フォト
無料ブログはココログ

2020年11月24日 (火)

奈良市写真美術館では

Img340_20201122090601

奈良市写真美術館ではいま「忘却の彼方へ、日本写真の黎明期から現在まで」という展覧会がはじまりました。

マーク・ピアソン フォト・コレクション展「忘却の彼方へ-日本写真の黎明期から現在まで」
(第一章日常生活1850-1985)

 マーク・ピアソンは、来日して30年余り、日本をはじめアジアの写真文化の発展に貢献してきました。アジアの写真表現にフォーカスをあてた禅フォトギャラリーを立ち上げ、東アジア写真史の重要な作品、貴重な作品の展示や写真集などをプロデュースするとともに、若手写真家の実験的でコンテンポラリーな作品紹介にも積極的に取り組んでいます。その一方で、2万点におよぶ写真作品の収集にも力を入れて活動してきました。そして、今まで約130冊の写真集を出版し、国内外にアジアの写真文化を発信しています。その功績が認められ、2020年の日本写真協会賞国際賞を受賞しました。
 このたびマーク・ピアソンの膨大な写真コレクションの中からテーマを設け3回にわたって紹介します。第1回目は「日常生活」をテーマに、日本に写真が伝来し、幕末から明治期に撮られた古写真をはじめ、農村や漁村の暮らし、人が行きかう街のスナップなど、日本を代表する写真家がとらえた写真群と当館所蔵の入江泰吉作品を加えて展示構成します。

[マーク・ピアソン フォト・コレクション展 出品作家一覧]
古写真(幕末~明治期)<フェリーチェ・ベアト、ライムント・フォン・スティルフリード、アドルフォ・ファルサーリ、日下部金兵衛 他>、福原信三(1883-1948)、吉野銈一郎(1895-1983)、木村伊兵衛(1901-1974)、ハナヤ勘兵衛(1903-1991)、小石清(1908-1957)、フランシス・ハール(1908-1997)、名取洋之助(1910-1962)、植田正治(1913-2000)、桑原甲子雄(1913-2007)、小島一郎(1924-1964)、丹野章(1925-2015)、井上青龍(1931-1988)、浜口タカシ(1931-2018)、南良和(1935-)、桑原史成(1936-)、森山大道(1938-)、渡辺眸(1939-)、橋本照嵩(1939-)、須田一政(1940-2019)、荒木経惟(1940-)、北井一夫(1944-)、百々俊二(1947-)、館蔵品・入江泰吉(1905-1992)

HPです→http://irietaikichi.jp/

2020年11月14日 (土)

第13回、万葉小品展

11月13日から15日まで万葉小品展をギャラリーまつもりで開いています。

桃蹊先生の「大和まほろば」の題字の書のもと、昨年から今年にかけて詠んだ私の短歌20首も稚拙な字で発表しております。

そのほか、わたしのつながりのある皆さんの作品を展示しています。

P1120388

春陽会、松永和歌子さんの50号の油彩。

P1120390

堀隆久さんのパステル画と佐原肇子さんの生け花。

P1120393

松永雅博さんの絵と彫刻。

P1120391

松永高博さん(左)と松森咲希ちゃん、松森晴香ちゃんの絵。

P1120389

万葉窯の松森哲重さんの作。

P1120394

大阪芸術大学副手の松森洋駆さんの新作。

P1120395

松森左千子さんのかな「新古今和歌集」

P1120398

 

2020年11月 7日 (土)

三好和義さん写真展「日本の楽園島」IN大阪へ

Img305

Img306

11月18日まで三好和義さんの写真展が開かれていると友人の紹介で大阪ニコンへいってきました。


三好和義さんとしばらく歓談できました。
友人と高校の同級生であること。
以前銀座和光での室生寺展や東大寺本坊での展覧会で
お会いし写真集を買い求めたことなど。

東大寺の巨大本も紹介の本もありました。

カメラや印刷機が良くなったからこれだけの大きな本が出来るようになったとのことでした。

P1120335

お話は続き、


室生寺の寶物殿にいったこと、聖林寺のこと、来年のお水取りのことなど。

 

展覧会の写真の何枚か説明もしていただきました。


0.98とかの明るさのレンズによるお水取りの写真とか
150万円もするレンズとか
お坊さんのすぐそばで撮ってもシャッター音がしないカメラとか
14ミリの広角でフラッシュをたいて撮った花の写真とかの説明も。

サービス精神豊かに応対していただきました。

今回の写真集も買い求めました。サインとエンボスをいただきました。

Img307_20201106111501

室生寺の来年のカレンダーも。

Img308_20201106111301
いっしょに写真も撮っていただきました。 

P1120338

 

 

2020年10月26日 (月)

正倉院展情報

24日から正倉院展がはじまりました。

事前予約していましたので、初日の夕方4時から見て来ました。

1時間に260名の事前予約だけでしたが。4時前からテントで順番に、体温検査、チケットチェックを受けて館内へ。

P1120308

館内は、密にならずスムースに見学できました。

最初印象的だったのは、龍の歯(実は化石の象の歯)など薬物が並んでいました。やはりコロナ禍ということでしょうか。

途中、五絃琵琶、これは演奏の音が流れていました。

6分間のビデオは、フェルトの再現の様子が流れていました。手仕事で手間のかかるものだと思いました。実際にも赤や花模様のフェルトが展示されていました。

P1120309

古文書も付箋がつけて展示されていました。天平の頃の疱瘡の流行で税が上がらないとか書かれていました。

ことしは当日チケット販売されていません。

今年の正倉院展はオンラインでお楽しみくださいとのことです。
【第72回 正倉院展 動画配信】
主な出品宝物を紹介するオンライン鑑賞動画が、10/25から11/30まで配信されます。
https://www.yomiuri.co.jp/shosoin/


【第72回 正倉院展 図録・グッズ販売】
正倉院展図録やオリジナルグッズは、読売新聞社特設サイトから通信販売で購入可能です。
https://mg-ex.net/

 

コロナ禍の中、無事正倉院展が開催されて何よりです。

 

2020年10月22日 (木)

奈良県立美術館では

Img278

12月13日まで奈良県立美術館ではブラチスラバ世界絵本原画展がひらかれています。

ホームページ 

http://www.pref.nara.jp/11842.htm

より。

世界中から集まった、あたらしい絵本との出会い。
「ブラチスラバ世界絵本原画展」(略称BIB=Biennial of Illustrations Bratislava)は、スロバキア共和国の首都ブラチスラバで2年ごとに開催される、世界最大規模の絵本原画コンクールです。1965年にユネスコと国際児童図書評議会の提唱によって創設され、1967年、当時のチェコスロバキアで第1回展が開催されて以来、半世紀以上の歴史を歩んできました。
 本展覧会では、2019年10月から翌年1月にかけて現地で開催された第27回展(BIB 2019)の中から、スロバキアと隣国チェコの作家を中心に紹介します。日本との交流100年を記念し、ユニークな絵本の歴史を持ち、BIB創設以来世界の絵本イラストレーションの発展に大きな役割を果たしてきた両国の作家に注目いたします。また、第1回展より多くの原画作品を国際交流の場へ送り届けてきた日本からの参加作家については、原画作品に加え、関連作品や資料を通して、個性豊かなそれぞれの姿をご紹介いたします。

 

[第Ⅰ部] BIB2019 チェコ・スロバキア作品特集
○BIBノミネート作品・チェコの絵本紹介
○BIBノミネート作品・スロバキアの絵本紹介
[第Ⅱ部] BIB2019 受賞作品紹介
○グランプリ、金のりんご賞、金牌
○出版社賞、こども審査員賞、市長賞、POST BANK賞 各賞受賞作品の紹介
[第Ⅲ部] BIB2019 日本からの出品作家特集
BIB 2019ノミネート 日本代表作家
荒井良二 軽部武宏 きくちちき さかたきよこ ザ・キャビンカンパニー シゲリカツヒコ
島野雫 スズキコージ 田島征三 田島征彦 田中清代 たむらしげる 降矢なな 
みやこしあきこ ミロコマチコ (五十音順・敬称略)

 

Img279

 

2020年10月 8日 (木)

正倉院展情報 

先日奈良国立博物館のあたりを歩きましたら、正倉院展の準備が進められているようです。

P1120148

P1120146 

ことしの奈良国立博物館での正倉院展は、10月24日から11月9日まで。

ただし、チケットは事前予約、日時指定入場制です。行かれる方はお早めにチケットを予約して手に入れてください。

わかりやすく、手数料も要らないので、コンビニのローソンがおすすめです。

チケット販売機で47700という催し番号を入れて、何日の何時からを探して入力します。

コロナ禍の中ですから、電話番号と名前も入れなければいけません。レシートが出てきたらレジーで2000円を支払ってチケットを手に入れます。

Img202

Img203

2020年10月 7日 (水)

10日から「地下の正倉院展」

Img226

10月10日から11月23日まで、「地下の正倉院展」がはじまります。

重要文化財、長屋王家の木簡とのことです。

ことし3月に、木簡1669点が国の重要文化財の指定されたとのことです。

平城宮跡資料館にて。入場無料。

奈良文化財研究所のホームページです→https://www.nabunken.go.jp/

Img232

2020年10月 3日 (土)

元明天皇展 平城宮いざない館にて

P1110385

Img210

今年は藤原京から平城京に遷都されて1310年目です。

また来年が元明天皇の崩御から1300年とのことです。

10月3日から11月30日まで、平城宮跡の平城宮いざない館企画展示室で元明天皇展がひらかれるそうです。

くわしくは以下のホームページをご覧下さい。

https://genmei2020.studio.design/

 

2020年10月 2日 (金)

森川杜園特別展IN春日大社国宝殿

Img200

「奈良の有名な彫刻家にして絵師、そして狂言師であった天才 杜園 降臨」として、春日大社国宝殿で特別展が10月1日から12月13日まで、開催されています。奈良近代の彫刻の名匠、森川杜園生誕200周年にちなんで、ということです。

このたびは個人で所蔵されている名品も多く展示されているとのことですから、こういう機会は見逃せません。

春日大社国宝殿のホームページです→https://www.kasugataisha.or.jp/museum/

Img201

2020年9月16日 (水)

10月24日(土)~11月9日(月)正倉院展

ことしの正倉院展の予定がようやく公開されました。コロナ禍のことしはかなり入場制限があるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

72_shosoin_banner2

会 期 令和2年10月24日(土)~11月9日(月)
会 場 奈良国立博物館 東新館・西新館
休館日 会期中無休
開館時間
午前9時~午後6時

 

※金曜日、土曜日、日曜日、祝日(11月3日)は午後8時まで

 

※入館は閉館の60分前まで

 

注意事項 セキュリティ対策強化及び混雑緩和のため、45cm×35cm×20cmよりも大きな荷物は持ち込みを制限します。ご来場前に他所でお預けいただくか、博物館に設置される無料のコインロッカー・手荷物預かり所(運営時間午前8時~午後6時、開館延長日は午後8時まで)をご利用ください。
また、基準以下のお荷物も積極的にコインロッカー等にお預けいただき、身軽に正倉院展をお楽しみください。
なお、お客様の安全のため、キャリーバッグは大きさに関わらず持ち込み禁止とさせていただきますので、ご協力をお願いいたします。
混雑した展示室内では他のお客様の視界を遮る可能性があるため、帽子は脱いでいただきますようお願いいたします。
館内ではマスクの着用をお願いいたします。
観覧料金
観覧には「前売日時指定券」の予約・発券が必要です。当日券の販売はありません。
前売日時指定券の販売は、9月26日(土)午前10時からです。
観覧料金 (前売日時指定券)
 通常券(一般) 2,000円
 通常券(中・高・大) 1,500円
 割引券(一般) 1,900円
 割引券(中・高・大) 1,400円
 キャンパスメンバーズ券 教職員 1,900円
 キャンパスメンバーズ券 学生 400円
 無料観覧券 障害者1名 無料
※無料観覧券の
予約・発券が必要
 無料観覧券 障害者1名+介護者1名
 無料観覧券 小学生他

 

※前売日時指定券の予約・発券には、各種手数料が必要となる場合があります。

 

※前売日時指定券は、ローソンチケット[Lコード:57700](ローソン及びミニストップ各店舗、または公式サイト)、チケットぴあ[Pコード:763-373](電話受付[TEL:0570-02-9999]、公式サイト、またはセブン-イレブン各店舗)で販売します。当館のチケット売場での販売はありません。

 

※読売新聞オンラインチケットストアで抽選販売します。「プレオーダー期間〔9月26日

より以前の記事一覧

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30