フォト
無料ブログはココログ

« 美ビット見て歩き*91 | トップページ | ワールドシップオーケストラ~奈良公演2021~ »

2021年2月16日 (火)

東野治之著「聖徳太子」

Img409

今年は、聖徳太子1400年御遠忌の年です。4月3日から5日、法隆寺では大講堂前にて大法要が予定されているとのことです。

月刊「ならら」1月号でも特集されています。

また川嶌一穂さんは12月の「美ビット見て歩き」にも紹介されていました。

最近、厩戸王(うまやとのみこ)は実在したが、「聖徳太子」の存在は虚構だと言われ、教科書からその名が消えるらしい。その昔「聖徳太子=十七条憲法、冠位十二階…」と習った者としては、「えーッ」と驚くばかりだが、本当はどうなのだろう。

古代史で困った時は快刀乱麻の東野治之さんに聞いてみよう、という訳で『聖徳太子―本当の姿を求めて』(岩波ジュニア新書・2017年)を手に取った。
 
氏は「十七条憲法は太子が作ったと見ていい。が、政治的な実権はあくまで蘇我馬子にあり、太子は中国や朝鮮の書物を調べたり、制度を立案したりする立場だっただろう。仏教への理解は非常に深く、法隆寺に長く伝わり現在御物となっている「法華義疏(ほっけぎしょ)は、太子の著作であり、さらに自筆の原稿と見るのが妥当だ」と語る。法隆寺金堂釈迦三尊像銘文や「法華義疏」解読の道筋は、ミステリーを読んでいるかのようにわくわくした。

長らく積ん読で読んでいなかった、東野治之著の「聖徳太子」を引っ張り出して読みました。

『聖徳太子 ほんとうの姿を求めて』という岩波ジュニア新書です。880円+税。

裏表紙には以下のように書かれています。

誰もが知っているのに、謎だらけの存在。聖徳太子。偉人か、ただの皇子か。「聖徳太子」か「厩戸王」か・・・。彼をめぐる議論は絶えません。いったいなぜそんな議論になるのでしょう。問題の根っこを知るには、歴史資料に触れてみるのが一番。仏像、繍帳、お経、遺跡などをめぐり、ほんとうの太子を探す旅に出かけましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の大立山祭の講演でもおすすめの本に上げられていました。

◆聖徳太子の遺産 ~遣隋使から遣唐使まで~

講師:奈良女子大学 准教授  河上 麻由子先生

 

« 美ビット見て歩き*91 | トップページ | ワールドシップオーケストラ~奈良公演2021~ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美ビット見て歩き*91 | トップページ | ワールドシップオーケストラ~奈良公演2021~ »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30