フォト
無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月28日 (日)

『奈良万葉の旅百首』

Dsc_00035-7

この2月末『奈良万葉の旅百首』という新書版の本が発行されました。京阪奈情報教育出版発行、1,000円+税。

奈良まほろばソムリエの会のメンバー60人が分担して昨年から、奈良の万葉集の歌について書いてきました。写真もそれぞれが撮りました。編集委員のメンバーのチェックを受け、さらに万葉学者の奈良大学の上野誠先生に監修していただきました。

 

京阪奈情報教育出版のKさんのメッセージです。

もう2度と、こんな本は創れないんじゃないかと思うくらい、スゴい本になりました。
奈良の万葉の知識と魅力の詰まった1冊です。

・万葉の奈良を堪能できる1冊
・見開き2ページが基本で読みやすい
・奈良まほろばソムリエの会の会員60名による書き下ろし
・歌碑などの現地の場所や交通手段も網羅
・コラムも充実
・万葉の基礎知識も学べる

近鉄駅前の啓林堂書店に立ち寄ると、奈良本のコーナーに展示されていました。わたしの「大和まほろば」の歌集、「まほろばカルタ」、「奈良百寺巡礼」、「神仙境吉野の謎に迫る」、「高畑界隈」もそばにならんでいます。

Dsc_0738

 

2021年2月27日 (土)

唐招提寺の「布薩」の動画映像

Img468_20210226112101

唐招提寺の「布薩」という行が、西山長老の発案で100年ぶりに行われたということです。2月25日の毎日新聞は伝えています。

撮影されたのは映像作家の保山耕一さんです。行の様子の映像を下のYOUTUBEで見ることが出来ます。

https://www.youtube.com/watch?v=mxwXhRAf0bY

2021年2月26日 (金)

奈良国立博物館 3月21日まで

奈良国立博物館では、お水取り展が始まりました。お水取りにまつわる仏典や仏具、衣装などが展示されています。また20分間のビデオ映像も興味深いものです。

Img20210225_17242570

また帝国奈良博物館の誕生の図面や模型、片山東熊など関係のひとびとが紹介されていました。

Img20210225_17250571

その建物が現在、なら仏像館ですが、いま重要文化財の吉野山の金峯山寺の二体の金剛力士像が展示されているとの報道でした。

二体の金剛力士像も修復されてちょうど展示されているということです。金峯山寺の仁王門が今修復中であり令和10年の修復完成まで展示されるようです。

二体とも5メートルあまりの全高で、東大寺の南大門の仁王像に次ぐ大きな仁王像といいます。天井まであとわずかという大きさで、また見事なものです。

Img20210225_17215110

以下は奈良新聞より拝借。

154808328_1816731285150475_1270622769213

また古代中国青銅器(坂本コレクション)の青銅器館も公開が再開されています。

奈良国立博物館のホームページです→https://www.narahaku.go.jp/

 

 

2021年2月25日 (木)

東大寺・筒井寛昭長老の「お水取りからみた奈良の歴史」

修二会、お水取りが近づいてきました。
東大寺の筒井寛昭長老の講演が先日ありました。

142760324_2315799731886460_3791143192202

Img20210305_08281100

一般社団法人 奈良地域デザイン研究所の村内敏雄さんからの報告です。(写真も村内さんからいただきました)
3月1日から奈良のケーブルテレビKCNで放送されるとのことです。また3月2日から7日まで再放送されるということです。

142864281_2315799501886483_4447644167313

1月24日、
奈良地域デザイン研究所・市民フォーラム「お水取りからみた奈良の歴史」を、東大寺の本坊で開催いたしました。
 東大寺筒井寛昭長老からの、詳しくお水取りから奈良の歴史を詳しく説明していただきました。
 今回は無観客での開催でしたが、KCNで収録しテレビで放映されます。 又、これをDVDで奈良市内の小中学校へ配布し、子供たちの「世界遺産学習」に役立って欲しいですね。
2部は、筒井長老の作詞された「ならにおもえば」の歌の演奏がありました。
 この様子は朝日・読売・毎日新聞社に掲載されました。KCNは3/1(月)16時に放送されます。再放送は6回あります。
 主催は、一般社団法人 奈良地域デザイン研究所です。

142160560_2315800205219746_9041781636202

2021年2月24日 (水)

喜劇「お染与太郎珍道中」

Img20210224_06500373

京都・南座で喜劇「お染与太郎珍道中」が27日まで公演されています。奈良市出身の奈良市観光特別大使でもある、八嶋智人さんが渡辺えりさんと出演しています。八嶋さんとは小学校から高校まで同窓です。しかも中学高校時代、奈良女子大学附属中学高校で水泳部だったというつながりがあります。八嶋さんは水泳部長であり自由形の選手であったということです。お誘いがありましたので見に行くことにしました。

〈追記)

京都・南座へ。前はよく通っていますが中に入るのは初めてのことです。

Dsc_0725

開演前。緞帳です。

Dsc_0727

このあと開演前までに、1つおきの席がほぼ埋まっていきました。

Dsc_0726

第1幕は11時開演、江戸、大磯、箱根、12時35分まで。休憩25分。第2幕は1時開演、大津、京都、2時終了しました。

主演の八嶋智人さん、渡辺えりさんおふたりの熱演。そして共演の皆さんも熱演でした。

八嶋さん二役していました。

演技にストーリー、大道具、小道具、音響にいろいろな仕掛けもあり、とても面白い舞台でした。

2月はじめから東京・新橋演舞場、そして27日まで京都・南座と長い公演、お疲れさまです。

 

 

2021年2月23日 (火)

西暦・元号の換算表

Img465_20210221105501

 

Img466_20210221105501

「昭和史」などを読んでいて、西暦と元号との換算を簡単にできるような換算表があればと思い、明治以降の換算表を作ってみました。

明治45年が大正元年で西暦1912年。

大正15年が昭和元年で西暦1926年。

昭和64年が平成元年で西暦1989年。

平成31年が令和元年で西暦2019年。

明治から昭和20年までをひとまとめに、昭和21年を昭和戦後1年としてみました。

 

2021年2月22日 (月)

奈良まほろばソムリエの会、ガイドグループの案内

Img460_20210216110601

奈良まほろばソムリエの会のガイドグループでは、奈良県内のモデルコースを案内します。予定に合わせて、対応もOKとのことです。

くわしくはホームページをご覧下さい→https://sguide81.blog.fc2.com/

以下にモデルコースが書かれています。画像をクリックすると拡大します。

Img461_20210216110901

2021年2月21日 (日)

馬場基さんのオンラインツアーbyやまとびと

やまとびとからのオンラインツァーの案内です。

奈良文化財研究所のエース馬場基さんのオンラインツアーbyやまとびとが3月5日にあるそうです。なんと無料です。

P1080875

3/5オンラインツアー
『嗚呼、エキサイティングな平城宮跡!』
木簡にみる天平びとの“ツイート“
参加費:無料(申し込み制)
 幾度の遷都に疫病の流行、政権争いなど激動の奈良時代を当時の人々はどのように生き抜いたのか。平城宮跡の遺物の中でも、木簡は天平びとのリアルな声が記録されています。木簡を中心に、奈良文化財研究所の馬場氏のユニークな解説や平城宮跡の映像や写真を通じて、目には見えない土の中の奈良時代を感じ、オンライン上で平城宮跡を旅します。
 また、「木簡研究者のお仕事紹介」や「おもしろ木簡ベスト3」など、木簡初心者の方でも楽しんでいただける内容でお届けいたします。
 ツアー当日は、気になったことや疑問に感じたことがあればチャットを通じ直接質問ができるなど講師と双方向にやり取りすることができます。皆様ふるってご参加下さい!
主催:平城宮跡にぎわいづくり実行委員会、奈良県、奈良市
◆講師プロフィール
馬場 基 氏(奈良文化財研究所 都城発掘調査部史料研究室長)
1972年東京都生まれ。東京大学文学部卒業、同・大学院博士課程中退。現在、独立行政法人国立文化財機構・奈良文化財研究所都城発掘調査部史料研究室長、京都大学大学院人間・環境学研究科客員准教授。専門は日本古代史、木簡学。発掘調査に携わるとともに、古代史の研究・出土文字資料の研究から、日本史全体の研究や東アジア史研究など、幅広いフィールドで活躍している。主な編著書に、『平城京に暮らす』(吉川弘文館)などがある。
◆開催日時
3月5日(金)19:00~20:30
◆参加費、お申込み先
参加費:無料(申し込み制)
お申込み先:https://tours.yamatobito.net/o-210305/
お申込み期限:3月4日(木)正午まで

2021年2月20日 (土)

奈良市地図情報公開サイト

Dsc_0703

最近、奈良市の以下のホームページでいろいろな地図情報がパソコン、スマホから見ることができるようになったということです。

→https://naracity.geocloud.jp/

奈良市地図情報公開サイトの概要
概要
「奈良市地図情報公開サイト」は、奈良市の地図情報を公開すると同時に、道路損傷等(穴ぼこ及び街灯不点灯)の情報を市民の皆さまに投稿いただき、安心安全とサービスの向上を図る為のポータルサイトです。
シンプル版
基本機能のみを利用いただける、初心者向けのバージョンです。当ページではこのシンプル版の使い方について説明します。
高機能版
シンプル版よりも高度な分析が可能な、熟練者向けのバージョンです。
印刷をする場合は、高機能版を利用してください。※印刷できない地図の場合は、印刷ボタンが表示されません。地図上の「高機能版で印刷」または「高機能版でPDF印刷」ボタンをクリックすると、高機能版に遷移します。

内容や使い方は十分わからないのですが、いろいろMAP情報が得られそうです。

 

 

 

 

2021年2月19日 (金)

継承したい「半藤史観」

Dsc_0693

1月に半藤一利さんが亡くなられました。ときどき読んでいた半藤さんの本を、もういちど読み始めています。『昭和史1926年から1945年』を読み終えたところです。

Img20210215_19000277

ちょうど保阪正康さんの「半藤史観」過ち反省する良心を守る、という記事を読みましたのでアップします。

 

いわく、半藤史観とは、「三角すい」にたとえるとわかりやすい。

見える三つの三角形は、

事実の探究・・・実証主義的に史実を確認すること

平易な文体・・・誰にでもわかるように語ること

市民の視点・・・戦争で犠牲になった人の目の位置を決して崩さない

そして見えない底辺には、半藤さんの戦争体験がある。

 

▽史実を確認するのは人間と人間との真剣勝負である

 

▽半藤さんのふたつの言葉を紹介されています。

ひとつは、日本人の賢明さの証を示すことだ、反省する良心を守ることだ

もうひとつは、二度と戦争をしないと誓ったこの国は戦後守っている、そのための昭和史研究なのだ。

(以下クリックすると拡大します。記事は奈良新聞より拝借)

 

Img454_20210214112201

Img455_20210214112201

Img456_20210214112301

西暦と元号の早見表を作ってみました。

ダウンロード - e8a5bfe69aa6e383bbe58583e58fb7.xlsx

 

2021年2月18日 (木)

入江泰吉記念奈良市写真美術館では

Img462_20210216152501

入江泰吉記念奈良市写真美術館では、2月20日から、「灯り 入江泰吉」展がひらかれます。3月28日まで。

同時に、第4回 入江泰吉記念写真賞受賞の岩波友紀さんの「紡ぎ音」展がひらかれます。

また第4回ならPHOTO CONTEST受賞作品展もひらかれます。

くわしくはホームページをご覧下さい→http://irietaikichi.jp/

 

Img463_20210216152601

2021年2月17日 (水)

ワールドシップオーケストラ~奈良公演2021~

Img458_20210216105301

(画像をクリックすると拡大します)

奈良県文化会館の国際ホールで2月21日(土)、ワールドシップオーケストラ~奈良公演2021~が開かれます。

13時から、16時からの2回公演です。

大人500円。中学生以下は無料とのことです。

くわしくはホームページをご覧下さい→http://world-ship.org/orchestra/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

代表の農澤さんのメッセージです。

ご無沙汰しております、農澤です。相変わらず元気です。
近況ですが、葛城市の小学校にて演奏したり(密を避けて4公演)、奈良を代表する映像作家保山耕一さんの上映会に参加させていただいたり、奈良の山奥の村おこしプロジェクトに関わったりしています。
大学院の入試の時に、執拗に「僕は奈良の文化を変えたい、良くしたいんです」と言って教授陣に笑われました(うちの大学は神戸ですよと)。卒業して5年以上経ってもその気持ちは変わらず、海外に行けない今こそ、しっかりと日本の芸術文化のあり方と向き合う良い機会かな、と考えています。
そして、今週末の日曜日、ワールドシップオーケストラとしてコロナ後、初となる国内演奏会を奈良県文化会館にて行います。
自分の幼少期、親が「この子は絶対に泣きませんから」と言って無理やりプロオケの公演を聴かせてもらったり、幼稚園にヴァイオリンを弾きに来てるおばさんを見てヴァイオリンを始めたりという経験をしました。それらの機会があったからこそ、こうして音楽を専攻し、オーケストラの代表を務めることになったと思っています。
数ヶ月前、6歳から大学4年までヴァイオリンを習った師匠と電話しました。自分の今の仕事は、プロ奏者への夢を諦めて辿り着いたものとも認識しています。しかし先生は、僕の仕事に対して、この活動に対して「誇らしく思う」と伝えてくれました。
6歳の時に敬語も使えず、礼儀も知らず、一から楽器を教えてくれた師匠が、やりたい放題生きてきた自分に対してそのように伝えてくれたことが、本当にうれしかった。
だからこそ、僕は今、改めてこの仕事に誇りを持って、奈良の子どもたちに本物の音楽を届けて、音楽を通して人生を豊かにしてもらいたいと、そう願っています。
コロナの逆風は未だ止むことなく、公演を中止にすべきだとの意見も多数もらいました。
しかし、私たちには音楽を届ける責務があると考えます。芸術を生業にするか否かに関わらず、ココロを豊かにする芸術文化は、不要不急の贅沢品でもなんでもなく、人々の生活の中に脈々と流れ続けなければならないものだと思っています。
長くなりましたが、もしお時間のある方はお越しください。最大限のコロナ対策を施した上、今の自分たちにできうる最高の音楽をお届けします。
詳細、お申込みは以下より。
http://world-ship.org/orchestra/21nara/

 

 

 

 

Img459_20210216110101

2021年2月16日 (火)

東野治之著「聖徳太子」

Img409

今年は、聖徳太子1400年御遠忌の年です。4月3日から5日、法隆寺では大講堂前にて大法要が予定されているとのことです。

月刊「ならら」1月号でも特集されています。

また川嶌一穂さんは12月の「美ビット見て歩き」にも紹介されていました。

最近、厩戸王(うまやとのみこ)は実在したが、「聖徳太子」の存在は虚構だと言われ、教科書からその名が消えるらしい。その昔「聖徳太子=十七条憲法、冠位十二階…」と習った者としては、「えーッ」と驚くばかりだが、本当はどうなのだろう。

古代史で困った時は快刀乱麻の東野治之さんに聞いてみよう、という訳で『聖徳太子―本当の姿を求めて』(岩波ジュニア新書・2017年)を手に取った。
 
氏は「十七条憲法は太子が作ったと見ていい。が、政治的な実権はあくまで蘇我馬子にあり、太子は中国や朝鮮の書物を調べたり、制度を立案したりする立場だっただろう。仏教への理解は非常に深く、法隆寺に長く伝わり現在御物となっている「法華義疏(ほっけぎしょ)は、太子の著作であり、さらに自筆の原稿と見るのが妥当だ」と語る。法隆寺金堂釈迦三尊像銘文や「法華義疏」解読の道筋は、ミステリーを読んでいるかのようにわくわくした。

長らく積ん読で読んでいなかった、東野治之著の「聖徳太子」を引っ張り出して読みました。

『聖徳太子 ほんとうの姿を求めて』という岩波ジュニア新書です。880円+税。

裏表紙には以下のように書かれています。

誰もが知っているのに、謎だらけの存在。聖徳太子。偉人か、ただの皇子か。「聖徳太子」か「厩戸王」か・・・。彼をめぐる議論は絶えません。いったいなぜそんな議論になるのでしょう。問題の根っこを知るには、歴史資料に触れてみるのが一番。仏像、繍帳、お経、遺跡などをめぐり、ほんとうの太子を探す旅に出かけましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の大立山祭の講演でもおすすめの本に上げられていました。

◆聖徳太子の遺産 ~遣隋使から遣唐使まで~

講師:奈良女子大学 准教授  河上 麻由子先生

 

2021年2月15日 (月)

美ビット見て歩き*91

川嶌一穂さんの美ビット見て歩きは、1月休みでひさびさ奈良新聞に載っていました。「鬼滅の刃」です。昨年からコミックや映画でたいへん流行しています。全23巻を購入したとのこと。解説を味わいました。

Img445

 

Img446_20210212095601

 美ビット見て歩き 私の美術ノート *91 川嶌一穂

 

集英社ジャンプコミックス 吾峠呼世晴著『鬼滅の刃』全23巻。アニメ映画『鬼滅の刃 無限列車編』

 

写真 東京の節分飾り。柊、豆殻と、鰯は煮干しが1匹。

 

昨年の後半くらいから「キメツ」と言う言葉を耳にするようになり、「何だろう?」と思っていたら、本屋さんの入口に「『鬼滅の刃』全巻セット限定5部発売」というコーナーができていたり、新聞に全面広告が掲載されたりして、漫画と映画の流行ぶりを実感した。本紙昨年12月30日付の、能楽とのつながりを語る林宗一郎師のインタビューも面白く拝読した。


極め付けは今年のお正月。親しい近所の小学生に「おばあちゃん、大正生まれ?」と聞かれ、お母さんに「すみません、鬼滅に夢中なもので」と謝られた時に、これは今までとは違う社会現象だと興味を抱いた。


遅ればせながら、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を見に行ったが、何とも凄惨な戦闘シーンが一杯なのだ。その合間合間に回想の場面が挟まれていて、それでストーリーが分かってくるという構成で、この怖がりの老人にとっては実に緊張を強いられる時間だった。


同時に単行本全23巻も入手して読んだ。こちらも戦闘シーン満載だが、本なので恐ろしい所は読み飛ばし、美しい場面をゆっくり味わうことができた。
 ご存知の方には言わでもの事だが、炭を売る少年・竃門炭治郎(かまど・たんじろう)の家族が鬼に食い殺され、1人だけ残った妹・禰豆子(ねずこ)も鬼に変貌してしまう。炭治郎は、家族の敵討ちと禰豆子を人間に戻すために、禰豆子を連れて旅立ち、鬼殺隊入隊を目指して修行するという、少年の成長物語である。
 過酷な修行を可能にするのは、失った家族への炭治郎の想いの深さで、「俺は長男だから我慢できた」と修行に励み、「自分にできなくても/必ず他の誰かが/引き継いでくれる/次に繋ぐための/努力をしなきゃならない」と仲間を鼓舞したりする。
 コロナ禍での昨年の映画興行収入がここ20年で最低を記録した中で、『鬼滅の刃 無限列車編』は桁違いの断トツ1位だった。なぜこんなにも若い人たちの心を鷲掴みにしたのだろう。


 作品中かなりの部分を占める戦闘のシーンは、私は苦手だが、若い人にはカタルシスを与えるのかも知れない。運動会の徒競走で順位をつけないとか、最近の「桃太郎」は鬼と仲直りするなどと聞いたことがあるが、遊びや童話の中で戦いや競争の代理体験をしておくことも人生の機微を学ぶ大切な機会である。


 もう一つは、作品にあふれる日本的要素だ。今や暮らしから消えてしまった市松模様や麻の葉模様の着物の美しさ、障子や畳の創り出す和室の簡素な美に若い人たちが心ひかれるのではないだろうか。
 だとすれば、私たち大人にはこういう欲求に気付かなかった責任があるかも知れない。鬼伝説や刀剣の由来を伝える能や歌舞伎が、「お能をパリへ」とか、「歌舞伎をニューヨークへ」と銘打って海外公演を打つ。しかし日本の若い人で、能や歌舞伎を見たことがある人はとても少ないだろう。


では、能楽発祥の地・奈良で出来ることは何だろう。例えば、県内の小学校で、必ず謡か仕舞、あるいは笛、小鼓、大鼓、太鼓のどれか一つの楽器が出来るようにする。先人たちが守って来た伝統を次世代に繋ぐこと、作者が伝えたいことの一つだ。


 作者の筆名「吾峠呼世晴」は、「ごとうげ・こよはる」と読ませるようだが、「呼世晴」は「来よ、春」つまり「春よ来い」と聞こえる。今この瞬間にも、新型コロナウイルスと戦っている医療や接客業の現場、放射能汚染と戦う原発建屋で、命を懸けて「鬼」と戦っている若者たちへの作者の祈りだと思う。
 本欄は、1月にお休みを頂いたので、今回が第1回目。本年もどうぞよろしくお願いします。
 ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。

=次回は3月12日付(第2金曜日掲載)=

メモ 集英社ジャンプコミックス 吾峠呼世晴著『鬼滅の刃』全23巻。映画『鬼滅の刃 無限列車編』TOHOシネマズ橿原。橿原市曲川町イオンモール橿原サウスモール3F。電話050(6868)5031。

2021年2月14日 (日)

奈良公園のひと時

山の辺の道を歩き終えて、夕方17時の県公会堂での瑠璃絵の三社寺による鼎談までのひと時、ひさしぶりに奈良公園でゆっくり過ごしました。

P1090006

片岡梅林。円窓は春日大社の万葉植物園に移設とのことです。

P1090009 P1090008 P1090005 P1090011_20210213025701

飛火野へ

雪消沢古蹟の池。

P1090013

P1090018  P1090017

花山院宮司さん、映像作家の保山耕一さんおすすめの御蓋山の見えるベンチに。

P1090019 P1090024

春日野園地にて。

P1090040 P1090041_20210213030101 Dsc_0688

 

山の辺の道(奈良道)2

崇道天皇八島陵からすこし東へ行くと、嶋田神社に着きました。画像はクリックすると拡大します。

P1080981

P1080982

古市廃寺や古市城の説明板。

P1080985

見晴らしの良いところでお弁当の休憩。生駒山がよく見えます。

Dsc_0686

白山ひめ神社

P1080983

P1080984

あちこちの要所要所に案内表示がきちんとされています。2カ所ほどイノシシよけのフェンスがありましたが、ドアをあけて通行できました。

P1080989

横井廃寺跡の説明板。

P1080990

陸軍の旧射撃場(現在は自衛隊の射撃場として使用)とか陸軍墓地があるようです。

P1080991

鹿野園の由来の説明板。

P1080994

鹿野園八阪神社。

P1080996

P1080997

白毫寺遺跡(高円離宮推定地)、鹿野園石器散布地などの案内板。

P1080998

P1080999

白毫寺町に近づいたところで一部道路工事をされていました。で、白毫寺には直接いけませんでしたので、高円高校横を通り、住宅地を通り

奈良教育大にたどり着き、最後は喫茶みりあむへ。(所要時間3時間でした)

P1080966_20210212151601

今回活用させて頂いた、山の辺の道「奈良道」を守る会のMAPですが、ブログへの掲載のご了解を事務局長様に得ましたので以下に紹介します。どうもありがとうございました。(MAPをクリックすると拡大します)

Img447_20210212100301_20210213023301

Img450_20210212145101

Img451_20210212145301

(終わり)

 

2021年2月13日 (土)

山の辺の道(奈良道)1

Img20210212_19541825

先日、山の辺の道の「奈良道」の写真コンテスト(入江泰吉記念奈良市写真美術館)に2枚も入選したという友人Yさんからの案内で、奈良市中部公民館2Fの展覧会を見に行きました。奈良から帯解辺りの山の辺の道ぞいのすばらしい写真が50枚ほど展示されていました。
説明パネルのMAPを眺めていたら、そのMAPと説明の書いたパンフをちょうど1冊あるからといただくことができました。ありがとうございました。

素晴らしい冊子を作られた、山の辺の道「奈良道」を守る会のホームページです→https://www.yamanobenara.com/

Img447_20210212100301

P1080966

いままで桜井市から奈良市の帯解までは何回かに分けて、かぎろいウォークや奈良まほろばソムリエの会の友人がガイドをしてくれてウオークしたことがあるのですが、最後の帯解から奈良市内までの山辺の道は通して歩いたことがありませんでした。

ちょうど祝日に、とても穏やかな天気に誘われて、MAPと弁当を持って天理街道の下山町までバスで行きました。まずは以前も行った、すぐ近くにあるベンショ塚古墳に登りました。頂上部は神社の祠があります。360度見渡せますが、めざすべき若草山方向です。

P1080941 P1080942

しばらく歩いてまずは円照寺へ。こちらは奈良の三門跡のひとつです。拝観はできませんので門のところまで。華道の山村御流の家元です。

山村御殿とも呼ばれています。

P1080967

P1080955P1080957

P1080958 P1080959

また西国三十三ヵ所。弘法大師をお祀りされていました。

P1080960

竹藪をすぎて大川池塚古墳、池の真ん中が古墳です。銅鐸も発掘されたということです。

P1080964

再び戻って、円照寺参道から、山の辺の道へ。これが目印です。

P1080968

北へ歩くと、向山地蔵がありました。

P1080972

P1080970

道中、白梅も咲いていました。

P1080973

八島町、道の真ん中に、これが巨石と思われます。

P1080974

崇道天皇八島陵

P1080977

(続く)

 

2021年2月12日 (金)

14日まで、なら瑠璃絵

Img20210212_03041850

11日から14日まで、なら瑠璃絵がはじまりました。ことしはコロナ禍のため、縮小して行われるとのことでしたが、11日最初に17時から

奈良公園の県公会堂(奈良春日野国際フォーラム~I・R・A・K・A)で、東大寺、春日大社、興福寺の三社寺の長老、宮司、貫主の鼎談が行われました。1時間あまり、いいお話でした。

P1090045

18時過ぎ、鼎談が終わって外に出ると辺りは瑠璃会の明かりがきれいについていました。

東大寺、春日大社、興福寺では14日まで夕方祈りを捧げられ、明かりがともされているということでした。くわしくはホームページをご覧くださいということです→https://rurie.jp/

P1090047

興福寺。

P1090053

最終日の2月14日は、奈良公園の141回目の誕生日ということです。

2月28日(日)に、「奈良町家の現状を探る」と題したシンポジウム

Image003

奈良まちづくりセンター  二十軒 起夫理事長から案内を頂きましたので紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

2月28日(日)に、「奈良町家の現状を探る」と題したシンポジウムを開催します。

1985年から2020年に奈良町の町家が、1947件から752件まで減少しました。(61%減少)

 シンポジウムの概要は、添付チラシをご覧下さい。

 参加申し込みは、奈良まちづくりセンターまでお願いします。

公益社団法人
奈良まちづくりセンター
〒630-8333
奈良市中新屋町 2-1
奈良町物語館内
TEL: 0742-26-3476
FAX: 0742-27-0969
Email: nmc@m4.kcn.ne.jp

 

2021年2月11日 (木)

佐保川桜まつり燈火会「笑」

P1100142

(写真は昨年、咲き始めの頃の様子です)

奈良市と大和郡山市を流れる佐保川(さほがわ)は桜の名所。川沿いに美しい桜並木が続き、シーズンになると多くの人で賑わいます。毎年3月末から4月上旬にかけては、大宮橋周辺からJR佐保川鉄橋にかけてのエリアで、佐保川桜まつり燈火会(とうかえ)が開催。夜桜と書画の書かれた手作りあんどんの風情が楽しめます。(奈良市観光協会)

ことしのテーマは「笑」とのことです。
締切りは2月20日。奈良市芝辻町3-8-26 橋本征一様方。桜まつり燈火会実行委員会までとのことです。

はがきで、メッセージ、住所、氏名、電話、などを郵送してくださいとのことです。

Img453_20210213154701

2021年2月10日 (水)

2月20日フォーラム「奈良を観る」

Img20210205_21131028

(画像はクリックすると拡大します)

2月20日(土)13時30分から、学園前の奈良市西部会館市民ホール「学園前ホール」で

フォーラム「奈良を観る」ーー入江泰吉×万葉集ーーが行われます。

出演は、奈良女子大学名誉教授の坂本信幸先生、写真家の三浦和義先生です。無料、要事前申し込み。先着150名まで。

Img20210205_21134573

 

2021年2月 9日 (火)

長谷寺 だだおし 14日ライブ配信

140584463_2940752336188854_7945589137836

知り合いの野田さんからの案内を紹介します。チラシも拝借します。

「奈良県桜井市の長谷寺で、毎年2/14、修二会の最終日に行われる鬼追いの儀式「だだおし」。開山徳道上人が、法力を宿した「牛玉札」の力により大松明を持った赤鬼、青鬼、緑鬼を退散させる行事です。今年はコロナのせいで拝観者を入れず執り行われますが、ライブ配信されると知り、そのことを広めたくて自分でチラシを作りました。迫力の儀式の様子を是非ご自宅でご覧ください。
https://www.hasedera.or.jp/free/?id=531

長谷寺のホームページです。→https://www.hasedera.or.jp/

2021年2月 8日 (月)

2月、奈良シネマテーク

Img377

なら国際映画祭からの紹介です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2021年2月のならシネマテーク
【上映作品】※二本立て同時上映
●「なら国際映画祭2020」インターナショナル コンペティション出品作品「ビクティム(たち)」
●ショートショートフィルムフェスティバル&アジアセレクション出品作品「種子 seed」
詳細はこちらに記載。 https://nara-iff.jp/cinematheque/1446/
******************
【日時】
�2月12日(金)…11:00〜/14:00〜
�2月13日(土)…11:00〜/14:00〜
�2月14日(日)…11:00〜/14:00〜
【場所】�東大寺金鐘ホール�(奈良県奈良市水門町100番地 東大寺文化センター内)�※シネマテーク用の駐車場はございません。
【アクセス】�JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分
【料金】�当日券:一般1,000円�奈良市民・奈良市内勤務・60歳以上・学生・*ハンディキャップ�(*の同伴の方一名様まで同額)割引として500円
上映一時間前より当日券販売(先着順)
各回入替制
前売り券:https://passmarket.yahoo.co.jp/.../detail/01mtfasxvkb11.html
「ビクティム(たち)」
監督:レイラ・ジューチン・ジー | マレーシア|2020年|108分
クアラルンプールで、高校性1名が死亡、2名重症という悲惨な事件が起こる。世間の注目の的となるこの事件。加害者の母は、殺人犯の親として社会の敵となる一方、被害者の母は多くの同情を集める。事件の真実が明かされる時、「メディア時代」に生きる2人の母親は、難しい決断を迫られる。
「種子 seed」
監督:アルヴィン・リー | 中国|2016年|17分
どうすべきかを悩みながらも、「わが子の最後の記憶を感じたい」と、夫婦は車を走らせる。不安を胸にたどり着いたその家には、母親と男の子が2人で暮らしていた。そして夫婦は、男の子が生まれてすぐに父親が家を出たことを知る。男の子に出会うことができた夫婦の胸に去来する想いとは。
【ナビゲータースケジュール】
2/12(金)〜2/14(日)
🎤12日(金)
11:00 中野聖子、やべたつひろ
14:00 中野聖子、やべたつひろ
🎤13日(土)
11:00 としおかたかお、ふぃむ
14:00 としおかたかお、ふぃむ
🎤14日(日)
11:00 桝崎徹
14:00 桝崎徹
*******************
※新型コロナウイルス感染拡大の影響により日程、会場等の内容を予告なく変更する場合があります。ご来場の前に必ず公式サイト(https://nara-iff.jp)をご確認ください
#映画 #映画好きと繋がりたい #シネマテーク #アジア #中国 #マレーシア #なら国際映画祭 #個人会員は無料 #法人会員は福利厚生のう一貫としてご利用ください #ただいま4月入会会員募集中

2021年2月 7日 (日)

ヘリコプターにて一首

P1120631

ロータリー歌壇2月号 佐佐木幸綱先生選に一席で掲載されましたので記念にアップします。


鳥のごと空飛びたしと思いきし きょうヘリコプターに奈良の町とぶ       

 

(評)はじめてヘリコプターに乗って、奈良上空を飛んだ日の感慨です。押さえても心たかぶっているような口調が楽しい一首です。私もはじめてヘリコプターに乗った時は大感激でした(まだ二回しか乗ったことはありませんが)。上句「鳥のごと空飛びたしと思いきし」は、子供のころからずっといだいていた深い思いを表現して的確です。

 

 Img439b

 

2021年2月 6日 (土)

2月6日から奈良国立博物館では

Img440

2月6日から3月21日まで、奈良国立博物館ではお水取り特別展です。同時に、帝室奈良博物館の誕生の特別陳列も行われます。

奈良国立博物館のHPです→https://www.narahaku.go.jp/

Img441_20210203112801

2021年2月 5日 (金)

niftyココログのトップページに

Dsc_0679

この1週間のうちどの日かわかりませんが、「鹿鳴人のつぶやき」のブログがniftyのトップページで紹介されますとメール来ていました。

5日、偶然トップページに紹介されていました。15年続けているのですが、初めてのことです、記念に貼り付けておきます。

鹿鳴人のつぶやき。

鹿だけ!?歴史だけじゃない!もっと楽しめるあなたの知らない「奈良」を発信しています

という素敵なコピーをつけていただいています。

映画「陶王子」

正月の新聞でふと眼に止まった映画案内です。2021年1月から全国でロードショーとのことです。

コロナ対策にマスクを二枚重ねて着けて大阪の十三の第七芸術劇場へいってきました。朝10時からの1回だけの上映です。

映画は、京都でも始まっています。

202011021824441725x1024

「僕の父は炎、僕の母は土。父と母はどのように出会い、僕は生まれたのだろう?」

星空のもと、盃を重ね自問するのは、器の精霊 “陶王子(とうおうじ)”。陶磁器でできたアニメーションのキャラクターだ。陶王子の夢物語として、映画は展開していく。

地球上の人類の知恵を集めながら発展した「焼き物」=「セラミック」をめぐる、壮大な人類史

映画の公式WEBサイトです→http://asia-documentary.kir.jp/ceramics/

毎日新聞1月3日付、クリックすると拡大します。

Img395_20210104091001

土器から陶器、そして磁器、ファインセラミックへの2万年。わかりやすいお話でした。

知っているつもりでも知らないことがあって勉強になりました。また陶磁器は人類が生み出した素晴らしい品であり、製法であること。

とくに職業として扱っている私どもにとってあらためて、陶磁器を自信を持って扱っていくべきだと思いました。

2021年2月 4日 (木)

三条モール、東向北、花芝のKCN特別番組「○○シカ勝たん」の放映

Dsc_0664

GOTO商店街、三条モール、東向北、花芝のチームのKCN特別番組「○○シカ勝たん」の放映が、一巡しましたということです。

「○○しか勝たん」とは、若者たちの間で使われている言葉で、自分の好きなものを全般的に褒める言葉ということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

KCN公式YouTubeチャンネルに動画がアップされています。どうぞご覧ください。

三条モール#1

<https://www.youtube.com/watch?v=p2Y1hUx6bNI&list=PLLsmCnOARxUv89LF8qn2nHDXs
9pMjurRQ&index=1&fbclid=IwAR38O8WSa3UGuoJBpTNGL5-_4B3c4jVx8I9PzTgKhCFDG09zLt
X54S6ZRkc> https://www.youtube.com/watch?v=p2Y1hUx6bNI... 

三条モール#2

<https://www.youtube.com/watch?v=7i91OfHjask&list=PLLsmCnOARxUv89LF8qn2nHDXs
9pMjurRQ&index=2&fbclid=IwAR3yW8PFL92BaAk8oZ55PK-5m4Hf-vgiBO7f_2yvDhL5UozhwX
SLC4E6-a0> https://www.youtube.com/watch?v=7i91OfHjask...

東向北#1

<https://www.youtube.com/watch?v=oPuY5UwmqBY&list=PLLsmCnOARxUv89LF8qn2nHDXs
9pMjurRQ&index=3&fbclid=IwAR27WAUejUhAWiu5Z_TndaN7Ys5l4tbLzib2QS-oFem5kyD46w
bLKqmlKso> https://www.youtube.com/watch?v=oPuY5UwmqBY...

東向北#2

<https://www.youtube.com/watch?v=wsk67k2ThRc&list=PLLsmCnOARxUv89LF8qn2nHDXs
9pMjurRQ&index=5&fbclid=IwAR15RxcSRDFsV_n_mkP9Ez2GidXnzbbUZrEnvsmoSNfQP1NLfc
2t2P4hQxU> https://www.youtube.com/watch?v=wsk67k2ThRc...

花芝#1

<https://www.youtube.com/watch?v=zahBWEAkI-c&list=PLLsmCnOARxUv89LF8qn2nHDXs
9pMjurRQ&index=6&fbclid=IwAR3jWyOiWpdL8bB_Iw1J5vCNMWLtzOqH8Jny5-jARQUI1bTj30
F5h5UeCxM> https://www.youtube.com/watch?v=zahBWEAkI-c...

花芝#2

<https://www.youtube.com/watch?v=RudiioPtSAg&list=PLLsmCnOARxUv89LF8qn2nHDXs
9pMjurRQ&index=7&fbclid=IwAR0m84sNi07eXOIba37s-qfh5AM4d_CfM_l9azN4ZgdOIORXj-
rJ4eA_Tk8> https://www.youtube.com/watch?v=RudiioPtSAg...

 

 

2021年2月 3日 (水)

聖徳太子没後1400年記念講演 〈古代日本と国際交流〉

今年の、奈良ちとせ祝ぐ寿ぐ・大立山祭は、コロナ禍のためオンラインで配信でした。実際に平城宮跡ではおこなわれませんでしたが、オンライン配信で講演などを拝見できました。

以下は、2月8日まで限定でまだ見ることが出来ます。わかりやすくておすすめです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

聖徳太子没後1400年記念講演
〈古代日本と国際交流〉
  
こちらよりアーカイブ映像 ご視聴いただけます。


https://youtu.be/Z3ksElWsfxc


聖徳太子の始めた遣隋使などの中国大陸との交流が、日本の国家形成にどんな影響を与えたのか。仏教を切り口に、国家事業としての平城京造営に至る歴史を探ります。

 

◆聖徳太子の遺産 ~遣隋使から遣唐使まで~

 

講師:奈良女子大学 准教授
河上 麻由子先生

1980(昭和55)年北海道生まれ。2002年北海道大学文学部卒業。08年九州大学大学院人文科学府 博士後期課程単位取得退学。14年より現職。著書に『古代日中関係史-倭の五王から遣唐使以降まで』『古代アジア世界の対外交渉と仏教』。

 

 

奈良まほろばかるた

Dsc_0660

話題の「奈良まほろばかるた」が奈良・近鉄奈良駅前の啓林堂書店で発売されています。

奈良まほろばソムリエの会で作成した、奈良の良いところ、古いところ、一番のところを盛り込んだ、奈良まほろばかるたです。

子供からおとなまで楽しめます。

あ、飛鳥寺日本で一番古い寺。

税込み1200円です。

ついでながら、奈良まほろばソムリエの会が作ったロングセラーの「奈良百寺巡礼」も、小倉つき子さんの「廃寺の奈良のみ仏たちは、今」も、不肖私の歌集「大和まほろば」もいっしょに並んでいます。

2021年2月 2日 (火)

大槻旭彦氏著『高畑町界隈ーその歴史と伝承』

Img20210201_20280567

このほど旧知の大槻旭彦さんが「奈良 高畑界隈―その歴史と伝承-」を刊行されました。

大槻さんは地元奈良のお生まれ、わたしの学校の先輩です。小西商店街の中通りで長らく喫茶アカダマをされていました。多くの奈良を愛する内外の学者や著名人も訪れる喫茶店でした。

いまは「ことのまのあかり」に貸されています。

大槻さんは、奈良まほろばソムリエ(奈良検定の最上級者)の資格を真っ先に取得されたり、奈良大学文学部で再度勉強されたり研究されたりしておられます。大学の卒業論文は春日大社のことだったように伺っています。奈良大学の卒業論文に続く労作と拝察しました。

「奈良 高畑界隈ーその歴史と伝承-」を 早速拝読させていただきました。

高畑界隈の歴史を深く掘り下げられており、今まで、ぼやかされた表現であったり、そこまで追究されていなかったことを、克明な研究を重ねられていると思いました。私自身グレーであったり、わからなかったところに解明の光があてられたように思います。飛鳥の頃から奈良時代、そして平安、中世、江戸時代、明治以降と少しいろいろなことがつながったような気がします。また大乗院が当初から現在地にあったのではなくもっと北にあったこと。県の公会堂あたりに野田と書かれた地図を以前見たことがありましたが春日の社家の北でしたか最初は高畑ではなく北にあったことなどはじめて知りました。元興寺や紀寺のお話も興味深いものでした。七御門なども。

清水通の頭塔は何度も訪れていますがやはり下には石室があることもはじめて知りました。また奈良教育大学にある古墳も訪ねましたが、吉備真備ゆかりだったことも話の中でつながりました。
赤乳神社に白乳神社も名前だけは知っていましたがおおよその場所もわかりました。清水通がかつて柳生街道の入り口で商いで賑やかであったことなどもなるほどと思いました。

第二部の梅木春和さんらの伝承、高畑の古老の話を記録しておくことも大切だと思いました。

大槻さんは「先々代の鏡神社宮司の梅木さんが収集された数々の伝承を知って、背景を調べて行く中で、今、これを本として記録を残さねばいけないと、使命感を抱くに至り、思い切ってこの度出版に踏み切りましたが、それでも、正直、専門家でもない私が、厚かましくこのような本を出して良いか逡巡する気持ちがあったのですが・・・」と語られていますが、大槻さんなくしてこういう伝承は伝えられなかったと思います。

大槻さんは、春日大社のこともくわしく書かれています。高畑界隈には春日大社のつながりのある人がいまもたくさん住んでおられます。

多くの方ともわたしも子どもの頃からお付き合いがあることも感じました。奈良の濃い人のつながりだと思いました。大槻さんもたくさんの人とつながりがあることをこのたびあらためて思ったとおっしゃっています。

ともあれ、研究、執筆、出版たいへんな労作だと思いました。ありがとうございました。多くの方に読んで頂きたいと思います。

もくじ
■第一部 高畑の変遷
 一 新薬師寺から高畑へ
 二 元興寺と奈良町
 三 紀 寺
 四 興福寺と高畑町
 五 春日の社家と中臣氏
 六 鹿島の中臣氏
 七 藤原氏と大中臣氏
 八 高畑の社家町の形成
 九 明治以降の高畑

 

■第二部 高畑に残る伝承とその背景
 一 破 石
 二 吉 備 塚
 三 清 明 塚
 四 鏡 神 社
 五 頭 塔
 六 吉備真備・玄昉・阿倍仲麻呂・広嗣と高畑
 七 不空院・イガミ御霊さん・井上内親王
 八 赤穂神社・氷上夫人・比賣塚・十市皇女
 九 俊 寛・俊寛田・藤間家
 十 閼伽井庵・隔夜堂(隔夜寺)
 十一平 景 清
 十二 一之井・修験道・高円山
 十三 柳堂地蔵・下高畑町
 
■おわりに
---------------------------------------------

■A5サイズ 120ページ。販売価格 1,500円(内税)

著者紹介より。

大槻旭彦(おおつきてるひこ)さん

1945年 奈良市生まれ。

1967年 同志社大学経済学部卒、考古学研究会所属。

2013年 奈良大学文学部文化財歴史学科卒。

奈良市で祖父の創業した昭和4年創業のアカダマ薬局を受け継ぎ、1973年から父の後を継ぎコーヒー店アカダマを40年経営。

元南都楽所楽師、前奈良県かるた協会会長、奈良まほろばソムリエ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお本は以下で購入できます。初版がすでになくなりつつあり、目下増刷中かもしれません。

通販のURLです http://nara-furukoto.shop-pro.jp/?pid=157046346

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(追記)

第2刷ができあがり、小西通りの啓林堂・奈良店の奈良コーナーに並べられました。光栄にも私の歌集「大和まほろば」も一緒です。

 

2021年2月 1日 (月)

2月2日 節分

あちこちで今年の1月は長く感じるとか書かれていますが、2月になりました。

今年の節分は100何年ぶりかで、2月2日とのことです。

残念ながら、多くのお寺では節分行事は中止されたり控えめにされたりするそうです。

南都銀行本店ウィンドーの展示は元興寺の節分会を紹介をされています。

 

Dsc_0649 Dsc_0650 Dsc_0651

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30