フォト
無料ブログはココログ

« 陸前高田市からのご訪問 | トップページ | 復興・陸前高田 ゼロからのまちづくり »

2023年5月30日 (火)

佐伯啓思さんの講演会へ

349982409_794360308863711_83919219321729 349939979_576399547941980_19847556287559

5月28日は一般社団法人 坂口紀代美記念館 主催で、京都大学 人と社会の未来研究院特任教授の佐伯啓思さんの講演会

「日本人のこころの根源へー奈良で考える」がありました。

最初に坂口紀代美さんのご挨拶

今岡春樹・奈良女子大学学長の祝辞

上田清・大和郡山市長の祝辞

理事紹介のあと

佐伯啓思さんのおよそ90分の講演がありました。

このほど、講演会の2時間あまりのYOUTUBEが公開されました。

https://www.youtube.com/watch?v=qJ4TIlamuWg

 

私のメモ

奈良女子大学附属高校に外部から入学した頃の話。

ニーチェ 理解出来なかった

小林秀雄と岡潔の対談

東大に入ったが68年6月から東大闘争があった

70年、三島由紀夫の割腹自殺

高度成長の一方で失ったもの

ちょうど寅さんの映画、東京と地方の田舎の対比、48本くらいすべて見た

川端康成のノーベル賞受賞、「美しい日本」 そして何故死んだのかわからない自死

イギリスに留学したが、眼に見えない価値観が大切ではないか

日本はどこに向かっているか

川端康成の雪国の冒頭の英語の翻訳文の紹介

日本語は主語がない、主体がない

西欧に対して、日本では我を律する、自分を主張しない

心⇒これの英語翻訳で適当なものがない しいていえばSeoulか

奈良県桜井市出身の保田與重郎についてくわしく紹介された

昭和17年の「万葉集の精神」

短歌は 何かに託す

大伴旅人の短歌

世の中は空しきものと知るときしいよよますます悲しかりけり

大伴家持の世の中を歌った歌もある。

万葉集は大伴家の没落の書という説もある。無常観、

「海行かば 水漬みづく屍かばね
山行かば 草くさ生むす屍
大君おほきみの 辺へにこそ死なめ
かへりみはせじ」

一方藤原氏は天皇家の姻戚となっていく 排除する

明治維新での大久保利通、伊藤博文に対して西郷隆盛

取り残された、日本の精神をもった人たち、復古の精神

 

京都は 王朝的 華麗、もののあわれ

奈良は 王朝的なものはない、ゆったりと、それなりに、それで良いのではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講演のあと佐伯さんの本が販売され、サイン会もひらかれました。

写真は、奈良地域デザイン研究所の村内俊雄理事長にいただきました。

高校の同級生同士の坂口さんと佐伯さん。

349861467_1236319947252951_3641755522571

坂口紀代美さんの作品

350102138_646960490973394_67419371012219

一般社団法人 坂口紀代美記念館の理事として、尾田栄章さん、川崎弁護士、村内俊雄さん、山口育彦さんとともに私も紹介されました。

349892717_3007038922762185_2259017905210

会場には多くの存じ上げてる方もおられました。

また、わたしのブログをいつも読んでいて、この講演会も紹介されてきましたと言って下さる方もおられ、うれしいことでした。

奈良新聞の5月29日の紙面は以下のように伝えています。(画像をクリックすると拡大します)

Img648_20230529101301

« 陸前高田市からのご訪問 | トップページ | 復興・陸前高田 ゼロからのまちづくり »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 陸前高田市からのご訪問 | トップページ | 復興・陸前高田 ゼロからのまちづくり »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30