フォト
無料ブログはココログ

« 行基さん大感謝祭 テーマソング『繋ぐ千年』の発表 | トップページ | 今井凌雪生誕百周年記念展 »

2022年12月 6日 (火)

サッカー奈良クラブ、商店街をお礼行進

758db1eb7dfd85881131ea428e7aef42

奈良新聞デジタル Nara News Paperのトップページ奈良のニューススポーツ
2022.12.05が伝えていますので紹介します。

そのほか朝日新聞、毎日新聞、読売新聞も、もちいどのセンター街のこのお祝いのフラッグとともに写真と記事が載っています。


奈良クラブ、J昇格で決意と感謝の凱旋 フリアン監督や選手ら35人

 

沿道のサポーターたちに手を振り、感謝の気持ちを伝えるフリアン監督=4日、奈良市の奈良もちいどのセンター街

 

奈良の商店街を歩く

 

沿道から「おめでとう」

 

 サッカーのJリーグ昇格を決め、来シーズンからJ3に参戦する奈良クラブのフリアン・マリン・バサロ監督や選手ら35人が4日、買い物客や観光客でにぎわう奈良市の「奈良もちいどのセンター街」や「三条通り商店街」を歩き、感謝の気持ちを伝えた。

 奈良クラブはJFL(日本フットボールリーグ)参入8年目の今季、初優勝を飾り、順位や集客面もクリアして悲願のJ3昇格を達成。この日は「ファンやサポーターはもとより、地元の商店街や関係者の支えがあればこそ」との思いを伝えるとともに、新たなステージに向けて決意を表明した。

 浜田満社長やフリアン監督、キャプテンの小谷祐喜選手、生駒市出身の平松遼太郎選手らが四つのグループに分かれ、手を振り笑顔で歩いた。途中、「12番目の選手」と呼ばれる背番号12をつけたユニホーム姿のサポーターらも駆けつけ「おめでとう」「よくやった」などの声が上がった。

 

 シーズン中、何度もロートフィールド奈良に駆けつけたという奈良市の会社員、福井繁寛さん(53)は「昇格が決まった瞬間、涙が出た。来季も頑張ってほしい」と選手をたたえた。観光で奈良を訪れた大阪市内に住む女性(25)は「ワールドカップでも日本が決勝トーナメントに進出したが、奈良クラブも来季が楽しみ」とエールを送っていた。

その後、フリアン監督や選手らはホテル日航奈良(奈良市三条本町)で開かれたシーズン終了報告会に参加。フリアン監督は「シーズン前、勝利できるチームをつくると宣言したが、多くの試合で勝つことができた。選手、スタッフだけではなしえず、多くの人の支えで達成できた。J3でもみなさんに楽しんでいただきます」と話した。

 

https://www.nara-np.co.jp/news/20221205214858.html

« 行基さん大感謝祭 テーマソング『繋ぐ千年』の発表 | トップページ | 今井凌雪生誕百周年記念展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 行基さん大感謝祭 テーマソング『繋ぐ千年』の発表 | トップページ | 今井凌雪生誕百周年記念展 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31