フォト
無料ブログはココログ

2019年4月11日 (木)

蓮の株分け

Cimg17721

蓮の有名な五條市の生蓮寺の副住職さんの簡単な蓮の株分けのやり方が,YOU TUBEで紹介されています。(写真は昨年7月撮影)

 

https://www.youtube.com/watch?v=T3V1AR1eNAI&t=4s

生蓮寺のHPです→http://www.ozizou.jp/

2019年4月 3日 (水)

万葉集

Img322

新元号が万葉集の和歌の前の序文から採られたとのことです。本屋でも万葉集のコーナーが特設されていました。在庫も少なくてもうすぐ品切れになるのでしょうか。書棚の万葉集を取り出して少し読みました。

Img327

令和の出典といわれる、大伴旅人の太宰府の宅での宴会。序に出てきました。

時に、初春の月にして、気淑く(きよく)風らぐ(かぜやわらぐ)

 

2019年4月 1日 (月)

令和

5月1日からの新元号が「令和」と発表されました。万葉集からの出典とのことです。

2019年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます。

Cimg30491
秋晴れに金の鴟尾光り興福寺中金堂は天平のごとし

健やかに新年をお迎えのことと思います。本年もよろしくお願いします。

2018年12月31日 (月)

笑う門には福来たる

Cimg38831

ことしも大晦日を迎えました。

お酒「笑う門には福来たる」風の森のあらばしりを

かぎろひさんからいただきました。来年もよろしくお願いします


~もう一歩の奈良を知りたい人とともに~

かぎろひの大和路・かぎろひ歴史探訪ウォーク

http://www4.kcn.ne.jp/~kagiroi/

2018年11月22日 (木)

2019年1月14日東京銀座で保山耕一さんとバイオリニスト千住真理子さんのコラボ

保山耕一さんから情報をいただきました。

Img9631

(昨年の奈良ムジークフェストのパンフより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「シンポジウムin銀座」
大人の事情でシンポジウムという扱いになっていますが、奈良の魅力を伝えるイベントを来年の1月14日に東京銀座で開催します。

今回は朝日新聞と奈良県の共催です。
テーマは中金堂の落慶を終えた興福寺から始まる奈良の奥の奥、日本一の桜、吉野山金峯山寺。
そんな内容です。
岡本彰夫先生が監修、私が構成演出、この二人で担当する3度目の首都圏シンポジウムとなります。
(1度目は「吉野、生命と再生の聖地。桜とともに生きる」2度目は「奥大和に散った維新の桜、天忠組」)

今回は奇祭と言われている金峯山寺の蛙跳び行事を銀座でご覧いただきます。

第1部は八千枚大護摩供の密着映像や岡本彰夫先生と田中利典氏のビッグ対談(ついに実現!!)、金峯山寺五條良知管長の基調講演となっています。

第2部は昨年のムジークフェストならで好評を頂きました、奈良の映像と千住真理子氏のバイオリンとのコラボコンサートを銀座でも行います。

もちろん、すべての映像は私が撮影しました。

今回、私は登壇の予定はありませんが、体調が許せば、会場で皆様をお出迎え致します。

有料公演となりますが、これだけの内容のイベントは奈良でも実現困難です。奇祭蛙跳びのカエルが吉野山から出て銀座で登場だなんて、私自身が一番ワクワクしています。
皆様に奈良を知り、奈良を感じてもらうイベントです。
皆様の参加申し込みをお待ちしております。
朝日新聞の参加者募集記事へのリンク
https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13776279.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下、朝日新聞より)

日本の源流を奈良県の中南部、奥大和にたどり、「日本一の桜の名所、吉野山や金峯山寺」など奥深い魅力を探るシンポジウムを開きます。

 金峯山寺の五條良知管長や田中利典長臈(ちょうろう)、岡本彰夫・元春日大社権宮司らが登壇。奥大和の魅力についての講演、座談会、伝統行事蛙(かえる)飛びの実演に加え、千住真理子さんによるバイオリンコンサート、保山耕一氏の映像上映もあります。

 ◇2019年1月14日[月][祝]午後2時、東京の銀座ブロッサム中央会館。参加費2千円(事前振り込み)

 ◇申し込みは、メール(nara@asahi-family.com)で件名「奈良シンポ」と記入、郵便番号、住所、氏名、電話番号、年齢、性別を記入。1通1人のみ、先着900人。問い合わせは、事務局(06・6201・0637=平日午前10時~午後5時)
 (朝日新聞社主催、奈良県共催)

2018年9月26日 (水)

旬、到来!西吉野の柿

Cimg26132

「JR奈良駅の「奈良のうまいものプラザ」の店頭には柿が並び始めました。

「奈良のうまいものプラザ」に並ぶ柿

奈良県の柿の生産量は和歌山に続いて全国2位、ハウス栽培の柿は1位とのことです。そして量だけではなく、おいしい柿の名産地としても有名です。奈良県でも、五條市の西吉野町を中心とした地域は生産量も多く、柿がおいしいところです。」 

鹿鳴人の一押し!を書きました。

くわしくは以下をご覧ください。

http://www.narano-umaimonoplaza.com/ichioshi/nara-persimmon2018/

2018年9月19日 (水)

第13回 奈良まほろばソムリエ検定

Img811_2

奈良市の小西通りの啓林堂へいくと、早くも13回目を迎える、奈良まほろばソムリエ検定の実施要綱と申込書が配布されていました。

「奈良まほろばソムリエ検定」とは奈良ファンや奈良に精通していり方々を認定するための検定です。価値ある観光資源を持つ奈良をより多くの人に理解していただく一方、奈良を訪れる皆様に、そのすばらしさを伝えることができる人材の育成を目指します。

申込み受付は、10月1日から11月30日です。

試験日は、平成31年1月13日(日曜日)。

奈良会場は天理大学とのこと。

東京会場は、お茶の水女子大学とのこと。(2級と1級のみ)

奈良まほろばソムリエ検定のHPです→https://www.nara-cci.or.jp/narakentei/

NPO法人 奈良まほろばソムリエの会のHPです→http://www.stomo.jp/

最初の2級はいまからでも勉強すれば、合格すると思います。

TETSUDAさんとFUKUIさんの「ずばり、要点整理2019年版」→http://www.stomo.jp/pdf/kentei2_2019.pdf

いまは事前セミナーが充実していますので、受講をおすすめします。

2018年9月18日 (火)

21日から秋の交通安全運動

Img762

秋の交通安全運動が9月21日から30日までひらかれます。先日来、奈良では大きな事故が発生しています。死亡者数も増えています。おたがい、交通安全を心がけましょう。

2018年9月14日 (金)

「やまと 民俗への招待」 『聖宝ゆかりの大峯参り』

奈良民俗文化研究所代表の鹿谷 勲先生が毎日新聞奈良版の隔週、「やまと 民俗への招待」という興味深いコラムを書いておられます。ご自身の大峯山行のことを最近連載されていました。

9月12日付の紙面に、「聖宝ゆかりの大峯参り」というタイトルで、餅飯殿山上講のことをくわしく取り上げられています。

最近、増田隆さん、そして薬師寺僧侶であり喜光寺副住職の高次喜勝さんに続いて、鹿谷勲さんが理源大師聖宝のことを書かれています。

紹介させていただきます。鹿谷先生、素晴らしい記事ありがとうございました。

Img802

より以前の記事一覧

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30