フォト
無料ブログはココログ

« 『まんじゅう忘れた太左衛門 南都 林家の680年』 | トップページ | 復活能 「奈良八重桜」初演へ »

2024年4月28日 (日)

毎日新聞奈良版 4月23日付

毎日新聞奈良版では、「訪日客 奈良でも活況」「日帰り、訪問先隔たり、いまだ課題」「ナイトライフ、充実が鍵」との見出しです。

Img010_20240424102401

(画像をクリックすると拡大します)

いま奈良公園そして奈良市中心市街地では、コロナの3年間あまりに比べて、インバウンド客などが増えて活況を呈しています。

たとえば、三条通り・もちいどのセンター街入口あたりは、人であふれ、中谷堂が安全確保のためガードマン2名を横断歩道の確保や来外客の整理のため雇い入れています。

歩道から人があふれそうな状況です。

いろいろなお店の前には行列ができたり、それはそれで結構ですが、ややオーバーツーリズムの心配も出てきているのではないかと案じられます。

ナイトライフの充実と毎日新聞は書いていますが、奈良は朝が良いという点もあります。また、ゆっくり夜を過ごすのが良い、という意見もあります。

いろいろ考えるべきことがあるように思います。

« 『まんじゅう忘れた太左衛門 南都 林家の680年』 | トップページ | 復活能 「奈良八重桜」初演へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『まんじゅう忘れた太左衛門 南都 林家の680年』 | トップページ | 復活能 「奈良八重桜」初演へ »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30