フォト
無料ブログはココログ

2016年11月26日 (土)

奉祝バルへ

11月25日夕方いよいよ春日大社第60次式年造替奉祝バルへ。近鉄奈良駅行基菩薩広場のインフォメーションへ。
Cimg67341 Cimg67331
今回の春日大社式年造替記念のオリジナルグッズを、バルチケット1枚でゲット。
Cimg67401
最初に今回初参加の春日大社一の鳥居そばの、四季亭へ(53番)。宴席には来たことがあるのですが、南側の小さな玄関からはじめて入りました。しばらく待って出てきた料理です。なんとイセエビのしっぽが入っていました。
Cimg67422 Cimg67431
ついで、南市町に降りてきて、カウンター焼肉  「絆」へ(44番)。ローストビーフでしたが写真は撮り忘れてしまいました。
そして次は「ならやま茶館」へ(45番)。おつまみは3点好きなものを選びます。
Cimg67451
次は南市町の「京家」へ(46番)。最初から11回連続参加のお店です。いつものおいしい刺身です。
Cimg67473
最後は、近鉄駅そばのビルの地下、和洋遊膳「ほおずき」です(25番)。 入り口の写真を撮ろうとすると女将さんが出てきてくれました。バルチケット1枚で出てきた料理です。奉祝だからと、赤飯そしてお土産には柔らかいおもちが3個も。またビールの無料券も。
Cimg67491 Cimg67502
飲んでいると、まほろばソムリエの会のNさんが入ってきて、3人でしっかりお酒をいただいて歓談できました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
奉祝バルはきょう26日もやっています。
ぜひ、当日券も近鉄奈良駅行基菩薩広場で売っていますので、いろいろなお店を訪ねて楽しんでください。
くわしくは奉祝バルのHPをどうぞ→
http://naracity-bal.jimdo.com/

2016年11月23日 (水)

12月5日まで CAFE TANNEにて水彩画展

Img649

奈良青年会議所、奈良市異業種交流塾、奈良ロータリークラブなどあちこちでの先輩である綿谷正祥さんから「山と高原の風景 水彩画展」のご案内をいただきました。

綿谷正祥さんは墨や書道用具、くれたけ筆ペンで有名な株式会社 呉竹のもと社長さんです。
いまは白藤学園の理事長をされています。
以前から絵がご趣味とのことで、万葉の花の絵の絵葉書をいただいたりしていました。

このたび、お嬢さんのお店、下御門商店街のCAFE TANNEが3周年を迎えたのをお祝いして12月5日までお店で個展をひらいておられます。
昨日お店に行きましたら平日にもかかわらずたいへんな数のお客様でした。
素晴らしい作品の中から秋の風景を紹介します。
今後いままで描かれた多数のプロはだしの作品を順次発表されることを楽しみにしています。

Cimg66971 Cimg66991

お店の紹介です。

Cafe TANNE (カフェ タンネ)   

〒630-8365 奈良市下御門町36 (もちいどのセンター街を南へ、坂を上がって80mくらい)

TEL.FAX / 0742-93-3719

OPEN

8:00~18:30(18:00LO)

8:00~10:30     モーニングメニュー

11:00~17:00 ランチメニュー

CAFE TANNEのHpです→http://www.cafetanne.com/

2016年7月31日 (日)

奈良・菊水楼「うな菊」にてうなぎ会席

春日大社、一の鳥居前のこのほど125年を迎えた老舗料亭、菊水楼では、離れの座敷を利用して、うなぎ専門の「うな菊」がオープンしています。ようやく初めて訪れました。
正面の門を入ってすぐ左の庭へ。長い間閉められていたという門をくぐって庭を歩いて、離れ座敷へ。何度も来ていますが初めてこの庭を歩きました。
Cimg56781

 

朝から予約しておいたウナギ会席コースです。
最初にウナギの南蛮漬けそしてウナギの肝など前菜の盛り合わせです。
Cimg56691 Cimg56701
刺身盛り合わせとウナギの酢の物。
Cimg56711 Cimg56721
お酒は奈良の地酒、豊祝の「貴仙寿 吉兆」を冷酒で少々。
Cimg56761
いよいよウナギのどんぶりです。(ウナギ皿とごはんも出来ます)美味しい!!そして水菓子というわらび餅とプリンのようなお菓子です。
Cimg56731 Cimg56771
ウナギは国産の活けとのこと。それでこのウナギ会席は5000円でした。 すっかり満足でした。

「うな菊」は、火曜日お休み。11時からラストオーダー19時30分まで、昼休みはなしとのことでした。

電話0742-23-2001菊水楼。
HPです→ http://www.kikusuiro.com/

2016年4月17日 (日)

ブルーノート 京都からならまちへ

3月22日付の奈良新聞は以下のように伝えています。

Dsc_05171

(写真は4月2日夕方通りかかって撮影。わたしもまだ行くチャンスがありません。)

奈良市の旧市街「ならまち」の一角に4月、京都市中京区にあったジャズバー「ブルーノート」が移転オープンする。半世紀以上にわたり関西一円のジャズ愛好家に親しまれた名店が、古都・奈良に新たなを文化の息吹を運んでくる。

 同店は昭和37年、学生の街だった河原町でジャズ喫茶として開店した。49年にはステージができ、毎月約20組のミュージシャンが出演。国内はもとより米国や北欧、フランス、オーストラリアなど海外のプレーヤーも来演し、常に新しい音に出会えるホットスポットとして歩み続けた。

 しかし、経年とともに店舗は老朽化。周辺の再開発が進んで地盤が傾くなど、維持に限界が見えてきた。また、大学の移転で街自体も様変わり。大和郡山市出身のオーナー大東久夫さん(65)は「学生が集まり、何かが生まれる。そういうエネルギーを京都に感じなくなった」と語る。

 最終的に古里奈良への移転を決意。店は今年2月、惜しまれつつ五十数年の歴史に幕を降ろした。

 奈良への移転には、高校時代の同級生らの誘いも大きかった。猿沢池の南約100メートルの勝南院町で売り物件にめぐり合い、天井や間仕切りを取り払って遮音施工するなど町家をリフォーム。誕生した約70平方メートル(44席)の空間は、京都の店舗の2倍の広さになる。

 旧店の遺産の一つに約5千枚のレコードもある。大東さんは「ジャズを通して奈良の文化活動を応援したい」と意欲に燃えている。

 ライブは土・日曜、祝日の午後4時~7時ごろまで。水・木曜休。

  問い合わせは同店、電話090(3728)1267。

2016年3月15日 (火)

さぬきうどん釜粋へ

Dsc_04311   Dsc_04281

Img198



この日は東向き商店街の中で移転して新しくオープンした、さぬきうどんの「釜粋」さんで昼食をいただきました。とり天、ちくわ天いりの温かいうどんです。なかなかおいしくいただきました。税込み900円。

お店のhpです→http://www.kamaiki.com/

 

2016年3月 6日 (日)

中華処「青天」へ

近頃、東向き商店街のお店はよく動いています。変わっています。
マクドナルド前のカレー屋さんのあとに釜揚げうどんの釜粋さんがオープンしました。
そして、釜粋さんのあとにはこのほど中華処の青天さんが同じ東向き商店街から移ってきてオープンしました。

この日は、青天さんをランチに訪ねました。
奈良のまちなかバルでも評判の店です。

Dsc_04261 Img197


麻婆豆腐のランチが有名ですが、この日は中華麺の固焼きそばと揚げ餃子の定食をおいしく食べました(850円)。

Dsc_04251Dsc_04242

おすすめのお店です。→https://www.facebook.com/tyuukadokoro.seiten

 

2016年2月25日 (木)

キッチンあるるかん

001

大阪の友人が朝日新聞の23日付夕刊に、もちいどのセンター街の「あるるかん」が大きく載っているよ、と教えてくれました。
そうです。商店街の会合や知り合いとの食事など良くお世話になっているおすすめのお店です。

わたしは、大仏ステーキはあまりに大きくて食べたことはありませんが、フィレにしてもロースにしてもとてもおいしいステーキのお店です。またスープもいつもなかなか凝っていて感心します。

ご主人ご夫妻とともに、最近、息子さんもよく仕事されているし礼儀正しい好青年です。27才とはじめて知りました。

どうぞお出かけください。

2015年11月28日 (土)

夢CUBEに「薬ZEN拓」オープン

もう1ヶ月余り前になりますが、もちいどの夢CUBEに新しい薬膳料理の店がオープンしています。日本料理「薬ZEN拓、yakuzen taku」というお店です。

11時から4時までのランチタイムに、辛い薬膳スープランチを食べてきました。 

Pb2236263 Pb223630

上の写真がセットで800円(税込み)でした。ごはんはショウガ入りご飯を選びました。
左下のようないろいろな薬膳が入っています。
右下はランチのメニューです。辛くないスープもありますが、やはりおすすめは辛いスープということです。

Pb2236281 Pb2236272

午後6時からのディナーは事前予約が必要です。電話080-7700-2277です。 

お店のhpにくわしく載っています→http://yakutaku.com/

2015年8月28日 (金)

喫茶去庵

もちいどのセンター街の先輩のHさんがならまちの公納堂町の持ち家で趣味の茶道をいかしたお茶や茶道具の「かにや」というお店をされていたのですが、病気でやむなく閉店されました。(現在は、もちいどのセンター街で営業されています)
そのあとを借り受けられて、喫茶去庵というお店ができてずいぶん日がたちます。先日ちょうど昼時に通りかかりましたので、喫茶去庵におじゃましました。いつぞやテレビでも平野さんご夫妻とお店を特集された番組「人生の楽園」を拝見していましたが、なかなか行く機会がありませんでした。

Cimg1140 

茶そばセットを食べました。抹茶つきで980円+税、

なかなかおいしくてお値打ちでした。

Cimg1141 Cimg1142

いろいろなメニューもありますし、抹茶の教室もされているそうです。

Img023

くわしくはhpをご覧ください。→http://www.kissakoan-nara1.shop-site.jp/

2015年7月30日 (木)

コトコトのランチ

東寺林町のならまちセンター1階の「コトコト」のランチをはじめて食べました。(以前ディナー税別5000円を食べました)

Cimg8184 Cimg8188

パンか黒米のライスを選択。
Cimg8185 Cimg8190

コーヒーか紅茶の選択。上のランチが税別1800円。

そして以下のワンプレートのランチが税別1200円でした。

Cimg8180

Img953

以前はじめて訪ねた時の、鹿鳴人のつぶやきのページは→http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-814e.html

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30