひさんからもいろいろお話をうかがうことができました。そしてこのお店のことをかぎろひさんのブログでは、早速レポートされています。→http://kagiroi3.blog.fc2.com/blog-entry-1614.html

さらに当日の本番の様子もアップされています。当方と出会ったこともくわしく。恐縮です。→http://kagiroi3.blog.fc2.com/blog-entry-1615.html

ところで、お店は午後3時から夜11時まで開店とのこと(月曜日休み)。たしかに最近ウォークをされて3時頃から飲みたいというリクエストが多いですから、ぴったりのお店といえます。

(追記)

奈良県の三十の蔵の地酒売る店にて友とばったり会ひぬ(毎日新聞やまと歌壇)

2017年5月 6日 (土)

割烹 まつ喜

3月中旬に出来たばかりの、割烹 まつ喜(看板では、七が3つ)に友人たちと出かけました。このような落ち着いた民家をお店にした、料理店が最近奈良ではぼちぼち出てきた情報を聞きますが、なかなか行く機会がありませんでしたのでうれしいことでした。美しい女将さんにより、つぎつぎとおいしい料理が運ばれてきました。こまかな説明をうかがいましたが快い酔いゆえくわしくは再現できません。

Cimg87661 Cimg87671

Cimg87681 Cimg87701

Cimg8771


カウンター越しのご主人との会話を楽しみながら・・・。
ミシュラン三ツ星のやまむらの流れとか。料理はすべて写真撮ったと思うのですが・・・。

Cimg87752 Cimg87761

Cimg87771 Cimg87781

日ごろ、お酒ばかりで料理をいつも残している、M師もこの日は完食、「うまい」と一言。お連れ頂き感謝。

夜コース、料理8000円でした。奈良市東城戸町16-1  まつ喜

かなり人気のようでかならず予約が必要です。TEL0742-93-6222

場所は近鉄奈良駅から南へ、小西通り、椿井町、そして東城戸町。ならまち大通り(杉ケ町~高畑線)の手前。かつてそろばん学校だった民家です。

夕方は17時30分からでした。







2017年4月 8日 (土)

名張の銘酒「天下錦」福持酒造

知り合いから三重県名張市のお酒「天下錦」をいただきました。

Cimg82722

うかがえば、80才台のご当主がもう作れなくなるかもしれないと思っていたら、若いお孫さんが引き継いでくれたとのことです。とても良いお話です。サミットでもパーティーで飲まれたとのことです。 

http://www.e-net.or.jp/user/n-kankou/n-omisehp/n-fukumochi.html

2017年2月24日 (金)

ポーランドの食器・・・器まつもりからのお知らせ

ポーランドの食器、セラミカが器まつもり本店に入荷しました。手作りの良さがあり、また絵付けも素朴で人気があります。
また耐熱性にもすぐれており、電子レンジは無論、オーブンレンジにも対応します。
また、生地が厚くて丈夫です。
使っていても飽きないという評判です。
3月31日まで店頭販売予定ですので、どうぞ、もちいどのセンター街に来られたらお立ち寄りいただき手にとってご覧ください。

Shyakusen_dm_omote


Hyakusen_dm_ura

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28