フォト
無料ブログはココログ

« 2月8日から なら瑠璃絵 | トップページ | 2月10日からお水取りの展覧会 ふたつ »

2024年2月 2日 (金)

国産の甕(かめ)のお嫁入り

Dsc_3029

奈良に帰って器まつもりに勤務して49年、そして店は明治4年創業で153年になります。

先日、お客様が、当方の店で国産の久松(キュウマツ)の甕(カメ)を見つけられました。あちこち探し回っていたけれど、ようやく見つけられたとのことです。
というのは、もう数年経つのですが、国産の有名な久松の甕の窯元は、倒産したのでほぼ国産の甕は流通していません。

国産で長年作ってこられて定評があったのですが、中国のメーカーにデザインも真似られて安く作られ(人件費と為替レートの関係でと思われますが)日本の量販店で安く販売されたので、とうとう企業努力もかなわず、倒産されたのです。

したがって、ほぼ国産の甕は日本でいまや流通していないと思われます。

お客様にはたいへん喜んでいただき、当店の在庫を9個すべて買っていただきました。やはり国産の甕は、ラッキョ漬けにしても梅干しにしても醤油造りにしても、味が全然違うそうです。

10升(1斗、18リットル)など。台車3台に載っています。ご自宅へ配達前のお嫁入り前に、記念に写真を撮りました。

以下は以前に撮ってもらった器まつもり店頭風景。看板類は、書道家 長岡光邨氏に書いていただいたもので作成したものです。近頃、長岡文雄(光邨)先生に注目が寄せられており、うれしいことです。

20140807113845e78

 

« 2月8日から なら瑠璃絵 | トップページ | 2月10日からお水取りの展覧会 ふたつ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2月8日から なら瑠璃絵 | トップページ | 2月10日からお水取りの展覧会 ふたつ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30