フォト
無料ブログはココログ

« 今昔MAP | トップページ | 10月3日、氷置晋さんのコンサート »

2021年9月15日 (水)

奈良県知事 荒井正吾氏著『このくにのかたちを考える』

Img20210818_17492013

奈良県知事の荒井正吾さんが、初めて本を書かれたということです。いま啓林堂・奈良店の店頭に並んでいます。

天智天皇、天武天皇のころからの奈良や国を振り返り、いろいろな時代を紹介して、これからのこのくにのかたちを書かれているように思います。

奈良県知事 荒井正吾氏著『このくにのかたちを考える』

時評社発行。2400円+税。391ページでしっかりボリュームがあります。

目次

はじめに

第1章 このくにのはじまりを考える

第2章 このくにのこころのかたちを考える

    佐々木閑氏「仏教とは何か」

第3章 このくにのひとを育むかたちを考える

第4章 このくにのグローバル化時代を生き抜くかたちを考える

第5章 このくにの国土づくりを考える

    座談会 「食文化への探求」林芳正氏(衆議院議員)、西井孝明氏(味の素(株)社長)

第6章  このくにの外交のかたちを考える

    小倉紀蔵氏「韓国と日本、分かり合える関係を築くために」

第7章 このくにのものを決めるかたちを考える

     対談 筒井清忠氏「彰往考来」の精神でこれからの日本が進むべき道筋を考える』

第8章 このくにを統べるかたちを考える

     座談 佐藤優氏『情報と国際協調が、日本の安全を守る新たな力に』

第9章 このくにの地方自治のかたちを考える

あとがき

Img20210818_17502278

第7章までは何とか読みましたが、第8章のこの国を統べるかたちを考える、あたりは理解を超える難しい問題でした。

 

« 今昔MAP | トップページ | 10月3日、氷置晋さんのコンサート »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今昔MAP | トップページ | 10月3日、氷置晋さんのコンサート »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31