フォト
無料ブログはココログ

« 喜光寺へ 初参拝 | トップページ | 奈良商工会議所などの新年名刺交換会へ »

2024年1月 9日 (火)

「万の言の葉の歌」

大和高田市で弁護士をされている、下村敏博さんが、このほど「万の言の葉の歌」という本の改訂新版を出版されました。

下村さんは一橋大学の頃から音楽に親しまれています。わたしも下村さんとは高校の同窓で、何度か演奏会を聴いています。

万葉集の歌のうち36曲を下村さんご自身が作曲されました。

混声合唱や男声合唱、女声合唱、独唱などで歌って欲しいとのことです。

万葉の花のスケッチは、墨の呉竹の元会長の綿谷正之さんが描かれています。鳥影社発行。2000円+税。

 

Dsc_2884 Dsc_2885 Dsc_2886

本をいただいたのですが、毎日新聞の一面の下段にも広告がでていました。

 

万の言の葉の歌 下村敏博

万葉集の世界に想いを馳せ、歌ってみよう!

天皇から庶民までの和歌を集めた日本人の心のふるさと「万葉集」。

その和歌に楽曲をつけ、全36曲の楽譜を掲載。

現代に甦る、古代の息吹を味わう試み。

独唱、合唱、合奏等のコンサートにも

2200円(税込)

鳥影社

Dsc_2878_20240106123901

目次

はじめに
Ⅰ 万葉の四季
1 さわらび(混声四部) 志貴皇子
2 梅花の宴(混声四部)大伴旅人その他
3 春の苑(混声四部) 大伴家持
4-1 ひめゆり 坂上郎女
4-2 ひめゆり(女声三部) 坂上郎女
5 秋山の彩  額田王
6 黄葉(混声四部) 橘奈良麻呂その他
7 かぎろひ(混声四部) 柿本人麻呂
8 大雪(二重唱) 天武天皇、藤原夫人

 

Ⅱ 挽歌・辞世の歌
  9 大君(女声三部)倭大后、采女
 10-1 玉藻 柿本人麻呂
 10-2 玉藻(女声二部) 柿本人麻呂
 11 椎の葉(男声四部) 有間皇子
 12 暁の露(女声三部) 大伯皇女
 13 ふたかみやま(二重唱) 大津皇子、大伯皇女
 14 葛飾の真間の娘子を詠む歌(男声四部) 高橋虫麻呂

 

Ⅲ 防人の歌
 15 ますらを(男声四部) 大伴家持その他
 16 我が妻は 若倭部身麻呂その他
 17 誰が背(女声三部) 作者不明
 18 Wave before me(男声四部) 私部石島
 19 O tell my wife(男声四部) 若舎人部広足
 20 足柄の坂(男声四部) 倭文部可良麻呂
 21 筑波嶺の花(男声四部) 大舎人部千文その他

 

Ⅳ 万葉の恋の歌
 22 我が背子は待てど来まさず(女声三部) 作者不明
 23 蓮葉の水 作者不明
 24 花橘(混声四部) 柿本人麻呂
 25 信濃道(女声三部) 柿本人麻呂その他
 26 霧立たば(混声四部) 作者不明
 27 道の長手(女声三部) 狭野茅上娘子
 28 紫草野 額田王、大海人皇子
 29 安達太良の鹿猪(混声四部) 笠郎女その他
 30 七夕(二重唱)   山上憶良
 31-1  娘子らが 若宮年魚麻呂
 31-2  娘子らが (男声四部) 若宮年魚麻呂
 32 相聞(混声四部) 作者不明

 

Ⅴ 風頌歌
 33 明日香風(混声四部) 志貴皇子
 34 瓜食めば(混声四部) 山上憶良
 35 籠もよみ籠もち(混声四部) 雄略天皇
 36 万代予祝の歌(混声四部) 大伴家持

 

万葉集を歌う ―音楽との融合(更なる普遍性を求めて)
解説
あとがき


著者略歴
下村 敏博(しもむら としひろ)
昭和25年年 奈良県生まれ。一橋大学社会学部卒業。弁護士(奈良弁護士会所属)。「奈良まほろば法律事務所」の代表。
平成10年度奈良弁護士会会長、日弁連常務理事。奈良弁護士会業務対策委員会委員長、司法修習委員会委員長並びに綱紀委員会委員長などを歴任。
奈良県労働委員会公益委員(会長)
平成27年春の藍綬褒章(労働行政功績)、令和2年春の叙勲において、旭日小綬章のを受章する。
県や県内自治体の行政委員会委員、大学で法律学の講師を務めるとともに、各種団体からの依頼による講演も精力的に行っている。裁判所関係では民事・家事調停委員、鑑定委員を長らく務める。

 

【音楽関係】
大学時代から合唱を始め、混声合唱団(一橋大学・津田塾大学合唱団ユマニテ)でテノール兼学生指揮者を務める。男声アンサンブル・シュヴァリエを友人の税理士らと立ち上げる。
また、講話と音楽の集い「まほろばの風」代表として地域の文化活動にも携わる。
これまで数多くのソロ・ステージを重ね、オペラへの出演を行うなど音楽活動をライフワークのひとつとしている。ソロCD「星も光りぬ」「風のまほろば」をリリース、平成24年、27年にはテノールリサイタルを開催。
平成23年、万葉歌コンクールで、万葉歌「ひめゆり」が明日香村長賞を受賞し、現在は主に万葉集をテーマとした作曲に取り組んでいる。平成29年12月、自身の作曲した万葉集を歌うことを活動の柱とするアンサンブル・エテルノを結成し、県内外においてコンサートを行い好評を得ている。令和2年奈良県立大学学歌(作詞)の公募にて最優秀賞を受賞する。

 

 

そして、今までにすでに演奏会で歌われた演奏のCDもいただきました。ありがとうございました。

Dsc_2887

(1月26日、追記)

418815881_337510435827153_14721106006407

奈良近鉄奈良駅前の啓林堂書店1Fに入荷したとの西田大栄・部長からの情報です。ありがとうございます。

「御著書が入荷し、奈良店は1Fの奈良本コーナーに展開しております!
奈良ならではの、カラーの挿し絵も素敵な書籍ですね!」

 

« 喜光寺へ 初参拝 | トップページ | 奈良商工会議所などの新年名刺交換会へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 喜光寺へ 初参拝 | トップページ | 奈良商工会議所などの新年名刺交換会へ »

2024年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30