フォト
無料ブログはココログ

2018年9月11日 (火)

夢CUBEに「瑞穂」オープン

11日、奈良もちいどの夢CUBEの一番奥、かき氷のほうせき箱のあとに新しい店がオープンしました。

揚げ芋アイスと、かきあげ丼のお店「瑞穂」(みずほ)です。

Img801

早速みなで食べてきました。席は10名分くらいあります。

780円のたっぷり野菜のかきあげ丼。塩味の方です。

Img_7247

そして海老と野菜のかきあげとじ丼
「揚げたてのかきあげをたまご2個でとじます。たまごプルプル旨いよ!満足感たっぷり、旨味しっかり!ちょっとリッチなお昼ごはんに超おすすめです。税込  1080円」 

Dsc_38932

吸い物は鯛。その通り満足しました。どうぞお出かけください。

2018年8月10日 (金)

天神橋筋商店街と歌人の高田ほのかさん

8月8日夕方、近畿経済産業局主催の「商店街とまちづくり」の3時間余りに及ぶセミナーを聞きました。
すこしのぼせた頭を冷やしがてら、大阪の街を歩き、ひさしぶりに、天神橋筋商店街を歩いてみました。
2丁目からJR天満駅まで、左右に店を見ながらふと、「商店街、短歌」の表示に引き込まれて「天三おかげ館」入ってみました。

Cimg19041 Cimg19142

5年間かけて、天神橋筋の商店街のお店をたずねて、それぞれのお店の短歌を詠まれ、ポスターにして展示されていたのでした。若き歌人の高田ほのかさんの作品でした。

Cimg19131_2
同業の先輩のたまいち土居陶器店の土居年樹さんのことを話したら、土居さん夫妻とお店を短歌に詠まれたポスターを見せてくれました。

Cimg19061_2

人情が息づく店に飾られた天満切子に真夏が光る

天満切子(てんまきりこ)とは、カットされたガラスのことです。大阪の伝統産業である天満切子はこの辺りに工房やガラス問屋さんがありました。

この天三おかげ館は、もともと昭和56年に作られた「天三カルチャーセンター」ということでした。天三カルチャセンターができたころ奈良の商店街で見学に来て、土居さんにお会いしました。その後、土居さんは大阪の商店街の、いえ日本の商店街のリーダーとしてご活躍になりました。天満天神繁昌亭にも尽力されました。

わたしも土居さんには何度かお話を聞いたり、奈良まで講演に来ていただいたり、全国の陶器業界の会合でお会いしたり、お世話になりました。ご自身の書かれた本もいただきました。

Cimg19082 Cimg19091

高田ほのかさんの100の歌が入った「100首の短歌で発見!天神橋筋の店 ええとこ ここやで」の歌集を買いました。(1500円)

Cimg19131  Cimg19401

そしてこの日は天神橋筋商店街での展示の最終日ということでした。

高田ほのかさんにお会いしたこの日のNHKの夕方のテレビで、8月20日まで大阪、北堀江のギャラリー「ART HOUSE」でこの展示が行われるという放送があったそうです。フェースブックから写真を拝借。

 38738341_1266793743455749_158461846

高田ほのかさんの公式HPです→http://honokatanka.com/

2018年6月28日 (木)

神戸市の水道筋商店街へ、新長田の商店街へ 

「地域創生の戦略と実践」の著者のひとりであり、近畿まちクリエイトでお世話になっている旧知の神戸一生先生のお話によく出てくる神戸の水道筋商店街を訪ねました。神戸は奈良から近鉄ー阪神電車で1本、遠くはないのですが久しぶりの訪問です。

36250810_1707320992719101_636097137

(神戸先生から頂いた水道筋商店街の様子です)

三宮から2駅の阪急の王子公園駅で降りて、朝10時すぎ神戸市でも有数の水道筋商店街へ。朝から買い物客がすでにたくさん来られていました。うかがえば1日13000人の通行客があり、住宅街に囲まれ周辺の人口はかなり多いそうです。いろいろなイベントや催しもされています。
HP→
http://www.suido-suji.com/index.php

 

Cimg14271 Cimg14231

 

Cimg14251

 

つづきの水道筋1丁目商店会へ。

 

Cimg14301 Cimg14291

王子公園駅に戻らず、さらに東へ、住宅街を次の六甲の駅まで歩きました。六甲山からきれいな川が流れています。

 

Cimg14311

電車に再び乗って阪神大震災でたいへんであった新長田駅へ。有名な鉄人28号です。うしろすがたも。

 

Cimg14342 Cimg14362

Cimg14372 Cimg14391

Cimg14402 Cimg14422

Cimg14451

新長田の商店街のHPです→http://kobe-shinnagata.com/

 

 

2018年6月 4日 (月)

もちいどの夢CUBE新規募集中です

Img618

もちいどのセンター街が運営する、起業家支援施設「夢CUBE」の2区画、ただいま募集中です。
まん中あたりのG、そして一番奥のほうせき箱あとのJです。申込締め切りは6月30日(土)必着です。
くわしくはもちいどのセンター街のHPをご覧ください

http://www.mochiidono.com/

募集要項は→http://www.mochiidono.com/upload/pdf/762290785.pdf

いまがチャンスです。

Img619

2018年4月 7日 (土)

パッサージュ、オープン

夢CUBEをこの春、卒業され、もちいどのセンター街のオーケスト広場右角に、「パッサージュ」が新しくオープンされました。(以前、やはり夢CUBE卒業生のみなみさんが営業されていた店舗です)
オープン以来たいへんな盛況で商品が足りなくなってきたとのうれしい悲鳴が聞こえます。

若い女性の好みをうまく編集されているお店だと思います。

Dsc_06401 Dsc_06411

Img5111

2018年3月28日 (水)

はばたく商店街30選に選ばれました、経済産業省・中小企業庁

わたしども奈良市中心市街地活性化研究会(通称、奈良まちなか商店街)は、もちいどのセンター街(協)、しもみかど商店街(協)、橋本商親会、東向き商店街(協)、東向き北商店街(振)、花芝商店街(振)、小西通商店街(振)、三条ショッピングモール(振)の8つの商店街で10年以上前から協同で奈良市中心市街地とその地域の商店街の活性化ならびに発展をめざしてきました。

このほど経済産業省と中小企業庁に、平成30年の全国の「はばたく商店街30選」の一つに選ばれましたので、東京・霞が関の経済産業省での授賞式に出席してきました。

P10107611 P10107651

P10107631 P10107681

奈良市の小学校を卒業されたという世耕経済産業大臣の祝辞。
大臣名の表彰状。

江戸切子の特別製の盾。

「はばたく300社とはばたく商店街30選」を掲載した440ページ余りの分厚い冊子です。

P10108213

P10108251P10108261


P10108231

P10108241

経済産業省のHPにも紹介されています

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/sapoin/2018/180326monozukuri.htm

29695363_774993959378256_21589002_2

会場の様子。(S専務理事より)

S2018__a1

経産省から選ばれた商店街の皆さんとの記念撮影が送られてきました。前列は大臣らと審査にあたられた先生方。

(4月12日追記)

毎日新聞やまと歌壇に載りました。ありがたいことです。

 

奈良の町良き「はばたく商店街」と経産省にて表彰受ける

 

(評)松森詠、奈良の町がこの作者たちの努力で「奇跡」と言われるほど活性化に効果を挙げて経産省から表彰を受けた。

ほうせき箱、オープン

夢CUBEで3年間、繁盛店としてすっかり有名になった「ほうせき箱」が3月21日、同じく、もちいどのセンター街にオープンされました。開店数日前にご招待いただき、かき氷をいただいてきました。場所は、長年奈良の婦人服で有名であった、はら洋品店さんの建物の北半分です。

Dsc_06382  Dsc_06391

ご招待の日は、一部工事中。オープンの日は、花屋さんができたのかというくらいのお祝いの花が飾られていました。

13332741_1732062397032229_850556332

2018年3月25日 (日)

LAFU RUFU オープン

夢CUBEに新しい店がオープンしました。

左側の4軒目、LAFU RUFUというお店です。

世界にここしかない店、

笑顔がいっぱいという意味だそうです。 

Dsc_06351

子供のTシャツやリュックに名前を書いてくれます。書いたばかりのTシャツを見せてくれました。

Dsc_06371 Dsc_06361

ユニークな字は大人になってから独学で書けるようになったそうです。がんばっていただきたいと思います。

2018年2月 7日 (水)

 中心市街地活性化協議会支援センターのメールマガジンに掲載されました

昨年末取材を受けた中心市街地活性化協議会支援センターの2月7日付メールマガジンに、奈良もちいどのセンター街と「夢CUBE」のことがとてもくわしく掲載されましたので紹介します。

Dsc_04521

┏━┓

┃☆┃ 中心市街地活性化協議会支援センター
┗━╋.... 
http://machi.smrj.go.jp/
    
      Vol.0269 / 2018.2.7

┓今週の更新記事┏━━━━━━━━━━━

┏┓ ちいきクローズアップ 奈良市
┗┛ チャレンジショップ展開による商店街賑わいの創出

<<詳細記事へ>>

http://machi.smrj.go.jp/machi/closeup/town/180207nara.html

「奈良市の商店街、奈良もちいどのセンター街協同組合(以下、もちいどのセンター街)が運営するチャレンジショップ「もちいどの夢CUBE(以下、夢CUBE)」。2017年に開業10周年を迎えた夢CUBEですが、入居募集(チャレンジャー募集)のたびに応募倍率が4~7倍と高い水準を保っています。もちいどのセンター街理事長である松森重博氏に話を伺いながら、もちいどの夢CUBE10周年の節目にチャレンジショップ事業を振り返り、創業支援と空き店舗対策について整理したいと思います。 

夢CUBEの立ち上げのきっかけですが、奈良市の行政施設等の移転や大型店の郊外出店などで人の流れが変わり、もちいどのセンター街の歩行者通行量は減少し、空き店舗が増えてきたことです。その影響から商店街のあるパチンコ店が撤退し、その跡地、約260平方メートルをどのように利活用するか検討を始めました。その詳細は以下のリンクを参照ください。 

参考リンク) 古都のガラス張りチャレンジショップ「もちいどの夢ショップ」

記事は次をご覧ください。

http://machi.smrj.go.jp/machi/closeup/town/180207nara.html

 

2017年12月21日 (木)

もちいどのセンター街のメヘラリさん

Img361

なめらかな日本語で語る、イラン出身のもとサッカー選手、メヘラリさんのことが大きく毎日新聞に載っていました。奥様の佐藤奈香さんそして考古学者とはじめて知ったお父さん。

イランでパジリク遺跡の絨毯を復活させたということです。

早速、もちいどのセンター街の真ん中のOK広場前にあるメヘラリさんのお店をたずねました。向かいのナンコビル2階の特別展示室で見せてもらいました。

ひとりの職人さんが1年半かけて織り上げたものだそうです。図柄もなかなかこまかく、分厚い絨毯でした。値段を聞くと、「値段つけるのはほんとはむつかしいが、材料代やひとりの職人さんの1年半かかりきりで織ったものですから」とのことでした。直接メヘラリさんに聞いてみてください。メヘラリさんは輸入業や東京での経験などもあり、話題豊富な方です。また奥様は奈良出身、一緒にイランにもお住まいだったそうで、セミナーにもご参加、勉強熱心な方です。

Dsc_01432 Dsc_01411

もちいどのセンター街にはいろいろな方がおられ、楽しいまちです。

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30