フォト
無料ブログはココログ

« 災害を想定した店舗づくりを | トップページ | さだまさしさんの歌 »

2020年4月23日 (木)

藤原辰史著『パンデミックを生きる指針ーー歴史研究のアプローチ』

知り合いの知り合いから紹介を受けました。A4版で8ページほど。読書時間は22分とあります。

なるほどと思いましたので紹介します。

 

藤原辰史著『パンデミックを生きる指針ーー歴史研究のアプローチ』

https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic

目次

1,起こりうる事態を冷徹に考える

2,国家に希望を託せるか

3,家庭に希望を託せるか

4,スペイン風邪と新型コロナウィルス

5,スペイン風邪の教訓

6,クリオの審判


元の「B面の岩波新書」に載っているのは、以下のホームページです。

https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic

 

(京都のNさんからの紹介メールの抜粋です。Nさんありがとうございました。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
知人からもらった情報の転送です。

 

岩波書店には、「B面の岩波新書」というホームページがあります。
岩波新書の著者が、著書に関して、現在考えていることを書くページです。

 

そこに、藤原辰史氏(京大人文研准教授)が書かれた文章です。 4月2日です。
パンデミックをどう生きたらよいか、歴史研究者の視点で、今の日本、そして世界の状況を踏まえて、書かれています。
なかなか、深く考えておられ、う、う~ん、と受け止めました。

 

藤原辰史氏は、『給食の歴史』という新書を書かれました。 2018年です。
僕は読んでいませんが、評判を呼んでいます。
朝日や赤旗新聞にも書評が載ったようですが、記憶していません。
つい最近、どこかの書評誌に、自作の紹介をされており、なかなかの文書で、こんな書き手がいたのかと新鮮に思ったのですが、その時はそれ以上は追いかけませんでした。

 

藤原辰史氏は、島根県の横田高校の出身です。
田舎の高校ですから、そこから京大に入るのは大変だったと思われます。

 

1976年の生まれですから、44歳です。
京大では、総合人間学部で国際文化を勉強し、以後、人文研で研究しながら、農業分野の歴史に関する著作を重ねれておられます。
農業史というより、農業技術発展を切り口とした文明史です。
ウィキペディアで経歴は調べられます。

 

元々の、「B面の岩波新書」に載っているのは、以下のホームページです。
引用著作にリンクが貼られていますので、親切です。
また、「B面の岩波新書」に関する、広い情報も得られます。
  https://www.iwanamishinsho80.com/post/pandemic

 

どちらからでもお入りください。

 

 

« 災害を想定した店舗づくりを | トップページ | さだまさしさんの歌 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 災害を想定した店舗づくりを | トップページ | さだまさしさんの歌 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29