フォト
無料ブログはココログ

« 4月19日 日経 丸キャリTRAVELに保山耕一さん登場 | トップページ | 4月22日の奈良八重桜を愛でる会 »

2023年3月13日 (月)

「ぼけの壁」

Img509_20230227105501

(画像をクリックすると拡大します)

最近とてもたくさんの本を書かれ、そして、売れているという和田秀樹さんの本です。

和田秀樹さんの「80才の壁」に続いて「ぼけの壁」を読みました。

「ぼけの壁」 幻冬舎新書 900+税。

 

裏表紙より。

しあわせな老後、残念な老後を左右するのは「ぼけ=脳の老化」。

その二大原因は「認知症」と「老人性うつ」だ。

認知症は実に進行がゆっくりで、決して「罹ったら人生おしまい」ではない。

他方、老人性うつは死にいたる病気で認知症より怖いとも言えるが、適切に治療すれば治る病気だ。

「そもそも脳は臓器の中でも頑強にできていて、正しく知ってメンテナンスすれば、ぼけが始まっても簡単には衰えない」

 

第1章  「認知症」という病気を誤解していませんか?

第2章  「老親がちょっと変!」と感じたときの心得

第3章  認知症より恐ろしいのは老人性うつ

第4章  「脳の健康寿命」を延ばす考え方・暮らし方

 

最後に、脳の健康寿命を延ばす「20の動詞」が印象に残りました。

「遊ぶ」

「歌う」

「描く」

「おしゃれする」

「飼う」

「見物する」

「深呼吸する」

「推理する」

「贅沢する」

「育てる」

「旅する」

「注文する」

「飲み過ぎない」

「一人暮らしする」

「太る」

「楽観する」

「料理する」

「恋愛する」

「論争する」

「笑う」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くわしくは本書を読んでみてください。

著者の和田秀樹さんのプロフィールです。

Img510

 

 

« 4月19日 日経 丸キャリTRAVELに保山耕一さん登場 | トップページ | 4月22日の奈良八重桜を愛でる会 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月19日 日経 丸キャリTRAVELに保山耕一さん登場 | トップページ | 4月22日の奈良八重桜を愛でる会 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29