フォト
無料ブログはココログ

« 金魚の折り紙 | トップページ | 美ビット見て歩き*83 森鴎外著 『澀江抽斎』 »

2020年5月10日 (日)

鴎外『奈良五十首を読む』

Img064

しばらく前に買ってあった、鴎外『奈良五十首を読む』を読みました。中公文庫、1000円+税。

裏表紙にはこのように書かれています。

大正5年、陸軍軍医総監の職を退いた鴎外は、一年半後、帝室博物館総長に任ぜられ、度々奈良に滞在する。在任中の歌で編まれた「奈良五十首」は、『明星』大正11年1月号に一挙連載されたもので、茂吉は「思想的叙情詩」と題し、石川淳はそこに鴎外晩年の「物理的精神的な軌跡」を見ようとした。総体としての五十首に込められた本当の含意とは。

大正7年(1918)から大正10年(1921)まで毎年正倉院の曝涼のとき鴎外は奈良にきていました。11月頃の1ヶ月ほど、今の奈良国立博物館の北東にある官舎に泊まり(鴎外の門として今も残っています)。前任まではもっと良い旅館やホテルなどに滞在したそうです。森鴎外は晴れの日は曝涼に立ち会い、雨の日には奈良の社寺などをあちこち回わり研究しています。そのときに作られた短歌五十首です。鴎外も多才で小説など多方面に多くの作品を残していますが、短歌も残しています。

また家族などに多くの手紙葉書を残しています。

この著書で、著者は鴎外の短歌を推察も交えて解説をしています。短歌だけ読むとわかりにくい短歌もありますが、鴎外の秘められた考察はなかなか鋭いものがあるようです。

東京から奈良への旅にて4は詠んでいるとのことです。

(4)木津過ぎて網棚の物おろしつつ窓より覗く奈良のともし火

(5)奈良山の常磐木はよし秋の風木の間木の間を縫ひて吹くなり

(6)奈良人は秋の寂しさ見せじとや社も寺も丹塗にはせし

(7)蔦かづら絡む築泥の崩口の土もかわきていそぎよき奈良

(8)猿の来し官舎の裏の大杉は折れて迹なし常なき世なり

昨年の正倉院展(東京)で掲示されていた有名な歌

(10)夢の国燃ゆべきものの燃えぬ国木の校倉のとはに立つ国

(11)戸あくれば朝日さすなり一とせを素絹の下に寝つる器に

(12)唐櫃の蓋とれば立つあしぎぬの塵もなかなかなつかしきかな

など正倉院の曝涼に立ち会った歌があります。

 

また奈良のあちこちの寺で詠んだ短歌があります。

東大寺 (25)盧舎那仏仰ぎて見ればあまたたび継がれし首の安げなるかな

興福寺慈恩会 (31)なかなかにをかしかりけり闇のうちに散華の花の色の見えぬも

元興寺址   (34)落つる日に尾花匂へりさすらへる貴人たちの光のごとく

十輪院     (35)なつかしき十輪院は青き鳥子等のたづぬる老人の庭

般若寺    (36)般若寺は端ぢかき寺仇の手をのがれわびけむ皇子しおもほゆ

新薬師寺   (37)殊勝なり喇叭の音に寝起きする新薬師寺の古き仏等

大安寺    (38)大安寺今めく堂を見に来しは餓鬼のしりへにぬかづく恋か

白毫寺    (39)白毫の寺かがやかししれびとの買ひていにける塔の礎

などの歌がある。

 森鴎外は文久2年1月19日(1862年2月17日 ) - 1922年(大正11年)7月9日。

森鴎外が奈良を訪れたのは晩年のことでした。津和野でお墓(森 林太郎の墓)を訪れたことを思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 金魚の折り紙 | トップページ | 美ビット見て歩き*83 森鴎外著 『澀江抽斎』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金魚の折り紙 | トップページ | 美ビット見て歩き*83 森鴎外著 『澀江抽斎』 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31