フォト
無料ブログはココログ

« 『かぎろひの大和路』復刊36号、発行される | トップページ | 17日より奈良県も緊急事態発令 »

2020年4月17日 (金)

横山季由著『アララギの系譜』

会合が減り、催しや演奏会が減り、外出自粛の時期です。読書に最適な時期です。ちょうど横山季由著『アララギの系譜』をいただき早速4日間で読み終えました。日本の短歌界の中心といえるアララギの経緯がよくわかる本でした。

『アララギの系譜』は小谷稔先生のあと、一昨年秋から毎日新聞「やまと歌壇」の選者をされている横山季由さんの最新の著書です。『現代短歌』誌に6年あまりにわたり毎月書かれ、73回にわたって連載された力作です。

アララギは俳句で有名な正岡子規が短歌にも力を入れられたことをきっかけに始められました。

この本の目次は、第1部土屋文明以前として、正岡子規、伊藤左千夫、長塚節、岡麓、古泉千樫、島木赤彦、平福百穂、中村憲吉、中村憲吉門下5名、斎藤茂吉、斎藤茂吉門下3名。

第2部として土屋文明70頁あまり、しっかり書かれています。著者の横山さんは直接晩年の土屋文明先生にも教わられたそうです。

第3部として、土屋文明以後、五味保義、佐藤佐太郎、近藤芳美、高安國世、吉田正俊、落合京太郎、小暮政次、上村孫作、赤井忠男、猪股静彌、中島滎一、清水房雄、宮地伸一、小市巳世司、アララギ終刊、小谷稔。

現代短歌社発行、2600円+税。

Img890

本の帯です。

Img891

Img892

著者の横山季由さんの略歴です。

P11003451

 

« 『かぎろひの大和路』復刊36号、発行される | トップページ | 17日より奈良県も緊急事態発令 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『かぎろひの大和路』復刊36号、発行される | トップページ | 17日より奈良県も緊急事態発令 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31