フォト
無料ブログはココログ

« 令和3年 東大寺お水取り情報 | トップページ | 12月12日、奈良テレビ「角角鹿鹿」 »

2020年12月 5日 (土)

来年は聖徳太子1400年遠忌

来年は聖徳太子1400年遠忌ということです。

奈良国立博物館では特別展「聖徳太子と法隆寺」4月27日から6月20日まで開催される案内です。

Img356

東京国立博物館では、7月13日から9月5日までということです。

Img357

會津八一は、大正10年(1921年)に

ちとせ あまり みたび めぐれる ももとせ を ひとひ の ごとく たてる この とう

と詠んでいます。

素空氏の解説 http://surume81.web.fc2.com/hitorigoto/81/ta/ta.html#chitose

歌意
 千年を超えて千三百年という長い年月を、まるで一日であるかのようにこの五重塔は静かにたっている。
 
 歌が詠まれた大正10年の春、聖徳太子千三百年忌(4月11日)を前に寺も斑鳩村もある種の活気があったと言う。太子への思慕を背景に、上の句で表現した塔の長い年月を下の句で一日のごとくと言い表すことによって悠久の歴史の中にたたずむ五重塔を見事に歌い上げた。
 上の句 「ちとせ あまり みたび めぐれる ももとせ を」 は最初、全く意味が分からなかったが、解説を読み理解するにつれて歌の素晴らしさが分かった。

« 令和3年 東大寺お水取り情報 | トップページ | 12月12日、奈良テレビ「角角鹿鹿」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 令和3年 東大寺お水取り情報 | トップページ | 12月12日、奈良テレビ「角角鹿鹿」 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30