フォト
無料ブログはココログ

« 「やまからな」 もちいどのにオープン | トップページ | 来村先生と松原さん「飛鳥の八角古墳の解説」 »

2023年7月20日 (木)

奈良国立博物館へ 南山城展

Img660_20230719144901

 

ホームページより。

「京都府の最南部、奈良市に隣接する地域は旧国名の山やま城しろの国くににちなんで、いま「南みなみ山やま城しろ」と呼ばれています。なだらかな山間を木津川が流れる風光明媚な地であり、仏教の伝来後、7世紀にはこの地域でも寺院の建立がはじまりました。

 

 南山城が歴史の表舞台に登場するのは、聖しょう武む天皇の恭く仁に京きょう造営によってであり、木津川への架橋や寺院の建立などに行ぎょう基きの活躍がありました。平城京から長岡京・平安京への遷せん都と以降も南山城は新旧両都をつなぐ回廊的な役割を果たす地域として、重要性を増すことになります。東大寺や興福寺といった奈良の大寺との深い関わりのなかで寺院があいついで建立され、また木津川流域の山々は俗世を離れた聖地として山さん岳がく修しゅ験げんの拠点とされました。

 

 鎌倉時代には、はじめ興福寺に学んだ解げ脱だつ上しょう人にん貞じょう慶けいが笠かさ置ぎ寺てらから海かい住じゅう山せん寺じへと拠点を移し、釈しゃ迦か如にょ来らいや弥み勒ろく菩ぼ薩さつ、観かん音のん菩薩に対する信仰を深めるとともに、南都の戒かい律りつ復ふっ興こうに努めたことが特筆されます。さらに江戸時代には、各地で念ねん仏ぶつを広めた袋たい中ちゅう上しょう人にんが晩年に瓶みかの原はら(木津川市加茂町)を拠点とするなど、南山城は各時代を通じて文字どおり日本仏教の聖地でありつづけました。  

 

 本展は、5か年に及ぶ保存修理が完成した浄瑠璃寺九体阿弥陀像のうち2軀くを修理後初公開するとともに、その優美な姿を寺外で拝することのできるまたとない機会となります。さらに南山城とその周辺地域の寺社に伝わる仏像や神像を中心に、絵画や典籍・古文書、考古遺品などを一堂に展観することで、この地に花開いた仏教文化の全貌に迫ります。多彩な作品を通して南山城のゆたかな歴史と文化を再認識していただくとともに、緑深いこの地域にいまもなお受け継がれる聖地の息づかいをご堪能ください。」

 

現在開催中の、奈良国立博物館の浄瑠璃寺九体阿弥陀修理完成記念 特別展「聖地 南山城」奈良と京都を結ぶ祈りの至宝ーー展を拝観してきました。

平日の朝9時30分開館。思いのほかたくさんの方が拝観されており、人気のほどがわかりました。

南山城、奈良から平城山を越えた、木津川市、笠置町、和束町、井手町、宇治田原町、京田辺市などにある多くのお寺のなかなか拝見できない仏様や史料が多く展示されています。京都よりむしろ奈良の範囲にかつてより位置づけられている地域です。

淀川の上流の木津川あたりと言えるかもしれません。

Dsc_1795

Dsc_1796 Dsc_1793

 

かつての廃寺の仏様が集められていたり、かつての廃寺の塔や建物もパネルなどを使って見ることが出来ました。

また、行基菩薩の南山城への与えた影響ということで泉橋寺はじめ多くが紹介されていました。(第5章)

大仏殿を建立したときの、大きな梁でしょうか、木津で陸揚げされて、多くの人々によって東大寺に運ばれる様子の絵も展示されていました。

一度拝観しただけでは記憶から遠ざかるような感じがしましたので、内容豊富な図録も買い求めました。(3000円)

ずしりと重い図録です。ゆっくりと見返したいと思っています。

夏の暑い時期、涼しい館内で拝観できる素晴らしい展覧会です。ぜひおすすめです。9月3日まで。

 

くわしくは奈良国立博物館の特別展のホームページをご覧下さい。

https://www.narahaku.go.jp/exhibition/special/special_exhibition/202307_minamiyamashiro/

 

P1180085

P1180086

« 「やまからな」 もちいどのにオープン | トップページ | 来村先生と松原さん「飛鳥の八角古墳の解説」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「やまからな」 もちいどのにオープン | トップページ | 来村先生と松原さん「飛鳥の八角古墳の解説」 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29