フォト
無料ブログはココログ

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年1月31日 (水)

しかさんしょこら

もちいどの夢CUBE、左の4軒目に「しかさんしょこら」というお店がオープンしています。

Dsc_2981_20240128130601

Img930_20240126141201

山椒のこだわり

小麦粉をつかわない(グルテンフリー)

Dsc_3063

山椒入り 一切れ。300円です。濃厚でなかなか美味しいガトーショコラです。ほんのり山椒の味と香りがあります。

 

ホームページです⇒https://shikasanchocolat.milleturu.com/

2024年1月30日 (火)

3月2日「いのちをつなぐ水と流域・地球市民対話プロジェクト地域フォーラ ム 2024 in Osaka」

行基さん大感謝祭実行委員会からの情報が届きましたので紹介させていただきます。
 
尾田栄章会長が基調講演されます。

 

---------
フォーラム名:「いのちをつなぐ水と流域・地球市民対話プロジェクト地域フォーラ
ム 2024 in Osaka」

 

テーマ:「琵琶湖~淀川~大阪湾流域圏 流域で培われた人と水の知恵、未来へ」

 

■ 第1部 オープニング
開会挨拶 中村 利雄 (イベント学会 会長、愛・地球博 事務総長)
    福井 弘道 (いのちをつなぐ水と流域・地球市民対話プロジェクト推進委員長、中部大学 副学長)
趣旨説明&ポスター発表者紹介 古澤 礼太(中部大学国際ESD・SDGsセンター 准教授)

 

■基調講演
基調講演1「川と水そして流域圏 ―行基の本願を世界へ、そして未来へ!―」
【講師】尾田 栄章(元建設省河川局長、第3回世界水フォーラム 事務局長)

 

基調講演2 「いのちの物語(生命誌)を支える水 ―長い時間と大きな広がりの中でー」
【講師】中村 桂子(JT生命誌研究館 名誉館長)

 

休憩・昼食(ポスターパネル展閲覧)

 

■ 第2部 オープニング
祝辞 松浦晃一朗(第8代ユネスコ事務局長)

 

■パネルディスカッション1
「大阪湾流域圏で考える水と環境・生業・文化」 
【パネラー】

 

竹門 康弘(大阪公立大学 客員研究員)
 三和 伸彦(滋賀県 理事〔琵琶湖政策・MLGs推進担当〕、〔公財〕琵琶湖・淀川水質保全機構 理事長)
 鈴木 康久(京都産業大学現代社会学部 教授)
【コーディネーター】 澤井 健二(琵琶湖・淀川流域圏連携交流会 代表幹事)

 

■ポスターパネル展コアタイム& 休憩(20分)
【コーディネーター】 石田 裕子(摂南大学理工学部 都市環境工学科 教授)

 

■パネルディスカッション2
「大阪・関西万博を契機に、世界に何を発信するのか‼」
【パネラー】

 

福井 昌平(日本イベント学会 副会長、愛・地球博 チーフプロデューサー)
 稲本 正(イベント学会中部地域本部)
 ウスビ・サコ(2025大阪・関西万博 博覧会協会 副会長、京都精華大学 前学長/人間環境デザインプログラム 教授)
【コーディネーター】 古澤 礼太(中部大学国際ESD・SDGsセンター 准教授) 

 

■総評・閉会: 古澤 礼太(ポスターパネル総評 石田 裕子) 

日時: 2024年3月2日(土)10:30~16:30 

 

場所: 大阪市中央公会堂 大集会室

 

主催: 「いのちをつなぐ水と流域・地球市民対話プロジェクト」推進委員会

 

共催: イベント学会、地球産業文化研究所(GISPRI)、中部ESD拠点協議会、 中部大
学国際 ESD・ SDGsセンター

 

協 力(予定):(一社)近畿建設協会、国土交通省近畿地方整備局、京阪ホールディング
ス(株)、摂南大学、中部圏SDGs広域プラットフォーム 後援: 滋賀県、枚方市、その他
調整中

 

 

※本フォーラムは、「土木学会CPDプログラム」(単位数:3.4単位)に認定されてい
ます。

https://mizutoryuiki.jpn.org/report3.html

 

2024年1月29日 (月)

「万の言の葉の歌 改訂新版」 啓林堂奈良店にて

近鉄奈良駅近くの啓林堂奈良店の1Fレジーのすぐ近くの奈良本の棚に、入荷していました。西田大栄営業部長ありがとうございます。

Dsc_3011

店内をうろうろしていると、城で有名な千田嘉博先生の色紙に並んで、4年前に書いた、わたしの色紙も展示されているのを見つけました。(アレー!!)

Dsc_3012_20240127105001

そして奈良新聞1月27日付で、下村敏博さんの記事が大きく載っていました。

(以下、有料購読の奈良新聞電子版の記事です)

 

 本業の弁護士の傍ら、テノールの歌い手としてリサイタルや作曲など音楽活動を続ける「奈良まほろば法律事務所」(奈良県大和高田市高砂)代表、下村敏博さん(73)=香芝市=が昨年12月、万葉集の和歌に曲を付けた楽譜集「万(よろず)の言の葉の歌 改訂新版」を出版した。下村さんは「歌い、聴くことで、現代の人が万葉集に親しむきっかけになれば」と独唱や合唱、合奏などでの活用を願っている。

 楽譜集には、万葉の四季▷挽歌(ばんか)・辞世の句▷防人(さきもり)の歌▷万葉の恋の歌―などのテーマごとに、84首の万葉歌を題材にした36曲を収載。巻末に40ページの解説を添えた。

 

 曲目は、志貴皇子の和歌「石(いわ)走る垂水(たるみ)の上の早蕨(さわらび)の萌え出づる春になりにけるかも」の楽曲「さわらび」から始まる。春が来る喜びの情景を、女性のソプラノとアルト、男性のテノールとバス―の混声四部構成でみずみずしく表現している。

 「詩は音楽と一体になった時、新たな生命を吹き込まれる」と下村さん。作曲の過程では「和歌を繰り返し読み、言葉一つ一つにふさわしい旋律を思い浮かべた」と振り返り、車で移動中も、頭に旋律が浮かべば口ずさんで譜面に書き留め、曲を展開し、ピアノの鍵盤で和音を探ったという。

 下村さんは一橋大学で混声合唱団に所属。奈良に戻り弁護士になってからも音楽をライフワークとする。2011年、明日香村で開かれた万葉歌コンクールで作曲した「ひめゆり」が明日香村村長賞を受賞したのを機に、万葉集に楽曲をつける試みを継続。17年には万葉歌の合唱団「アンサンブル・エテルノ」を結成。県内外で不定期に活動する。

 本業では県弁護士会会長や自治体の委員などを歴任。15年春、労働行政功績で藍綬褒章を受けた。「音楽の美しさは対立と調和で生まれる。社会全体や弁護士の仕事のあり方に通じる」と「紛争ゼロ」の社会を目指し、話し合い、納得のいく解決に取り組んでいる。

 書籍はB5判全180ページ。2200円(税込み)。インターネット通販Amazоnなどで販売。

 

 6月30日午後1時30分、奈良市三条宮前町のなら100年会館でソロリサイタルを開催。空席があれば当日入場無料。秋には万葉歌を歌うリサイタルも企画中。問い合わせは下村さん、電話090(3283)8902。

418731180_7332932840091530_4407493506931

2024年1月28日 (日)

2024若草山焼き 点描

ここ数日良い天気で雨も降らず、乾燥していたのでしょうか、今年は良く燃えました。

興福寺五重塔の素屋根の工事が遅れたため、今年の山焼きを五重塔をシルエットにして見ることが出来ました。

P1120989 P1130010 P1130034 P1130014 P1130027 P1130049_20240127190301 P1130062 P1130076 P1130089

そしてその後、思いがけなく、お月様がしかも満月のお月様が五重塔のすぐそばに現れました。

50年近く同じ場所から、若草山焼きを拝見していますが、初めてのことでした。

五重塔もこのあと10年素屋根に囲われて、若草山焼きのときシルエットで拝見できませんし、その山焼きのさなかにどなたの演出か存知ませんが、興福寺五重塔のすぐ左手にゆっくりと満月が昇っていきました。映像作家の保山耕一氏の映像でとらえられているのかどうか、楽しみにしたいと思います。取り急ぎ、わたしのスマホの画像です。

Dsc_3019

映像作家の保山耕一さんのyoutubeの素晴らしい映像です。 https://www.youtube.com/watch?v=vDQqN22-Q08

 

<>

『行基生誕1355年記念シンポジウム』~行基さん講演会・地域連携セミナー~ 第1部

Img927_20240123133601

Dsc_2532

https://www.youtube.com/watch?v=LrO4uwBKhyw

2013年11月12日におこなわれた、『行基生誕1355年記念シンポジウム』~行基さん講演会・地域連携セミナー~ 第1部

橋村・東大寺別当、花山院・春日大社宮司、西山・唐招提寺八十八世長老の鼎談などが行われました。

そして、行基さんフォトコンテスト表彰式のビデオです。1時間40分ほど。

時間をかけてゆっくりご覧下さい。

2024年1月27日 (土)

2月3日 節分の行事

元興寺では節分の行事が行われます。HPです。

https://gangoji-tera.or.jp/

Dsc_2963

春日大社では節分万灯籠です。

https://www.kasugataisha.or.jp/

Dsc_2965

 

 

2024年1月26日 (金)

もちいどのセンター街に、靴やさんオープン

Dsc_2968

もちいどのセンター街のなかほど、最近までギャラリー「あい」さんがあったところに、靴やさんがこのほどオープンしました。

にほんのくつ、というお店と同じ経営だそうですが、もうひとつ並びでメーカー名のFlower  Mountainという靴やさんがオープンしました。

Dsc_2974

靴やさんのオープンは珍しいことです。あまり見かけたことがない、少し変わったスニーカーなどが売られています。姫路のくつなど、にほんのくつだそうです。

最近のあちこちの商店街には飲食店のオープンの多い中、物販のお店のオープンです。期待したいと思います。

名刺をいただきました。

 

Img920_20240121131501

2024年1月25日 (木)

もちいどのセンター街 令和6年度 新年祝賀パーティー

奈良ホテルにて、奈良商工会議所、奈良市観光協会、奈良市中心市街地の商店街理事長の皆さんほか、日頃お世話になっている来賓多数を招き、また多数の商店街の皆さんの出席を得て、もちいどのセンター街 令和6年度 新年祝賀パーティーがありました。

冒頭、2年目になる魚谷もちいどの理事長の元気な挨拶。わたしもあらためてよく16年間ももちいどの理事長を務めたと思い起こしました。

Dsc_3002

そして、地元椿井小学校卒業の県会議員2期目の46才の 疋田進一さんに力強いご挨拶と乾杯の発声をしていただきました。

ひきだ進一議員の公式ホームページ https://hikida-nara.com/

Dsc_3005

会場ではなごやかに懇親の輪が広がりました。

しばらくのち、もちいどの夢CUBEのリニューアルプロジェクトが平井副理事長から発表されました。

現在地の夢CUBEをリニューアルすると共に、新たに商店街に起業家のための商業施設を計画するというものです。

Dsc_30062

 

2024年1月24日 (水)

北陸地震、義援金支援の近鉄奈良駅行基広場での演奏風景

「歌手でピアニストの氷置晋さんとバイオリニストの農澤明大さんが、近鉄奈良駅噴水広場で、この寒空の中、今回の震災の義援金を募るためのライブをされています。4時までされる予定です。お近くを通られる際には、是非義援金のご協力をお願いします。(右の後ろ姿の女性はサクソフォン奏者の中村千紗さんです。)」との旧知のBさんのフェースブックのご紹介を見て行ってきました。

 

昨日までと様変わりの寒さでした。 昼間3度くらいでした。
12時から4時までの演奏で、3人とも指の感覚がなくなったと言ってました。
お疲れさまでした。

 

氷置晋さんと中村千紗さんは全国演奏旅行の合間に奈良に帰ってこられての演奏でした。たしか最近は四国の各地で演奏しながらのぴおーっきー号での旅行と聞いていました。

Dsc_2998 Dsc_2992 Dsc_2990 Dsc_2986

 

 

 

 

「映像と音楽で巡る奈良」2月公演  26日午後9時 受付開始

420726279_7008229249298769_5732382048266

映像作家の保山耕一さんからの情報です。

「映像と音楽で巡る奈良」2月公演

チケットのウェブ受付を26日(金)午後9時に開始します。

https://event.nara.jp/sp/feb

追加の出演者情報は詳細が決まり次第お知らせします。
ご期待ください。

27-28日 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり

Img926_20240123112601

1月27-28日、平城宮跡歴史公園 朱雀門ひろば

で 奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつりがひらかれます。

ホームページです 

https://yamatoji.nara-kankou.or.jp/03history/01historic_sites/01north_area/heijokyuseki/event/d4srghwmc2/

 

2024年1月23日 (火)

万燈籠

5806549816905170250_20240111100201

https://www.youtube.com/watch?v=KCowdMwMWd4

 

奈良まほろばソムリエの会の友松洋之子さんが出演されています。


2月3日春日大社で「節分万燈籠」が行われます。
昨年の夏「中元万燈籠」は台風で中止されてしまいました。
万燈籠に行く前にこのYouTubeを見てからお出かけください。見どころ満載…なのですが、暗くなると燈籠の細部は見えないかな⁉︎

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拝観情報などの詳細は公式HPよりご確認下さい。
春日大社:https://www.kasugataisha.or.jp

 

【提供】ダイシン化工株式会社 http://daishinkk.co.jp/

 

【制作】ならどっとFM 78.4MHz http://narafm.jp/

 

【たまゆらα(アルファ) ~奈良の響き~ 】
奈良の魅力にとりつかれ、見たい、聞きたい、調べたい・・・と奈良県内を走り回っているNara観光コンシェルジュが、観光案内に出てこないdeepな奈良をわかりやすく紹介します。


【放送音源】http://784press.navvita.under.jp/?cid...

2024年1月22日 (月)

佐保川の水仙

Dsc_2967

映像作家 保山耕一さんの「佐保川の水仙」です。

https://www.youtube.com/watch?v=SsvGQ4ZpdiM

 

2024年1月21日 (日)

4月27日 復曲能 奈良八重桜のご案内

415919625_763409379150362_42519205026673 414920255_763409375817029_96108851222170

(画像をクリックすると拡大します)

4月27日(土)に奈良公園の奈良春日野国際F-ラム甍・能楽堂ホールで、復曲能「奈良八重桜」が行われます。

いま奈良八重桜の会では、チケットを販売しています。

19日うかがうと、好評で残席は少ないとのことでしたのでよく確かめてください。

Img916_20240120124701

奈良八重桜の会の2024年1月号をいただきました。

 

時を超え古え人(いにしえびと)とつなぐかに 奈良八重桜は堂あとに咲く (奈良八重桜短歌大賞受賞作品)

2024年1月20日 (土)

名古屋 大須商店街 散策

 Dsc_2930Dsc_2937

大須観音をお参りした後、大須商店街を散策しました。大須仁王門通りへ。

Dsc_2936 Dsc_2938

Dsc_2939 

仁王門通りから東仁王門通りへ。大須まねき猫のあるふれあい広場へ。

Dsc_2940

新天地通りを散策。平日の昼時ながら人が多く歩かれています。

Dsc_2943

商店街に面してビルがお寺です。萬松寺。白龍がありました。

Dsc_2949 Dsc_2944

名古屋へ来て、楽しみにしていた、味噌煮込みうどん、親子入り1200円を美味しくいただきました。

Dsc_2945

万松通りを通って、大須本通りへ。

旧知の地元Yさんにも最近の変化をうかがうことができました。ありがとうございました。

大須商店街の公式ホームページです⇒https://osu.nagoya/ja/

Dsc_2960_20240119194901

 

 

 

 

2024年1月19日 (金)

名古屋 大須観音お参り

名古屋で仕事あり、その前の時間に大須観音にお参りしました。久しぶりのお参りです。

Dsc_2930 Dsc_2933 Img20240118_09062960

大須観音のまわりに、大須商店街が広がっています。

Dsc_2960

2024年1月18日 (木)

1月27日 若草山焼き

Photo_20231224140101

伝統行事である、若草山焼きが1月27日(土)夕方行われます。

案内のホームページです。

 

https://www3.pref.nara.jp/yamayaki/

 

2024年1月17日 (水)

大安寺 光仁会

Dsc_2897_20240112131401 Dsc_2898

南都銀行本店ウィンドーの奈良市提供の展示です。

1月23日

大安寺では、光仁会、がんふうじ、が行われます。

大安寺のホームページです。https://www.daianji.or.jp/

2024年1月16日 (火)

飛鳥・藤原検定、締切りは26日まで

毎日新聞にも案内されています。

Img20240116_00072130

飛鳥藤原検定が2月10日に行われます。締切りは1月26日まで。

試験場は、東生駒の帝塚山大学にて。

くわしくは以下のホームページをご覧ください。

https://www.asukabito.or.jp/certification.html

2024年1月15日 (月)

保山耕一さん1月上映会に

Img905_20240113110801

1月14日、奈良公園バスターミナルのレクチャーホールにて、保山耕一さんの1月上映会がありました。

いただいたオープニングの様子。薬師寺に満月の映像。ピアノはすみかおりさん。

418426139_6972810692840625_2210604828744

きょうも元気な保山耕一さん。

Dsc_2922

いつも頑張っておられるアシスタントの清水真貴さん。

Dsc_2923

第一部は
ならどっとFM「岡本彰夫の奈良、奥の奥」公開収録


ゲスト:講談師四代目玉田玉秀斎 淺沼組の明治の頃の小学校建設を拝命したことを中心に講談がありました。

書道パフォーマンスの桃蹊(書家)さんと、音づれ、の書。訪れと同じニュアンスとのこと。

Dsc_2926

第二部のプログラム。中味の濃い映像が続きました。


映像作家保山耕一作品上映会「秋から冬へ」
司会:中川直子(ならどっとFM)
朗読:上本京子(朗読家)
短歌:松森重博(歌人)
歌:大垣知哉
歌:隠岐晋作
ピアノ:すみかおり
ギター:牧野由希子

そして以下は吉野の蔵王堂にて昨年12月21日に撮影された映像です。

https://www.youtube.com/watch?v=LDmOjOP_ZZQ

コラボした短歌をということで、作らせていただきました。

正月の3日間。新アララギの生駒歌会の先生や友達のアドバイスを受けて作りました。

 

411141807_367109882587688_29279462103470

千年の祈りの響く蔵王堂 師走の吉野に初雪の降る      松森重博

 

皆様ありがとうございました。

 

2024年1月14日 (日)

不染 鉄 展覧会

奈良県立美術館では、1月13日から、開館50周年記念として、不染 鉄の展覧会が開かれています。

Img909_20240110154601

 

展覧会のホームページです。

https://www.pref.nara.jp/11842.htm

2024年1月13日 (土)

春日大社 正式参拝へ

1月11日に奈良ロータリークラブのことしの初めての例会がありました。

終了後、春日大社へ皆で正式参拝をしました。

二ノ鳥居の近くにできた神鹿の像です。初めて拝見しました。歴代のおん祭りの「日の使い」の皆さまによる寄贈とのことです。

Dsc_2905_20240111163001

像の裏の説明書きです。

Dsc_2901

Dsc_2900 Dsc_2910_20240111163301

書道家でありわたしたちを奈良女子大附属小学校で教えていただいた、長岡文雄先生が書かれた「参拝所」の札です。

Dsc_0001_burst20240111135738157

全員揃って、本殿まえで正式参拝ならびに直会をしていただきました。

今年は年頭から厳しい年となりましたが、良い年になりますようにお祈りしました。

2024年1月12日 (金)

春日 五大龍神めぐりに

Img911_20240111155701

1月11日から、春日大社の五大龍神めぐりが始まりました。

若宮神社のすぐそばの夫婦大黒社で、1200円をおさめて受付をしました。祈願のお札をもってお参りするようにとのこと。

お札の裏に、願い事と名前を書いて各社めぐりです。

Dsc_2911

Dsc_2915

Dsc_0001_burst20240111140223586

最後に御朱印をいただきました。

 

 

Img910_20240111155701

きょうは平日ながら、朝から行列が出来ていたそうです。受付は午前9時から午後3時まででした。

 

辰年の静かな境内に願い込め 春日の五大龍神めぐりぬ

 

奈良新聞デジタルにくわしい記事があります。

 

https://www.nara-np.co.jp/news/20240110154802.html?fbclid=IwAR0caDiycJ27t1yOlcaPrXaR9ZYEusl-QLjqYarwGF1sFW0mqCYxQalOZTs

2024年1月11日 (木)

春日五大龍神めぐり

418426265_671284825212236_59839327973262 416373523_671284841878901_65081209287085

 

【春日五大龍神めぐり 開始のお知らせ】
本日(令和6年1月11日)より「春日五大龍神めぐり」を開始いたします。
【受付場所】夫婦大国社
【受付時間】9:00~15:00
【初穂料】 1,200円
ご希望の方は夫婦大国社にてお申し込みいただき、その際にお授けする祈願札を持ちながら一番から五番まで祈願を込めてお参りください。最後に祈祷所受付にて、祈願札に証の印を押し、御朱印をお授けします。
■春日五大龍神めぐり 開始のお知らせ
https://www.kasugataisha.or.jp/news/2024/13420/

2024年1月10日 (水)

奈良商工会議所などの新年名刺交換会へ

Dsc_2894_20240109133201

1月9日、ホテル日航奈良で、奈良商工会議所など四団体の新年名刺交換会がありました。

通常のスタイルで行われましたが、4年ぶりとのことです。久しぶりに多くの人の出席がありました。知り合いにも会うことが出来ました。

年末の吉野の土砂崩れの事故、北陸地震の犠牲者への黙祷がありました。そして君が代斉唱。

奈良県知事、奈良市長のあいさつ。いずれも北陸地震への対応の話しが多く、あまりことしの奈良県、奈良市の抱負や予定は語られませんでした。

衆議院1区の国会議員と、比例区選出のあいさつがありました。自民党の参議院議員は来られず、ふたりとも秘書が代りに来ていました。

小山新造・奈良商工会議所会頭の乾杯のあいさつと発声がありましたが、干支の循環によると、60年前は東京オリンピックがあったこと、120年前は日露戦争であったとのことです。

そのあと懇親会になりました。

10日付、奈良新聞によれば、出席は650人とのことです。

 

2024年1月 9日 (火)

「万の言の葉の歌」

大和高田市で弁護士をされている、下村敏博さんが、このほど「万の言の葉の歌」という本の改訂新版を出版されました。

下村さんは一橋大学の頃から音楽に親しまれています。わたしも下村さんとは高校の同窓で、何度か演奏会を聴いています。

万葉集の歌のうち36曲を下村さんご自身が作曲されました。

混声合唱や男声合唱、女声合唱、独唱などで歌って欲しいとのことです。

万葉の花のスケッチは、墨の呉竹の元会長の綿谷正之さんが描かれています。鳥影社発行。2000円+税。

 

Dsc_2884 Dsc_2885 Dsc_2886

本をいただいたのですが、毎日新聞の一面の下段にも広告がでていました。

 

万の言の葉の歌 下村敏博

万葉集の世界に想いを馳せ、歌ってみよう!

天皇から庶民までの和歌を集めた日本人の心のふるさと「万葉集」。

その和歌に楽曲をつけ、全36曲の楽譜を掲載。

現代に甦る、古代の息吹を味わう試み。

独唱、合唱、合奏等のコンサートにも

2200円(税込)

鳥影社

Dsc_2878_20240106123901

目次

はじめに
Ⅰ 万葉の四季
1 さわらび(混声四部) 志貴皇子
2 梅花の宴(混声四部)大伴旅人その他
3 春の苑(混声四部) 大伴家持
4-1 ひめゆり 坂上郎女
4-2 ひめゆり(女声三部) 坂上郎女
5 秋山の彩  額田王
6 黄葉(混声四部) 橘奈良麻呂その他
7 かぎろひ(混声四部) 柿本人麻呂
8 大雪(二重唱) 天武天皇、藤原夫人

 

Ⅱ 挽歌・辞世の歌
  9 大君(女声三部)倭大后、采女
 10-1 玉藻 柿本人麻呂
 10-2 玉藻(女声二部) 柿本人麻呂
 11 椎の葉(男声四部) 有間皇子
 12 暁の露(女声三部) 大伯皇女
 13 ふたかみやま(二重唱) 大津皇子、大伯皇女
 14 葛飾の真間の娘子を詠む歌(男声四部) 高橋虫麻呂

 

Ⅲ 防人の歌
 15 ますらを(男声四部) 大伴家持その他
 16 我が妻は 若倭部身麻呂その他
 17 誰が背(女声三部) 作者不明
 18 Wave before me(男声四部) 私部石島
 19 O tell my wife(男声四部) 若舎人部広足
 20 足柄の坂(男声四部) 倭文部可良麻呂
 21 筑波嶺の花(男声四部) 大舎人部千文その他

 

Ⅳ 万葉の恋の歌
 22 我が背子は待てど来まさず(女声三部) 作者不明
 23 蓮葉の水 作者不明
 24 花橘(混声四部) 柿本人麻呂
 25 信濃道(女声三部) 柿本人麻呂その他
 26 霧立たば(混声四部) 作者不明
 27 道の長手(女声三部) 狭野茅上娘子
 28 紫草野 額田王、大海人皇子
 29 安達太良の鹿猪(混声四部) 笠郎女その他
 30 七夕(二重唱)   山上憶良
 31-1  娘子らが 若宮年魚麻呂
 31-2  娘子らが (男声四部) 若宮年魚麻呂
 32 相聞(混声四部) 作者不明

 

Ⅴ 風頌歌
 33 明日香風(混声四部) 志貴皇子
 34 瓜食めば(混声四部) 山上憶良
 35 籠もよみ籠もち(混声四部) 雄略天皇
 36 万代予祝の歌(混声四部) 大伴家持

 

万葉集を歌う ―音楽との融合(更なる普遍性を求めて)
解説
あとがき


著者略歴
下村 敏博(しもむら としひろ)
昭和25年年 奈良県生まれ。一橋大学社会学部卒業。弁護士(奈良弁護士会所属)。「奈良まほろば法律事務所」の代表。
平成10年度奈良弁護士会会長、日弁連常務理事。奈良弁護士会業務対策委員会委員長、司法修習委員会委員長並びに綱紀委員会委員長などを歴任。
奈良県労働委員会公益委員(会長)
平成27年春の藍綬褒章(労働行政功績)、令和2年春の叙勲において、旭日小綬章のを受章する。
県や県内自治体の行政委員会委員、大学で法律学の講師を務めるとともに、各種団体からの依頼による講演も精力的に行っている。裁判所関係では民事・家事調停委員、鑑定委員を長らく務める。

 

【音楽関係】
大学時代から合唱を始め、混声合唱団(一橋大学・津田塾大学合唱団ユマニテ)でテノール兼学生指揮者を務める。男声アンサンブル・シュヴァリエを友人の税理士らと立ち上げる。
また、講話と音楽の集い「まほろばの風」代表として地域の文化活動にも携わる。
これまで数多くのソロ・ステージを重ね、オペラへの出演を行うなど音楽活動をライフワークのひとつとしている。ソロCD「星も光りぬ」「風のまほろば」をリリース、平成24年、27年にはテノールリサイタルを開催。
平成23年、万葉歌コンクールで、万葉歌「ひめゆり」が明日香村長賞を受賞し、現在は主に万葉集をテーマとした作曲に取り組んでいる。平成29年12月、自身の作曲した万葉集を歌うことを活動の柱とするアンサンブル・エテルノを結成し、県内外においてコンサートを行い好評を得ている。令和2年奈良県立大学学歌(作詞)の公募にて最優秀賞を受賞する。

 

 

そして、今までにすでに演奏会で歌われた演奏のCDもいただきました。ありがとうございました。

Dsc_2887

(1月26日、追記)

418815881_337510435827153_14721106006407

奈良近鉄奈良駅前の啓林堂書店1Fに入荷したとの西田大栄・部長からの情報です。ありがとうございます。

「御著書が入荷し、奈良店は1Fの奈良本コーナーに展開しております!
奈良ならではの、カラーの挿し絵も素敵な書籍ですね!」

 

2024年1月 8日 (月)

喜光寺へ 初参拝

奈良市菅原町の喜光寺へ初参拝にいきました。

P1120972

本堂の本尊 阿弥陀如来坐像。写真可です。

P1120964

行基堂の行基菩薩にも初参拝。

P1120967

御朱印をいただきました。

Img907_20240105134801

會津八一の歌碑です。

P1120970 P1120971

2024年1月 7日 (日)

厳しい2024年の年明け

Dsc_2889

1月1日、午後4時過ぎ北陸地震と津波、死者、安否不明多数。奈良でも震度4で、年明け早々たいへんなことが起こりました。

1月2日、夕方、羽田空港にて着陸の日航機と海上保安庁の飛行機が衝突し炎上しました。

1月3日、3時過ぎ北九州市魚町銀天街と食堂街で大火事、

まさかと思ったのですが、戸田さんに電話すると、私の友人の「陶器の戸田」さんの店も燃え広がった火事で最後に類焼したとのことです。

大学卒業後、東京で陶器の商社で一緒に修業した友人のひとりが戸田さんであり、その後50年にわたってお世話になっています。

明治16年創業の陶器店の4代目である戸田和雄さんは、自分の代でまさかこういうことになるとは思いませんでした、と語っています。

 

被害に遭われた皆様にお見舞いを申し上げます。

 

今年は厳しい年明けになりました。気を引き締めて過ごしたいと思います。

 

 

(追記)毎日新聞の記事をいただきました。

M_mainichi20240107k0000m040025000c

 

北九州・魚町銀天街の焼け跡から「辰」 全焼の老舗陶器店が再起誓う
毎日新聞 2024年01月07日 10時14分

 

北九州・魚町銀天街の焼け跡から「辰」 全焼の老舗陶器店が再起誓う
 北九州市小倉北区魚町で3日に発生した大規模な火災で、魚町銀天街に面した1883(明治16)年創業の老舗陶器店「陶器の戸田」も全焼した。火元とみられる飲食店街「鳥町食道街」に消防が重機を入れて活動するため、その入り口付近に位置する店は翌4日に取り壊された。4代目の戸田和雄社長(74)は、がれきの山と化した店舗を前に「先祖が守ってきた店をこんな形でなくしてしまい、情けない」と目を潤ませた。【成松秋穂】

 

 火災発生当時、自宅にいた戸田さんは、店舗にいた従業員から連絡を受け、テレビの中継で消火活動を見守っていた。火の手が店の方角へ広がっているのが気になり、現場近くへ。規制線の外から見える光景に「もう燃えているかもしれない」と肩を落とした。



 4日朝、消防から「店を解体したい」と電話が入った。夜通しの消火活動で既に火勢は鎮圧していたが、狭い通路に飲食店が建ち並ぶ食道街に、重機を入れて放水を続け鎮火を確認するためだった。



 「見てから返事したい」と答え、消防職員の付き添いで規制線の中へ。骨組みを残して屋根が落ちた店を前に「無理だ」と感じた戸田さんは、解体を許可。かつて自宅を兼ねていた店の最後を見届けた。解体後に掘り起こされた金庫から、溶けた印鑑と棒状の塊になった硬貨が見つかった。それらは火災の猛烈な熱さを雄弁に語っていた。



 解体前、焼け跡からわずかに回収できたものがあった。2024年の干支(えと)「辰(たつ)」にちなんだ竜の置物だ。店頭に商品として並べていたもので、手の届く場所に埋もれているのを長男の圭輔さん(47)が見つけ、許可を得て回収した。白かった竜は熱で黒く変色していたが、辰年生まれの圭輔さんは特別な思いで抱え「同じ場所に店を建て直したい。この置物もお守りとして、大切に飾ろうと思う」と再起を誓った。

 

 

 

2024年1月 6日 (土)

もちいどの初売り

Dsc_2879

Dsc_2883

1月5日(金)もちいどのセンター街では初売りが始まりました。

12時からの、甘酒の振る舞いにはたくさんのお客様にお越し戴きました。

本年もよろしくお願いします。

南市のえびすさんにもたくさんのお客様がお越しでした。

Dsc_2831_20240105135401

2024年1月 5日 (金)

5日 初えびす

Dsc_2819 Dsc_2821

春日大社の末社の南市の初えびすは、1月5日です。

もちいどのセンター街も初売りです。

OK広場で12時から甘酒の振る舞いです。どうぞお越しくださいますようお願いいたします。

Dsc_2831

2024年1月 4日 (木)

岩船寺 初参拝

浄瑠璃寺から車で5分くらいで、岩船寺に着きました。

Dsc_2868

春ならアジサイなどいろいろの花の咲いている撮影スポットです。いまは冬の引き締まった境内です。

Dsc_2869_20240103160201

Dsc_2872 Dsc_2874

Dsc_2870_20240103160401

本堂の阿弥陀如来像を拝観しました。このあたりで一番古い阿弥陀如来像ということです。

住職、執事長、執事の三代の皆様に迎えていただきました。

Img20240103_15390131

素晴らしい公式ホームページです。https://gansenji.or.jp/

たぶん優秀な執事の制作だと思います。

浄瑠璃寺 初参拝

当尾の里の浄瑠璃寺に初参拝に行きました。正月ながらとても静かで心が落ち着くお寺です。

Dsc_2852 Dsc_2865

まず、此岸の三重塔へ。一層目の薬師如来はいつもは八日の日しか拝見できませんが、お正月は特別に開扉されています。

Dsc_2853

そして彼岸の阿弥陀如来のおられる本堂を三重塔前から参拝。

Dsc_2856

本堂の中は、改修された阿弥陀如来九体がお戻りになっていて静寂です。

お正月のあいだ、吉祥天女像も特別に開扉されていて、間近にお参りできました。

堀辰雄の浄瑠璃寺の文も拝見できました。

門の前の白い馬酔木のことが書かれていました。馬酔木は1月ながらすでに少し咲いていました。

Dsc_2867

Dsc_2850

Dsc_2859_20240103155401

御朱印をいただきました。

Img20240103_15370426

浄瑠璃寺など当尾の里は、いまの行政区割りでは京都府ながら、奈良の文化圏であると書かれていました。その通りだと思います。

かつては奈良から歩いて浄瑠璃寺にお参りしました。そして、JR加茂駅から奈良へ帰りました。元気で気候が良いときなら、今もおすすめのコースです。

参考までに、京阪奈情報教育出版から奈良まほろばソムリエの会のメンバーで分担して書いた『お寺参りが楽しくなる 奈良百寺巡礼』の252ページにわたしが書いているページです。(画像はクリックすると拡大します)

Img20240103_16122356

Img20240104_07352559

2024年1月 3日 (水)

能登大地震

Img_4a99b0b5b6b97b5b6c87dba57dbc05924748

(TBSニュースより)

新年明けましておめでとうございます
本年も 宜しくお願いいたします

 

元旦の午後4時過ぎ、突然の地震に奈良でも大揺れしました。
一瞬、阪神淡路大震災を思いだし、早く収まってくれと願うばかりでした。
奈良でも震度4だったようですが、幸い無事でした。

 

北陸方面が地震と津波ということで、元旦のテレビは全局地震のニュースが深夜まで続きました。

 

2日に、金沢市と富山市と新潟市の友人に様子を尋ねると、幸い大したことなく無事だったようで一安心しましたが、
能登地方は被害がひどく、時間と共に、その深刻さが伝わってきました。

 

2日には、羽田で小火かとテレビの映像を見ていたら、見たらみるみるうちに着陸機が燃え広がり、
その原因が海上保安庁の飛行機との衝突とか伝えられ驚きました。

 

年初そうそうの地震や事故のニュースに心痛めるばかりです。

 

ある友人は、政権基盤が弱いとき、地震など災害に気をつけなければいけないと言っています。
たしかに、過去を顧みるとそのように思えます。

 

大阪の友人Kさんからメールが届きました。

 

「正月元旦に 大きな地震が能登を襲いました。
当方は 何事もなく大丈夫でした。
皆様はいかがでしたでしょうか?

 

大阪もかなり長い間 揺れを感じていました。
次男がお嫁さんと孫を連れて 食事に来ていました。
お茶をしながら 団らんしていた最中でした。

 

かなりの揺れを感じて「地震だ!」と、大人たちが騒いだとたん 4歳半の孫が この様に言ったのです。
「おちついてください。頭を 手で覆って 机の下に隠れてください!」と、避難誘導をしたのです。
保育園で 地震に対しての避難マニュアルをしっかりと言ってのけたのです。

 

テレビやラジオも懸命に非難を誘導している最中でした。
本当にすごいことでした。
揺れが落ち着いて 皆が一呼吸付いたとたんに 本人は緊張が途切れ急に泣き出しました
が まことあっぱれ 保育園での子供たちに対する 指導の徹底にも感心した次第です。

 

我々大人は昨日を機会に家族で緊急時の自分のありようを明確にしなければと 皆で
確認しあっていました。」

とても感心な話で、大人より子どもの方がしっかり学んでいると思う次第です。

 

北陸の友は、ここ数年以内に大きな地震があると思った方が良いのではないかと言います。

 

奈良のある友は、もうしばらく地震はないと思うより、警戒していざという場合の身の回りの

準備をしておいた方が良いと忠告します。

 

素直に聞きたいと思います。

 

 

 

奈良の鹿は虐待?

415193056_3544813299069365_5174865977971  Dsc_2844

2023年11月の保山さんの上映会で、奈良の鹿について、それぞれよく知っておられる、岡本先生、中西さん、竹田さんのお話しがありました。

40分の映像にまとめられていますので紹介します。

https://www.youtube.com/watch?v=14kwSCSiINU

2024年1月 2日 (火)

青春とは 山口義房さんからのメッセージです。

名コピーライターである、友人の 株式会社ココロネ 山口義房さんからの素晴らしいメッセージです。
ご了解を得ましたので、紹介させていただきます。

Image001-1

 

青春とは人生のある期間ではなく、心の持ち方をいう。
幻の詩人、サムエル・ウルマンが書いた「Youth(青春)」。


「青春とは人生の深い泉の新鮮さをいう」と続きます。

戦後の日本人に勇気と希望を与え、高度経済成長の原動力にもなったといわれている名詩。連合国軍最高司令官 マッカーサー元帥が執務室に掲げており、松下幸之助氏が広めたといわれています。


私がこの詩に出会ったのは、まだ20歳台の頃。
「青春」という名の詩-この本がベストセラーになりました。
しかし、若かった私には、その意味するところが、よくわからない。
「年寄りは、そう考えたいのかな?」 そんな冷めた印象でした。


青春とは臆病さを退ける勇気。

年を重ねただけで人は老いない。

理想を失うとき初めて老いる。


今、読み返すと、その一行一行が心に刺さります。
そして、深く考えさせられる・・・とともに、どこからともなく、チカラが湧いてきます。


作家、新井満氏は、この詩を自由訳した「青春とは」で、
勇気と希望 ほほえみを忘れずいのちのメッセージを受信しつづけるかぎりあなたはいつまでも 青春と、力づけてくれます。
子供のような好奇心。
心の中にある無線基地。
青空高くそびえ立つたくさんの光り輝くアンテナ。
アンテナは、偉大な人々からのメッセージを受信する。
崇高な大自然からのメッセージを受信する、ということです。


素直な気持ち。想像力、情熱。感動を忘れない心。
眼を輝かせ、胸をときめかせながら、アンテナをピカピカに磨き、天に向かって力いっぱい伸ばす…。
今が青春。
そう信じる一年に。
大切な人。
大切な今、
これから。


竜吟虎嘯
今年も変わらないお付き合いよろしくお願い致します。

令和6年 元旦



正月の地震

1月1日午後4時過ぎ、地震が発生。奈良でも。阪神淡路大震災を思い起こすような激しい揺れでした。

テレビを見ると、北陸が震源で、日本海で津波警報が発令とのことでした。

真夜中まで、テレビは各局で地震報道が続いていました。

被災地の皆様、お見舞い申し上げます。

しばらく要警戒とのこと、気をつけてください。

 

春日大社と手向山八幡宮

Dsc_2815_20231224141801

南都銀行本店の奈良市提供のウィンドー 春日大社

Dsc_2814

手向山八幡宮

Dsc_2813_20231224141801

2024年1月 1日 (月)

2024年 あけましておめでとうございます

Img_1533-3

あかつきの春日大社に初雪のしんしんと降りて朱の際立ちぬ  松森重博

 

みなさま良い年になるように元気に過ごしましょう。

鹿鳴人のつぶやき、本年もよろしくお願いします。

« 2023年12月 | トップページ | 2024年2月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30