フォト
無料ブログはココログ

2018年10月17日 (水)

20日から興福寺今昔写真展

Img027
Img028
20日から興福寺中金堂の公開がはじまります。(500円)
その際おすすめが興福寺会館でひらかれる興福寺今昔写真展です(無料)。わたしも楽しみにしています。
そして、北円堂の特別公開も20日から行われます。あわせて、興福寺境内を巡ってください。

Img029

2018年10月16日 (火)

大元興寺展 11月11日まで

Img023
Img024


創建1300年を迎えた元興寺では、いま大元興寺展がひらかれています。また貴重な機会である国宝・禅室の「屋根裏探検」も行われています。11月11日までとのことです。

Img025

2018年10月14日 (日)

10月21日ならまち・わらべうたフェスタ

Img812

ことしも、ならまちわらべうたフェスタが10月21日(日)。におこなわれます。奈良もちいどのセンター街の春日大社の大宿所でもいろいろな遊びを楽しめます。どうぞご参加ください。

Img814

2018年10月13日 (土)

行基さん大感謝祭

42371150_787330561659001_5740019616

10月20日の行基さん大感謝祭が近づいてきました。
以下のようなご寄付依頼のメールが来ました。よろしくお願いします。

お世話になっております。

 

さて、現在のご寄付状況について報告をさせていただきます。

 

本日からカウントダウンメールをさせていただきます。特にクラウドファンディングについて

 

ぜひご自身のフェイスブックやツイッター・SNSへの拡散、メールでの協力依頼などご協力の程お願いいたします。

 

 

 

1010日時点 

 

 

クラウドファンディング(Ready for

 

108,000円(20名の方からご寄付いただいております)

 

 

30万円まで残り、198,000円で達成

 

 

プロジェクト支援はこちら

 

https://readyfor.jp/projects/gyoki1350

 

 

 

直接、銀行口座への振込

 

319,700円(16名の方からご寄付いただいております)

 

 

 

口座 南都銀行 本店(010) 口座番号 2379660

 

名義 行基さん大感謝祭実行委員会 会計 高橋佑司

 

 

宜しくお願い致します。」


42137695_423956108132877_1739458830



2018年10月12日 (金)

興福寺国宝館へ

Img020
興福寺国宝館を訪ねました。東京根津美術館所蔵の帝釈天と興福寺の梵天が、再会して展示されていました。11月15日まで。
中金堂の一般公開は20日からです。

11日、興福寺中金堂落慶法要の結願

7日から5日間にわたって行われた興福寺中金堂落慶法要は11日無事結願を迎えました。11日は朝のうち少し雨が降りましたが、法要の10分前くらいには雨も上がったと、この日参列された方のお話です。大きな「だ太鼓」もカバーされ、中金堂の内部も拝観できなかったそうですが、散華が素晴らしかったとのお話です。この日の多川貫首は、初日同様、「新しいお寺の動線ができました。これからは中金堂が中心です。明日からまたスタートです」とのご挨拶があったそうです。
 また慶讃のお茶席も5日間好評であったとのことです。
慶讃のお茶席をお世話されたFさんによれば、「明治維新から150年の今年に興福寺は廃仏毀釈から見事に中枢となる中金堂を再建しました。そして千宗屋氏の仲立ちにより、比叡山延暦寺の声明が境内に響くという素晴らしい慶事となりました。」とのことです。

中金堂の焼失は江戸時代の8代将軍のころとか。明治150年の今年ともいえますし、平成のはじめに再建を志され、平成の30年、最後に見事に再建されたともいえます。
何しろ、素晴らしい慶事です。
Cimg31171
午後からは何百人もの方を迎えて、奈良ホテルで結願の祝賀会がひらかれました。わたしもお招きを受けましたので出席してきました。

最初に森谷副貫首から
300年ぶり無事に中金堂が落慶できた御礼のご挨拶がありました。
文殊講の方の乾杯の挨拶では「これからの回廊整備や南大門復元にむけてご協力をお願いしたい」というお話もありました。
Cimg31112 ご挨拶の森谷副貫首。
桝酒とおいしいお弁当をいただきました。
Cimg31121  Cimg31132
多川俊映貫首、甥の多川良俊執事長、多くの興福寺のみなさま、東大寺の森本公誠長老、法隆寺の大野玄妙管長、氷室神社大宮宮司ら多数の方にご挨拶できました。
地元の方や吉野郡天川村の方、東京からの方などと同じテーブルでした。
Cimg31151
最後に多川良俊執事長のお礼のご挨拶がありました。

わたしは奈良ホテルからの帰り道、はじめてのルート、猿沢池の五十二段を登り、南大門あとを通り、中金堂を仰ぎ、国宝館を拝観しました。そのあと、東金堂、五重塔、南円堂をお参りしました。新しい動線かもしれません。
ともあれ、興福寺中金堂落慶法要の初日に参列できて、最後の結願の日にお参りできるということはとても有難いことでした。

2018年10月10日 (水)

大和文華館、高麗特別展

Img797 Img798

ことしは高麗建国1100年ということです。奈良・学園前の大和文華館では、10月6日から11月11日まで特別展が開かれています。 

大和文華館のHPです→http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/

2018年10月 9日 (火)

奈良・依水園、寧楽美術館

Img799 Img800

奈良市水門町の名園、依水園です。東大寺南大門や若草山を借景としたすばらしい日本庭園です。その中に寧楽美術館があります。そこで、高麗青磁の特別展が10月1日から2月24日まで開かれます。
大阪市立東洋陶磁美術館、大和文華館、寧楽美術館の連携した展覧会ということです。

画像をクリックすると拡大します。

 

HPです→https://www.isuien.or.jp/

2018年10月 8日 (月)

10月7日 興福寺中金堂落慶奉告法要 点描

四半世紀かけて計画された、興福寺中金堂落慶奉告法要(初日)が台風の心配もなくなり、秋晴れの好天の下、朝10時から12時過ぎまで行われました。

入場

惣礼

Cimg30311 Cimg30411

シビ再照 除幕

 

Cimg30421 Cimg30431

 

Cimg30451 Cimg30471

 

献花

献茶

 

散華

Cimg30503

再建落慶奉告文  多川俊映貫首

Cimg30522 Cimg30531

慶讃文、 東大寺 狭川普文猊下

祝辞、 文化庁長官

舞楽 「賀殿」

Cimg30571

読経

回向文

多川貫首 ご挨拶

惣礼

退出


司会  NHK奈良放送局 秋鹿アナウンサー

終了後、たいへん人数の中、中金堂の釈迦如来、法相柱などを拝観できました。

Cimg30652 Cimg30681

Cimg30711






 

 

 





2018年10月 7日 (日)

いよいよ興福寺中金堂、落慶法要です

Img784
7日からいよいよ興福寺中金堂の落慶法要です。心配された台風も避けられて、何よりです。10時から厳修とのこと(招待の方だけが入場できます)。一般公開は20日からです。

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31