フォト
無料ブログはココログ

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月31日 (金)

飛鳥ウォーク 追加 3 橿原の飛鳥川

橿原神宮前から電車に乗って八木西口駅に移動。追加で橿原市今井町あたりの飛鳥川を歩くことになりました。

飛鳥川の桜並木に桜が咲き誇っています。

P1110222_20230329105601

P1110226

P1110225

P1110231

P1110230

P1110229

そして八木南口近くの反省会会場に無事たどり着きました。

皆さんのスマホの万歩計は、2万歩を越していました。この日はどうやら12キロほど歩いたようです。

全員無事完歩しました。わたしも無事歩き通すことができました。

参加の皆様お世話になりました。

天気に恵まれ、桜に恵まれ良いウォークになりました。ありがとうございました。

飛鳥ウォーク 2 鳥屋池から歴史に憩う橿原市博物館へ

みんなでお弁当を鳥屋近隣公園で食べたあと、鳥屋池のそばを歩きました。

P1110186

枡山古墳へ。

P1110190

P1110189

P1110192

枡山古墳の由来。

「身狭桃花鳥坂墓(むさのつきさかのはか)として第10代崇神天皇第3皇子「倭彦命」の墓と治定されている(明治10年)

三段築成の方墳(桝山の名は墳丘が方丘であることによる)で全国最大規模である」

明治に前方後円墳にされたとのことです。

 

そして宣化天皇陵(鳥屋ミサンザイ古墳)へ。宣化天皇は69才で3年ほどの在位であまりよくわからないとのことです。

P1110195

P1110198

そして新沢千塚古墳(にいざわせんづか)群へ

畝傍山南方に拡がる東西2キロ、南北2キロ、高さ約150mの丘陵に立地。4世紀中~7世紀初の頃の大群集墳で約600基の古墳が造成されており、昭和51年に「国の史跡」に指定されている。

P1110200

畝傍山が見えます。

P1110202

桜の美しい古墳公園です。

P1110204

以前橿原市博物館で出土品の多数を見た有名な126号墳 美しい装飾品が多数出土しており女性の墓ではないかとのことです。

P1110209

P1110208

P1110214_20230329104101

P1110215

1_20230330102901

この写真は横田光夫さんからいただきました。みんな同級生で、出会って60年以上のおつきあいです。

P1110221

この日のMAPです。小谷古墳は時間の都合でパスしました。

Img20230329_05115140_20230329105301

バスに乗り橿原神宮前駅へ。

(つづく)

2023年3月30日 (木)

飛鳥ウォーク 1 近鉄飛鳥駅から 益田の岩船へ

3月28日(火)はたいへん良い天気に恵まれました。朝10時40分近鉄飛鳥駅集合。中学高校の同級生の久しぶりのウォークです。参加は大阪京都からも含めて男女16名。ガイドは奈良まほろばソムリエの会の同級生、稲田英二さん、同じくソムリエの三宅努さんに丸山政憲さんがサポートという豪華布陣です。わたしを含めて同級生4名がまほろばソムリエというのも珍しいのではないでしょうか。

飛鳥駅あたり。

P1110124

P1110126

偶然、うわさの「青のシンフォニー」の電車が飛鳥駅をやってきましたのでパチリ。

P1110127

この日のコースです。(画像はクリックすると拡大します)

Img20230329_05115140

最初に、岩屋山古墳へ。真上の桜もみごとに咲いています。

P1110128

途中の民家の花。

P1110144

つぎは牽牛子塚(けんごしづか)古墳、越塚御門(こし つかごもん)古墳へ。白い壁面がすこし落ち着いてきました。

P1110147

P1110158

模型の前での説明。

P1110150

それから山道を一路、益田の岩船へ。前から来たかったところですが、ひとりでは道もよくわからずようやく訪れることが出来ました。竹林の中に突然あらわれました。大きさに驚きです。どのようにしてここにあるのか、何のためか、重さは一体いくらだろうか?

いろいろな説の説明を聞きました。

Dsc_1379_20230329101301

P1110164

Item_20230329195001

そして山道を歩いて無事住宅街へ降りてきました。

つぎに、沼山古墳へ。

P1110175_20230329101601

P1110178
P1110176

(つづく)

 

 

 

2023年3月29日 (水)

興福寺五重塔素屋根工事 7月開始 

Dsc_1286_20230329095001

(ならまちセンターから興福寺五重塔を望む)

奈良新聞3月27日付によると、いよいよ7月から興福寺五重塔素屋根工事が7月開始とのことです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 約120年ぶりの大規模修理が行われる奈良市登大路町の興福寺五重塔(国宝)について、資材の高騰による影響などにより延期されていた素屋根の建設工事を7月から開始すると、同寺が27日までに発表した。修理期間中に塔を覆う素屋根が約1年かけて設置された後、本格的な修理工事が始まる。完成は2031年3月の予定。

 今年1月から行う予定だった素屋根設置工事は、鋼材の価格上昇に伴う影響で工事入札が成立せず延期となっていた。このほど、再入札が成立し、7月からの工事開始が決定した。 

 素屋根は高さ約60メートル。完成すると工事完了まで古都奈良のシンボルともいえる五重塔の姿が当面、見えなくなる。修理では、屋根瓦の葺(ふ)き替えやしっくい壁の塗り直しなどが行われる。

 また、工事が始まると境内を東西に抜ける通路と東金堂の東側が通行止めになるが、国宝館・東金堂は通常通り拝観できる。

 興福寺の辻明俊・境内管理室長は「日常の景色にある塔を見られなくなる寂しさもあるが、長い歴史上の修理という貴重な時間に巡りあえることがうれしい。新しい発見もあるかもしれないので楽しみです」と話している。

4月8-9日、柳生さくら祭

4月8-9日、奈良の柳生さくら祭の案内です。(画像をクリックすると拡大します)

334265857_591255466198614_40981479176563 329898221_1273010420290572_7690093351697

奈良柳生観光協会のページです⇒https://www.yagyukanko.com/

 

 

2023年3月28日 (火)

今年の桜 いずこも早い

今年の桜は期せずして、いずこも例年より早いようです。例年より1月から3月にかけて暖かかったからとのことです。

例年開花を待ち望んでいる、法蓮町の大佛鉄道記念公園と東向商店街の日本聖公会教会(親愛幼稚園)の桜の写真です。

3月27日午前9時から10時撮影。

大佛鉄道記念公園の枝垂れ桜。

P1110113 P1110115

親愛幼稚園の桜

P1110119

2023年3月27日 (月)

土門拳 古寺巡礼展へ

所用あり、東京に出ましたので、恵比寿ガーデンプレイスにある、東京都写真美術館を初めて訪ねました。

ちょうど「土門拳 古寺巡礼展」が開かれています。5月14日(日)まで。

展覧会HP⇒https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4317.html

大きな写真で土門拳の室生寺、薬師寺、唐招提寺、法華寺、浄瑠璃寺などの仏像がいきいきと展示されていました。

土門拳は、仏像と対峙してこちらも投げかけ、仏像から投げかけられた瞬間を撮るといったことを

説明に書かれていました。右半身不随の身でありながら、大型カメラで古寺巡礼ということで全国あちこちに行って仏像の写真を撮られたそうです。

Dsc_1377

会場入口では、ビデオも上映されていました。土門拳さんの写真人生をとてもくわしく映し出されていました。

その台本は、高校時代のわたしの同級生の小西治美さんが書かれていることをエンディングロールで知りました。

この展覧会にも尽力されたことでしょう。写真集にも編集としてお名前が載っています。

後日、小西治美さんからメールが届きました。

「ご案内しようと思っていて遅くなった「土門拳の古寺巡礼」展
(恵比寿・東京都写真美術館)を見ていただき、ありがとうございました。

今年は「古寺巡礼」第一集(1963年)が出て、60年。
車椅子になってから撮影した最後の第五集が出たのが1975年です。

その前から撮影していたわけですから、60数年前のカラーがデジタル化してプリントされています。
大型カメラで、土門の眼で構図で撮影されると、今見てもまったく遜色ない強さで迫ってきます。

またモノクロームは昭和15年頃のガラス乾板撮影の作品も。

この展覧会の構成や、写真キャプション担当しました。(と、言っても土門先生の引用文ですが)

小学館の「土門拳全集」にペイペイで携わって40年。今も写真関連の仕事を続けているのは、この企画のおかげです。」とのことです。



会場風景の写真を小西治美さんからいただきました。(普通、会場内撮影できません)(画像をクリックすると拡大します)

1-1

2_20230326112401

展覧会のチラシです。

Img534_20230327103601 Img537_20230327103601

2023年3月26日 (日)

興福寺の特別番組27日28日NHK・BS

337648166_189949180416036_77797582161115

東京在住のNHKのTディレクターからの紹介です。(写真も拝借)

一年かけて奈良で取材してきた「興福寺 国宝誕生と復興の物語」、いよいよ月曜と火曜の夕方にBSプレミアムで初めての放送を迎えます。
3月27日(月)18時「発見!天平の美」
3月28日(火)18時「つなぐ!天平の心」
あの五重塔、阿修羅、運慶の仏像など国宝の美と心を、ふだん見ることの少ない寺の日常とともに解き明かします。是非ご覧くださればと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また東京のMさんからも連絡が入りました。灯台もと暗しです。情報ありがたいことです。

地元なのでご存じかと思います。27日、28日の両日、同じ時間帯で
興福寺の特別番組があります。詳細は以下の通り。
 ・放送局  NHK BSプレミアム
 ・放送時間 18:00 ~
 ・番組名   「興福寺 国宝誕生と復興の物語 発見!天平の美」(27日)
        「興福寺 国宝誕生と復興の物語 発見!つなぐ!天平の心」(28日)

2023年3月25日 (土)

東京新宿 平和祈念展示資料館へ

先日、所用で東京に出る機会がありました。

東京新宿西口の住友三角ビル33階の平和祈念展示資料館を訪ねました。(かつて三角ビルと言っていました)

ちょうど春休み特別企画としてシベリア抑留ものがたり、が展示されていました。

そして40分にわたる、抑留体験者の漫画家の斎藤邦雄さんのインタビューやアニメのビデオも拝見することが出来ました。

ちょうど「ラーゲリより愛をこめて」の映画を見たばかりであり、心に残る展覧会です。(会場は写真撮影OKです)

山本幡男さんと妻の山本モジミさんの収容所と日本を結んだ葉書も展示されていました。

平和祈念展示資料館のホームページです。

https://www.heiwakinen.go.jp/

(画像はクリックすると拡大します)

Dsc_1361 Dsc_1344 Dsc_1345_20230324060001

極寒。空腹。過酷な強制労働。

 

Dsc_1350

Dsc_1351_20230324065801

ラーゲリ(強制収容所)の様子が伝わります。

Dsc_1347

黒パンを分ける様子。切る人も見守る人も真剣だったそうです。パンの大小が争いになることもあったそうです。

Dsc_1349

Img20230324_06370523 Img20230324_06380200

アニメのシベリア抑留ものがたりと漫画家の斎藤邦雄さんの心からのインタビューのビデオです。

(画像はクリックすると拡大します)

Img20230324_06390661 Img20230324_06393953

今年の桜は早く、東京では桜満開宣言がでていました。

Dsc_1343

2023年3月24日 (金)

NPO法人 まちづくり協会 20周年記念誌より

このほどNPO法人 まちづくり協会の機関誌が27号を迎え、20周年記念誌として発行されましたので紹介します。

全国のあちこちのまちづくりのことが書かれていて参考になります。

かなりボリュームありますので一部ですが、1ページ目、増田理事長さまの文です。

(画像はクリックすると拡大します)

Dsc_1320

私も要請がありましたので、奈良の商店街とまちづくりの拙文を書きました。記念に貼り付けておきます。

「商店街とまちづくり

まちづくり協会会員//奈良 松森重博

日頃、全国各地での皆様のご活躍を拝読しております。かつて田村明先生が、まちづくりを提唱されたことを覚えています。
わたしも謦咳に接するという貴重な機会がありました。

ところで、40 年余り前学生時代から修業を経て東京から奈良に帰ってしばらくした頃の話です。


近鉄奈良駅から近い、もちいどのセンター街は旧の奈良市役所の移転(1977 年)や車社会となり、
徐々に通行量が減り、空き店舗が増え、シャッター商店街になるのではと危惧されていました。
それでも私どもの商店街は何とかしようと思って努力をしていました。
またひとつの商店街だけでなく地域として何とかしなくてはと多くの人が思いを寄せていました。
平城京の外京にあたる地域ですが「旧市内」と呼ぶのではなく、「中心市街地」と呼ぼうということにしました。
商店街の枠を越えた「面」として何とかしようと団塊の世代を中心に多くの商店街から集まりました。

その後、もちいどのセンター街で旧パチンコ店の土地建物を買い入れ夢CUBEという起業家支援施設(2007 年)を作りました。

商店街は人通りが増え新規開店の店舗が増え、三橋重昭先生にもV字回復といわれました。

その後コロナによるインバウンドに国内のお客様も減りたいへんな時期を過ごしました。

幸い2022 年あたりから地元のお客様に加え外国のお客様も戻ってきたように思われます。

これからが大事だと思っています。

昨年若い理事長にバトンタッチしました。新しいアイデアと行動力で、テナント会を作り更にオーナー会を立ち上げつつあります。

今までわたしどもは、商店街という立場からまちづくりに取り組んできました。

駅前の商店街は「町の顔」とよくいわれます。社寺の方や地域の皆様からも地元の商店街に期待がかかります。

商店街の活性化は、町の活性化に必須だと思います。

これからもさらに頑張りたいと思う昨今です。

今後ともよろしくお願いいたします。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NPO法人 まちづくり協会 のホームページです⇒http://npo-tma.org/

2023年3月23日 (木)

BS4K 保山さん 3月24日25日「水のささやき」

堀尾岳行さんからご紹介いただきました。

の保山耕一さんの、NHK・BS・4Kでの2晩連続の放送です。

わたしは始めBSの2つを探したのですがありませんでした。BS・4Kという録画予約できました。

このところ、保山耕一さんの映像がNHKで深夜放送されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映像作家保山耕一さんの「やまとの季節 二十四節気 水のささやき」シリーズ

立春から大暑まで12作が
3月24日(金)午前0時00分~午前1時00分(60分) NHKBS4Kで一挙放送予定です。

奈良在住の映像作家・保山耕一さんが撮影した一期一会の映像と
ピアニスト・川上ミネさんが奏でるオリジナル楽曲。
響きあう音と光で、季節を感じる映像詩。

Hoyamasan_20230316151601_20230319135601

映像作家保山耕一さんの「やまとの季節 二十四節気 水のささやき」シリーズ

立秋から大寒まで12作が
3月25日(土)午前0時00分~午前1時00分(60分) NHKBS4Kで一挙放送予定です。

奈良在住の映像作家・保山耕一さんが撮影した一期一会の映像と
ピアニスト・川上ミネさんが奏でるオリジナル楽曲。
響きあう音と光で、季節を感じる映像詩。

2023年3月22日 (水)

カディア・ブランディス作、山下秋子さん訳「ウッドウォーカーズ」

329834686_1328805284348761_7804641686338

331871827_1630123277437846_6690358806007

ドイツ在住の旧知の山下秋子さんが翻訳された話題の本です。(余談ながら、山下・三鼓秋子さんとは幼稚園から高校まで一緒でした)

記憶喪失の少年という副題ですが、動物と人間、2つの顔で生きる者――ウッドウォーカーの本です。

 

ドイツではシリーズで刊行されていて104万部突破、たいへんな人気ということです。

奈良では啓林堂書店奈良店の2階の児童書に平積みされています。聞けば啓林堂書店の各店でも販売されるそうです。

小学校高学年以上を対象としているそうです。

わたしもほとんど読んだことがないジャンルですが、読み始めるととても面白い本です。大人も十分楽しめます。

ようやく読み終えました。

現在、日本ではシリーズ2冊目の本「オオカミとの危ない友情」も出ています。まだ3冊目、4冊目と続くそうです。

「ウッドウォーカーズ」 ポプラ社発行 1870円(税込み)

店頭で配布されているパンフレットです。こういうパンフレット出されているのは有り難いことです。ポプラ社の力の入れようが感じられます。

(画像はクリックすると拡大します)

Img523_20230313101101

Img524_20230313101101

Img525_20230313101101

啓林堂書店奈良店の2階、児童書コーナーにて。

Dsc_1249_20230313102101

 

2023年3月21日 (火)

3月20日 桜開花宣言

20日夕方のNHKで、奈良女子大学附属中等教育学校の標準木により、奈良の桜の開花宣言されたと伝えていました。平年より8日早く昨年より5日早いとのことです。

Dsc_1330 Dsc_1332

Dsc_1331

写真は、3月20日、奈良あやめ池の遊歩道にて撮りました。

以下は毎日新聞奈良版 21日付

337158198_3046098169019498_9085446328184

奈良新聞 21日付

337135518_6156632701067691_6101069940883

2023年3月20日 (月)

保山さん 冬から春 3月22日(水)午前2:30~午前3:30(60分) NHKBSプレミアム

Hoyamasan_20230316151601

映像作家保山耕一さん作品 命の映像詩 やまとの季節 冬から春
3月22日(水)午前2:30~午前3:30(60分) NHKBSプレミアムで放送予定です。
奈良在住の映像作家・保山耕一さんが撮影した冬から春へのうつろい。
一期一会の映像とピアニスト・川上ミネさんが奏でる楽曲。
響きあう音と光で、季節を感じる映像詩。
雪・春日大社・元興寺、桃尾の滝、霜・明日香村、若草山山焼き、
般若寺と水仙、雪・春日大社・東大寺・興福寺、雪の嵐(南円堂・五重塔)、
浮見堂・満月、猿沢池、竹之内町・菜の花・郡山城跡・梅、佐保川の桜の蕾、
橋本院の雪と河津桜、水上池のオシドリ、生駒山からの雲海、平城宮跡のひばり、
依水園、吉野川鉄橋、行基菩薩、月ヶ瀬梅渓、藤岡家住宅・長兵衛梅、
蝋梅と大和三山、春日大社の梅、白毫寺の椿、桃源郷、氷室神社の桜
是非ご覧下さい。

保山さん 秋から冬へ 3月22日(水)午前1:30~午前2:30(60分) NHKBSプレミアム

Hoyamasan_20230316151601
映像作家保山耕一さん作品 命の映像詩 やまとの季節 秋から冬
3月22日(水)午前1:30~午前2:30(60分) NHKBSプレミアムで放送予定です。
奈良在住の映像作家・保山耕一さんが撮影した秋から冬へのうつろい。
一期一会の映像とピアニスト・川上ミネさんが奏でる楽曲。
響きあう音と光で、季節を感じる映像詩。
藤原宮跡のコスモス、
彼岸花・月ヶ瀬・大柳生、
藤原宮跡の夜明け、
綿・山の辺の道、安倍文殊院、斑鳩町、
彼岸花・御所市、
金木犀・平城宮跡、
曽爾高原のススキ、
秋の蝶・淨教寺、
五條市の秋、
元興寺の萩、
平城宮跡の秋、
白毫寺の萩、
飛火野の秋、
不退寺の秋、
長岳寺の秋、
正暦寺の秋、
岡寺の秋、
奈良盆地雲海、
矢田寺の紅葉、
春日奥山、
大仏池の初霜、
晩秋の飛鳥川、
朱雀門、
初雪・春日大社、
山の辺の道・白石町、
二上山落日
是非ご覧下さい。

2023年3月19日 (日)

郡山城の桜 3月19日

Dsc_1325

郡山城の桜を近鉄の線路越しに撮りました。毎日撮られているM先生によれば、きょうは三分咲きかなとのことです。

ことしは少し早いようです。来週3月26日、お城祭りの時代行列とのことです。

保山耕一さん 夏から秋 3月21日(火)午前2:30~午前3:30(60分) NHKBSプレミアム

Hoyamasan_20230316151601

映像作家保山耕一さん作品 命の映像詩 やまとの季節 夏から秋
3月21日(火)午前2:30~午前3:30(60分) NHKBSプレミアムで放送予定です。
奈良在住の映像作家・保山耕一さんが撮影した夏から秋へのうつろい。
一期一会の映像とピアニスト・川上ミネさんが奏でる楽曲。
響きあう音と光で、季節を感じる映像詩。
長岳寺の杜若、長弓寺のアジサイ、元興寺塔跡、ササユリと明日香村の棚田、
コアジサイ(東吉野村)、合歓木(明日香村)、ヤマユリセンダンと小鹿・東大寺、
若草山と虹、睡蓮(鳥見山公園)、春日大社の蓮、アオバズク、ひまわり(明日香村)、
薬師寺・若草山、春日大社、元興寺の桔梗、クズの花(明日香村)、
そばの花、鳥見山からの雲海、朝露(平城宮跡)、法華寺の芙蓉、
十津川村・稲穂、奈良盆地雲海、如意輪寺の菊
是非ご覧下さい。

保山耕一さん、春から夏へ 3月21日(火)午前1:30~午前2:30(60分) NHKBSプレミアム 

Hoyamasan_20230316151601

映像作家保山耕一さん作品 命の映像詩 やまとの季節 春から夏
3月21日(火)午前1:30~午前2:30(60分) NHKBSプレミアムで放送予定です。
奈良在住の映像作家・保山耕一さんが撮影した春から夏へのうつろい。
一期一会の映像とピアニスト・川上ミネさんが奏でる楽曲。
響きあう音と光で、季節を感じる映像詩。
佐保川の桜、荒池の桜、興福寺のソメイヨシノ、八重桜、東大寺のモクレン、
如意輪寺の桜、海龍王寺のユキヤナギ、吉野山上千本、新家長福寺の八重桜、
ナラノヤエザクラ(奈良公園周辺)、桜散る(宇陀市)、桃の花(五條市)、
明日香村のレンゲ、桐の花、春日大社の藤、十津川村果無集落、不退寺の杜若、
法華寺の杜若、法輪寺の菩提樹、三輪山と麦畑、ほか
是非ご覧下さい。

【速報・BSプレミアム2夜連続放送】

映像作家 保山耕一さんからの速報が届きました。

Hoyamasan_20230316151601_20230317111201

【速報・BSプレミアム2夜連続放送】
番組名「命の映像詩 やまとの季節」
副題
●春から夏へ
3月21日(火)前1:30~2:30 ※20日深夜
●夏から秋へ
3月21日(火)前2:30~3:30 ※20日深夜
●秋から冬へ
3月22日(水)前1:30~2:30 ※21日深夜
●冬から春へ
3月22日(水)前2:30~3:30 ※21日深夜

2023年3月18日 (土)

松原純さん×松森重博の対談 YouTubeで公開されました

2023

松原純さんによる紹介です。

「今回は、奈良まほろばソムリエの会の理事・なら餅飯殿センター街の理事長を16年務めた「松森 重博(まつもり しげひろ)さん」をご紹介致します。
餅飯殿センター街の入り口にあり、明治4年(1871年)から続く老舗「器まつもり」を実家に生まれ育った松森さんは現在、「代表取締役社長」として経営しておられます。
他にも、「奈良市中心市街地活性化研究会」の会長・短歌の歌人としても活躍されております。
今回の対談では、そんな松森さんの経歴や商店街、チャレンジショップである「夢CUBE」についてなど、貴重なお話を伺っておりますのでお楽しみにご覧下さい。

 

https://youtu.be/usElsI1Z87U

0:00 オープニング(松森さんとの関係)
0:39 松森さんの経歴
1:01 松森さんのお店について(器まつもり)
1:25 餅飯殿センター街の理事長(奈良市中心市街地活性化研究会の会長含む)
2:30 夢CUBEの話
6:29 今後の商店街イベント
9:31 歌人としての松森さん等
12:03 奈良の商店街の魅力


【ブログ】鹿鳴人のつぶやき
http://narabito.cocolog-nifty.com

【公式】奈良まほろばソムリエの会
https://stomo.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奈良まほろばソムリエの会の広報グループでご一緒であり、奈良観光コンシェルジュでもある松原純さんのYouTube対談ではからずもインタビューを受けました。このほど公開されましたので紹介させていただきます。

当方の店の2階のギャラリーまつもりにて。2023年3月10日撮影。ちょうど後ろに、もちいどのセンター街のフラッグがみえます。

YouTubeリンク
https://youtu.be/usElsI1Z87U

Dsc_1277

明治32年の橋本町から餅飯殿町を望むとある写真。右手が丸十の屋号のある当店の店頭です。

Dsc_1283

器まつもり、現在。

Dsc_1282

歌集「大和まほろば」と当店屋上からの興福寺五重塔と若草山。

9784878068133_20230317205301

Dsc_1284

3月12日に行われた映像作家 保山耕一さんの上映会で短歌が披露されました。

アベマリアの調べ響きて吉野山の祈りの桜いま咲き満ちる    松森重博

Dsc_1281

13分間でまとめられています。松原純さん、ありがとうございます。

 

奈良ひとまち大学に掲載されている松原純さんのプロフィールを拝借させていただきます。

People_matsubarajun_150

松原 純(まつばら じゅん)

古色の栞 代表/奈良観光コンシェルジュ

天理大学体育学部を卒業し、テニスコーチとして6年間働く。

その後、奈良の観光に携わるため、オーストラリアへ語学留学を経て、ならまちの宿泊施設で経験を積む。

「Nara観光コンシェルジュアワード2020」で最優秀賞を受賞。

現在はフリーランスで観光ガイドや映像クリエイター、YouTuberとして活動中。

 

奈良観光の素晴らしい案内があります。

YouTube
https://youtube.com/c/NaraConcierge

 

 

 

2023年3月17日 (金)

東大寺二月堂青石段の展覧会へ

Img491_20230317164201

美術作家であり歌人であり文体論研究者(博士)である田中教子(のりこ)さんの展覧会が19日まで東大寺金鐘会館でひらかれていますので初日拝見してきました。

Dsc_1311

「菩薩界への道」というフランスの2022SNBAソシエテ・ナショナル・デ・ボザールの総合金賞・インスタレーション金賞のW受賞の作品です。

140×1400cmという大作でその一部の写真です。二月堂の南階段、青階段を東大寺の許可を得て、早朝拓本にとられた作品です。和紙、墨、金泥。

田中教子さんの紹介は近畿大学のページにあります⇒https://www.kindai.ac.jp/lit-art-cul/news/topics/2022/10/037028.html

Dsc_1295

そしてお水取りのお話を90分間にわたり聞きました。このほどお水取りを満行された望月大仙師とそばでお世話をされたという佐藤慧雲さんに対して、
日本画家であり造形作家であり歌人であり華厳宗僧侶である中田文花(もんか)さんが対談されたものです。なかなかうかがえないお水取りの深いお話でした。お風呂のこと。南無観のお話など。紙衣やさしかけなどいろいろな道具なども拝見できました。

真ん中が鎌倉のお寺の望月大仙師、右が佐藤慧雲さん、左が中田文花さん(写真も拝借しました)。

336680529_146303284741290_19667465663810

望月大仙師のHP⇒https://www.fugenkoumyouji.jp/

中田文花さんのHP⇒http://bunchoji.com/

展覧会は19日まで(10時~16時30分まで)。東大寺金鐘会館の地下小ホールにて。入場無料。

Img492_20230317170401

毎日新聞大阪本社の花澤茂人記者の奈良版の記事です。(画像はクリックすると拡大します)

Img20230317_19493846

 

 

薬師寺の花会式

3月25日から31日まで、薬師寺の花会式です。

南都銀行本店の奈良市のウィンドーにきれいな造花が飾られています。

Dsc_1251

Dsc_1252_20230311151601

お供えの花を間近で拝見できます。

Dsc_1253

Dsc_1254

2023年3月16日 (木)

米谷 潔氏著「万葉仮名小辞典ーー万葉集・古事記歌謡」

Img20230311_09313194

 

米谷 潔氏著「万葉仮名小辞典ーー万葉集・古事記歌謡」を紹介します。

株式会社22世紀出版発行。定価1000円+税。

奈良まほろばソムリエである、旧知の米谷 潔氏がこのほど、万葉集・古事記歌謡の万葉仮名小辞典を発行されました。

プリント・オン・デマンド出版(注文ごとに1冊ずつ印刷し、製本して届くという形態の出版物)です。

アマゾンで購入できます。60ページにわたる力作です。

「万葉集の4516首の原文は、すべて漢字だけで表記されています。そこで、万葉集の原文の面白さにひかれて万葉集、古事記歌謡に用いられている万葉仮名を引き出して辞典にしました」とのことです。

(画像はクリックすると拡大します)

Img20230311_09333823

万葉仮名一覧です。(画像をクリックすると拡大します)

Img20230311_09375193

米谷 潔さま。たいへんな労作だと思います。お疲れさまでした。活用させていただきたいと思います。

2023年3月15日 (水)

吉野山 祈りの桜 保山耕一さん上映会より

Dsc_1209

映像作家の保山耕一氏の作品上映会が3月12日にありました。 

吉野山の映像詩「祈りの桜」です。

映像をごらんください。

https://www.youtube.com/watch?v=ohaauTlAx6Y

 

私はこの映像を拝見して、短歌を詠み、上本京子さんに朗読して頂きました。そして私も登壇し中川直子さんとお話しをしました。

 

アベマリアの調べ響きて吉野山の祈りの桜いま咲き満ちる   松森重博

334894232_190945233549379_74526761412706

20230312_150658-3

ありがとうございました。(中井郁子さんからいただいた写真)

312-2_20230313100901

檜垣さんから頂いた写真。

335682808_561671842596303_41809446034294

2023年3月14日 (火)

4月22日の奈良八重桜を愛でる会

4月22日(土)、奈良八重桜の会の催しの案内が届きましたので紹介します。

335621553_747015420427695_88341523917964

ナラノヤエザクラを題材にした室町時代の能《八重桜》。
長い間上演されず埋もれたままでしたが、クラウドファンディングにご支援をいただいたおかげで、復曲が実現化しました。
令和6年4月27日(土)、奈良春日野国際フォーラム「能楽堂ホール」での上演が決定!
現在、金春流シテ方・金春穂高様が諸準備にとりかかってくださっています。

上演を1年後に控え、今春は、プレイベントを開催します。 
第20回「奈良八重桜を愛でる会」(復曲能プレイベント「能と奈良」)
令和5年(2023)4月22日(土)13:30開会(12:30開場)
興福寺会館(国宝「三重塔」西隣)

参加費:2,000円(学生1,000円)
先着100名様
お申し込みは
naranoyaezakuranokai@gmail.com
FBページのメッセージでも承ります。
お名前・ご住所・お電話番号を書いてお申し込みください。

第1部 講演「《八重桜》を探す!」
講師=法政大学名誉教授 西野春雄氏

第2部 能《八重桜》復曲の現状
講師=金春流シテ方能楽師 金春穂高氏

終了後、ナラノヤエザクラを観賞(希望者)

第一部講師の西野先生は、能楽の研究者で、特に廃絶曲の分野では第一人者。能《八重桜》の発掘者でもあります。
第二部では、金春穂高様による復曲能の進捗状況、衣装についての説明や仕舞披露などもお楽しみください。

 

2023年3月13日 (月)

「ぼけの壁」

Img509_20230227105501

(画像をクリックすると拡大します)

最近とてもたくさんの本を書かれ、そして、売れているという和田秀樹さんの本です。

和田秀樹さんの「80才の壁」に続いて「ぼけの壁」を読みました。

「ぼけの壁」 幻冬舎新書 900+税。

 

裏表紙より。

しあわせな老後、残念な老後を左右するのは「ぼけ=脳の老化」。

その二大原因は「認知症」と「老人性うつ」だ。

認知症は実に進行がゆっくりで、決して「罹ったら人生おしまい」ではない。

他方、老人性うつは死にいたる病気で認知症より怖いとも言えるが、適切に治療すれば治る病気だ。

「そもそも脳は臓器の中でも頑強にできていて、正しく知ってメンテナンスすれば、ぼけが始まっても簡単には衰えない」

 

第1章  「認知症」という病気を誤解していませんか?

第2章  「老親がちょっと変!」と感じたときの心得

第3章  認知症より恐ろしいのは老人性うつ

第4章  「脳の健康寿命」を延ばす考え方・暮らし方

 

最後に、脳の健康寿命を延ばす「20の動詞」が印象に残りました。

「遊ぶ」

「歌う」

「描く」

「おしゃれする」

「飼う」

「見物する」

「深呼吸する」

「推理する」

「贅沢する」

「育てる」

「旅する」

「注文する」

「飲み過ぎない」

「一人暮らしする」

「太る」

「楽観する」

「料理する」

「恋愛する」

「論争する」

「笑う」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

くわしくは本書を読んでみてください。

著者の和田秀樹さんのプロフィールです。

Img510

 

 

2023年3月12日 (日)

4月19日 日経 丸キャリTRAVELに保山耕一さん登場

Img528_20230312104201

Img527_20230312104201

日経新聞3月12日の紙面です。

4月19日 日経丸キャリTRAVELで、東京大手町の日経ビル3階の日経ホールにて、新緑の春日大社で歴史散歩で、名城大学の先生の講演と保山耕一さんの「映像詩で巡る奈良~千年続く祈りの風景」の住友真世さんとのトークショーが開かれます。

19時から21時まで、

リアルとWEBのハイブリッド開催とのことです。

詳細・お申し込みは

https://events.nikkei.co.jp/57310/

会場は抽選とのことです。

締切りは4月9日とのことです。

美ビット見て歩き ※114

Fqcp6smayaa9abr

(大阪市立自然史博物館HPより拝借)

毎月奈良新聞で読むのを楽しみにしている、川嶌一穂さんの美ビット見て歩きは、大阪市立自然史博物館で開かれる、特別展「毒」です。

高校まで東大寺の近い林の中に住んでいたという体験から初めてうかがうお話は驚きました。ムカデに噛まれたのはともかくもマムシにも噛まれたという経験があるということです。

ポスターが印象的であったとのこと、HPから画像を拝借しました。興味深いお話です。ちょうど3月18日から大阪市立自然史博物館で開催されるということです。

Img521_20230310110201

Img522_20230310110201

美ビット見て歩き 私の美術ノート *114 川嶌一穂

大阪市立自然史博物館特別展「毒」

写真 特別展「毒」ポスター(大阪市立自然史博物館、読売新聞社、関西テレビ放送提供)

 

 高校まで東大寺に近い林の中に住んでいたので、色々な「毒」体験をした。夏はムカデ。大きいものだとゆうに15cmはあった。咬まれるのはたいてい寝ている間で、寝返りを打ったりして知らずにこちらが踏みつけるのだろう、熱くて痛くて飛び起きる。本気で噛まれたときは、2週間ほどパンパンに腫れ上がり、冷たく冷やすくらいしか対処法はない。痛痒くなってくると、そろそろ治りがけだ。
ムカデは何故かゴムの長靴が好きで、たまに中に潜んでいることがあるので、長靴を履くときは必ず底まで手を突っ込んで、いないことを確かめなくてはならない。何しろ百本も足があるので(?)、逆さに振ったくらいでは落ちてこない。手を突っ込む時の怖いことといったらなかった。

 マムシにも一度咬まれた。雨の夜、父の大きな下駄を履いて数歩離れた外の風呂に行こうとしたとき、暗くて何が起きたか分からなかったが、とんでもない痛みで、すぐに駆け戻った。両親が、左足の小指に傷口が二つあるのでマムシだろうと言って、ナイフで傷をつけて、二人で代わる代わる口で毒を吸ってくれた。それから父の自転車に乗せられて病院に走り、血清を打ってもらった。血清があって事なきを得たが、二つの傷口はその後何十年も消えなかった。

 ヒルもいた。蜂にも刺された。セイヨウイラクサの群落に足を突っ込み、体調の悪いときは漆の木のそばを通っただけでかぶれた。自然に囲まれた昭和の子供の「毒」の記憶は鮮明だ。

 先月ある美術館を訪ねたおりに、他の美術展のポスターを貼ってあるコーナーで、異色の一枚に目がとまった。真ん中に、血が垂れているような大きな「毒」の文字。右側のショッキングピンクの血糊の上でセアカゴケグモが不気味な頭部を見せ、画面の左から蛇が鎌首をもたげている。その蛇を守るように生えるキノコとトリカブト。「きゃー!」

怖いもの見たさで、数日後、つい東京上野の国立科学博物館に行ってしまった。コロナ禍のこの3年間の人出の減少もどこ吹く風と、会場は人であふれていた。子供連れも多く、子供が親に説明している微笑ましい光景も見られた。

 入り口を入るとハブの巨大な模型が大口を開けて牙を剥いている。リアル過ぎて、やはりちょっと来たことを後悔する。オオスズメバチ、イラガの幼虫の模型が続くうちに、少しずつ慣れてきた。

 トリカブトや水仙、チョウセンアサガオなどは、毒のある植物として有名なのであえて触ることはしないが、ビワの種、隠元豆など身近な食べ物にも毒があると知って驚いた。隠元豆は胡麻よごしも天ぷらも大好きなので、これから熱をよく通すことに気をつけたい。加熱すると大丈夫らしい。

 会場に「日本における過去50年間の種子植物による食中毒」の表があったが、それによると件数は少ないが、死者数(900人以上)断トツ1位はジャガイモである。新芽や、日光に当たって葉緑素ができた部分にソラニンというアルカロイドが含まれる。家庭菜園や理科実習で収穫したジャガイモで集団食中毒が起きているそうだ。

 アジサイが全草に毒があることは知らなかった。夾竹桃は丈夫なのでよく高速道路の脇や公園に植えられている。これも全草に毒があり、青酸カリを上回る毒性を持つことはあまり知られてないように思う。

 山歩きの仲間からは、素人は絶対にキノコに手を出してはいけないと厳命されている。琵琶湖西岸のどこかの山だったと思うが、「火炎茸(カエンタケ)」という、その名の通り株立ちした、見た目も毒々しい真っ赤なキノコを見たことがある。これは世界的にもまれな「触ってもいけない」レベルの毒きのこで、近年日本各地で発生している。

 「鉱物に由来する毒」のコーナーに、人体を構成する元素のうち鉄、亜鉛、鉛などの微量元素は、取りすぎると「過剰症」、過ぎれば「中毒」で、足りない場合は「欠乏症」になる、という興味深い指摘があった。「毒」はその摂取量が問題である。まさに「毒と薬は紙一重」なのだ。

 「あ、これも毒か」と気付かされたのは、「人間が作った毒」だ。分解されにくいために拡散し、生物に蓄積する殺虫剤、PCB、ダイオキシンなどのPOPs(残留性有機汚染物質)である。またプラスチックごみの劣化によって細かくなったマイクロプラスチックも、長く環境に残り、回収不能だ。月ヶ瀬の友人が、里山に竹やぶが入り込んで困っていると言う。昔のように竹皮を包装材に利用すれば、一石二鳥と素人は考えるがどうだろう。

ユニークな切り口で、展示に工夫がなされた展覧会は楽しかった。たまには理系の展覧会もいいものだ。大阪展の会場である長居公園は、元の職場に近く、毎年夏は大池一面に咲くハスの花を楽しみに訪れた。今は全滅したと聞いて悲しい。

 前回(二月十日付)本稿の写真説明の文に誤りがありました。「光琳かるた『取り札』」を、「光琳かるた『上の句札』」と訂正致します。指摘下さった読者に御礼申し上げます。

=次回は令和5年4月14日付(第2金曜日掲載)=
  ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。

メモ 大阪市立自然史博物館ネイチャーホール(花と緑と自然の情報センター2階)
 http://www.mus-nh.city.osaka.jp/ 

大阪市東住吉区長居公園1−23。電話=大阪市総合コールセンター06-4301-7285。
大阪メトロ御堂筋線「長居」3号出口・東へ約800m。JR阪和線「長居」東出口・東へ約1km。

会期は、来週3月18日(土)〜5月28日(日)。月曜休館(ただし、3月27日、4月3日、5月1日は除く)。

 

 

2023年3月11日 (土)

3月12日 保山耕一さん上映会ライブのご案内

312

312-2

https://www.youtube.com/live/pPjYm6CUlSQ?feature=share

3月12日(日)午後1時50分から5時頃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上映会3月ライブ配信  /  映像作家保山耕一作品上映会@奈良公園バスターミナル

 

映像作家保山耕一作品上映会 / ライブ配信
チャンネル登録者数 748人

 

1 人が待機しています 2023/03/12 に公開予定
映像と音楽で巡る 奈良


------------------------------------------------------------------------------
■活動支援のカンパ、投げ銭は下記までお願いし申し上げます。
===============
三井住友銀行
小阪支店
普通 5231131
ホザン コウイチ
===============
皆様からの投げ銭でのご支援をどうかお願い致します。

【プログラム】
------------------------------------------------
第一部
「映像作家保山耕一作品上映会」

〜リクエスト特集〜
口朗読 いのちのことば
口映像、祈りの桜(ディレクターズカット)
口陽はまた昇る
口佐保川の桜 他
■月齢1〜月齢3(2023年2月撮影)

休憩

第二部
ならどっとFM「岡本乾夫の奈良、奥の奥」公開収録
ゲスト:辻明俊(興福寺) 河野裕韶(大安寺)
フィナーレ「歌を歌おう!
歌:大垣知哉
------------------------------------------------
【出演】
岡本彰夫
興福寺    辻明俊
大安寺    河野裕韶
歌      大垣知哉
司会     中川直子
ギター    牧野由希子
ヴァイオリン 秦進一
ピアノ    すみかおり
歌人     松森重博
朗読     上本京子

4月8日 旅館松前 杮落とし a_s

Img519

Img520

旅館松前さんから案内をいただきましたので紹介します。

 

「杮落としご案内申し上げます。
何卒宜しくお願い申し上げます。
a_s art _scene
KYOGEN LOUNGE in NARA

17時30分 開場(welcome drink)
18時00分 開演
小舞
兎    竹内寛
盃    土屋裕
土車   中野暁子
泰山府君 柳井尚美
雪山   福村まさよ
宇治の晒 柳井花観

18時15分 ご歓談(立食・free drink)

18時45分 狂言「末広がり」
果報者  大藏基誠
太郎冠者 大藏康誠
傘屋   茂山忠三郎
後見   竹内寛
19時15分 ご挨拶
19時20分 終演
30名様
10,000円(立食、Free drink含)
ご予約 0742-22-3686(旅館松前)
    ✉︎ hanami 626 @solid.ocn.ne.jp
奈良市今御門町5
@a_s art _scene

2023年3月10日 (金)

24日から、吉野・金峯山寺特別ご開帳

吉野・金峯山寺からのご案内です。

330285485_935968054064333_11261593798186

 

日本最大秘仏本尊特別ご開帳
現在、着々と進められている国宝仁王門の大修理勧進のために、国宝蔵王堂内に安置されている日本最大の秘仏ご本尊金剛蔵王大権現3体が、下記の日程で特別にご開帳されます。平常は、蔵王堂内陣の奥深くにいらっしゃる秘仏ご本尊と、この機会にご縁を結んでいただけますようご案内申し上げます。
期  間:令和5年3月24日(金)~令和3年5月7日(日)
拝観時間:午前8時30分~午後4時(法要等のために拝観を中止することがあります。)
特別拝観料(団体割引あり):大人1,600円・中高生1,200円・小学生800円
お問い合わせ:金峯山寺宗務庁 ℡0746(32)8371

2023年3月 9日 (木)

天理の早咲きの桜 開花

保山さんの時の雫、3月8日天理の早咲きの桜の開花の映像が公開されていました。12日の上映会はすでに満席とのことです。

https://www.youtube.com/watch?v=kVPR86C8_Fc

Dsc_1241

第16回「奈良まほろばソムリエ検定」実施されました。

Img518_20230306120601

奈良新聞、2023年3月6日より。(画像をクリックすると拡大します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

問題を以下の奈良新聞のデジタル版のPDFで見ることができます。

https://www.nara-np.co.jp/web/20220315180421.html

一番むつかしいソムリエ級、1級、2級の順に掲載されていますが、まずは一番最初に受験する、2級に挑戦してみてください。

回答も下段に載っていますので自己採点してみてください。70点以上が合格ラインです。

そして次に1級です。四択です。

そしてソムリエ級です。最初に四択問題25題に挑戦してみてください。

そしてソムリエ級は、200字で説明をする問題が2つ。

そして最後に、相手を楽しませるコースを自分でつくって400文字で案内する文を書きます。

実際に鉛筆で自分で字を書き入れなければなりません。

それぞれ回答用紙の原稿用紙に手書きで書きます。実際の試験ではためしに書く用紙もついていますが、時間が足りませんので直接回答用紙に書き入れるのが経験上良いと思います。

試験の時間はそれぞれの級で90分間です。

今年の問題にわたしも早速、挑戦してみました。

皆様もいかがでしょうか。

多くの人が1年間勉強して来年、まず2級の挑戦されることを期待しています。

勉強は、教材や本を読むだけでなく、実際奈良県内を実際に訪ねてみるというのが大事だと、経験上思います。
また、奈良まほろばソムリエの会の講演講座グループでは受験対策講座もあります。参加されるのをおすすめします。
https://www.stomo.jp/juken/top.html



またガイドグルーブによる実際の奈良を歩くコースがあります。

くわしくは奈良まほろばソムリエの会のホームページをご覧ください。https://stomo.jp/

 

2023年3月 8日 (水)

山田憲正さんと己書(おのれしょ)

先日、三条通りを歩いていて呼びかけられたのは、山田憲正さん。ずいぶん前に、交通安全協会でおせわになりました。
展覧会を開いておられ偶然に、10数年ぶりに会いました。

P1110050

己書の展覧会でした。

https://www.onoresho.jp/shihan/s193/

私もはがきのお手本を見て書かせてもらいました。記念にアップしておきます。

Img506_20230222180801

 

2023年3月 7日 (火)

来村先生と松原純さんの対談 飛鳥時代・明日香観光2回目

来村先生と奈良まほろばソムリエの会の松原純さんの対談がYOUTUBEで公開されています。

https://www.youtube.com/watch?v=NTAO9NogEKU

Dsc_1220_20230305134001

今回は、来村 多加史(きたむら たかし)先生の対談「飛鳥について」の2回目です。
「宮殿区と陵墓区の特徴」「飛鳥の地形や宮殿、お寺の歴史」「陵墓区の観光」などの話を伺っておりますのでご参考にして頂けましたら幸いです。

0:00 オープニング
0:31 飛鳥にある2つのエリア
1:11 宮殿区の概要
3:46 宮殿区に通る軸線
5:51 宮殿の話
7:48 宮殿区の寺院

Dsc_1224

Dsc_1223

8:48 陵墓区の地形
7:48 陵墓区の特徴
11:42 陵墓区の観光

Dsc_1225

Dsc_1222

【来村先生の経歴】
来村先生は兵庫県明石市のご出身で、幼い頃から考古学に興味を持っておられました。
高松塚古墳を発掘された関西大学「網干 善教(あぼし よしのり)先生」に憧れ、関西大学に入学して網干先生に師事。
関西大学大学院博士課程終了後、中国陵墓研究により博士号を取得されました。
現在は阪南大学の教授として学生に「観光学」を指導。
他にもテレビ出演や書籍の出版、また観光ガイドとして「クラブツーリズム」の講師など多方面で活躍されております。
今回はそんな来村先生に「奈良まほろばソムリエ検定(奈良検定)」や「奈良観光コンシェルジュアワード」、「奈良の魅力」などをお聞き致しましたので楽しんでご覧下さい。

 

「来村 多加史先生 Wikipedia」
https://ja.wikipedia.org/wiki/来村多加史

 

「阪南大学 講師紹介ページ」
https://www.hannan-u.ac.jp/doctor/tou...

 

「来村多加史講師同行ツアー」
https://tour.club-t.com/tour/relation...

 

「来村先生の著書(Amazon)」
https://www.amazon.co.jp/s?k=来村多加史&ad...

 

こちらの映像が参考になりましたら、高評価ボタン、コメントなどよろしくお願い致します。

 

https://www.youtube.com/watch?v=NTAO9NogEKU

2023年3月 6日 (月)

大槻旭彦さんによる「中村雅真と関藤次郎」翠門亭にて

先日、小学校中学校の先輩であり、奈良まほろばソムリエの先輩である、アカダマの大槻旭彦さんからお誘いを受け、久しぶりの

「アカダマ会」の勉強会に参加して素晴らしい時間をすごしました。ありがとうございました。

聞き手も奈良まほろばソムリエのみなさんや奈良の魅力を発掘・編集・企画をされている皆さんでした。

テーマは明治・大正・昭和の時代に奈良の政界・実業界・文化人として幅広く活躍し、また近代奈良の名筆として並び称される、奈良のリーダーの「中村雅真と関藤次郎」のお話を聞きました。そしてくわしい資料をいただきました。

大槻さんの研究成果が素晴らしいものでした。

よく名前がでてくるのですが、よく知らなかった中村雅眞さん、そして下御門町の関さんのことをお話しいただきました。

そして美味しい食事をいただきました。わたしは「大和地鶏のにゅうめん」とわらび餅をいただきました。

Dsc_0001_burst20230304110052746

会場は高畑町の市内循環「破石町」バス停近くの、もと関さんのご子息が晩年お住まいになり、この日のお話をうかがうに相応しい場所でした。

このほど大改修された、「翠門亭(すいもんてい)」という会員制のホテルです。

かつてよりの友人の北条工務店さんが手がけられています。

10年ほど前までは樹木がおい茂り、放置されていたようなかつての豪邸がみごとに改修されています。

はじめて訪問することが出来ました。

329365060_168615855956362_74671981523788

329534486_1380290889454011_6359636984041

329962266_136545499071600_77016992800393

庭も素晴らしい。

Dsc_1216

Dsc_1214

Dsc_1211

(一部写真は大槻さん、雑賀さんに拝借しました)

 

 

 

 

2023年3月 5日 (日)

3月10日、お水取りの対談

Fqakc9wacaez7qy

東大寺の修二会お水取りのお話を10日、20時から21時30分。奈良公園バスターミナル・レクチャーホールで行なわれます。

お話は、旧知のおふたり。ホテル尾花の中野聖子社長と毎日新聞学芸部専門記者の花澤茂人さん。

お水取りにもくわしいおふたりのお話は期待されます。申し込み先着順、入場無料。

4月13日14日吉野山ヘリコプターツァー

Img20230304_08410488

いつもいろいろな興味深いツァーを実施されている、やまとびとツァーズの冊子が届きました。

奈良市の東部丘陵のヘリポートからの出発で、天理桜井の古墳群を経て桜の吉野山旋回して再び奈良に帰るというツァーです。

39800円。
https://tours.yamatobito.net/

 

以前に奈良の薬師寺、唐招提寺、平城宮跡、佐紀古墳群、奈良公園、若草山を飛んで素晴らしい空からの景色を拝見しました。

今度も行きたいと思っています。

2023年3月 4日 (土)

4月15日 氷置 晋さん 完全ソロリサイタル

333865668_592819805731758_69443585036203

シンガーソングライターの氷置 晋さんが、4月15日(土)午後4時30分開場、5時から完全ソロリサイタルを開くと言うことで

いまチケット販売中とのことです。

場所は、奈良公園バスターミナルのレクチャーホールにて。

チケットは4000円とのことです。

わたしは早速申し込みしてチケットを手に入れました。

くわしくは以下のページをご覧ください。

https://shinhioki.com/springconcert2023/

2023年3月 3日 (金)

12日、飛鳥ハーフマラソン

第2回目を迎える、飛鳥ハーフマラソンが3月12日に行なわれます。
奈良まほろばソムリエの会の松原純さんのインタビューのYOUTUBEです。

https://www.youtube.com/watch?v=fG-3snWEbG4

Dsc_1180

2023年3月 2日 (木)

奈良検定 PR動画 決定

奈良検定のPR動画の最優秀賞とベストマッチング賞が決定したとのことです。そして3月5日は奈良検定があります。受検の皆様の健闘をお祈りします。

2911596718407307659

奈良検定の動画⇒https://www.youtube.com/shorts/g1H0dvgkxyo

「奈良商工会議所では、FRIVALs MOVIN' SHOUT FESTIVALを活用した制作コンペを実施し、奈良検定の魅力を伝えるPR動画の募集いたしました。
応募作品の中から、審査委員が最も奈良検定の魅力を伝えている2作品を「最優秀賞」と「ベストマッチング賞」を選出いたしました。今後、奈良検定のPR動画として活用してまいります。


【最優秀賞】moco様 https://mobile.twitter.com/moco191112

【ベストマッチング賞】kazya_editor様 https://twitter.com/kazya_editor

 

奈良検定公式HP>> https://www.nara-cci.or.jp/narakentei/
奈良商工会議所チャンネル>> https://www.youtube.com/@user-dw4cd1ih4z

 

【協力】
FRIVALs MOVIN' SHOUT FESTIVAL https://frfes.hp.peraichi.com/

奈良観光コンシェルジュ JUN https://www.youtube.com/@NaraConcierge

 

2023年3月 1日 (水)

1986年 真珠の小箱より お水取り

Dsc_1163_20230221172701

3月になりました。きょうから東大寺修二会も本行です。

1986年の近鉄提供の人気番組、真珠の小箱で、お水取りがアップされていますので紹介させていただきます。

https://www.youtube.com/watch?v=E3_ElwyJGJA

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30