フォト
無料ブログはココログ

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月30日 (金)

逝く秋を惜しみて

大乗院庭園
P10502401
奈良ホテルの庭
P10502422
ゆが神社
P10502502
11月29日撮影

2018年11月29日 (木)

「岡本彰夫の奈良の奥の奥」

Img150 
よく聞かれている奈良の地域FMラジオに、ならどっとFM78.4MHzがあります。
なかでも人気番組の「岡本彰夫の奈良の奥の奥」。
出演は元春日大社権宮司の岡本彰夫さん、映像作家の保山耕一さん、シンガーソングライターの大垣知哉さん。
放送は毎月第1月曜日15時~16時。
再放送は第2金曜日20時~21時です。

インターネットサイマル放送でも聞くことができます。→https://www.jcbasimul.com/radio/845/

41790445_2119509081599801_142020791




2018年11月28日 (水)

12月の奈良シネマテーク

Img114

陽光きらめくフレンチアルプスで、家族4人の楽しいバカンス... のはずが、家庭崩壊の危機!?

 

スマートなビジネスマンのトマス、美しい妻のエバ、そして娘のヴェラと息子のハリーは、一家そろってフレンチアルプスにスキー旅行にやってくる。しかし、昼食をとっていた最中、目の前で雪崩が発生。幸い大事には至らなかったが、その時に取ったトマスの行動が彼のまとっていた「理想的な家族の父親像」を崩壊させ、妻や子どもたちから反発や不信を買って家族はバラバラになってしまう。

 

開催日時

12月 7日(金)10:00 / 14:00 / 19:00

12月 8日(土)14:00 / 18:00

12月 9日(日)11:00 / 15:00

開催場所

きらっ都奈良 3F
奈良市橋本町3-1

*会場にならシネマテーク専用駐車場はございません。

料金

入場料: 一般 1,000円

割 引: 奈良市民 500円

奈良市内勤務者 500円

60歳以上 500円

学生 500円

ハンディキャップ 500円(同伴者1名様まで同額)

*各種証明書の提示が必要です。

 上映1時間前より当日券販売(先着順)

 各回入替制

*シネマテーク会員様・レッドカーペットクラブ会員様は会員証提示でどの作品を何度でも見放題

追記

2014年/スウェーデン、デンマーク、フランス、ノルウェー/カラー/118分/日本語字幕付き
監督:リューベン・オストルンド
原題:Turist
出演:ヨハネス・バー・クンケ、リーサ・ローヴェン・コングスリ 他
配給:マジックアワー

主催:NPO法人なら国際映画祭実行委員会
後援:奈良県・奈良市・奈良市教育委員会・奈良女子大学・奈良県立大学

 

2018年11月27日 (火)

12月保山さん、平城宮いざない館にて上映

Dsc_40681 Dsc_40692

平城宮いざない館では12月28日まで保山耕一さんの上映をされています。入場無料。繰り返し上映されています。
HP→HP

保山耕一さんからのメッセージです。

「12月は上映作品の一部を変更します。
12月28日までの夢のマイ映画館、しっかりつとめます」

Dsc_40671

2018年11月26日 (月)

ミス奈良募集

Img140
街角を歩いていて、ふとミス奈良募集のチラシがありました。1年任期で毎年募集されています。
奈良市観光協会の募集のページ→https://narashikanko.or.jp/news/3349/

2018年11月25日 (日)

12月2日、出張COOL JAPAN in 奈良 大仏と鹿だけやあらへんでSP

先日、奈良や日本の良さを写真と英語で世界に発信している友人の奥田勝紀さんから教えてもらいましたので紹介します。

 

奥田勝紀君のGOOGLE+

 

https://plus.google.com/u/0/100339270020150638145

「NHKTVで出張COOL JAPAN

「外国人の目線で奈良の魅力紹介」という番組が

放映されるようです。

COOL JAPANは、

時々面白そうな話題の時は見ていますが、結構外国人の

本音を知ることができて面白い番組です。

今回は奈良をテーマにロケを行ったようなので面白

そうです。タイミングが合いそうならご覧になり

ませんか?」

11月23日にも放送ありましたが、奈良ローカルだったようです。今度は、12月2日(日曜日)18時から18時50分まで、NHK-BS1,で全国放送とのことです。ぜひ録画してご覧ください。

https://www6.nhk.or.jp/cooljapan/

▽出張COOL JAPAN in 奈良大仏と鹿だけやあらへんでSP

2018年11月24日 (土)

平群町の古墳巡り 

久しぶりに、同級生でウォークしてきました。奈良まほろばソムリエの会、ガイドグループの稲田英二君のガイドで15人参加。奈良まほろばソムリエは稲田君、三宅努君、丸山政憲君、私の4名がそろいました。


近鉄生駒線、平群駅に集合。最後は竜田川駅まで、5キロのコース。

烏土塚(うどづか)古墳には、稲田君が管理されている方から鍵を借りてきてくれて中にも入ることができました。明日香の石舞台に近い大きさの石室ということでした。
文は稲田英二君の資料より。
写真は当日撮りました。

Cimg34812

吉備内親王墓

・直径20m 高さ2mの円墳。明治34年に江戸時代

の伝承により「吉備内親王墓」として治定される。

・明治26年の調査によると「巨石が鍵の手に組まれ、

墳丘には埴輪が散布されている」とある。

Cimg34852

 

長屋王墓

・梨本南2号墳(全長45mの前方後円墳 6世紀前半)

の後円部上に築造の直径15mの円墳。

・吉備内親王墓と同様に明治34年に治定される。

Cimg34912

 

三里古墳(県史跡指定 6世紀後半)

・直径20mの円墳又は全長35mの前方後円墳の可能性があるが詳細は不明。

・横穴式石室を持ち玄室には家形石棺が納められ、金銅製馬具・直刀・鉄鏃・須恵器・土師器等が出土している。

・玄室奥に石棚と呼ばれる板石が付けられている。奈良県下では他に「岡峰古墳・槇ヶ峰古墳」の3例のみ。

・石棚の例は紀ノ川流域に散見される事から古代豪族紀氏との関係が考えられる。

Cimg34941

 

椿井城跡

・矢田丘陵の南北方向の尾根上に300m以上にわたって築造された山城で曲輪が直線上に連続する「連郭式山    

 城」の特徴を備えている。

・城主は当初椿井氏、後に嶋氏で戦国末期には筒井氏傘下の嶋左近と信貴山城の松永久秀との争奪戦となった。

 

 

Cimg35301

 

嶋左近

・中世の平群谷を支配した嶋氏の末裔。筒井順慶の代には侍大将として重用され松永久秀と戦っている。

・順慶の死後、豊臣秀長・秀保に仕えた後、石田三成に破格の待遇で家臣に迎えられるが関ヶ原の戦いで

 戦死するも謎が多い人物である。「三成に、過ぎたるものが二つあり、嶋の左近と佐和山の城」

 

 

 

平群神社(式内大社)

・祭神は大山祇神(おおやまつみのかみ)で武内宿禰が神功皇后と共に朝鮮出兵前に戦勝祈願として祀ったと

 伝えられる。

・武内宿禰の末裔の一派とも言われる古代豪族「平群氏」が祖神を祀った可能性も考えられる。

・この地は弥生時代の集落遺跡があった丘陵部分で立地的には平群の中心でもある。

Cimg35061

 

西宮古墳(県史跡指定 7世紀中)

・一辺36m、高さ7.5mの方墳。2段のテラスを持つ3段築成で墳丘の全面に貼石が施されていた。

・石室は切石を用いた優美な横穴式石室で、内部には兵庫県産出の竜山石製の刳抜式家形石棺の身部が安置

 されている。

Cimg35171

 

烏土塚古墳(国指定史跡 6世紀後半)

・全長60.5m、後円部径35m、高さ8mで平群町最大の前方後円墳。墳丘上部には円筒埴輪を並べる。

・巨石を用いた横穴式石室で玄室は長さ6m、幅2.8m、高さ4.3m、羨道は8.2mと「石舞台」に

 匹敵するほどの巨大さである。

・玄室には組合式家形石棺が納められ東側面には斜格子文の線刻が有り、石棺装飾の珍しい例である。

・出土品としては銅鏡・金銅製馬具・銀装太刀・須恵器等がある。又石室前庭部から家形埴輪・巫女・甕・

 高坏等が出土、何等かの埴輪祭祀が行われていたと考えられる。

Cimg35241

信貴山方向の景色。

Cimg34981


2018年11月23日 (金)

12月16日「第9」in奈良

Img113
12月16日(日)13時30分開場、14時開演。奈良県文化会館国際ホールで、ベートーヴェンの交響曲第9番です。
知人が出ますのでチケットもあります。
よろしくおねがいします。

2018年11月22日 (木)

2019年1月14日東京銀座で保山耕一さんとバイオリニスト千住真理子さんのコラボ

保山耕一さんから情報をいただきました。

Img9631

(昨年の奈良ムジークフェストのパンフより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「シンポジウムin銀座」
大人の事情でシンポジウムという扱いになっていますが、奈良の魅力を伝えるイベントを来年の1月14日に東京銀座で開催します。

今回は朝日新聞と奈良県の共催です。
テーマは中金堂の落慶を終えた興福寺から始まる奈良の奥の奥、日本一の桜、吉野山金峯山寺。
そんな内容です。
岡本彰夫先生が監修、私が構成演出、この二人で担当する3度目の首都圏シンポジウムとなります。
(1度目は「吉野、生命と再生の聖地。桜とともに生きる」2度目は「奥大和に散った維新の桜、天忠組」)

今回は奇祭と言われている金峯山寺の蛙跳び行事を銀座でご覧いただきます。

第1部は八千枚大護摩供の密着映像や岡本彰夫先生と田中利典氏のビッグ対談(ついに実現!!)、金峯山寺五條良知管長の基調講演となっています。

第2部は昨年のムジークフェストならで好評を頂きました、奈良の映像と千住真理子氏のバイオリンとのコラボコンサートを銀座でも行います。

もちろん、すべての映像は私が撮影しました。

今回、私は登壇の予定はありませんが、体調が許せば、会場で皆様をお出迎え致します。

有料公演となりますが、これだけの内容のイベントは奈良でも実現困難です。奇祭蛙跳びのカエルが吉野山から出て銀座で登場だなんて、私自身が一番ワクワクしています。
皆様に奈良を知り、奈良を感じてもらうイベントです。
皆様の参加申し込みをお待ちしております。
朝日新聞の参加者募集記事へのリンク
https://www.asahi.com/sp/articles/DA3S13776279.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下、朝日新聞より)

日本の源流を奈良県の中南部、奥大和にたどり、「日本一の桜の名所、吉野山や金峯山寺」など奥深い魅力を探るシンポジウムを開きます。

 金峯山寺の五條良知管長や田中利典長臈(ちょうろう)、岡本彰夫・元春日大社権宮司らが登壇。奥大和の魅力についての講演、座談会、伝統行事蛙(かえる)飛びの実演に加え、千住真理子さんによるバイオリンコンサート、保山耕一氏の映像上映もあります。

 ◇2019年1月14日[月][祝]午後2時、東京の銀座ブロッサム中央会館。参加費2千円(事前振り込み)

 ◇申し込みは、メール(nara@asahi-family.com)で件名「奈良シンポ」と記入、郵便番号、住所、氏名、電話番号、年齢、性別を記入。1通1人のみ、先着900人。問い合わせは、事務局(06・6201・0637=平日午前10時~午後5時)
 (朝日新聞社主催、奈良県共催)

2019年1月26-27日大立山まつり→「奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり」に

2019年1月26-27日大立山まつりの会議があり、概略が決まったようです。
大立山祭りの実行委員会(会長、石川重元海龍王寺住職)の計画案が奈良新聞に発表されています。
祭りの愛称も「奈良祝(ほ)ぐ寿(ほ)ぐまつり」に変更とのことです。
「ならほぐほぐまつり」
HP→https://hoguhogunara.jp/
Img139

Img138

2018年11月21日 (水)

25日まちなか万葉オペラinもちいどのセンター街

Img136
2019年2月11日(月・祝日)、なら100年会館中ホールで、万葉オペラ、「遣唐使・阿倍仲麻呂の夢」が行われます。11月10日から前売りチケット3000円が発売開始になりました。

そして、まちなか万葉劇場として11月25日(日)13時から15時30分。奈良もちいどのセンター街のあちこちの店やきらっ都・奈良の前で、まちなか万葉劇場がひらかれます。出演の皆さんがまちかどで歌っていただけます。どうぞお越しください。


http://www.nara100.com/event/t_181125.html?fbclid=IwAR3yRfXRrpIqHMwZKjTsWw-4POmN3_WdTRj7p5x4j-07BINpiAuKHY8qL4Q

Img137

2018年11月20日 (火)

25日奈良市民合唱団第22回演奏会

Img130
25日は100年会館中ホールで、奈良市民合唱団第22回演奏会です。人気があって当日券はあまりないようです。500円自由席。問い合わせ、石橋さん。0743-79-2384.
HP→http://music.geocities.jp/nccact/

2018年11月19日 (月)

23日から25日赤レンガFESTIVAL

Img126
明治建築遺産である、もと奈良少年刑務所(近頃は旧奈良監獄という名前でよく言われますが)で、奈良赤レンガFESTIVALが行われます。
明治の名建築見学会、ならマルシェ(きらっ都・奈良からも出店されます)、クラフトビールフェスティバル、刑務所作業製品の即売会など開かれます。
23日は13時から、24日25日は10時から17時まで。入場料1000円とのことです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夕方からはNIGHT FESTAがあるようです。

Img127

2018年11月18日 (日)

23日 奈良アートクラフトフェア

Img125
11月23日(金・祝)に奈良100年会館の広場あたりで奈良アートクラフトフェアがあります。
くわしくはHPをご覧ください→http://nara-craft.com/2018/

2018年11月17日 (土)

入江泰吉先生と保山耕一さん

保山耕一さんの動画を見て、入江泰吉先生を思い起こされる方が多いようです。
わたしもそう思います。
おふたり共通してやまとの良さを映像で現わされておられるからではないでしょうか。
Img014
(入江泰吉先生、1990年、井上博道さん撮影。『太陽』入江泰吉のすべてより)
そう思うと、奈良市写真美術館で入江先生の作品と保山耕一さんの映像を流されるのも良いかもしれません。
奈良市写真美術館には立派な映像室もありますから。
期待したいものです。

Cimg27971

(保山耕一さん。春日大社での国際映画祭、奉納上映会にて、2018年9月22日)

保山耕一さんについて書かれた方の良いブログに出会いました→ブログ
https://gamp.ameblo.jp/kashii-hayato/entry-12418555924.html?fbclid=IwAR22U0ml_l--FE--KcznlapANnnN0UmmwXnT5ctsWa2v5sH-yVCNMuK4IAk

2018年11月16日 (金)

 NPO法人 奈良まほろばソムリエの会のこと

奈良まほろばソムリエの会はガイドや講座、奈良案内の本の発行などいろいろ展開しています。
わたしは最近、広報グループ
担当しはじめました。多くのメンバーによって、広報誌「ソムリエの風」も年3回発行しています。それらは、インターネットで見ることもできます。
HP→http://www.stomo.jp/

また、この会名物ガイドでもある岐阜県出身、桜井市
在住の雑賀耕一郎さんが、歳時記のコーナーに出稿してくれています。天理の石上神宮の11月の行事です。

A0237937_07234327


石上神宮 鎮魂祭

11月22日、新嘗祭の前夜に石上神宮で鎮魂祭(みたまふりのみまつり)が斎行されます。真榊が振られ、「もし痛むところあらば、この十宝(とうのたから)をして、ひと、ふた、み、よ、いつ、む、なな、や、ここ、たりと言うて、布留部ゆらゆらと ふるべ 死人(まかるひと)もいき返らん」と唱えられます。魂を若返らせ、元気を取り戻せるお祭りです。午後5時に始まります。参列者は昇殿参拝ができますが防寒対策は万全に。



雑賀耕三郎さんのブログ「奈良・桜井の歴史と社会です
https://koza5555.exblog.jp/

2018年11月15日 (木)

第12回、万葉小品展

Img120 Img121
16日から18日まで、ギャラリーまつもりでは、当ギャラリーゆかりの人たちの作品展を行います。
お近くに来られたらお立ち寄りいただければ幸いです。

2018年11月14日 (水)

24日、もちいどのセンター街で演劇「不思議の国のアリ巣」

11日に、興福寺会館でのショウテンガイエイト、たくさんの方が来られて、第5回目の公演が盛会のうちに開かれました。
第1回から連続して見ることができました。

そこで毎回、ショウテンガイエイトの脚本・演出を担当されている新居達也さんの出演される「不思議の国のアリ巣」の公演の案内をもらいましたので紹介します。
11月24日(土曜日)です。2回公演。
もちいどのセンター街のフレッシュマート・オーケストの2階の
コムズ・ギャレで行われます。入場無料とのことです。

Img116

Img117

2018年11月13日 (火)

25日 喜光寺で、ミニフォーラム

Img012
11月25日(日)、奈良市菅原町の行基さんゆかりの、喜光寺で奈良×会津1200年の絆の会で、ミニフォーラムがひらかれます。
講師は西山厚先生に、池永明先生。
会費1000円。(会員は無料)
事前申し込みは不要とのことです。

終了後、会津の蕎麦とお酒を楽しむ会があります。
これは会費1000円。先着40名限定とのことです。
喜光寺のHPhttp://www.kikouji.com

2018年11月12日 (月)

奈良の墨ーー伝統産業の近代ーー展

Img100
Img101
奈良の墨ーー伝統産業の近代ーー展が奈良市史料保存館でひらかれていますので見てきました。
もちいどの通りを南を5分ほどならまち方向に行ったところにあります。
展覧会のHP→http://www.city.nara.lg.jp/www/contents/1535268444174/index.html

2018年11月11日 (日)

美ビット見て歩き 私の美術ノート *68 国立歴史民俗博物館「正倉院文書」

毎月楽しみにしている、川嶌一穂さんの美ビット見て歩き 私の美術ノート *68が先日、奈良新聞に載っていました。

正倉院文書の複製プロジェクトが千葉県の国立歴史民俗博物館で行われていることを初めて知りました。
もっとも、予算は今回クラウドファンディングで何とかなったそうですが、全然「完成へ見通し」立ってないので、
これからずっと、今までと同じだけの予算が付くか、今年と同じくらいの寄付が集まったとして、あと35年かかる、という話です。

正倉院文書はいろいろな情報を伝えてくれます。
これからも継続して複製プロジェクトが続けられるようにしてもらいたいものです。

Img111

Img112

美ビット見て歩き 私の美術ノート *68 川嶌一穂

 

国立歴史民俗博物館「正倉院文書」複製製作プロジェクト

 

写真 大仏池ほとりの銀杏の黄葉(20151112日、花好きの友人による撮影)

 

 まだ自分で興味を持つ以前の子ども時代に、美術の好きな親に連れられてあちこち見て歩いたのは、今思えば貴重な体験だった。来週12日まで奈良国立博物館で開催中の正倉院展も、まだ幼い頃から毎年見ていた。当時は観客も少なくて、無料公開日だった「文化の日」も全然混んではいなかった。旧館の古めかしい展示ケースは、子どもでも見やすかった。

 後に大学の「日本美術史」の授業の中で、「僕の爺さんは、明治時代に正倉院御物の修復を行い、布製品は実践女学校の生徒さんに頼んだ」と聞いて、やっぱり修復しながら今に伝わっているのだなと納得した。

 もともと東大寺の「正倉」だった正倉院で、1200年以上も守られてきた宝物には、美術工芸品のほかに様々な文書類がある。その数、何と一万点以上。正倉院展で毎年数点ずつ展示され、まだ拝見してないが、今年は写経生の借金の文書が出ているらしい。

 紙は貴重だ。天平時代、戸籍などの公文書は、保存期間を過ぎても破棄されることなく、写経所の事務帳簿などとして裏面が再利用された。このため紙の両面に性格の違う情報が残り、世界でも類を見ない量の、8世紀の古文書が今に伝わった。奇跡と言うより他ない。

 文書の内容は、ほとんどが活字翻刻されていて、インターネット上の「国立国会図書館デジタルコレクション」でも読むことができる。しかし活字翻刻では原本の状態は一切分らないし、新しい研究によって読み誤りが見つかる場合もあるだろう。そもそもこれだけ災害の頻発する日本列島での文化遺産の保存は、常に大きな課題だ。

 今年の初め国立歴史民俗博物館が「正倉院文書」の複製製作のため、クラウドファンディングを開始したというニュースが流れた。聞けば歴博では、35年前から正倉院文書の精巧な複製を製作し、全部で約800巻のうち半分くらいが完成しているという。ところがいずこも同じ秋の夕暮で、予算削減の憂き目に遭い、このままでは完成まで半世紀以上かかる可能性が出て来た。

 そこで窮余の策として、クラウドファンディングで支援金を募ることになったが、蓋を開けてみれば、目標金額の350万円をはるかに超える金額が集まり、今年度も無事製作が進められることになったという。奈良人として、大いに気になる話題だった。

 いつも正倉院展を見た後は、大仏殿の北西にある正倉院まで足を伸ばして、大仏池の銀杏の木を見に行く。ある年は散り際に行き合って、黄金の光が降るようだった。写真は3年前に友人が撮ったものをお借りした。

 

=次回は12月14日付(第2金曜日掲載)=

 ・・・・・・・・・・・・・・・

かわしま・かずほ

元大阪芸術大学短期大学部教授。

 

メモ 国立歴史民俗博物館 千葉県佐倉市城内町117。電話043(486)0123。「正倉院文書」複製製作プロジェクトのクラウドファンディングは締め切ったが、引き続き寄付を受付中。歴博のホームページ左下の「歴博サポート(ご寄附)のお願い」に案内あり。


https://www.rekihaku.ac.jp/


2018年11月10日 (土)

忍辱山の円成寺へ

映像作家の保山耕一さんの紅葉が美しい映像を拝見して、忍辱山の円成寺を訪ねました。

Cimg34321 Cimg34311
運慶の若き日の作の大日如来にお参りしました。

Cimg34441 Cimg34371

そして多宝塔にある東京芸術大学の藤曲隆哉(ふじまがりたかや)さんの大日如来像を拝見しました。
受付の奥様にうかがえば、当初、仏像だけであったので、光背や蓮座も作ってほしいとお願いしたところ、作っていただけた。蓮座の蓮の葉は100枚くらいあり、その方は、もう二度と作れないと言われたそうです。

Cimg34352 Cimg34321_2

ことしは、そろそろ葉が散り始めているので紅葉は早いかもしれないとのことです。(11月8日撮影)

そして映像作家の保山耕一さんのYOUTUBEにアップされているすばらしい映像です。→保山耕一氏の円成寺2018

Img011

春の円成寺は4月28日にアップしています→鹿鳴人のつぶやき

2018年11月 9日 (金)

当尾の里の浄瑠璃寺

奈良から車で15分くらい走ると京都府木津川市の当尾の里に浄瑠璃寺があります。門をくぐり、まず三重塔に向かいました。この日は好天でちょうど三重塔におまつりしてある薬師如来が開帳されていてお参りできました。ちょうど紅葉も進んで、見頃を迎えていました。(11月8日撮影)

Cimg34111
三重塔(此岸)から宝池をはさんで、本堂(彼岸)を望むことができます。
Cimg34171 Cimg34221
本堂には、ふだん九体の阿弥陀如来像が安置されています。浄瑠璃寺の別の名は九体寺です。
この7月から、5年計画で、順々に100年ぶりに金箔など修理が施されていくそうです。(2体がご不在でした)ちょうど佐伯住職がおられたのでお話もうかがうことができました。

Cimg34192 Cimg34211 

11月末まで、ふだんは見られない吉祥天像もご開帳でした。

Img110

大和高田市の長谷本寺

大和高田市の専立寺につづいて長谷本寺にお参りしました。横大路に面しています。
本堂で住職の般若心経のお参り、お話をうかがい、本尊の十一面観音像を拝見することができました。
Cimg33901 Cimg33951
Cimg33911 Cimg33921
Cimg33931
〒635-0086 奈良県大和高田市南本町7-17
TEL 0745-52-1738

2018年11月 8日 (木)

大和高田市の専立寺へ

11月3日大和高田市で、NPO法人、奈良まほろばソムリエの会の主催の講演会がありました。その前のウォークで、有名な専立寺(せんりゅうじ)へお参りしました。ずいぶん前から名前を聞いていたのですが、本町の中にありました。晴れ渡りとても穏やかな文化の日です。

Cimg33841

Cimg33851

Cimg33881 Cimg33872

Cimg33892 Cimg33861
DATA
〒635-0087 奈良県大和高田市内本町10−19
Img108
画像をクリックすると拡大します。

2018年11月 7日 (水)

箸尾駅

近鉄西田原本駅から新王寺までの田原本線、もと大和鉄道はことし100周年です。途中の箸尾駅を訪れました。かつては木造の駅でした。広陵町の親類宅へ行くときによく利用しました。何十年ぶりかの訪問です。すっかり変わっていました。

Cimg33801 Cimg33813
箸尾駅前にいた広陵町のイメージキャラクター「かぐや」ちゃん。

Cimg33831

Cimg33821
広陵町のHPです→https://www.town.koryo.nara.jp/

2018年11月 6日 (火)

中宮寺あとへ

中宮寺はかつて現在地の東にあったということでした。
近頃、整備されたと聞きましたので訪ねました。
旧のところは、金堂あと、塔あとが発掘され、整備されてました。
Cimg33533 Cimg33542

Cimg33622 Cimg33631

産経新聞は5月に伝えています。
https://www.sankei.com/west/news/180514/wst1805140017-n1.html

コスモスが広く咲いていました。
Cimg33552 Cimg33613

Cimg33593
とても良い天気で、強い光にうまく写真は撮れませんでした。

2018年11月 5日 (月)

18日 まほろばプロムナードコンサート

Img107
18日、奈良県文化会館の国際ホール50周年を記念して、まほろばプロムナードコンサートがひらかれます。2Fの上に25才以下500円の次世代シートがあるそうです。
HP→http://www.pref.nara.jp/1717.htm

11月奈良シネマテーク

Img097

11月9日、10日、11日と3日間、ホテルサンルート奈良で、奈良シネマテークがひらかれます。「独裁者と小さな孫」
HPは→http://cinematheque.nara-iff.jp/

2018年11月 4日 (日)

11月18日きたまちマルシェ

Img033
昨年に続いて、東向北商店街と花芝商店街で11月18日(日曜日)きたまちマルシェがひらかれます。チラシの表と裏です。なぜか、向きが横になります。
また、わたしども、器まつもりにも広告要請がありましたので、掲載されていますが、きたまちマルシェに出店するわけではありません。

Img034_5
 

2018年11月 3日 (土)

正倉院展と天理参考館

Img018
Img019
奈良はいま正倉院展や興福寺中金堂落慶で賑わっています。正倉院展は朝一番から午後まで混んでいるようです。夕方のレイトチケットが穴場のようです。
先日、昼1時半頃どんな様子だろうかと様子を見に行ったら、珍しく行列はほとんどなかったので、拝観してきました。講堂ではガイドによる展覧会の概要の話も聞くことができました。正倉院展の情報が詳しい読売新聞のHPです→https://www.yomiuri.co.jp/shosoin/
また先日、天理参考館では、正倉院にも運ばれた可能性の高い、ササン朝のガラスや金属の特別展「華麗なるササン王朝ーー正倉院宝物の源流ーー」も開かれていましたので、拝観してきました。(400円)
シルクロードを伝って、ペルシャの多数の文物が、唐の都に運ばれた。そして唐から奈良に運ばれた品も多いということでした。

ガラス質も外界や地面に埋もれたら変化するが、正倉院では1000年以上良い環境で残されていたので、ガラスが変質していないということでした。金属や陶器なガラスやいろいろな素晴らしい展示物があります。
合わせてごらんになることをおすすめします。天理参考館のHP→https://www.sankokan.jp/
Wpslidersp083
画像も同HPから拝借。

2018年11月 2日 (金)

新薬師寺へ

Img094
11月12日まで、新薬師寺では香薬師像の右手が展示されているということで、拝観してきました。本堂の中の香薬師像(複製)のすぐ近くに本物の「香薬師像の右手」がガラスケースにはいって展示されていました。その右手は、複製された香薬師像の右手と大きさが同じようには思われず、何度も見直ししました。右手にはそれほどの存在感がありました。
本尊、薬師如来像、そして周りの十二神将。
庫裏では七仏薬師金堂出土品が展示され、またビデオで十二神将のもとの色の復元映像が流れていました。
拝観はふだんと同様600円でした。

Img095
Img096
お隣の奈良市写真美術館も、入江泰吉さんの興福寺展がひらかれていますので見てきました。どの写真も素晴らしいものでした。
それから日経新聞の「私の履歴書」11月は興福寺貫首、多川俊映師です。連載が1日からはじまりました。楽しみに読みたいと思います。


2018年11月 1日 (木)

11月11日ショウテンガイエイト 興福寺会館

5回目を迎える、奈良市中心市街地の8商店街の若手と役者の皆さんで繰り広げるショウテンガイエイトは超時空地域活性化演劇です。
今回は興福寺中金堂の落慶なった興福寺境内の興福寺会館を特別にお借りして行います。
11月11日(日曜日)午後2時開演です。
200名収容です。
入場無料ですが、申し込みが必要です。
氏名、当日連絡のつく電話番号、参加人数をメールで
showtengai8@yahoo.co.jp
お知らせくださいとのことです。
Img048  Img051  
Img049

Img050

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31