フォト
無料ブログはココログ

«  季刊 まちづくり協会 20号 | トップページ | 龍田大社へ »

2021年4月24日 (土)

法隆寺へ

ことし聖徳太子1400年遠忌、先日はWEBで法要を拝見しましたが、ぜひ奈良国立博物館での特別展までにと、ひさびさに法隆寺にお参りしました。4月22日ながら、とても暑くて、この日は気温も26度まで上がったとのことでした。

P1090939

まず、會津八一の歌碑へ。

P1090942 P1090943

五重塔をあふぎみて

ちとせ あまり みたび めぐれる ももとせ を ひとひ の ごとく たてる この たふ

 

(千年を超えて千三百年という長い年月を、まるで一日であるかのようにこの五重塔は静かにたっている。)

 

(服部素空氏の會津八一研究より→服部素空ホームページ

 

P1090948 P1090960  

先日雨の日に、聖徳太子1400年遠忌が行われた講堂。

P1090975

この期間だけ公開の、上御堂も初めて拝観できました。

P1090971_20210423065301

正岡子規の句碑。

柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

P1090979

P1090986

時折修学旅行の皆さんがおられましたが、境内は、人も少なくとても静かでした。コロナ禍のゆえだと思います。

P1090990

夢殿へ。この時期、救世観音の特別拝観もできました。

P1090991

P1090993

移設された、會津八一の歌碑。

あめつち に われ ひとり ゐて たつ ごとき この さびしさ を きみ は ほほゑむ

 

(天地にわれ一人ゐて立つごときこの寂しさを君はほほゑむ)  服部素空氏の解説

 

P1090999 P1100002

法隆寺iセンター東にある會津八一の歌碑。

うまやど の みこ の まつりも ちかづきぬ まつ みどり なる いかるが の さと

 

(厩戸の皇子のお祭も近づいた。松の緑が美しいこの斑鳩の里に。) 服部素空氏の解説。

P1100003 P1100005

法隆寺iセンターでは、100年前の聖徳太子1300年遠忌のモノクロ写真が展示されていました。盛大に行われた様子が伝えられています。

Img578_20210423095901

 

 

 

 

«  季刊 まちづくり協会 20号 | トップページ | 龍田大社へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

«  季刊 まちづくり協会 20号 | トップページ | 龍田大社へ »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29