フォト
無料ブログはココログ

« 斑鳩町の吉田寺(きちでんじ)へ | トップページ | 奈良旅行2日目朝。 »

2019年7月28日 (日)

奈良旅行1日目

7月25日、大学時代の友人が3人、東京から奈良に来られました。東京アカデミー合唱団でともに歌った友人です。3人それぞれ久しぶりの奈良へのお越しです。ひとりは45年前のわたしの結婚式以来とのことです。

12時近鉄奈良駅に到着。8階の中華料理「百楽」で昼食。

窓からは奈良公園、若草山、春日奥山、東大寺、興福寺中金堂を中心に一望に眺められます。北の窓から平城山やきたまちも見えます。

 

そして東向の木造の奈良基督教会をみて、もちいどのセンター街の器まつもりに荷物を置いて、歩き出しました。まず橋本町御高札場と道路元標を説明(近頃、ガイドの人がよく説明されています。注目スポット)、猿沢池から南円堂をお参りして昨年10月再建された中金堂参拝です。この日は天気は良く、蒸し暑い日でした。
P10507272

東金堂に参拝、一文字奉納も見学(わたしの孫2人の字もありました)

国宝館へ。有名な阿修羅像が数年前、東京ではたいへんな行列でしたが、いま静かにいとも簡単に拝観できて3人は感動していました。この日は晴天ながら蒸し暑い日でしたので途中クーラーの効いたところで休みを入れながらの移動です。

そして奈良県庁からこの4月オープンの奈良公園バスターミナルへ。レクチャーホールで奈良の紹介の映像を2回見ました。1回5分ながら、あまりの多くの場所やお寺が詰め込んだ映像なので、初めて来た人にわかるかどうかちょっと疑問でした。300人収容のとても良いホールだというのが3人の感想です。

この7月6日の保山耕一さんの上映会のチラシを見て、「ソプラノのあとに松森の名前があるのでてっきりバリトンで歌ったのかと思った」というキツイ冗談を友達は言います。いえ、五條の生蓮寺の紹介をしただけとあわてて説明。

奈良国立博物館あたりで、森鴎外の門の説明。

東大寺ミュージアムへ。大仏様の手の模型前で記念撮影。参道の外国人と鹿の多さに関心。「ところで奈良公園の鹿は何匹いるの?」との鋭い質問。最近新聞に載っていた、1388頭ととっさに思い出して説明。面目を保ちました。

P10507341

この日は蒸し暑く、東大寺ミュージアムで日光菩薩像、月光菩薩像拝観して喫茶「葉風泰夢」で休憩。抹茶オーレというはじめての飲み物をおいしくいただきました。そしていよいよ奈良の大仏様へ。

P10507451 P10507491

やはりその大きさに感動。大仏様は写真OKです。人が少なく写真では写っていますが、外国の人がたくさん来られていました。修学旅行は夏休みゆえおられない様子でした。

帰り道は途中、水門町の西塔(七重塔)あと、依水園、もと知事公舎、奈良県文化会館、奈良カトリック教会などを説明して、東向き北商店街から、5時前にいよいよ本日の泊まりの東寺林町の旅館松前へ。http://www.matsumae.co.jp/

私はかつて旅館松前では昼間の会席料理をいただいたり、映画会でおたずねしたりしたことはあるのですが、以前からぜひ泊まりたかった旅館です。本日は14畳大広間でかつての合唱団を思い出しながら4人の合宿です。するとしばらくすると避難勧告もでるたいへんな夕立の雨が降り出しました。風呂に入り、小やみになったところで夕食は城戸町の割烹の松喜へ。

雨も小降りとなり西の夕空が見える2階の部屋で、ビール、日本酒をいただきながらつぎつぎとおいしい料理をいただき、久しぶりの歓談です。

P10507591 P10507573

9時半、盛り上がった食事会も終わり、もちいどのセンター街の奈良どっとFMのMスタジオの海龍王寺住職に手を振り、旅館松前に戻ると女将さんの柳井さんが待っていてくれました。ラウンジで奈良の話や書道や狂言などつぎからつぎへ話題が豊富でした。すっかりくつろいで歓談できました。気がつけば、夜12時です。ようやく1日目終了。

P10507652 P10507921

 

P10508001

旅館松前には、会津八一の歌碑の拓本や鎌倉の円覚寺の僧侶の書「日日是好日」の掛け軸、仏像や能の面など美術館さながらに美術品が飾られ、本棚には本がたくさん並んでいました。(1日目終わり)

 

 

 

 

« 斑鳩町の吉田寺(きちでんじ)へ | トップページ | 奈良旅行2日目朝。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 斑鳩町の吉田寺(きちでんじ)へ | トップページ | 奈良旅行2日目朝。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30