フォト
無料ブログはココログ

2022年12月 5日 (月)

行基さん大感謝祭 テーマソング『繋ぐ千年』の発表

11月20日の行基さん大感謝祭にて、ことし作られた『繋ぐ(つなぐ)千年』というテーマソングが発表されました。
作詞は、氷置晋さんと中村千紗さん。作曲は氷置晋さん。
歌うのは,シンガーソングライターの氷置晋さんです。このほどYoutubeで公開されましたので紹介させていただきます。

以下のYoutubeです。

https://youtu.be/IcC5dEqTtnU

Dsc_0680

Dsc_0679_20221202132701

当日、行基菩薩ののぼりをもつ氷置 晋さん(写真真ん中)

Dsc_0001_burst20221202092733893

Dsc_0681

大仏殿の中門前での集合写真

Dsc_0683

歌詞カードです。(画像はクリックすると拡大します)

Img431

 

2022年12月 4日 (日)

12月12日から第七回ガストロノミーツーリズム世界フォーラム in奈良

Img429_20221202112001

奈良で世界フォーラムが12月12日から15日までひらかれます。

食×旅の世界大会とのこと。市内の商店街でも案内があちこちに飾られています。

中心市街地の商店街でもいろいろな飲食店が歓迎の食事やテークアウトを準備されています。

Dsc_0686_20221202131501

以下はガストロノミーツーリズムのホームページより。

 

「第7回UNWTOガストロノミーツーリズム世界フォーラム in
(人と地球のためのガストロノミーツーリズム:革新し、活躍を推進して、維持する)

開催日程:令和4 (2022)年12月12日(月)~15日(木) ※ウェルカムレセプションを開催する12日(月)を含む。

会場:奈良県コンベンションセンター他、県内視察あり ※オンライン参加可能 (奈良市三条大路1丁目691-1)

プログラム:詳細は下記公式ホームページをご確認ください

参加対象:各国観光大臣級及び政府関係者、自治体関係者、教育関係者(大学・研究施設等)、 食・農・観光関連事業者および団体、シェフ、メディア等 (現地参加は上記対象者のみとなりますが、オンラインでの参加はどなたでも可能です)

想定参加者数:国内外から600名(現地参加)

https://www.mlit.go.jp/kankocho/page07_000059.html

(画像をクリックすると拡大します)

Img430_20221202112901

Dsc_0685

2022年12月 3日 (土)

第13回あしたの奈良表彰受賞おめでとうございます。

A

B

映像作家の保山耕一さん、奈良まほろばソムリエの会の友松洋之子さん、第13回あしたの奈良表彰受賞おめでとうございます。県知事表彰です。

そして林千鶴さん第13回ビューティフルシニア表彰おめでとうございます。健康でご活躍何よりです。

存じ上げている皆様とてもふさわしい方です。心よりお祝い申し上げます。

12月17日、表彰式とのこと楽しみにしています。

あしたの奈良表彰/ビューティフルシニア表彰の奈良県のホームページです⇒

https://www.pref.nara.jp/dd.aspx?moduleid=61131&pfromid=5#moduleid61131

奈良マラソン2022は12月11日(日曜日)

Photo_20221115112401

いよいよ12月11日(日曜日)、奈良マラソンです。フルマラソンと10キロの部がおこなわれます。

当日、奈良市と天理市では交通規制があります。

市民の協力があってできているものです。選手だけではなく、多くのボランティアの方も参加されます。

この日は交通不便になる方もたくさんおられます。

良い大会になってもらいたいと思います。今年も同級生や後輩や友人が走るとのこと、応援にも行きたいと思っています。

奈良マラソンの公式ホームページです。

https://www.nara-marathon.jp/

Img410_20221115113301

Img411_20221115113401

2022年12月 1日 (木)

おん祭と「ならら」12月号

Img427_20221130134001

12月になりました。

奈良で12月というと、やはり春日若宮おん祭です。

月刊大和路「ならら」12月号もおん祭り特集です。

(以下、おん祭の予定表です。われわれ商店街の担当の,大宿所詣も15日に行なわれる予定です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

令和4年 第887回 正遷宮奉祝
春日若宮おん祭
令和4年の春日若宮おん祭は、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぎつつ、「若宮正遷宮」を奉祝し、12月15日より18日の諸祭事を本年は、原則として縮小・中止はせず、コロナ禍以前の通常の斎行を予定しています。
主な日程をご紹介させていただきます。
3年振りとなるおん祭、ぜひお越しください。
なお、今後の感染状況等により、変更する場合があります。
また、お越しになる際は、マスクの着用など感染拡大防止にご協力ください。
主な日程
12月15日(木)
13時 大宿所詣(12時頃JR奈良駅を出発、三条通りを東へ、東向通りから北へ、奈良女子大あたりで折り返し、近鉄奈良駅、小西通り、

再び三条通り、もちいどの通り、もちいどの通りにある春日大社の大宿所到着予定です)

御湯立は例年通り、14時30分、16時30分、18 時の3回斎行
17時 大宿所祭
※本年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、もちいどの商店街有志による「のっぺい汁」、「あめ湯」の振舞は行いません。

12月16日(金)
14時頃  大和士宵宮詣
15時頃  田楽座宵宮詣
16時  宵宮祭
12月17日(土)
0時  遷幸の儀
1時  暁祭
9時  本殿祭、若宮御留守事
11時30分 試しの儀:県庁前広場(登大路園地)
12時    御渡り式:県庁前広場(登大路園地)出発
12時50分頃 南大門交名ノ儀:興福寺南大門跡
13時頃  松の下式:一ノ鳥居内影向の松前
13時頃  競馬: 一ノ鳥居内馬出橋→御旅所前勝敗榊
14時30分  流鏑馬:一ノ鳥居内馬出橋周辺
14時30分  御旅所祭: 御旅所
15時30分頃 神事芸能奉納
23時頃  還幸の儀
※本年は新型コロナウィルス感染の影響により、御渡り式に奉仕される行列の人数や編成が例年とは異なる場合があります。
12月18日(日)
13時 奉納相撲 御旅所前
14時 後宴能 御旅所
なお、令和4年12月10日から令和5年1月12日まで奈良国立博物館 
式年造替特別展 春日大社若宮国宝展―祈りの王朝文化―
が開催されます。
おん祭の拝観に合わせご観覧ください。
奈良テレビ放送のYouTubeチャンネルに
本件についてのニュースがアップされています。
ご覧ください ↓↓↓
https://nordot.app/953204871816724480

2022年11月30日 (水)

松原純さんと来村多加史先生の第一回の対談

Dsc_0001_burst20221129134659990 Dsc_0666

奈良まほろばソムリエの会の広報グループの松原純さんと奈良検定に最初から関わっておられる阪南大学国際観光学部の来村多加史先生の第一回の対談がyoutubeにアップされています。

https://www.youtube.com/watch?v=X0nIoL6PpQo

奈良検定は最初から「奈良を楽しく案内できる人材の育成」が目的であり、単なる知識だけではなく、それを楽しくガイドできるというのが必要です。

そういう人材を見つけるということで、奈良観光コンシェルジュ・アワードが5年にわたって行なわれ,選ばれました。(現在は行なわれていません)

Dsc_0668

対談の中で、奈良について聞かれた来村先生、奈良は素朴さ、野暮ったさ、アットホームの良さがあること。

つくりこんでいない「素朴さ」があるという点を強調されています。

さらに2回目、3回目の対談を楽しみにしたいと思います。

Dsc_0669

以下は松原純さんによる紹介です。

「今回は、大阪にあります阪南大学 国際観光学部 教授「来村 多加史(きたむら たかし)先生」をご紹介致します。

来村先生は兵庫県明石市のご出身で、幼い頃から考古学に興味を持っておられました。

高松塚古墳を発掘された関西大学「網干 善教(あぼし よしのり)先生」に憧れ、関西大学に入学して網干先生に師事。

関西大学大学院博士課程終了後、中国陵墓研究により博士号を取得されました。

現在は阪南大学の教授として学生に「観光学」を指導。

他にもテレビ出演や書籍の出版、また観光ガイドとして「クラブツーリズム」の講師など多方面で活躍されております。

今回はそんな来村先生に「奈良まほろばソムリエ検定(奈良検定)」や「奈良観光コンシェルジュアワード」、「奈良の魅力」などをお聞き致しましたので楽しんでご覧下さい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/来村多加史

「阪南大学 講師紹介ページ」https://www.hannan-u.ac.jp/doctor/tourism/kitamura/index.html

「来村多加史講師同行ツアー」
https://tour.club-t.com/tour/relation?r=KAN84326

 

2022年11月29日 (火)

近鉄奈良駅に副駅名「奈良公園前」

Dsc_0665_20221127114001 

近鉄奈良駅に12月3日から、副駅名がつくとのことです。

「奈良公園前」とのことです。

英語も(Nara Park)とのことです。

毎日新聞奈良版、11月26日は伝えています。

こんな副駅名をつけたら、降りると鹿がいるのではないか、と思われないのか、といった声も聞かれます。

実際コロナの冬は行基広場にも鹿が来ていたという声もあります。

大阪や京都から来る人に、ぜひ近鉄に乗って欲しいという期待ではないかという声もあります。

さて、どのような影響が出るのでしょうか。

 

 

 

 

 

2022年11月28日 (月)

竜在峠へ 歌会の友と

大海人皇子(のちの天武天皇)が飛鳥から吉野へ壬申の乱の時抜けたという峠にはいくつかの説がありますが、アララギ派の代表である土屋文明先生は何度も歩かれ「万葉集私註」で竜在峠こそがその峠であると書いておられると言うことです。歌人、小谷稔先生もその説に賛成して何度も竜在峠をこえておられます。力作の「明日香に来た歌人」でも書かれています。

そこで11月26日、晩秋に新アララギの生駒歌会のメンバー9名で冬野から歩いて竜在峠まで往復して訪ねてきました。

冬野集落(良助親王墓前)を出発。

Dsc_0625_20221126202301

歩いてしばらくして見かけた案内板です。道しるべ、です。

Dsc_0627

あとはひたすら歩いて見かけた案内板です。あと300m。

Dsc_0636

むかしの茶屋跡。ここで昼の美味しいお弁当を食べました。

Dsc_0631_20221126202401

ここに、歌人 小谷稔先生自筆の説明板があり、ここをまずは目標として歩いてきました。

(画像はクリックすると拡大します)

Dsc_0646

江戸時代の本居宣長の竜在峠の説明です。三重県松阪から吉野へ道中した時とのこと。「菅笠日記」の一節の案内板です。

Dsc_0645

さらに300m、本日の目標の竜在峠(標高725m)に到着。折り返し地点です。

Dsc_0651_20221127100501

Img424_20221127100701

 

紅葉が美しい山道でした。

Dsc_0654

Dsc_0657

Dsc_0656 

明日香に戻ってきて見た秋の空です。雲が美しく広がっています。

Dsc_0660_20221126202501

歌人 小谷先生の歩かれた道を訪ねた思い出に残る一日となりました。

(追記)

一緒に行ったMさんから写真と端的なレポートをいただきました。ありがとうございます。

Img_6872a-1

Img_6883a

「今日は中・高時代の古文の先生でもあり、短歌の師でもある故小谷稔先生の「明日香に来た歌人」(文芸社)の中で紹介されている明日香の竜在峠を訪ねました。歌会の仲間の中では私が最年少😁少々の山道は楽勝~と思っていたら、皆さん健脚で驚きました。
万葉集の「み吉野の耳我の嶺に 時なくぞ雪は降りける…」という大海人皇子(天武天皇)の御製にみえる耳我の嶺は、この竜在峠ではないか、という説を土屋文明が唱えた、そのことを小谷先生の筆で書かれた板が峠近くの茶屋跡に残っています。

大海人皇子がこの道を通って明日香から吉野に逃れたのかも…と思うと感慨深い。イノシシの爪痕やシカのフンやモグラの穴はあちこちに見られるけれど、鳥の声さえめったに聞こえない、まさに森閑とした山道でした。」

 

(追記2)三度も下見にいってお世話いただいたHさんから写真が届きました。ありがとうございました。

_img00078-1

 

2022年11月25日 (金)

12月18日 保山耕一さん上映会

12

本日25日午後9時からウェブ受付を開始します、とのことです。

 

https://event.nara.jp/sp/hozan12

 

12月18日(日)14時開演
【映像と音楽で巡る奈良】
第一部「岡本彰夫の奈良、奥の奥」公開収録
第二部「映像作家保山耕一作品上映会」

 

 

ことしのおんまつり情報です。

春日若宮おんまつり保存会から発表されています。

 

Cimg3795

(写真は2018年のおんまつりです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

令和4年 第887回 正遷宮奉祝
春日若宮おん祭
令和4年の春日若宮おん祭は、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぎつつ、「若宮正遷宮」を奉祝し、12月15日より18日の諸祭事を本年は、原則として縮小・中止はせず、コロナ禍以前の通常の斎行を予定しています。
主な日程をご紹介させていただきます。
3年振りとなるおん祭、ぜひお越しください。
なお、今後の感染状況等により、変更する場合があります。
また、お越しになる際は、マスクの着用など感染拡大防止にご協力ください。

主な日程
12月15日(木)
13時 大宿所詣
御湯立は例年通り、14時30分、16時30分、18 時の3回斎行
17時 大宿所祭
※本年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、もちいどの商店街有志による「のっぺい汁」、「あめ湯」の振舞は行いません。

Cimg3732

12月16日(金)
14時頃  大和士宵宮詣
15時頃  田楽座宵宮詣
16時  宵宮祭

12月17日(土)
0時  遷幸の儀
1時  暁祭
9時  本殿祭、若宮御留守事
11時30分 試しの儀:県庁前広場(登大路園地)
12時    御渡り式:県庁前広場(登大路園地)出発
12時50分頃 南大門交名ノ儀:興福寺南大門跡
13時頃  松の下式:一ノ鳥居内影向の松前
13時頃  競馬: 一ノ鳥居内馬出橋→御旅所前勝敗榊
14時30分  流鏑馬:一ノ鳥居内馬出橋周辺
14時30分  御旅所祭: 御旅所
15時30分頃 神事芸能奉納
23時頃  還幸の儀
※本年は新型コロナウィルス感染の影響により、御渡り式に奉仕される行列の人数や編成が例年とは異なる場合があります。

12月18日(日)
13時 奉納相撲 御旅所前
14時 後宴能 御旅所

なお、令和4年12月10日から令和5年1月12日まで奈良国立博物館 
式年造替特別展 春日大社若宮国宝展―祈りの王朝文化―
が開催されます。
おん祭の拝観に合わせご観覧ください。
奈良テレビ放送のYouTubeチャンネルに
本件についてのニュースがアップされています。
ご覧ください ↓↓↓
https://nordot.app/953204871816724480

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31