フォト
無料ブログはココログ

« 万葉文化館と天武持統天皇陵、キトラ壁画公開へ | トップページ | 8月23日から、「きたまちといろ」 »

2021年8月 1日 (日)

8月7日から  平城宮跡資料館 企画展示室では

Img753_20210725110601

平城宮跡資料館 令和3年度 夏期企画展 「奈良を測る -森蘊の庭園研究と作庭-」
SE20210429_2.jpg
    森蘊(橋本聖圓氏撮影)
【開催趣旨】
 森蘊(もり・おさむ)は、国立奈良文化財研究所の初代建造物研究室長を務めた庭園史家・作庭家です。地形実測に基づいてかつての空間を復原的に考察するという、歴史地理学的手法を庭園研究に援用し、その研究の進展に大きく貢献しました。また、長い年月のうちに遺跡と化した庭園の発掘調査から復元整備までを手掛け、文化財庭園の保存修理・整備の方法論の礎を築きました。さらに、これらの調査研究の経験に基づく発想による作庭活動もおこない、奈良をはじめ各地にその作例が残ります。
 奈良文化財研究所では、森が奈文研に在籍した当時の図面等の研究資料を所蔵しています。これらのうち、奈良所在の遺跡・庭園に関する資料を中心に展示をおこない、森蘊の庭園研究と作庭に関する業績を紹介いたします。

【会  期】
令和3年8月7日(土)~9月12日(日)
開館時間 9:00~16:30(入館は16:00まで)
月曜休館(休日の場合は翌平日休館)、入館料無料

【会 場】
平城宮跡資料館企画展示室

ホームページにさらにくわしく載っています⇒https://www.nabunken.go.jp/heijo/museum/kikaku/se20210807.html

Img754_20210725111601

(画像をクリックすると拡大します)

« 万葉文化館と天武持統天皇陵、キトラ壁画公開へ | トップページ | 8月23日から、「きたまちといろ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 万葉文化館と天武持統天皇陵、キトラ壁画公開へ | トップページ | 8月23日から、「きたまちといろ」 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31