フォト
無料ブログはココログ

« 山田憲正さんと己書(おのれしょ) | トップページ | 天理の早咲きの桜 開花 »

2023年3月 9日 (木)

第16回「奈良まほろばソムリエ検定」実施されました。

Img518_20230306120601

奈良新聞、2023年3月6日より。(画像をクリックすると拡大します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問題を以下の奈良新聞のデジタル版のPDFで見ることができます。

https://www.nara-np.co.jp/web/20220315180421.html

一番むつかしいソムリエ級、1級、2級の順に掲載されていますが、まずは一番最初に受験する、2級に挑戦してみてください。

回答も下段に載っていますので自己採点してみてください。70点以上が合格ラインです。

そして次に1級です。四択です。

そしてソムリエ級です。最初に四択問題25題に挑戦してみてください。

そしてソムリエ級は、200字で説明をする問題が2つ。

そして最後に、相手を楽しませるコースを自分でつくって400文字で案内する文を書きます。

実際に鉛筆で自分で字を書き入れなければなりません。

それぞれ回答用紙の原稿用紙に手書きで書きます。実際の試験ではためしに書く用紙もついていますが、時間が足りませんので直接回答用紙に書き入れるのが経験上良いと思います。

試験の時間はそれぞれの級で90分間です。

今年の問題にわたしも早速、挑戦してみました。

皆様もいかがでしょうか。

多くの人が1年間勉強して来年、まず2級の挑戦されることを期待しています。

勉強は、教材や本を読むだけでなく、実際奈良県内を実際に訪ねてみるというのが大事だと、経験上思います。
また、奈良まほろばソムリエの会の講演講座グループでは受験対策講座もあります。参加されるのをおすすめします。
https://www.stomo.jp/juken/top.html



またガイドグルーブによる実際の奈良を歩くコースがあります。

くわしくは奈良まほろばソムリエの会のホームページをご覧ください。https://stomo.jp/

 

« 山田憲正さんと己書(おのれしょ) | トップページ | 天理の早咲きの桜 開花 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 山田憲正さんと己書(おのれしょ) | トップページ | 天理の早咲きの桜 開花 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30