フォト
無料ブログはココログ

« 12月12日、奈良マラソン近づく | トップページ | 法輪寺へ »

2021年12月 6日 (月)

「柿食へば」子規が聞いた音 正体は?

Img20211202_10141067

(画像はクリックすると拡大します)

柿のおいしい季節です。正岡子規は柿が好きであったということです。

奈良に来たとき有名な「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」の俳句を詠んでいます。

その鐘はどこの鐘か?日経新聞奈良支局長の岡田さんが11月30日の日経夕刊に書かれています。

奈良ではまず現在天平倶楽部になっている、当時の対山楼に泊まりました。そこで、御所柿を若い仲居さんにたくさん剥いてもらったということです。その話しから、実は東大寺の鐘ではないかと言われています。

奈良まほろばソムリエの会の石田一雄さんが紹介されています。

Img20211202_10160486

« 12月12日、奈良マラソン近づく | トップページ | 法輪寺へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月12日、奈良マラソン近づく | トップページ | 法輪寺へ »

2024年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30