フォト
無料ブログはココログ

« 器まつもりクリアランスセール6月8日から17日まで | トップページ | 雨の中のウォーク、カラト古墳、押熊瓦窯跡へ 1 »

2018年6月 9日 (土)

美ビッド見て歩き *63 「東大寺と東北」特別展

毎月楽しみにしている川嶌一穂さんの奈良新聞の「美ビッド見て歩き」の6月は、宮城県の多賀城市の東北歴史博物館での展覧会です。東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北ーー復興を支えた人々の祈りーー」展です。
多賀城市は奈良市と友好都市です。大震災の翌年だったでしょうか、多賀城市を訪れたことがあります。鹿鳴人のつぶやき→
重源上人像などがいま多賀城市にお出ましされていると聞きます。6月24日まで。

Img628


Img629

美ビット見て歩き 私の美術ノート *63 川嶌一穂

東北歴史博物館 東日本大震災復興祈念特別展「東大寺と東北―復興を支えた人々の祈り」展

写真 会場入口で観客を迎える「大仏さまの右手」(著者撮影)

 七年前の東北大震災の惨状は、それを目の当たりにした私たち日本人の考え方や生き方に、ゆっくりと、だが確実に影響を与え続けている。

 何も出来ないが、せめて年に一度は東北を訪れようと決めて、本欄でも26年4月に三陸鉄道、27年3月に気仙沼のリアス・アーク美術館、28年6月に東京藝術大学美術館での「いま、被災地から」展を訪れた。昨年はその機会がなかったので、「東大寺と東北展」のチラシを見つけた時は、すぐ予定表に書き込んだ。

 東京駅から仙台駅までは新幹線でわずか1時間半。展覧会は込んでいたが、東大寺の仏さまの「出開帳」が賑わっているのは単純に嬉しかった。

 

 東大寺と東北との浅からぬご縁の始まりは、本欄28年7月の「石山寺」でも触れたように、大仏鋳造が開始された天平十九年(747)の2年後に、陸奥国小田郡(宮城県涌谷町黄金山神社境内)で初めて黄金が産出し、大仏表面の鍍金用の黄金九百両(12・6kg)が献上された時からだ。大伴家持がそれを寿いで「すめろきの みよさかえむと あづまなる みちのくやまに くがねはなさく」(「万葉集」巻十八)と詠んだのはよく知られている。

 アフロヘア―で有名な「五劫思惟(ごこうしゆい)阿弥陀如来坐像」(東大寺蔵と五劫院蔵)は、今回はじめて二体並んで拝見した。お顔の表情から衣文、印相までこんなに違っていたとは、別々に拝見した時は気付かなかった。

 平氏による南都焼討ち後の東大寺復興に比べて、江戸時代の復興については、公慶(こうけい)上人の事績をはじめ、五代将軍綱吉の生母・桂昌院が二月堂本尊に「御正躰(懸け仏・みしょうたい)」を奉納したことなど、知らないことが多かった。青海波を背景に、美しく荘厳された丸彫りの観音像を配した直径5尺(約153cm)に及ぶ巨大な「御正躰」は、桂昌院による東大寺復興への寄与の象徴と言えるだろう。

 貞観十一年(869)、平成の大震災と同じくらいの規模の地震が東北を襲った。食料支給や免税などの救済措置が取られ(「三代実録」)、いま博物館に遺蹟が隣接する多賀城に、復興庁のような機関が置かれた。貴族政治のイメージの強い平安時代も、危機管理能力はすごかったのだ。

帰りに博物館から、遺蹟「末の松山」と「多賀城碑」に運んでもらったタクシーの運転手さんは、海に近い自宅は全部津波で流されたが、家族は全員無事だったので、「自分はまだいい方だ…」と淡々と話された。

 

=次回は平成30年7月13日付(第2金曜日掲載)=

・ ・・・・・・・・・・・・・・・

かわしま・かずほ

元大阪芸術大学短期大学部教授。

メモ 東北歴史博物館 宮城県多賀城市高崎1-22-1。電話022(368)0106。JR東北新幹線仙台駅より、JR東北本線に乗り換えて14分、「国府多賀城駅」下車、すぐ目の前。月曜日休館。会期は6月24日(日)まで(一部展示替えあり)。http://todaiji.exhn.jp/

 

6月9日の奈良新聞1面の「国原譜くにはらふ」に恵さんという記者が書かれています。

Img633

 

Img276

Img277

« 器まつもりクリアランスセール6月8日から17日まで | トップページ | 雨の中のウォーク、カラト古墳、押熊瓦窯跡へ 1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 器まつもりクリアランスセール6月8日から17日まで | トップページ | 雨の中のウォーク、カラト古墳、押熊瓦窯跡へ 1 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29