フォト
無料ブログはココログ

2020年6月 1日 (月)

6月1日、ホテル尾花 スタート

P11100131

P11100062

P11100101

6月1日からサンルート奈良が、ホテル尾花として再スタートということです。ちょうど今年が前身の尾花座ができて100年。その後ホテルサンルート奈良として40年、ちょうど契約がきれることから、かつての尾花座の名を使って、「ホテル尾花」となるそうです。

落語の桂米朝さんの字になる、「われらが尾花座ここにありき」の石碑も玄関に飾られ続けています。われわれが子どもの頃から、主に松竹系の映画がよく上映されていてよく見に行きました。最近の日本映画「カツベン」も尾花座がモデルでした。

P11100161

ちょうど毎日新聞が伝えています。中野聖子(さとこ)社長さんです。なら燈花会の委員長もされたり、なら国際映画祭の理事長

もされている奈良のリーダーです。ますますのご活躍を祈念申し上げます。

会長のお父様、中野重宏会長様もお母様の道子さまもおふたりお元気です。これからもよろしくお願いします。

Img937

大正の映画館、名称復活 サンルート「ホテル尾花」に 奈良 /奈良

施設名をかつての「尾花」の名に改称した中野聖子さん=奈良市高畑町で2020年5月28日午後1時57分、稲生陽撮影

 かつて奈良市中心部の「ならまち」にあった映画館「尾花劇場」の跡地に建つ「ホテルサンルート奈良」(同市高畑町)が6月1日、「ホテル尾花」に改称し、施設の一部をリニューアルする。今年は同劇場の開業から丸100年にあたり、前身の芝居小屋時代から使っていた「尾花」の名を再び冠することにした。創業者のひ孫で、同ホテルの中野聖子(さとこ)社長(51)は「原点に戻り、地域との結びつきをより強めたい」と話している。
 明治期に歌舞伎などを公演した芝居小屋「尾花座」を中野さんの曽祖父が買い取り、1920(大正9)年に映画館として開業。テレビの普及など時代の流れとともに施設維持が難しくなり、81年、同地に建物を新築しホテルに生まれ変わった。「尾花」の名は、近くの尾花谷川から取ったという説のほか、小屋を作った人物の娘の名「おはな」にちなむとの説もある。ホテルには今も当時の興行成功を記念した「奉献額」が残り、中野さんが「なら国際映画祭実行委員会」の理事長を務めるなど、ホテルとなってからも映画の普及に力を入れてきた。
7月に作品上映
 今回は劇場としてスタートしてから丸100年の節目を迎えるとともに、サンルートホテルチェーンとの契約が切れることから改名を決意。看板を掛け替え、1階会議室に可動式大型スクリーンを設置し、映画の上映会も開けるようにした。7月下旬には「尾花座復活上映会」と称して、同劇場がモデルとなった「カツベン!」(2019年)や県内が舞台のシーンがある「麦秋」(1951年)などの作品を上映予定だ。 

Img941_20200530135901

くわしくはHPをご覧下さい→https://obana.nara.jp

そして

奈良の人が奈良の宿泊施設に泊るキャンペーンが始まっています。ホテル尾花さんが先頭をきって進められています。

昨年わたしも奈良に泊りました。そのときのことを詠んだ短歌が全国版の『ロータリーの友』のロータリー歌壇(4月号)に初投稿初入選しました。佐佐木幸綱先生選。

 

旧き友とひさびさの奈良の合宿をわれも楽しむ旅人として   松森重博

 

P11003533

 

(評)昔からの長いつきあいの仲間と、年に一度くらい、日本各地で、何泊かの合宿をつづけておられるのだろうと思います。地元・奈良での合宿だけれど、皆に合わせて、旅人気分を味わっている、というのです。日本文学史で「旅人」は独特のイメージとニュアンスを持ってきました。西行、芭蕉、若山牧水、種田山頭火・・・。    この作者もそんな文学史の一端に連なる思いなのでしょう。

 

 

 

2020年5月27日 (水)

奈良大学教授 万葉学者 上野誠先生

P11007181

コロナ禍のなか、疫病について、万葉集の時代を振り返って、奈良大学教授で万葉学者の上野誠先生のインタビュー記事 ああ言えばこう聞くが、読売新聞5月26日の夕刊に半ページをつかって大きく載っていました。

天平と令和 重なる思い

今こそ読みたい「万葉集」

令和と名づけられたのは今となれば時代の必然であった

万葉集の鬼病

・壱岐島に至りて、雪連宅満(ゆきのむらじやかまろ)の忽ちに鬼病に遭ひて死去りし(巻15)

・世の中は常かくのみと別れぬる君にやもとな我が恋ひ行かむ

※雪連宅万、遣新羅使の一員。鬼病はおそらく天然痘。

〇コロナ禍では人の命と同時に、暮らしをいかに守るかが問われていますがその構造は1300年前と変わっていないようです

〇離別の歌

・君が行く海辺の宿に霧立たば我が立ち嘆く息と知りませ

・うらうらに照れる春日にひばり上がり心悲しもひとりし思へば  大伴家持 753年

〇言葉

・新しき年の始めの初春の今日降る雪のいや重け𠮷事

雪が降り積もるように、万葉集に歌を寄せたすべての人によいことが永く積み重なるようにとの祝福歌です。

万葉とは万の言の葉であり、万世、永遠でもあるのです。

言祝ぎで大切なのは日本語の美しさです。ガミガミいがみ合うような日本語では、いい世の中になりません。

・磯城島の大和の国は言霊の助くる国ぞま幸くありこそ

という柿本人麻呂歌集歌にあるように、言葉の魂に国が助けられるには、いい言葉を使わねば。法律も言葉、人を生かすも殺すも言葉なのですから。

 

P11007151

P11007161

画像をクリックすると拡大します。

2020年4月29日 (水)

動画、流通業界のコロナ対策

旧知のビジネスコンサルタント、得平 司さんが流通業界のコロナ対策を
youtubeに15分の動画で配信されています。
とてもわかりやすく、参考になると思いますのでぜひご覧下さい。

https://youtu.be/nvhkEwbLXG0?t=6

 

2020年4月23日 (木)

藤原辰史著『パンデミックを生きる指針ーー歴史研究のアプローチ』

知り合いの知り合いから紹介を受けました。A4版で8ページほど。読書時間は22分とあります。

なるほどと思いましたので紹介します。

 

藤原辰史著『パンデミックを生きる指針ーー歴史研究のアプローチ』

https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic

目次

1,起こりうる事態を冷徹に考える

2,国家に希望を託せるか

3,家庭に希望を託せるか

4,スペイン風邪と新型コロナウィルス

5,スペイン風邪の教訓

6,クリオの審判


元の「B面の岩波新書」に載っているのは、以下のホームページです。

https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic

 

(京都のNさんからの紹介メールの抜粋です。Nさんありがとうございました。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知人からもらった情報の転送です。

 

岩波書店には、「B面の岩波新書」というホームページがあります。
岩波新書の著者が、著書に関して、現在考えていることを書くページです。

 

そこに、藤原辰史氏(京大人文研准教授)が書かれた文章です。 4月2日です。
パンデミックをどう生きたらよいか、歴史研究者の視点で、今の日本、そして世界の状況を踏まえて、書かれています。
なかなか、深く考えておられ、う、う~ん、と受け止めました。

 

藤原辰史氏は、『給食の歴史』という新書を書かれました。 2018年です。
僕は読んでいませんが、評判を呼んでいます。
朝日や赤旗新聞にも書評が載ったようですが、記憶していません。
つい最近、どこかの書評誌に、自作の紹介をされており、なかなかの文書で、こんな書き手がいたのかと新鮮に思ったのですが、その時はそれ以上は追いかけませんでした。

 

藤原辰史氏は、島根県の横田高校の出身です。
田舎の高校ですから、そこから京大に入るのは大変だったと思われます。

 

1976年の生まれですから、44歳です。
京大では、総合人間学部で国際文化を勉強し、以後、人文研で研究しながら、農業分野の歴史に関する著作を重ねれておられます。
農業史というより、農業技術発展を切り口とした文明史です。
ウィキペディアで経歴は調べられます。

 

元々の、「B面の岩波新書」に載っているのは、以下のホームページです。
引用著作にリンクが貼られていますので、親切です。
また、「B面の岩波新書」に関する、広い情報も得られます。
  https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic

 

どちらからでもお入りください。

 

 

2020年4月22日 (水)

災害を想定した店舗づくりを

震災、台風、風水害や今回のコロナウィルスも大きくは災害と考えられます。4月21日の日経新聞に旧知のビジネスコンサルタントの得平 司さんの私見卓見の記事が出ていました。そういう災害に供えた流通業の店舗作りついて端的に書かれています。企業の倫理性の重要さを強調されています。

 

Img907

災害想定した店舗作りを クロス社長 得平司
1042文字
[有料会員限定]

日本列島は台風や地震など災害の多い地域といえる。
我が社がコンサルティングで関わる、流通業界などはどのように対応していくべきだろうか。

まず災害を想定した顧客への啓発活動が重要だ。店舗が平時から「災害対策コーナー」を設け、来店客が備蓄をするようになれば、災害時の対応も早くなる。2019年の台風では一部地域の家電量販店で電池や懐中電灯、スーパーマーケットでカップ麺や水などが売り切れた。
インターネット通販の企業もあまり在庫を持っていないケースが多い。備えがあれば、売り切れも少なくできるはずだ。敷地内に損害保険会社をテナントとして入れるなど、日常的に相談ができるようにもなれば良い。

第2に災害時における素早い開店と商品供給が挙げられる。困っている顧客に対して素早く商品を届けられることは地域貢献につながり、どんな広告よりも企業のブランド価値を高めるだろう。水害の起きた地域でのライフライン補完のためにブルーシートや簡易トイレ、太陽光発電池などを多く用意しておきたい。

スムーズな供給には、災害に強い店舗作りが欠かせない。陳列棚やスプリンクラーは耐震仕様にしておくべきだろう。
補給網の確保も重要だ。災害時に柔軟に対応する交通手段を、事前に運送会社と考える必要がある。大規模な災害時には復興需要が確実に生じる。住宅関連の工事業者とも事前に連携策を話し合っていれば、ホームセンターなども素早い対応がとれるようになる。

最後に、災害など危機発生時は、ビジネスチャンスと便乗値上げを間違えてはならない。新型コロナウイルスが猛威をふるい、日本でも患者が数多く出た。マスクを作っている企業の株価も上がったというが、インターネットでマスクの価格を調べてみると、メーカーの意図を離れた便乗値上げが出ていた。あるサイトでは5~15倍程度で販売されていたという。

もともと日本では商業道徳で、危機に便乗した値上げなどを戒めてきた。SDGs(持続可能な開発目標)に取り組む企業も多い現在、通販に関わるIT(情報技術)企業も倫理観を欠いた出店者を野放しにしてはいけない。 

休業のお知らせ

     お知らせ
毎度ありがとうございます。

コロナウィルスの拡散防止のため、
4月22日(水)から5月7日(木)まで休業します。
一日も早い収束を願っています。
よろしくお願いします。


奈良もちいどのセンター街             

器まつもり本店

 

2020年4月21日 (火)

100分de名著 アルベール・カミュ 「ペスト」

近頃、話題のアルベール・カミュ 「ペスト」をテーマにしたNHKの100分de名著という番組を、4回に亘りYOU TUBEで見ることが出来ました。

 P11003631

P11003591

P11003621

 

100分de名著 アルベール・カミュ 「ペスト」  La Peste、Albert Camus

 

第一回 https://www.youtube.com/watch?v=IwyxM-OKJv4&list=RDanl2xloEyVM&index=

 

第二回  https://www.youtube.com/watch?v=anl2xloEyVM&t=55s

 

第三回  https://www.youtube.com/watch?v=isa4oeXFJ70

 

第四回 https://www.youtube.com/watch?v=OUcZ095GWVQ

P11003582

2020年4月 6日 (月)

鐘南山という医師のこと

中国の武漢がコロナウィルスの発生地ということですが、最初に異常発生を見つけ、対処をすすめた鐘南山というリーダーである医師のことを書いたレポートをSさんが送ってきてくれましたので紹介します。

一日も早い日本や世界でのコロナウィルスの収束を願いたいと思います。

鍾南山
しょう なんざん
医師

220pxzhong_nanshan_cropped

説明
鍾南山は、中華人民共和国の医師、医学者、衛生学者、現国家衛生健康委員会専門家グループ長。専門は疫学、呼吸器学、臨床医学。 2002年から2003年にかけての重症急性呼吸器症候群の感染拡大時には、感染の中心地となった広東省で広州市呼吸器疾病研究所の所長を務めていた。 ウィキペディア

 

生年月日: 1936年10月20日 (年齢 83歳)
生まれ: 中華人民共和国 南京市
配偶者: Li Shaofen (1963年から)
学歴: Peking University Health Science Center (1960年卒)、 広東実験中学
フィールド: 呼吸器学、 呼吸器疾患

 

「中国が、いま武漢でも一応落ち着かせているのは確かですが、それは、単に日数が
経ったからではなくて、積極的な「ウィルス退治」をやったからですが、その大きな
要素に「避難所病院」の設置があったようです。
軽症者・無症状の感染者、あるいは接触者を、どんどん検査で見つけ出して収容し、
感染ルートを絶つことで、ウィルスを押さえ込んだということです。
こちらの二つの記事に、鐘南山というリーダーの下で行なわれた「戦い」の様子が
書かれています。自宅療養は、彼らも一度やって失敗し、避難所病院を作っています。

 

https://www.newsweekjapan.jp/marukawa/2020/03/post-60_1.php ニューズウィーク
中国は新型肺炎とどう闘ったのか 
<救急外来で順番待ちをする間に死んでいった患者もいたという一時のパニック状態
から立ち直り、世界で初めて新型コロナウイルスを制圧しつつある中国の死闘の記録>

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20200318-00168400/
中国はなぜコロナ大拡散から抜け出せたのか?
「体制に屈しない気骨の免疫学者」がいたからだ。ウイルスの前に一党支配体制は
むしろ脆弱だ。

遠藤誉  中国問題グローバル研究所所長、筑波大学名誉教授、理学博士

 

 

 

2020年3月29日 (日)

山中伸弥教授のホームページ https://www.covid19-yamanaka.com

山中伸弥教授が個人のホームページを開設した https://www.covid19-yamanaka.com
とのたよりが友人から届きましたので紹介します。

2020年3月20日 (金)

公示地価の上昇

P10907182P10907171

(2020年3月19日、毎日新聞)

2020年1月1日時点の全国の公示地価が発表されました。

奈良では全般に下がっているが、商業地では奈良市を中心に上昇しているとのことです。

もちいどのセンター街の餅飯殿町では前年比20%の上昇とのことです。

今年に入ってからのコロナウィルスの影響はどうなのでしょうか?

 

 

 

 

より以前の記事一覧

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31