フォト
無料ブログはココログ

2019年2月23日 (土)

第14回ならまちバルへ

Dsc_44291
22日、いよいよ第14回ならまちなかバルがはじまりました。きらっ都・奈良にて。

まず、昼には夢CUBEの48番「MACAN」にてイナリ寿司を昼ご飯に。となりの49番、寿司「まる京」は3時に好評で売り切れとのこと。

いよいよ夕方5時過ぎ、出発。前回好評であった、59番「nakamuraya」へ。特製前菜5種盛りにはエゾジカの肉のスライスがありました。チケット2枚分必要です。
P10306441
久しぶりの面々と。ヒゲのYさんは神戸からはるばる参加です。そして元まちづくり奈良のK専務、K部長と。
P10306451 P10306461 
次は南市の55番、「京家」へ。1回目からの参加のお店でゆっくりと刺身の盛り合わせとビールです。
P10306471
次は東向き通りの17番「たりつ」で 串カツ4本に野菜スティックとビール。ご主人近々若い人にこの店を任せるとのことです。奈良市役所の若い女性3人組に出会いました。
P10306481
次は、奈良漬の山崎屋の2階奥の15番初参加の「LBK craft」へ。I君やH女史から以前から良い評判は聞いていたのですが 初めて行く店でした。チケット2枚で5品の飲み物と料理。カジノのようなチップをもらってたくさんいただきました。奈良のビール2種類、ハイボールを飲みましたが、飲むのに忙しく写真は1枚だけ。すっかりバルの気分でした。お値打ち。
P10306501
ここでは、中活協のNマネージャーや、ならどっとFMアナウンサーのTさんら若い人たちにも会いました。 いろいろな人で出会うのもバルの楽しさですね。
最後はお腹もすいたので30番、濃厚煮干しらーめん「にぼしこいし」へ。
P10306511
無事1日目のみ食べ歩き終了しました。

3月15日、花街体験イベント「ならまち花あかり」関連企画

奈良市観光協会はJR奈良駅のすぐ西のシルキア2Fに移転したとのことです。そこで電話番号も変更されました。0742-30-0230(受付時間/平日9:00~17:00)

そして3月15日、花街体験イベント「ならまち花あかり」関連企画も発表されました。以下の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~ならまち花あかり関連企画~
花街体験イベント「ならまち花あかり」関連企画を開催いたします。
是非この機会に芸舞子たちとの語らいのひとときをお楽しみください。

【開催日】
平成31年3月15日(金)

◎第一部
「ならまち散歩とお座敷講座」
奈良・元林院町周辺を中心に、案内付で芸舞子らとの「ならまち」歩きのあと、本音で教える粋な遊び方・素敵な振舞い方を学べるお座敷講座をお楽しみいただけます。
時間/9時~12時30分
内容/
① ならまち散歩(元林院町周辺・ならまち界隈) 
② お座敷講座(会場:あしびの郷)
料金/無料
定員/30名
案内人/
帝塚山大学 教授 西山 厚 氏
鳳川伎連 幇間 喜久次 氏

◎第二部
「ランチ お座敷体験」
お食事をしながら、芸舞子らとのお座敷遊び体験や踊りをゆっくりとご覧いただけます。
時間/13時~15時
会場/あしびの郷(奈良市脇戸町29)
料金/7,000円(税込)
 〈お食事・1ドリンク・芸舞子の花代込〉
定員/60名

【両企画出演検番】
・元林院花街(奈良)
・鳳川伎連(岐阜) 
※第一部と第二部はセットではございません。それぞれお申込みいただけます。
【ご予約】
奈良市観光体験予約サイト
ーNARAタイムー
https://narashikanko.or.jp/naratime/ja
奈良市観光協会事務局
0742-30-0230(受付時間/平日9:00~17:00)

画像に含まれている可能性があるもの:4人

2019年2月19日 (火)

23日、河瀨直美監督と吉野の山守の対談

行基さんの会の知人からの案内を紹介します。

Kawase

 

奈良市にあります特別史跡・世界遺産「平城宮跡」にあります 平城宮跡歴史公園において、平成29年11月より着手しました 「第一次大極殿院 南門」復原事業の関連企画としまして、
このたび、映像作家(東京2020オリンピック公式映画監督) 河瀨直美監督による講演会、そして、吉野の山守 中井章太氏との対談を開催することとなりました。

南門復原事業で活用させていただいています貴重な 吉野ヒノキが育まれた吉野の森について、河瀨監督に 熱く語っていただく企画となっておりますので、
是非お誘い合わせのうえご来場くださいませ。

*****

○日 時:平成31年2月23日(土)
○場 所:平城宮跡歴史公園「平城宮いざない館」
     
https://www.heijo-park.go.jp/infomation/access/
○内 容:講演「吉野との出会い、映画『Vision』の誕生」 /河瀨監督
     対談「千年の刻を越えて、守り続ける神秘の森」 /河瀨監督×中井章太氏(吉野町 山守)

○定 員:200名(先着順)
○参加費:1,000円
○申込み:heijo-kikaku@prfj.or.jpまで


https://www.heijo-park.go.jp/cms/wp-content /uploads/SCAN1443.pdf

*****

どうぞ宜しくお願い致します。」

2019年2月18日 (月)

大和な雛まつり

Img259
大和郡山市で、大和なひなまつりを開催されます。もう8回目とのこと、2月23日(土)から3月3日(日)まで。ちょうど3月10日まで郡山城でひらかれている盆梅展と合わせて見に行くのも良いと思います。
大和な雛祭りのHPです
http://www.yamato-oriyama.com/spotlight/hina%20top.htm

2019年2月15日 (金)

月ヶ瀬梅渓、梅まつり

Simg266
2月17日から月ヶ瀬梅渓、梅まつりということです。
HP→http://www.tsukigasekanko.jp/
開花情報もそのHPにあります。

Img267

2019年2月11日 (月)

3月9日朗読劇「言霊の旅」

Img228
3月9日、なら100年会館中ホールで、朗読と合唱による記紀・万葉の新作公演「言霊の旅ーはじまりのときへー」という意欲的な催しがひらかれます。
初めての試みゆえまだあまり知られていないようです。先日、奈良新聞に掲載されていました。
公募で旧知の羽原亜紀子さんが載っていました。

原作・脚本は、奈良大学教授の上野誠先生。
作曲は、河合摂子さん。
万葉オペラのコンビです。
多くの人にお出かけいただきたいと思います。

奈良100年会館のHPです→http://www.nara100.com/

2019年2月 8日 (金)

奈良まほろばソムリエといく、春のウォーク

Top_tour2

NPO法人、奈良まほろばソムリエの会のガイドグループが春のウォークの募集をしています。毎回好評です。

只今、受付中!icon4newpink.gif

 E1 赤坂天王山古墳から聖林寺をめぐる : 3月23日(土)
 E2 有間・草壁皇子を偲んで紀路ウォーク : 3月31日(日) 
 E3 當麻の里 中将姫伝説と花咲く石光寺 : 4月14日(日)
 E4 「大茶盛」の西大寺から菅原の里へ : 4月20日(土)
 E5 ボタン満開の長谷寺詣で : 4月27日(土)
 
3月15日から受付開始!


     
E6 浄瑠璃寺・岩船寺と石仏の里へ : 5月8日(水) 
 E7 不屈の帝・後醍醐天皇 吉野の足跡 : 5月12日(日)
 E8 龍田古道・亀の瀬から龍田大社へ : 5月19日(日)


募集締切 : 催行日の3日前  但し、募集定員に達した時点で募集を締切ます。 
参加費  : 各コース共 500円  
       寺社拝観料・行程中のバス移動等の費用は、別途ご負担ください。
       参加費・拝観料等の費用は、当日、集合場所にて承ります。
申込方法 : ホームページ 各コースのお申込みフォームから         
持ち物  : 弁当(半日コースを除く)・飲物・敷物・雨具等をご持参ください。
雨 天  : 各コースにより対応が異なります。詳細は各ページでご確認ください。
       また、中止の場合は、全コースとも事前にご連絡いたします。
*ガイド中の万一の怪我や事故、他に与えた損害につきましては、一切責任を負いかねます。
 


以下のHPをご覧ください→ガイドグループ

2019年2月 7日 (木)

「お水取り 」  奈良インターカルチャーからのご案内です。

奈良インターカルチャー  20193

十一面観音悔過法要 『お水取り』 (奈良市)

平成31年、1269回を迎える国家安泰への祈り。関西に春を告げる行事として親しまれている「修二会(お水取り)」の行。前行にあたる試別火(ころべっか)は、毎年2月20日より3月1日に始まる本行に向け、練行衆が俗世間の火を使わず、別火坊での清浄な火を使っての生活から始まります。「清浄」を礎にした様々な約束事は、先人の国家安泰への強い思いで満ち溢れ、松明に導かれ堂内に籠る練行衆の声明の声、そのリズムと所作には、毎年新しい感動を覚えます。

31日から14日まで日々の決められた祈り。二月堂内に響く声明・僧侶の動きが灯明の揺らめきと重なる様からは、日頃接する事のない空気を感じます。

是非この音・香り・空気と出会いに奈良をお訪ね下さい。

 

開催日時  3月1日(金) 午後3時~730分(お松明終了時)

  311日(月)午後3時~730分(お松明終了時)

開始時間が3時からになっております。お間違いのなき様ご注意ください。

    修二会の行事は、伝えられてきた作法時刻に沿って、

日々それぞれの勤行が行われます。

お松明終了後、男性は、東大寺様より内陣入堂の許可を頂きます。

女性は、「局(つぼね)」にて勤行を拝聴頂けます。

集合   二月堂・北参籠所(二月堂北側階段上がって左奥)

2時50分には、受付けを終了致したくご協力願います。

講師  坂東俊彦 (東大寺史研究所・研究員)

参加費 3,500円(精進の御弁当代を含みます。)

定員 80名 (先着順)

お申込み ご希望の日程・お名前・男女別・ご連絡先電話を

     下記までお知らせください。

防寒には十分にご留意の上お出かけください。

お願い   キャンセルの連絡は前日までにお願いいたします。

      又遅刻の場合は必ず下記までご連絡ください。

 

奈良インターカルチャー

TEL 080-1442-0851(西垣)

FAX 専用 0745-31-1755

担当 西垣・佐野 E-mail sumss@nifty.com

2019年2月 5日 (火)

菅原神社 盆梅展 2月10日から

Img216
奈良市菅原町の菅原神社では、2月10日から3月10日まで、盆梅展が開かれます。
菅原町の菅原神社のHPです→http://www.sugawaratenmangu.com/
Img217

2019年2月 3日 (日)

2月8日から奈良国立博物館では、

Img237
東大寺二月堂の修二会、お水取りが近づいてきました。
今回、長老の筒井寛昭師がお籠もりになるということです。
長老がお籠もりになるのは珍しいことです。
奈良国立博物館では2月8日から3月14日まで特別陳列「お水取り」が開催されます。

同時に、唐招提寺の覚盛上人770年遠忌「鎌倉時代の唐招提寺と戒律復興」展が開かれます。
展覧会のHPです→https://www.narahaku.go.jp/exhibition/special.html

Img238



より以前の記事一覧

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28