フォト
無料ブログはココログ

2022年1月17日 (月)

2月11日、ボイスドラマ「龍華記」制作記念イベント

7a73000100101

2月11日(祝日)ホテル尾花で直木賞作家の澤田瞳子さん、興福寺の辻明俊執事、目黒・奈文研研究員のトークイベントがあります。

15時から17時。2500円。30名限定。

~ボイスドラマ「龍華記」制作記念イベント~
直木賞作家・澤田瞳子と南都焼き討ちを語る

あの『龍華記』がボイスドラマ化されます!!

2018 年 興福寺中金堂落慶を記念して執筆された澤田瞳子氏による歴史小説『龍華記』。
南都焼き討ちをテーマとした本作では、平安時代末期を舞台に興福寺の悪僧(僧兵)である
範長を主人公に戦乱に巻き込まれる当時の奈良の様子が臨場感たっぷりに描かれています。

2022年2月末のボイスドラマ公開を前に、当館にて、この作品の著者であり第165回直木賞を受賞した澤田瞳子氏、興福寺東金堂院の発掘を担当した奈良文化財研究所・目黒新悟氏、そして興福寺・辻明俊師による対談が実現します。

この土地で聞く、この土地だからこそ感じることの出来る貴重なお話を、ぜひお聞き逃しなく。

くわしい案内は以下をごらんください⇒

 

2022年1月13日 (木)

2月13日、筒井寛昭師(東大寺長老)の講演

一般社団法人 奈良地域デザイン研究所から、2月13日、筒井寛昭師(東大寺長老)の講演の案内が届きましたので紹介します。
271588658_2645508195582277_8152061195072

 

「 お水取り 法会の原点、お釈迦さまを知る」
新たな春が平安で豊かな年であることを祈る東大寺二月堂の修二会。
今回は仏教の開祖で、修二会など仏教法会の原点である釈迦牟尼世尊の生涯や教えについて学びます。
日時:令和4年2月13日(日)14時~15時30分
場所:東大寺 二月堂 参籠所(二月堂の北側)
【プログラム】
・東大寺 筒井寛昭長老による「お水取り 法会の原点、お釈迦さまを知る」
・二月堂礼堂での参拝 
・水取りの記事が掲載されている「ならら2月号」を進呈
申込方法:事前申込み(定員に達し次第、締め切ります)      
 メールで申し込み info@nara-design.org
  (氏名、住所、TELの記載をお願いいたします)
申込期限:令和4年2月10日 
注 意: 新型コロナの感染状況で、非公開になる場合があります。     
参加費: 3000円(会員2000円、学生1000円)

 員: 50名
主 催: 一般社団法人 奈良地域デザイン研究所
連絡先: 一般社団法人 奈良地域デザイン研究所

 

2021年11月 9日 (火)

講演会「春日若宮のご創建」

Img886_20211103101701

春日大社の権禰宜である、千鳥祐兼さんによる「春日若宮のご創建」という題の講演会が11月28日(日曜日)奈良市上三条町の中部公民館で開かれます。

現在、春日若宮様はご造替のさなかで来年秋、完成とのことです。

研究家であり、代々の社家の千鳥祐兼さんのお話を伺える良い機会だと思います。
定員は12才以上150名。費用は無料とのことです。

申し込みはインターネットは、(公財)奈良市生涯学習財団のホームページの講座案内からとのことですがよくわかりません。

FAXなら、以下のことを書いて申し込んで下さい⇒0742-26-3263 中部公民館

 

往復葉書で申し込みなら以下へおくってくださいとのことです・

630-8228奈良市上三条町23-4 中部公民館へ。

 

1,講座名、2名前とふりがな、3住所、4電話番号、5年齢を書いて下さいとのこと。

 

 

 

2021年6月13日 (日)

なぶんけんチャンネル

平城宮跡の奈良文化財研究所のYOUTUBEでの講演です。

「平城京の疫病対策 -医療・まじない・祈り-」

Dsc_1095

https://www.youtube.com/watch?v=__iNVJObGXw

2021年6月 4日 (金)

奈良青年会議所主催 「奈良の地域経済のこれから~能動的な経済活動で、コロナに打ち勝つ~」動画

(画像はクリックすると拡大します)

Img576_20210423094401_20210602211001

Img577_20210423094401_20210602210901

4月27日に、奈良青年会議所主催の「奈良の地域経済のこれから~能動的な経済活動で、コロナに打ち勝つ~」というフォーラムが

開かれパネリストのひとりとして登壇しました。ただコロナ禍のため、無観客でおこなわれ、後日動画配信ということでした。

会場の奈良中部公民館大ホールも、その後、奈良市により1ヶ月使用できないということでしたから、ぎりぎりのタイミングでした。

奈良青年会議所のYOUTUBE配信が届きました。以下をご覧ください。94分という長丁場です。

https://www.youtube.com/watch?v=G0BnK_oDfHs

鹿鳴人のつぶやき5月2日付でも伝えておりますので参考までに

→http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2021/05/post-8b72d7.html

Img_1810_20210603131101

奈良青年会議所、三岡理事長そして担当委員長であり2部の司会をされた 中川たかしさん、ありがとうございました。

中川たかしさんは、奈良県議会議員であり、7月11日投票の奈良市長選挙に立候補予定です。がんばっていただきたいと思います。(写真左端が中川たかしさん)

参考までに中川たかしさんのホームページです。→http://nakataka.jp/

 

2021年5月 2日 (日)

4月27日シンポジウム「奈良の地域経済のこれから」に参加しました。

Img576_20210423094401

Img577_20210423094401

4月27日に、奈良青年会議所のシンポジウム「奈良の地域経済のこれから」は無事終わりましたがコロナ禍のため無観客でした。終了後の記念撮影です。その後、奈良市によって会場の奈良市中部公民館は休館にされましたから、ぎりぎりのタイミングでした。

奈良青年会議所のホームページは以下のように伝えています。

\奈良の地域経済のこれからを考える/
4月27日、「奈良の地域経済のこれから」を考える事業を実施しました。
まず基調講演では、南都経済研究所の吉村様より、経済データをもとに奈良市や生駒市の状況を説明。
次に、奈良もちいどのセンター街理事長の松森様より、夢キューブや夜市など商店街の取り組み紹介と共に、「地元の人が買ってくれる商店街に」という思いを語っていただきました。
その後のパネルディスカッションでは、「まちづくりに積極的に関わってくれるプレイヤーをどう巻き込むか」「コロナは、奈良の良さをもう一度見直す機会となった」「日頃から地域と繋がっている企業は、コロナでもある程度売り上げにつながっている」という意見が出ました。
また、奈良女子大教授の中山様からは、「地域の現状を掴みやすいのがJC。奈良青年会議所が中心となって地域経済の分析を行い、どう経済循環を確立するか考えて取り組んでいってほしい」というお言葉や、吉村様からは「コロナを受けて、リーダーが率先してデジタル化を進めるべきである」というお話をいただきました。
今回は新型コロナウイルス感染拡大の関係で無観客で実施。
内容は後日、動画にて配信いたします

 

Img_1810

Dsc_0993

大きな字は、奈良女子大学書道部の皆さんの力強い書。

ACTIVE  CHANGEはことしの奈良青年会議所のスローガンです。

わたしも32才から40才まで在籍した奈良青年会議所ですが、実に久しぶりに参加しました。

40才までの青年経済人の集まりである、奈良青年会議所に期待する声が各講師から投げかけられていました。

奈良新聞は4月30日付で報じています。(クリックすると拡大します)

Img586_20210430093901

 

2021年3月20日 (土)

3月27日、鹿谷勲さん「茶粥・茶飯・奈良茶碗」刊行記念トークショー

Img493

旧知の鹿谷勲さんの「茶粥・茶飯・奈良茶碗」刊行記念のトークショーがおこなわれます。

3月27日(土)15時から16時。啓林堂2fにて。問い合わせ0742-20-8001

Img494_20210317105301

2021年3月18日 (木)

21日「神仙境吉野の謎に迫る」トークショー

Img490_20210317102901

21日(日)14時から小西通りの啓林堂書店2Fで、奈良まほろばソムリエの会有志と松田度先生による「神仙境吉野の謎に迫る」トークショー

が行われます。お問い合わせ,TEL0742-20-8001、啓林堂書店

当日、「YOUYUBEよもやーろチャンネル」にてライブ配信あるということです。

〈21日、追記)

P1090345

21日2時から1時間半のトークを聞いてきました。松田度先生、富田良一さん、亀田幸英さん、道崎美幸さん、前田景子さんの熱心なお話がありました。

富田良一さんから吉野とこの本の魅力のお話がありました。(画像はクリックすると拡大します)

Dsc_0820

Dsc_0821

Dsc_0823

Dsc_0824

Dsc_0825

Dsc_0826

Dsc_0828

 

2021年2月25日 (木)

東大寺・筒井寛昭長老の「お水取りからみた奈良の歴史」

修二会、お水取りが近づいてきました。
東大寺の筒井寛昭長老の講演が先日ありました。

142760324_2315799731886460_3791143192202

Img20210305_08281100

一般社団法人 奈良地域デザイン研究所の村内敏雄さんからの報告です。(写真も村内さんからいただきました)
3月1日から奈良のケーブルテレビKCNで放送されるとのことです。また3月2日から7日まで再放送されるということです。

142864281_2315799501886483_4447644167313

1月24日、
奈良地域デザイン研究所・市民フォーラム「お水取りからみた奈良の歴史」を、東大寺の本坊で開催いたしました。
 東大寺筒井寛昭長老からの、詳しくお水取りから奈良の歴史を詳しく説明していただきました。
 今回は無観客での開催でしたが、KCNで収録しテレビで放映されます。 又、これをDVDで奈良市内の小中学校へ配布し、子供たちの「世界遺産学習」に役立って欲しいですね。
2部は、筒井長老の作詞された「ならにおもえば」の歌の演奏がありました。
 この様子は朝日・読売・毎日新聞社に掲載されました。KCNは3/1(月)16時に放送されます。再放送は6回あります。
 主催は、一般社団法人 奈良地域デザイン研究所です。

142160560_2315800205219746_9041781636202

2021年2月10日 (水)

2月20日フォーラム「奈良を観る」

Img20210205_21131028

(画像はクリックすると拡大します)

2月20日(土)13時30分から、学園前の奈良市西部会館市民ホール「学園前ホール」で

フォーラム「奈良を観る」ーー入江泰吉×万葉集ーーが行われます。

出演は、奈良女子大学名誉教授の坂本信幸先生、写真家の三浦和義先生です。無料、要事前申し込み。先着150名まで。

Img20210205_21134573

 

より以前の記事一覧

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31