フォト
無料ブログはココログ

« 喜光寺へ | トップページ | 奥吉野の盆踊り »

2019年6月11日 (火)

お地蔵さんとアジサイの寺 矢田寺

Img426

奈良まほろばソムリエの会のメンバーが交代で、毎日新聞奈良版に「やまと百寺まいり」を毎週木曜日連載しています。

先日、水間充さんが書かれた矢田寺のことが掲載されていました。

やまと百寺参り 矢田寺【金剛山寺】(大和郡山市)
お地蔵さんとアジサイの寺
「矢田のお地蔵さん」として親しまれている矢田寺(金剛山寺こんごうせんじ)は、 城下町・郡山から西へ3.5㌖、矢田山の中腹にあり、 日本最古の延命地蔵菩薩像を安置しています。
約1300年前、大海人皇子(おおあまのみこ…のちの天武天皇)が、壬申の乱の戦勝祈願のため矢田山に登り、即位後の白鳳4年(664)智通僧上に勅し、七堂伽欄48ヵ所坊を造営したのが当寺のはじまりといわれています。
その後、弘仁年間に満米(まんまい)上人により地蔵菩薩が安置されて以来、地蔵信仰の中心地として栄えてきました。たくさんの石のお地蔵さまに迎えられ、眼下には奈良盆地がのびやかに広がります。
本堂は江戸時代の建築(県指定文化財)で、中央の厨子内には本尊の木造地蔵菩薩立像(平安時代・重文)に木造十一面観音立像(奈良時代・重文)と吉祥天女立像(室町時代)を加えた等身大の三尊を安置し、左右に二天像(奈良時代)を配しています。
境内には約60種1万株のアジサイが咲き誇るところから「アジサイ寺」の別名があり、6月上旬からさまざまに色を変え咲き始めます。また、6月1日~6月30日は本堂の特別拝観もできあわせてお楽しみください。(奈良まほろばソムリエの会 水間 充)

 

(宗派) 高野山真言宗
(住所) 奈良県大和郡山市矢田町3506
(電話) 0743・53・1445
(交通) 近鉄郡山駅からバス「矢田寺」下車 徒歩約10分
(拝観) 9時~17時 アジサイ開花期500円、本堂特別拝観500円
(駐車場)有(100~500円)

 

« 喜光寺へ | トップページ | 奥吉野の盆踊り »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 喜光寺へ | トップページ | 奥吉野の盆踊り »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31