フォト
無料ブログはココログ

2020年3月29日 (日)

山中伸弥教授のホームページ https://www.covid19-yamanaka.com

山中伸弥教授が個人のホームページを開設した https://www.covid19-yamanaka.com
とのたよりが友人から届きましたので紹介します。

2020年3月20日 (金)

公示地価の上昇

P10907182P10907171

(2020年3月19日、毎日新聞)

2020年1月1日時点の全国の公示地価が発表されました。

奈良では全般に下がっているが、商業地では奈良市を中心に上昇しているとのことです。

もちいどのセンター街の餅飯殿町では前年比20%の上昇とのことです。

今年に入ってからのコロナウィルスの影響はどうなのでしょうか?

 

 

 

 

2020年2月27日 (木)

新型コロナ肺炎

日本で新型肺炎の罹患が見つかったと報道されておよそ1ヶ月になります。奈良では徳勝龍関の1月場所の幕内優勝が決まった2日後だったようです。同じ日、もちいどのセンター街アーケードには奈良県出身の徳勝龍関の祝優勝の垂れ幕がかけられました。

Dsc_00341

新肺炎が大きく報道されて、2月に入ると徐々に人通りが少なくなりました。旧正月、春節の時期に中国からの団体旅行の出国が止められました。個人旅行や以前から滞在の人を除くと人通りが減っています。
クルーズ船の報道でさらに注目と報道が増えました。クルーズ船には偶然知り合いが合計5人も乗船されていて、中の様子などフェースブックなどを通じてうかがいました。

しかしまだ新型コロナ肺炎のことはよくわかりません。

奈良はこの23日24日の連休、良い天気にも恵まれ、人出は結構にぎやかでした。

しかしながら、ここ1,2週間が新型コロナ肺炎の拡大を阻止するための山場ということで、政府から自粛要請がだされたということです。

伴って、県や市もいろいろな催しや講演会、演奏会、人の集まる行事、の中止がつぎつぎと発表されています。

27日の奈良公園バスターミナルでの、まほろばソムリエの会理事の石田一雄さんのお水取りの講演会も多くの応募があるにもかかわらず、中止となりました。

3月15日の花咲きコンサートも中止、中野聖子さんの講演会も中止とのことです。

3月8日からの春場所もどうするか3月1日に決定するとか。

奈良国立博物館はじめ各地の国立博物館などが3月15日まで休館のニュースが入ってきました。

とても残念なことです。一日も早い収束を願うばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

2020年1月17日 (金)

宿泊税導入“反対”で協議会設立

奈良市での宿泊税導入“反対”で協議会設立と各紙が伝えています。

NHKのHPより


奈良市がホテルなどの宿泊者に課税する「宿泊税」の導入を進めているのに対し、「実質的な値上げにあたり死活問題だ」として導入に反対するゲストハウスなど小規模な宿泊業者が協議会を設立しました。

 

協議会を設立したのはゲストハウスなど24の小規模な宿泊業者で、16日、奈良市役所で記者会見して発表しました。
会見で、協議会の会長に就いたゲストハウスの経営者、瀬戸一平さんは「ゲストハウスなどは値ごろ感のある料金が魅力だが、宿泊税の導入は実質的な値上げにあたり、死活問題だ。導入に強く反対する」と述べました。
そのうえで、宿泊税の使いみちや徴収方法、導入によって宿泊者数に影響がでないか、見通しや根拠などをただしたいとして、17日、奈良市に質問書を提出すると表明しました。
宿泊税について奈良市の仲川市長は、「観光インフラの整備など魅力ある観光には投資が必要だ」として、3月の定例議会に必要な条例案を提出したいという考えを示しています。
宿泊税は、関西では大阪府と京都市がすでに導入しています

2020年1月13日 (月)

16日、上野先生、歌会始の陪聴者に

Img768

年始めの皇居で行なわれる、歌会始の儀に奈良大学の上野誠先生が陪聴者として列席されると、奈良新聞は報じています。昨年末、上野先生による短歌の朗詠を聞く機会がありいずれ召人になられるのではと思いましたが、まずは陪聴者として列席されるとのことです。

ますますのご活躍をご祈念申し上げます。

2019年11月12日 (火)

11月17日、トークショー&サイン会

Img647

ご報告です。今回の出版に対して、各方面より応援いただいています。

とくに啓林堂書店、ならびに京阪奈情報教育出版が力を入れていただいています。
そこで11月17日(日曜日)14時から15時30分まで。啓林堂書店2階で。トークショー&サイン会ということです。

歌集「大和まほろば」と奈良市中心市街地のこと、そしてこの春、奈良まほろばソムリエの会で出版した「奈良百寺巡礼」のことをお話させていただく予定です。

よろしくお願いします。

2019年11月 5日 (火)

11月8日、ならどっとFMに出演します

ご報告です。

この10月に発刊された、わたしの歌集「大和まほろば」についていろいろご協力いただいています。

11月8日(金曜日)ラジオのならどっとFMに歌集「大和まほろば」について呼ばれています。16時からのパーソナリティー山崎カナコさんの番組で出版に対してのインタビューがあるそうです。生放送で出演します。打ち合わせは本番直前とのこと。はたしてどうなるのでしょうか。

ならどっとFMはサイバーラジオでインターネットでも聞けるそうです。Area07_naradotfm

ならどっとFMのHPです→http://narafm.jp/index.html

Img661

 

2019年9月20日 (金)

9月21日から秋の交通安全運動

Img564

9月21日から30日まで、秋の交通安全運動がはじまります。

運動の実施期間は、9月21日(土)から30日(月)までの10日間となっています。
 なお、9月30日は交通事故死ゼロを目指す日です。
 
 依然として高齢者の交通事故被害が目立つだけでなく、今年は未就学児童の悲惨な交通事故が発生し、社会問題となりました。高齢ドライバーによる重大事故も多発しています。
 交通安全運動では、多発する高齢者事故防止と秋口における日没時間の急激な早まりなどを考慮し、次の5つの全国重点を定めています。

・全国重点
子供と高齢者の安全な通行の確保
高齢運転者の交通事故防止
夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止
全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底
飲酒運転の根絶

 事業所では、交通安全運動の機会をとらえて、横断歩道における歩行者保護の徹底、薄暮早目の点灯、シートベルトの着用チェック、飲酒運転根絶に向けた運転者教育、点呼時におけるアルコール検知器の使用徹底などに取り組みましょう。
 また、「子どもと高齢者を守る運転」などをテーマにして、運転者にグループ討議を実施してもらい、話し合いをもとに安全運転目標を考案して社内に掲示するなど、子どもと高齢者を守る意識を高める取組みを進めましょう。

 

2019年8月30日 (金)

高松明弘さん

ならまちでもよく活躍を拝見する、高松明弘さんですが、毎日新聞奈良版に大きく紹介されていました。奈良市シティプロモーション係長もされています。ますますのご活躍を期待します。

Img540

 

2019年5月31日 (金)

東朋治さんのブログに紹介されました。

全国あちこちの商店街を訪問されている協働研究所の所長の東 朋治さんのブログ  http://www.aho-boiled.com/

に奈良もちいどのセンター街のことを書いていただきました。

あまりに過分に書いていただいて恐縮ですが、紹介させていただきます。

1点補足。株式会社まちづくり奈良は諸般の事情で3月末で解散しましたが、奈良市中心市街地活性化研究会(8商店街)は健在ですし、ただいま後継の組織を準備されています。

東所長、名文ありがとうございました。

190526e5a588e889afe291a11

 

第2200夜:母なる大河【奈良(奈良)】


餅飯殿町12番地の奇跡。
いったい何の奇跡を指すのか。

奈良市中心市街地「餅飯殿センター街」に屹立するチャレンジショップ『夢CUBE』である。

 

 全国無敵のチャレンジショップとして名高い『夢CUBE』。プロジェクトは2007年にスタートし、現在11、12年目を迎えている。1~3年で卒業すると商店街の貸店舗に続々出店。結果的に魅力あふれるお店でびっしり。それに寄せられて観光客も地元民も押し寄せる好循環である。

 

 更なる受け皿として「夢長屋」「きらっ都」なども誕生。チャレンジから本格出店に繋がるゴールデンルートが完成している。卒業生の多くは商店街の理事にも抜擢され、自店だけでなく地域全体の活性化にも尽力している。行列のできる店も多数で、成長ぶりが凄まじい。

 

 ある1月の朝。私は約10年ぶりに近鉄奈良駅に降り立った。痛風足を引きづりながら開店前の商店街を歩く。明らかに外国人観光客が激増し、それに対応した店も増えているようだ。

 

 市の創業支援集客施設で㈱まちづくり奈良が運営する「きらっ都・奈良」へ。まちづくり会社社長および餅飯殿センター街理事長などを兼任するM森氏と10年ぶりに邂逅。理事長はいつまでも若々しく、発想と行動力は永遠に衰えるどころか輝きは増すばかりではなかろうか。

 

 10年前に商店街を視察させていただいた際も圧巻だったが、凄みはさらに増している。ただ、M森理事長が10年たっても理事長なのは、いわゆる‘商店街あるある’というご愛敬である。

 

 M森理事長、U谷副理事長、奈良市中活研S堂専務をはじめまちづくり会社や奈良市中活協議会の皆さまと意見交換の後、中心商店街をご案内頂く。

 

 商店街は大賑わいである。歩く先々で「ここ、夢CUBE卒業生のお店」とご紹介いただく。その都度、私の口から感嘆のため息が漏れる。立地や条件等で商店街ではなく他地区で出店した卒業生も、結局は商店街に戻って開業するという。外洋に出た鮭が産卵のために戻ってくる、大いなる母なる大河のような商店街である。

 

 昼食は夢CUBE内のうどん&丼<瑞穂>さんで。海老と野菜のかきあげ玉子とじ丼、かなりのボリュームで旨すぎ。贅沢な一品であり、チャレンジショップではなかなか味わえない超本格派。間違いなく商店街で本格店舗を構え、あっという間に人気店になるだろう。

 

 食後もたっぷりと中心商店街を視察。どこの個性があり、味がある。歩いている客層が異なる。JR奈良駅は初めて足を運んだが、特に欧米人で賑わっている。ホテルもチェーン店も景観に配慮したファサード設えであり、古都の底力を感じさせる。

 

 ミッション終了後、「きらっ都・奈良」2階コワーキングスペース『NARA EGG』を利用。2時間までは500円、それ以上は1000円。ワンドリンク付で利用は伸びているという。

 

 私が利用したのは15時過ぎからだが、すでに先客は10名近く。その一角に陣取り珈琲呑みながらPC猿打。凄まじく捗るが、凄まじく暖かくて居心地よく睡魔も強烈。

 

 私はたっぷりと2時間以上利用する。普段は煙草が吸えるcaféをコワーキングスペースとして勝手に活用しているが、本格的な利用は初めて。

 

 2018年度に入って富良野、寄居、越谷のコワーキングスペースを利用したり見学したり活用について意見交換してきた。沖縄市のコワーキングも外観は凄かった。

 

 夜は<ホテルフジタ>にて餅飯殿センター街祝賀パーティにお招き頂く。豪華な立食&コンパニオン付である。

 

 一人所在なさげな私をS堂氏が色々お気遣い頂き有難い限り。おかげで予定より30分以上延長滞在する楽しき夜に。FB友人だった奈良県商工会連合会K原氏にもお目に掛かれて嬉しい限りである。

 

 神戸まで遠し。中座して近鉄奈良駅へ向かうが、エンジンが掛かっているので呑み足りない。阪神なんば線で近鉄奈良から神戸三宮まで乗り換えなしの80分。寄居から朝霞台と変わらぬ。

 

 駅構内のコンビニでポケットバーボンを車内一人2次会用に、テイクアウト寿司屋で半額だった助六を自宅晩酌用に捕獲。気分は古都奈良モードになり、江戸時代が舞台の田中啓文先生のミステリを読みながらという至福の帰路に。

 

 マザーリバーな商店街、餅飯殿。平城遷都2000年祭を迎える時も、奈良の中心市街地は今まで以上に賑わっていることだろう。

 

より以前の記事一覧

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31