フォト
無料ブログはココログ

« 日本書紀の講演とウォーキングツァー | トップページ | なら国際映画祭オープニング »

2020年9月18日 (金)

10月11日に保山耕一さん上映会

119469758_3263541267100938_8398972412334

映像作家 保山耕一さんからの案内がきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月11日(日)岡本彰夫先生と辻明俊師の対談
保山耕一による映像詩の上映
18日0時から、先着順でチケット申し込みを受け付けます。
ウェブ受付は
https://event.nara.jp/sp/hozan/book
お一人様1,000円
第一部は奈良公園バスターミナルレクチャーホールにて午後3時30分開演
第二部は、第一部の流れでバスターミナル屋上にてコンサートとなります。夕刻の興福寺を背景に生演奏をお楽しみ下さい。
出演者はチラシでご確認ください。

今回は、念願の琵琶が初登場。二胡と中阮(ちゅうげん:中国の楽器)のコラボもあります。
琵琶の多田美佳子さんと和太鼓の浅野重兵衛さんは、第一部、第二部、共に演奏して下さります。
夕闇迫る屋上にて、世界遺産の興福寺や東大寺に囲まれてのコンサートは特別な時間となるでしょう。椅子を設けないで、シートに座って鑑賞して頂きます。

第一部は映像と朗読と音楽で、新刊の世界を創造します。
お楽しみに。

そして、会場では「日本人よ、かくあれ」「興福寺の365日」の著者サイン本を販売します。
いつものように、上映会継続開催のためのカンパを受け付けます。
今回も新作のDVDを返礼品としてご用意します。

そして、今回だけ会場にて新刊を購入いただいた皆様には、ご希望がございましたら保山耕一が謹んでサインさせて頂きます。
今回も大赤字覚悟でのイベントとなっています。

予算の都合で屋上にグランドピアノを設置することは叶いませんでしたが、秋のひとときをご一緒しましょう。
新刊「日本人よ、かくあれ」は第2版での販売となります。
第2版は内容がさらに洗練されているようです。

これまで同様に絶対に楽しんで頂ける内容でお送りします。
どうかよろしくお願いします。
他府県からのお客様も大歓迎です。
よろしくお願いします。 

« 日本書紀の講演とウォーキングツァー | トップページ | なら国際映画祭オープニング »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本書紀の講演とウォーキングツァー | トップページ | なら国際映画祭オープニング »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31