フォト
無料ブログはココログ

2019年4月20日 (土)

4月28日パイプオルガンコンサート

Img287

 

 

4月28日午後2時半開場、3時開演で、パイプオルガンコンサートがあります。場所は国の重要文化財の東向通りの奈良基督教会の礼拝堂です。木造の教会にパイプオルガンの音色が、臼井真奈さんの演奏が広がります。
入場無料ですが、耐震工事のための献金を受付されています。ご協力お願いしますとのことです。

 

第1部 詩編~聖書のなかの祈り~
・コラール変奏曲「大いに喜べ、おおわが魂よ」 G.ベーム
・ライプツィヒコラール集より「バビロンの流れのほとりに」BWV653 J.S.バッハ
ほか

 

  第2部 星
・「きらきら星」の主題による変奏曲  J.Ch.F. バッハ
・ 暁の星のいと美しきかな Op.67 No.49 M.レーガー

 

演 奏:臼井 真奈(Usui Mana)
プロフィール
京都市生まれ。国立音楽大学、フランクフルト音楽大学オルガン科卒業。オルガニスト・ディ プロマを取得。日本とドイツを拠点に、バロック、ロマン派から現代までの幅広いレ パートリーを持つコンサートオルガニスト、チェンバリストとして活躍。ヨーロッパ各国のオ ルガン音楽祭でのリサイタル、オーケストラや合唱団との共演など、多彩な演奏活動を展開し ている。日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員。ドイツ・グレーベンシュタイン市 教会オルガニスト。
奈良基督教会のHPです→http://www.nskk.org/kyoto/nara/

2019年4月18日 (木)

4月20日    EARTH DAY NARA 2019

P10401932

20日10時から16時、奈良公園・登大路園地(奈良県庁南)で

 EARTH DAY NARA 2019が行なわれます。

HPは→http://www17.plala.or.jp/earthdaynara/

 

2019年4月15日 (月)

4月25日興福寺文殊会

Dsc_44901

4月25日は、興福寺文殊会です。三条通の浄教寺を出発する稚児行列があります。お経の一節を子どもひとり一文字ずつ書道で書いた一文字書きの奉納も行なわれます。

2019年4月13日 (土)

宇陀の又兵衛桜

吉野山からの帰りは久しぶりに宇陀の道を走りました。奈良の東の高原で気持ちの良い光景が広がっています。

又兵衛桜の案内掲示に誘われて、有名な又兵衛桜を見てきました。4月11日撮影。入場料100円、駐車場は500円。数年ぶりに訪ねましたが川べりも駐車場もきちんと整備されていました。そしてちょうど満開でした。

P10401231 P10401241

Img_20190411_1433461 P10401401

P10401401 P10401371

多くの人が訪れ、写真を撮っておられました。

P10401352 P10401481

 

 

 

 

 

 

2019年4月12日 (金)

保山耕一さんの上映会in吉野山・金峯山寺へ

ちょうど吉野山の金峯山寺境内のビジターセンターの2階で現在、映像作家の保山耕一さんの上映会が開かれています。68分間エンドレスで一日上映されています。「奈良、時の雫」in金峯山寺。

ビジターセンターへの入場料はわずか200円、上映会は無料でした。ちょうど上映がはじまったところでした。

P10400743 P10400641_1

P10400681_1

プログラムは、吉野山の桜、八千枚大護摩供、吉野の秋、吉野川橋梁、大和大雲海、

大照寺跡の桜、佐保川の桜、大和三山、山の辺の道、橋本院の朝。

つぎつぎに大画面で繰り広げられます。音響も素晴らしく、とても良い上映会です。

P10400432 P10400471

P10400452 P10400491

P10400531 P10400432_1  

5月6日まで、毎日朝9時から4時30分まで上映されています。(入場は3時30分までがおすすめです)わざわざ行く値打ちがありました。おすすめです。

 

 

 

21日、歌人・前登志夫の世界~校歌コンサート

Img359

歌人・前登志夫の作詞した校歌が何校もあるそうです。

21日、ならまちのにぎわいの家でコンサートがあります。無料ですが申し込み必要です。

電話0742-20-1917

また23日までにぎわいの家の蔵で展覧会もあります。

Img360

ちょうど4月11日、吉野山・金峯山寺境内の桜の下の、前登志夫さんの歌碑を拝見しました。

P10401032  P10401081

さくら咲くゆふべの空のみづいろのくらくなるまで人をおもへり 「青童子」

金峯山寺へ

吉野山の金峯山寺にお参りに行きました。ちょうど11日は僧侶、やっこ、行者などの竹林院から金峯山寺へのお渡り行列の日でした。天気もよく桜も満開、お参りの人も多い日でした。

P10400942 P10400711

P10400842P10400781 

P10400801 P10401102

Img001

 

P10401161 P10401051

P10401171 P10401181

 

 

 

 

 

2019年4月 9日 (火)

奈良県知事選挙ほか

奈良県知事選挙がありました。

Dsc_45012

4月5日 奈良県文化会館国際ホールにて

Dsc_45031

4月6日、近鉄奈良駅・行基広場にて

投票結果が出ましたので記録しておきます。投票日4月7日。

知事選挙

256451     荒井 正吾(74)
知事(3)/無現<自公国>

174277     前川 清成(56)
[元]参院議員/無新

108701   川島  実(44)
医師/無新

県会議員選挙(奈良市ほか)

1  中川 崇 維現 33  22,337


2  池田 慎久 自現50  19,700

3  猪奥 美里 国現39  12,583

4  荻田 義雄 自現71  11,748

5  大国 正博 公現55  10,904

6  山中 益敏 公現63  10,688

7  出口 武男 自現83  10,531

8  山村 幸穂 共現63  10,282

9  小林 照代 共現79  9,127

10 植村 佳史 諸新58  6,889

11 田尻 匠  国現61  6,806

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
12 堀田美恵子 立新65  6,163

13 柿本 政秀 立新65  5,864

14 長谷川聖仁 無新54  2,686

2019年4月 8日 (月)

ならどっとFM「岡本彰夫の奈良、奥の奥」へ

ならどっとFMの「岡本彰夫の奈良、奥の奥」は1周年を迎え、このほど公開録音が平城宮跡歴史公園の平城宮いざない館でありました。本放送は5月6日(月)午後3時から、そして再放送は5月10日(金)午後8時からです。

多目的室に150名あまりの聴衆を集めて温かい雰囲気の中、公開録音は行なわれました。右から、岡本先生、保山耕一さん、中川ならどっとFM局長、大垣知哉さん。

P10309642 

シナリオからディレクターさん役まで大活躍の保山耕一さんとアシスタントの清水真貴さん。

P10309671

実に豪華な出演の皆さんでした。

司会のシンガーソングライターの大垣さんが新曲「スザク」を歌われました。

講談師の四代目、玉田玉秀斎師匠が「新作講談、棚田嘉十郎物語」を熱弁で語られました。

P10309721_1

平城宮いざない館前の棚田嘉十郎の像。

P10309911_1

シンガーソングライターの氷置晋さんは新曲「あしあと」を歌われました。平城宮跡を歌っているのですが、映像作家の保山耕一さんを歌っている歌ということでした。

P10309752

番組スポンサーの47才の淺沼組社長、浅沼誠さんと岡本先生の対談。淺沼組の江戸時代からの社風、未来への取り組みが語られました。淺沼組の「誇れる歴史がある。創りたい未来がある」。

野上朝生さんのピアノ演奏「天川(あまのがわ)」。

最後に、氷置晋さん、野上さん、大垣さんの3人による「ふるさと」の歌を参加の皆さんと共に歌いました。(写真左から)

P10309891_1

放送は5月、6月の2回にわたって放送されるということでした。3時間に及ぶ収録でしたが充実していてとても楽しい公開録音でした。ぜひ放送を聴いていただきたいと思います。パソコンからでも聴くことができます。ならどっとFMのHPです→http://narafm.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(いつも保山さんの会でご一緒するMさんの素晴らしいレポートをシェアさせていただきます)

 

ならどっとFMさんの
公開収録に参加させていただきました。
とても貴重な体験‼️
いつも楽しく聴かせていただいている番組の
打ち合わせの様子などに150人の中の一人として立ち会わせてもらいました。
番組を聴いている際にいつも感じていた、
岡本先生、保山さん、大垣さんや中川局長、
清水さん、そしてスタッフの方々との
見事なチームワークと温かな信頼感を目の当たりにさせていただき、とても心地よい時間を過ごさせていただきました。
改めて、岡本先生、保山さんはじめ、皆さんそれぞれのお人柄で成り立っている番組だなぁ、
さらにそれを支える淺沼組様の社風や心意気も
知ることが出来ました。
終始、岡本先生の大垣さんへの見事なツッコミ(愛に溢れたイジリ?)に大笑いしながらも、
感動で涙する場面も何度か…。
涙 その①
大垣知哉さんの生演奏『スザク』
〝🎶朱雀、なぜにこんな弱いのでしょう誇りと痛み僕らにも欲しくて〟〝未来に幸あれ〟😭
涙 その②
玉田玉秀斎先生の新作講談・棚田嘉十郎物語
大極殿狂人とのあだ名をつけられたほど、平城宮大極殿跡の保存活動に尽力した棚田嘉十郎のお話。でもその保存会が悪人たちに乗っ取られて、激しい批判に晒されて責任を取るべく自害。
その見事なストーリーと語り口に涙😭
涙 その③
氷置晋さんの生演奏『あしあと』
平城宮跡の曲でありながら、実は平城宮跡を撮影しながら昔の人と対話している保山さんをテーマに作った歌…との事。
あの保山さんの霧が立ち込める平城宮の映像が見えてきました。
〝🎶365の君が見た季節、時を超えて確かにこの手の中にある〟😭
そして、保山さんの言葉
『震災などの非常時に必要な情報を提供してくれるのは、コミュニティFMを中心とするラジオなんです。
でも、普段から普通に聴く習慣がついていないと、往時にラジオを聴くはずがない。』
確かに私もテレビよりも圧倒的にラジオの方が面白い!とわかってながら、ラジオはポッドキャストなどで後追いで聴いており、生ではほとんど聴く習慣になってないなぁ。と。
笑い、泣き、色々考えさせてもらった
公開収録でした。
オンエアは、
●5月6日 (月)15時〜
●5月10日(金)20時〜 再放送
です。ぜひお聞きください‼️

 

5月3日、藤原不比等公、1300年御遠忌と講演会

Img342
興福寺中金堂の本願、藤原不比等公の1300年御遠忌が5月3日に執り行われるとのことです。
平城京に遷都するのに、藤原不比等公が多大なる力を発揮したと先日の講演会でも聞きました。そして平城京を見晴らす良い場所に興福寺を作ったとのことでした。

また5月3日15時30分から、奈良県文化会館国際ホールで講演会がひらかれます。

「藤原不比等と日本古代国家」講師は国際日本文化研究センター教授 倉本一宏先生。

くわしい申し込みは以下のHPをご覧ください→http://www.kohfukuji.com/event/detail.cgi?event_seq=00000033

 

より以前の記事一覧

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30