フォト
無料ブログはココログ

« 春日大社、神主が案内する朝のお参り | トップページ | 朝の唐招提寺参拝とラジオウォーク »

2017年5月17日 (水)

「氷室神社しだれ桜 花咲寄進の集い」へ

Cimg90431
5月14日、氷室神社のしだれ桜の衰えが近年目立ち始め、その再生を願う奉納神事といろいろな奉納がありました。奉納中の写真撮影はできませんでしたので、夕方6時開会前の様子です。 いろいろな工夫をこらされた氷室神社のHPです→http://www.himurojinja.jp/
夕方6時から、夜9時半までつぎつぎと奉納がありました。3時間半にわたる奉納でした。時の経つのを忘れる神様の前での奉納でした。ご出演の皆様、スタッフの皆様お疲れさまでした。
以下はプログラムより。
Img901
Img900
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 奈良で最初に咲くしだれ桜。
奈良に春本番を告げる桜として愛されて来ました。
近年、樹勢の衰えが目立ち、 現在は樹木医による樹勢回復が行われています。
桜を守るためには、毎年多額の費用が必要となります。
しだれ桜を残してくれた先人に感謝し、 次の100年にも桜を受け継いでいけるよう、
「しだれ桜花咲寄進の集い」は、しだれ桜の現状を多くの皆様に知って頂き、
浄財を集めることを目的に開催します。
奉納賛助金は必要経費を除き、しだれ桜の保存を含む氷室神社第62次御造替事業に寄進させて頂きます。

氷室神社宮司による氷室の神様への神事が行われました。

そして以下の奉納がつぎつぎと行われました。

 

最初にフルート演奏と朗読がありました。
 笠井詠子(フルート)さん
 新口絢子(朗読)さん
 ショウテンガイエイトの演劇の作・演出で知り合った新居達也(朗読)さん
 いのりのことばは岡本彰夫(前春日大社権宮司で現在教授)さんの作とのことでした。

 

書と鳳笙  20分間の書と鳳笙のコラボでした。
 桃蹊(書)さん
 井原季子(鳳笙)さん

 

二胡演奏と朗読
 木塲 孝志(二胡)さん
 渡邉 佑惟架(朗読)さん

 

五蓮座 
『とことわの桜』 鹿のやよいちゃんの一生をテーマに老いていく桜とのメルヘンティックな映像でした。
 野原レンゲ(ぬいぐるみ)さん
 堀川宏幸(物語と写真)さん
 Satoko (歌と音楽)さん
 倉橋みどり(作詞)さん
 豊島由香(語り)さん
 今岡直人(映像)さん
 桃蹊(書)さん

 

映像とチェロ演奏
 保山耕一さんの 奈良の四季を描いた『時のしずく』の映像が  田村賢一(チェロ)さんの生演奏とともに流れました。

 

桜トーク
 大宮守人氷室神社宮司さん
「しだれ桜は7,8年位前から衰えが目立ち始めていた、樹医さんも指摘されています。この氷室神社以外にも、奈良国立博物館の庭や氏子町などにも小さな苗を植える活動もしています。
そしてしだれ桜だけでなく氷室神社の第62次ご造替として境内の維持・復元をはかっています。
また彼岸の日の日の出は、春日山から上ります。YOUTUBEで大宮守人の名前を検索するといろいろな映像が見られるようにしています。」→https://www.youtube.com/watch?v=Duu9GnKtsG4

 石川重元海龍王寺住職さん
 平井宗助(ひむろしらゆき祭実行委員)さん

 

音楽の奉納
 Pi・er・cello  

 永六輔メドレー、上を向いて歩こう、見上げてごらん、いい湯だな、など。
  田村賢一(チェロ)さん
  木塲 孝志(二胡)さん
  野上朝生(ピアノ)さん
 

そしていま東京から帰り、奈良を中心に活躍する氷置晋(歌)さんの 『変わらないで』の奉納がありました。 


すみかおり(ピアノ)さんの 『ハナミズキの歌』 アメリカに桜を贈呈した代わりに、ハナミズキをもらったということでした。

最後に氷室神社のしだれ桜の空中撮影の映像を見ながら、出演者、スタッフの皆さんと参加者全員で『花は咲く』を歌いました。HPにもしだれ桜の映像があります。→https://www.youtube.com/watch?v=ns6cKCpB8W8

司会は
 石川重元海龍王寺住職とNHKの新口絢子さん、おふたりの
真摯な司会が印象的でした。
また
音響は、奈良の会社であるタイムドメイン社のすばらしい音でながれました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
終了後、お礼の言葉が届きました。
「氷室神社しだれ桜 花咲寄進の集い」
160名もの方に、お集まりいただきました。
お茶とおにぎり 配線等の必要経費を差し引き、浄財 31万円を、
氷室神社第62次御造替篤志寄付として、花咲寄進させていただきました。
お越し下さった皆さまに、深く感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

« 春日大社、神主が案内する朝のお参り | トップページ | 朝の唐招提寺参拝とラジオウォーク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春日大社、神主が案内する朝のお参り | トップページ | 朝の唐招提寺参拝とラジオウォーク »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31