フォト
無料ブログはココログ

« 奈良まほろばソムリエ、奈良コンシェルジュの松原純さんの観光案内動画 | トップページ | 散歩日和 奈良凸凹編 興福寺周辺5 »

2022年6月 8日 (水)

森下惠介先生著「伊勢旧街道を歩く」

ずいぶん前になりますが、奈良大学の鎌田先生や学生たちが、菅笠とわらじ姿でよく伊勢詣りをされていたことがあります。
大阪から幟をたてた一行が伊勢詣りで奈良の三条通りを歩いておられたこともあります。

このほど、森下惠介先生が「伊勢旧街道を歩く」を上梓されました。東方出版。2545円+税、2800円。

早速買い求めました。

Img200_20220604125101

歩く道は国土地理院の地図に黒く線が引かれています。尼ヶ辻から橋本町あたりの地図です。(クリックすると拡大します)
かつてはこのあたりでよく宿をとられました。
昔の人が1日歩くのはおよそ10里(38キロくらい)、大阪から奈良がちょうどそのくらいとのことです。

Img201_20220604125101

橋本町御高札場は、1984年復元されました。ガイドのかたはよくこの前で説明をされますし、皆さんもよくご覧になっています。

Dsc_2660

Dsc_2662

左手前には、奈良県里程元標です。2010年復元。

Dsc_2664

東西南北の標柱への距離が書かれています。

この本のなかにも、標柱など写真や図でたくさん出てきます。

Img202_20220604130101

Img203_20220604130101

奈良県内で見かけたところもありますし、見たことのないところも写真で載っています。

この本を読んで実際に歩くのが一番だと思います。本を読んでいるだけでも、点が線になってつながっていきます。

著者の森下先生は健脚ですからたぶん実際に歩いて書かれたのでしょう。

電車が並行して走っているところが多いので、それぞれが選んで何回か分けて歩いて伊勢に行くのも良いのでしょう。

読むだけでも楽しい本です。

本の帯です。

Img204

Img205

« 奈良まほろばソムリエ、奈良コンシェルジュの松原純さんの観光案内動画 | トップページ | 散歩日和 奈良凸凹編 興福寺周辺5 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 奈良まほろばソムリエ、奈良コンシェルジュの松原純さんの観光案内動画 | トップページ | 散歩日和 奈良凸凹編 興福寺周辺5 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29