フォト
無料ブログはココログ

« 美ビット見て歩き 私の美術ノート *59  | トップページ | アウルの森、ならまち保護動物園 »

2018年2月11日 (日)

冬の好天に明日香へ

寒いけれど晴れていて、店も休みということでひさしぶり奈良県の南へ、車を走らせました。
王寺町、香芝市あたりをうろうろしたあとやはり橿原へ。(画像はクリックすると拡大します)
Img432 Img433

ちょうど、特別陳列「万葉集の考古学」展がひらかれていました。
そして「博物館の歩み」という特別陳列が展示されていました。
橿原考古学研究所は1938年に創立されました。
博物館の前身は大和国史館で、1940年11月18日とのことです。
今年が橿原考古学研究所は開館80周年ということです。
ポスターや古い写真や古い資料を興味深く拝見しました。
いずれも、3月21日まで開催とのことです。
そして奥明日香へ。
 
稲渕(いなぶち)へ。
1月11日に付け替えられたばかりの男綱。
P10105561 P10105811
勧請橋の南淵請安の図と飛鳥川
P10105611 P10105801
 
 
さらに南の奥明日香の栢森(かやのもり)へ。こちらは女綱。
P10105641 P10105671 
P10105622 P10105652
吉野へ行く道は現在、通行止め。
そこで、奥明日香の、たしか天空か展望台へ1.5キロとか書いてある看板にひかれて1キロほど車で登ると、山影のところは雪。入谷(にゅうだに)の村です。
あとで飛鳥資料館で奥明日香の自然と文化の2本のビデオを拝見すると、飛鳥川の源流のひとつとのことです。一番高いところから明日香の全景がよく見える映像を拝見しました。
P10105721 
そこからあと500mは急で道も細いので歩いてくださいの表示。100mほど登って写真を撮り引き返しました。上空は青空が広がっていました。
P10105711 P10105733
帰り道の稲渕の冬の棚田風景。
P10105831 P10105851
そして奈良文化財研究所の飛鳥資料館へ。寒い日は博物館や展示館が温かくて何よりでした。
Img434
途中、昼ご飯は「めんどや」で、具だくさんのにゅうめんと柿の葉寿司3個、小鉢、いちごは古都華、そしてわらびもち、というセットで1200円(税込)。
なかなかおいしかったことをメモしておきます。
Dsc_04541
 
 

« 美ビット見て歩き 私の美術ノート *59  | トップページ | アウルの森、ならまち保護動物園 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 美ビット見て歩き 私の美術ノート *59  | トップページ | アウルの森、ならまち保護動物園 »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28