フォト
無料ブログはココログ

« 最新動画「もちいどのセンター街」 | トップページ | 27日から高校ラグビー »

2021年12月24日 (金)

保山耕一さんの日経記事

Img20211222_23242582

Img20211222_23260250

Dsc_1900

(画像をクリックすると拡大します)

日経新聞22日付夕刊に保山耕一さんの記事が大きく載っています。これを機会にさらに大きく仕事をなしとげていただきたいと思います。

(以下有料電子版より)

Https___imgixproxyn8sjp_dsxzqo1380609015

映像で伝え続ける大和の魅力 映像作家・保山耕一さん
関西のミカタ

見出し。

「関西の奥深き魅力 発信を」

「関西広域誘客で価値向上」

 

関西タイムライン
2021年12月22日 2:01 [有料会員限定]

 

 

ほざん・こういち 1963年大阪府東大阪市生まれ。フリーランスのテレビカメラマンと
して「THE世界遺産」や「情熱大陸」などを担当した。現在は映像作家として奈良県を
拠点に活動。NHKの「やまとの季節 七十二候」も担当する。

■テレビ番組「THE世界遺産」(TBS系)などのカメラマンを務めてきた保山耕一さん(58)。
現在はがんと闘いながらほぼ毎日奈良のどこかへ出かけて映像を撮り続け、
「や
まとの季節 七十二候」(NHK)などの映像制作を手掛ける。

 

高校の文化祭でフィルム作品を作ったことをきっかけに「日本一のカメラマンになる」
夢を抱き、卒業と同時に映像世界に飛び込んだ。アルバイトの撮影助手から始まり、関
西を拠点にテレビや映画の制作に携わった。不安定なフリーの立場では、認めてもらわ
なければ生き残れない。生活の全てを仕事にささげ、大阪の地下街のホームレスを1年
間追ったドキュメンタリー作品は映像コンクールで最優秀賞を受賞した。審査員の大島
渚監督からは「新しい時代の新しい映像作家が生まれた」と評価してもらった。

 

フリーのカメラマンとしてジャンルは問わず仕事を引き受け、多様な被写体にカメラを
向け、自分が思うままに撮影をしてきた。キャリアを重ねていくなか、気づけば歴史紀
行や世界遺産の撮影が多くなった。一度は携わりたいと思っていた「THE世界遺産」か
らも声が掛かり、南米に赴いて1カ月間のロケを敢行した。高度な撮影技術が求められ
、1日も休むことなく睡眠時間も削って撮り続けた。

 

2013年夏、50歳のときに仕事中にトイレで倒れた。直腸に大きな腫瘍が見つかり、医師
からは余命2カ月と宣告された。放射線治療を続け、手術で直腸を全摘し、一命はとり
とめた。ただ、後遺症で突然トイレに行きたくなることがあり、その後がんが肺にも転
移した。5年の生存率は10%以下といわれ、カメラマンとしてのキャリアも終わったと思
った。

 

■テレビなど過酷な撮影現場には復帰できない。自分ができることを考えたときに、幼
少期から通った奈良の魅力を自分のカメラで伝えることを思いついたという。

 

 

毎日カメラを持ち奈良の風景を撮り続けている
残りの人生で自分は何ができるのか。考え抜いてたどりついたのが、幼少期から母に連
れられて来た奈良の風景を撮影することだった。季節感が豊かで、歴史風土もある。テ
レビなどの仕事では必要だった演出は施さず、実感したものをそのまま映像で伝え続け
た。これまで900本の映像作品を公開したほか、音楽と映像を組み合わせて上映会も開
催した。

 

奈良は新型コロナウイルスの感染拡大でインバウンド(訪日外国人)が消失し、観光客
は激減した。一方、本来奈良があるべき姿を見ることもできたと思う。繊細な季節の変
化や動物本来の営みがあり、日常の風景から奈良の美を観察すれば感性が磨ける。そう
いう思いからほぼ毎日奈良のどこかへ出かけて撮影し、ネットで世界への発信を続けて
いる。

 

■新型コロナ禍が落ち着いた先を見据え、関西の観光誘客のためには広域で「地域の商
品価値」を上げていく必要があると話す。

 

奈良という風土の魅力を一番分かっていないのは、実は奈良の人だと思う。インバウン
ドに来てもらうのは悪いことではないが、これまでとは違う発信の仕方が求められる。
世間では鹿や大仏というイメージが強いが、奈良にはもっと奥深い魅力とポテンシャル
がある。それを能動的に学び、感性を磨くきっかけをつくる必要がある。

 

関西全体でも共通する課題だ。例えば、奈良は田舎風の「鄙び(ひなび)」と呼ばれる
一方、京都は風流な「雅(みやび)」だ。日本古来の文化が詰まっている両地域が隣り
合っており、連携ができれば、もっと観光地としての商品価値は上がる。狭い1つの地
域ではなく、広域で考えたときの魅力は何か。そういう視点を持つ人材がいても面白い
と思う。(聞き手は松本晟)

Https___imgixproxyn8sjp_dsxzqo1382140015

 

« 最新動画「もちいどのセンター街」 | トップページ | 27日から高校ラグビー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 最新動画「もちいどのセンター街」 | トップページ | 27日から高校ラグビー »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29