フォト
無料ブログはココログ

2024年2月23日 (金)

円空展へ

所用で天王寺へ行きましたので、あべのハルカス美術館で開かれている、円空展へ行ってきました。4月7日まで。

Img20240222_15553403

撮影OKのところで写真を撮ることができました。

Dsc_3139

背中の方からも一枚。

Dsc_3142

Dsc_3154 Dsc_3144

Dsc_3146 Dsc_3150 Dsc_3153 Dsc_3145_20240222162601

岐阜、愛知、三重が円空のゆかりの作品が多いようですが、奈良の天川村の栃尾観音堂、法隆寺あるいは松尾寺からの円空仏もありました。

円空は和歌もたくさん残しているということでした。

Dsc_3148

會津八一の研究家であり、仏師でもあり円空のこともよく語っていた、四日市の服部素空氏のことを思い起こすことでした。

20150410_135037_20240222162201

美術手帖の円空展の紹介です。https://bijutsutecho.com/magazine/news/report/28407

 

Dsc_3163 Dsc_3161

2024年2月 9日 (金)

入江泰吉記念奈良市写真美術館では

Img937_20240207104001

高畑町の入江泰吉記念奈良市写真美術館では3月17日まで入江泰吉、梅、桃、桜、展覧会が開かれています。

同時に第5回入江泰吉記念写真賞の受賞作品展が開かれています。

HPです⇒ https://naracmp.jp/

Dsc_3064

早速行ってきました。

桃や桜を入江さんの写真で一足早く拝見できました。

入江さんの写真は生き生きしていますね。

ぜひご覧戴きたいと思います。

 

また受賞作はそれぞれに良いと思いました。

大ベテランのよく見かける方も今回入選されていました。

 

亡くなられた奥田勝紀さんも、入選されていたことを思い出しました。

若草山焼きを麓から撮影された写真でした。奈良市民だよりの表紙を飾られたこともありました。

作品は永遠だと思います。

以下の鹿鳴人のつぶやきに残しています。

http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2020/03/post-a2dfd8.html

3b224_20240207180901

奥田勝紀さん入選作品「若草山焼き」

 

2024年2月 7日 (水)

ビルマ難民画家の絵画展

Img933_20240205113701

2月11日ー12日、ビルマ(ミャンマー)難民画家の絵画展が、ギャラリーまつもりで開かれます。

10時~17時まで。入場無料です。

2024年1月14日 (日)

不染 鉄 展覧会

奈良県立美術館では、1月13日から、開館50周年記念として、不染 鉄の展覧会が開かれています。

Img909_20240110154601

 

展覧会のホームページです。

https://www.pref.nara.jp/11842.htm

2023年11月26日 (日)

12月2日から奈良市写真美術館では

Img855_20231120162801 Img856_20231120162901

約70年前の古都奈良の貌(かお)ということで入江泰吉写真展が開かれます。

そして奈良女子大学と奈良市写真美術館と奈良教育大学の三者の強みを活かし、人と作品と街をつなぐアートの担い手を育成することを目的としたアートコニュニケーション人材育成プログラム「あ3」プロジェクトが動き出しましたということです。

Img857_20231120163401

2023年11月23日 (木)

12月2日から奈良市写真美術館では

Img855_20231120162801 Img856_20231120162901

約70年前の古都奈良の貌(かお)ということで入江泰吉写真展が開かれます。

そして奈良女子大学と奈良市写真美術館と奈良教育大学の三者の強みを活かし、人と作品と街をつなぐアートの担い手を育成することを目的としたアートコニュニケーション人材育成プログラム「あ3」プロジェクトが動き出しましたということです。入江泰吉記念奈良市写真美術館のホームページです。https://naracmp.jp/

Img857_20231120163401

2023年11月15日 (水)

11月23日から坂口紀代美展

Img837_20231107114601 Img838_20231107114701

奈良を拠点に国際的に活動を続ける、彫刻家の坂口紀代美さんの展覧会がひらかれます。

11月23日から12月5日まで、ならまちにぎわいの家にて。くわしくは以下のホームページをご覧ください。

なお、作家トークが26日にあります。チラシには土曜日となっていますが、日曜日ですのでお間違えなくお願いしたいとのことです。

https://naramachi-nigiwainoie.jp/

2023年10月20日 (金)

みちのくのいとしい仏たち展へ

Dsc_2314 Dsc_2313

先日の川嶌一穂さんの美ビット見て歩き

http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2023/10/post-0982d0.html

を読んで、拝観に行きました。

西本願寺の直ぐ近く、初めて行きました。説明がわかりやすく、またみちのくの素朴でユーモラスな仏さまでした。

先月末に行った、行基さん北限の旅、岩手県の天台寺と黒石寺からの仏さまの出品も拝観できました。

展覧会のホームページです。

https://museum.ryukoku.ac.jp/exhibition/2023/michinoku/

Img20231021_07025784 Img20231021_07022497

京都国立博物館へ

Dsc_2307 Dsc_2308 Dsc_2312_20231020171201

京都国立博物館では、東福寺展をしているということで見て来ました。お経や文書、絵画がたくさん展示されていました。

12月3日まで。特別展のホームページです。

https://www.kyohaku.go.jp/jp/exhibitions/special/tofukuji_2023/

田中教子展

Img811_20231007143301

多方面でご活躍の、田中教子さんの展覧会が奈良市高畑町の藤間家住宅で開催されるということです。11月4日から12日まで。

以下、田中教子さんから。

「奈良・高畑町の古民家、藤間家住宅の公開イベント/奈良見ル知ル2023同時開催

11月4日(土)〜11月12日(日)
13:00〜16:30
18世紀に遡る春日大社の社家・藤間家住宅の内部を公開する貴重なイベントの一環で、田中教子個展を開催させていただきます。
2022年パリのサロン・ナショナルでダブル金賞を受賞した「End of the silk road」東大寺二月堂青石壇のインスタレーションを縮小したかたちで展示のほか、シルクロードをテーマとした金箔画、布のタペストリーなどを展示します。

また、11月4日(土)オープニングイベント
14:00〜15:00
高畑の画僧・藤岡隆聖(1902〜1981)新薬師寺についてのお話を、現在様々な場でご活躍中の華厳宗の尼僧にして日本画家の中田文花さんにしていただきます。
15:00〜16:00
東大寺二月堂南側の青石壇について、これまで調査研究してきたことを田中教子が報告いたします。

11月9日(木)
14:00〜15:00
東大寺二月堂南側の青石壇について、これまで調査研究してきたことを田中教子が報告いたします。
また、拓本のワークショップを下記の日時で行います。(参加費材料代1000円)
11月5日(日)13:00〜16:00
11月11日(土) 13:00〜16:00
11月12日(日) 13:00〜16:00

くわしくは、画像をクリックして拡大してご覧下さい。

 

Img812_20231007143601

より以前の記事一覧

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29