フォト
無料ブログはココログ

« 若草カレー | トップページ | 美ビット見て歩き*84 »

2020年6月13日 (土)

西井康元さん古希記念作品集『大和の紺掻き 藍に生きる』

Img960

DMG MORIやまと郡山城ホールのお隣で、「ふれ藍工房 綿元」を主宰されている西井康元さんから、古希記念作品集『大和の紺掻き(こうかき) 藍に生きる』をいただきました。

装幀も藍染めをそのまま使ったみごとな本です。

Img961

西井さんとは、地域情報誌「マイ奈良」の記者をされていた30台のころに知り合いました。奈良まちづくりセンターの前身の奈良地域研究会でも活躍されていました。36才で代々の大和郡山市の綿屋を継がれ、藍染めを勉強されたとのことです。

目次です。

ごあいさつ

ふれ藍工房 綿元について

日本の藍染めの歴史と大和郡山

綿織物と藍染

藍染の科学

藍染の多様性と国際化

板締め技法について

藍山会について

大和の紺掻き 藍に生きる

そして写真家 藤井金治さんによって撮影された作品が多数紹介されています。

 

西井さんは以下のように書かれています。

「この時代の流れの中で、大和郡山で伝統的な日本の灰汁発酵で藍染を復活させたのが、わがふれ藍工房 綿元です。

 大和郡山城下町の誇る豊かな伝統と文化を象徴するのが、藍染文化だと思います。藍染文化は、戦国時代の軍需物資から始まり、江戸時代には町人文化として大きく広がります。その典型的な城下町が大和郡山です。大切にしたいものです。」

西井さん、ありがとうございました。そして古希おめでとうございます。からだを大切にますますのご活躍をおいのりします。

綿元のHP
http://www3.kcn.ne.jp/~watagen/

そしてHPにこの本をPDFで見ることが出来るそうです。

 

また6月17日の奈良テレビ「ゆうドキ!」でも放映されるそうです。

 

当ブログの以前の記事

http://narabito.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/post-5e61.html


Img963

二上山 夕日 2002年 (2019年夕日を入れる) 

105cm×75cm

« 若草カレー | トップページ | 美ビット見て歩き*84 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 若草カレー | トップページ | 美ビット見て歩き*84 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29