フォト
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月31日 (土)

来年もよろしくお願いします。

Cimg70191 Cimg70351
大晦日になりました。
皆様にはどんな年だったでしょうか。
今年の一文字は「金」と伝えられていましたが、新聞のオピニオンに「暴」だったのではないかという知り合いの投稿も載っていました。
さて、来年はどんな年になるでしょうか。
積極的に来年はどんな年にするべきでしょうか。 

来年も奈良のまちかどから、よしなしごとを書きつないでいきたいと思います。よろしくお願いします。
そして皆様には良い年をお迎えください。

写真は、奈良のお酒「梅の宿」と桶谷ホールディングス販売、美吉野酒造の大晦日搾りの奈良の日本酒です。

2016年12月30日 (金)

2月5日・19日、奈良県立大学ユーラシア研究センター連続フォーラム

28foramua 28foramub

奈良県立大学では、以下のような連続フォーラムがあるそうです。2回とも興味深い内容だと思います。奈良県立大学のHPです→http://www.narapu.ac.jp/

奈良県立大学ユーラシア研究センター連続フォーラム
近世の奈良からこれからの日本をみる。
江戸期の奈良は「都」か「鄙」か?
当時の奈良のにぎわいや江戸・大坂との交流を探り、日本・地域の将来を考える。

 

◆日 時:第1回 平成29年2月5日(日)
           13:30~16:30(開場13:00)
      第2回 平成29年2月19日(日)
           13:30~16:30(開場13:00)
◆場 所:奈良県立大学地域交流棟2F 
      中研修室(第1回、第2回とも)
◆概 要:<第1回 テーマ>
       近世奈良の風情―文芸とまちの様子―
       基調講演 岡本彰夫
             (神主・奈良県立大学客員教授)
      ディスカッション
         岡本彰夫(同上)
        喜多誠一郎(萬御菓子誂處樫舎主人)
        橋本紀美(安堵町歴史民俗資料館館長)
        風呂井玲子(帝塚山大学非常勤講師)
       <第2回テーマ>
       江戸文化と奈良―都鄙の交流―
       基調講演 田中優子(法政大学総長)
       ディスカッション
          田中優子(同上)
        辻村泰善(元興寺住職、公財元興寺
               文化財研究所理事長)
        野高宏之(奈良県立大学教授)
◆参加費:無料(各回先着150名様)
◆お申し込み方法:
  ・はがき・FAX・Eメールで受付いたします。
  ・必要事項<参加希望日(2/5のみ、2/19のみ、
   2/5、2/19両日)・氏名(ふりがな)・
   代表者の連絡先(住所・電話番号・FAX番号
   あるいはEメールアドレス)・参加人数>を
   記載の上、下記までお申し込み下さい。
  ・平成29年1月25日(水)必着とします。
   ただし、定員に達し次第、締め切らせて
   いただきます。
  ・参加決定の方には受講券となるハガキを
   平成29年1月27日(金)までに発送します。

 

<お申し込み・お問い合わせ先>
  奈良県立大学 ユーラシア研究センター
 はがき:〒630-8258 奈良市船橋町10番地  奈良
  県立大学ユーラシア研究センターフォーラム係宛     FAX:0742-93-7391
 Eメール:
nara-eurasia@narapu.ac.jp
 TEL:0742-93-7245
  (お問い合わせのみ平日9:00~17:00)
 

2016年12月29日 (木)

氷置 晋さん、奈良市観光大使に

Img710

奈良市もちいどのセンター街のきらっ都・奈良に奈良ミュージックデザインという事務所をおいて、この春から地元奈良で活躍する、シンガーソングライターでピアニストの氷置晋さんは奈良市観光大使に委嘱されたということです。

奈良新聞28日付に掲載されています。

ますますの活躍を期待したいと思います。

2016年12月28日 (水)

香薬師の右手、公開されました

Img602 Img603_2


12月27日から奈良国立博物館で公開

「戦時中に新薬師寺(奈良市高畑町)から盗まれたまま、行方が分からない白鳳時代の仏像の傑作、香薬師像(銅造薬師如来立像、国重要文化財)の右手が見つかり、きょう27日から、同市登大路町の奈良国立博物館なら仏像館で公開される。昨年、右手だけ盗難を免れて、神奈川県鎌倉市の寺院で保管されていたことが判明。返還を受けた新薬師寺が、同博物館に寄託した。同博物館は「本体がないために断定はできないが、本物とみてほぼ間違いない」としている。
 金銅製の香薬師像(高さ約73センチ)は法隆寺(斑鳩町)の夢違観音像(国宝)、深大寺(東京都)の「釈迦如来倚像」(重文)と並び、「白鳳三仏」と称される。過去3度の盗難に遭い、明治23年と同44年のときは発見されたが、昭和18年に盗まれた後は行方不明になっている。
 今回展示される右手は高さ約8・6センチで、ノンフィクション作家の貴田正子さん(47)の調査で発見。貴田さんは今年10月に経緯を記した著書「香薬師像の右手―失われたみほとけの行方」を出版した。
 これまで香薬師像の右手は最初の盗難時に切断されたが、その後に取り付けられたため、本体と一緒に盗まれたとされていた。
 しかし貴田さんらの調査で、3度目の盗難前、補作された右手が本体に取り付けられ、本物の右手は新薬師寺に残されていたことが判明。詳しい経緯は分からないが、一時、作家の佐々木茂索の所有となり、死後に遺族が鎌倉市の寺院に寄贈していた。
 寄託を受けた奈良国立博物館は、実物の石膏(せっこう)型から作ったレプリカと寸法が同じ▽夢違観音の右手と酷似し、同じ作者の可能性がある―などの理由から本物と推定。他の専門家の鑑定や文化庁から依頼を受けた東京文化財研究所の科学分析でも、「白鳳時代の金銅仏として矛盾がない」との結果が出たという。
 新薬師寺は昨年10月に返還の法要を営み、今月、安全上の理由から同博物館に寄託。文化庁に重要文化財発見の届けも行った。
 新薬師寺の中田定観住職(72)は「初めて見たときは、優しくふっくらとしていて、ありがたさを感じてどきどきした。ぜひ本体も見つけたいので、情報があれば連絡して欲しい」と願っていた。
 同博物館なら仏像館の観覧料は一般520円、大学生260円。」(奈良新聞、2016年12月27日付より)
このたび、新薬師寺から奈良国立博物館に寄託され、27日から奈良国立博物館・なら仏像館で公開されているということです。( 画像はクリックすると拡大します。)

参考。以前に書いた香薬師の右手についてのブログ→鹿鳴人のつぶやき

(追記)

年末早速拝観にいってきました。8.5センチはほんとに小さなお手です。傍らに、パネルの香薬師像がありました。ぜひ、本体も戻ってきて欲しいものですね。

先日の白鳳展では、香薬師像(模造)が展示されていましたが、できれば並べて展示していただければと思いました。映像作家の保山耕一さんは以下のように希望を述べておられます。
「盗難にあうも、右手だけが見つかった新薬師寺の香薬師如来。
彫刻家・橋本和明が愛する松尾寺の焼損仏・千手観音トルソー。
画家・奈良美智が唐招提寺で最も美しいと称した顔のない如来。
私が心惹かれるのは廃仏毀釈から逃れ10年間も土中に埋められながら、辛うじて顔だけが残った櫻本坊の蔵王権現。
奈良には部分しか残っていない仏像や、顔が失われた仏像など、不完全ながら傑作と称される仏像があります。
それらの仏像には興味深いストーリーがあり、ロマンに満ち溢れています。
私はそれらを集めて映像作品を作りたい。
テレビ番組ではなく、映像詩として作品にしたい。
今、そんな思いでいっぱいです。
どうすれば、肩書きのない私に出来るのか、じっくり考えます。」

2016年12月26日 (月)

東アジア文化都市2016奈良市クロージングへ

Dsc_09021
 
3月のオープニングに出席しましたが、その後期間中に、万葉オペラを拝見したり、奈良の社寺やならまちの民家でのアートめぐり をして楽しみました。
いよいよ12月26日クロージングを迎えました。
なら100年会館のステージのフィナーレです。
来年は日本は京都市が担当です。
ちょうど1200年ほど前に平城京から平安京にいったように、奈良を真似てとのことです。
そしてクロージング・レセプションのスナップです。
Dsc_09061

「桜とともに生きる~吉野・生命と再生の聖地~in奈良へ

12月24日午後1時から、奈良公園の奈良県新公会堂(奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~)で「桜とともに生きる~吉野・生命と再生の聖地~というシンポジウムが行われました。

6月の東京・虎ノ門でのシンポジウムがたいへん好評で、多くの人から奈良での開催要望があったため、主催:奈良県、後援:吉野町、川上村、NHK奈良放送局で12月にも奈良でも開催されました。

会場は500人入るという能楽ホールが満席の盛況でした。
会場には旧知のお知り合いの方や奈良まほろばソムリエの会の皆さんやフェースブックでの知り合いが多数来られていました。

わたしも6月の東京に続いて奈良でも参加することができたのはたいへん有難いことでした。

東京での様子は以前の当方ブログ→鹿鳴人のつぶやき

Cimg70021  Cimg70052

当日いただいた53ページにもおよぶりっぱなプログラムから。

Img703


Img704
第1部は、北岡吉野町長のごあいさつと法螺貝の演奏と朗読ではじまりました。
司会は、岩渕亜希子さんと大正まろん(小栗一紅)さん。

監督は保山耕一さん、ピアノ演奏、すみかおりさんのオープニング映像の「聖地への誘い」、そして「映像詩・桜とともに生きる」は、素晴らしい吉野を映し出しました。
1年あまりかけて撮影された映像は、プログラムにその製作の過程がくわしく書かれていました。

そして第2部は桜本坊の住職、如意輪寺副住職の講話。
そして岡本先生の「後南朝」のお話、川上村村長のお話。
それぞれにバックに、保山耕一さんによる映像も映し出され、とてもよくわかりました。

Cimg70142 Cimg70151

第3部は、司会はNHKの原 大策アナウンサーによるフリートークでしたが、NHK番組にも岡本先生はよく出ておられるのでおふたりはとても息が合っていました。

金峯山寺の五條管領の11月に行われた一昼夜におよぶ八千巻(実際は数万枚とのこと)という護摩法要の様子が映像で映し出され、またお話でも事前に100日に及ぶたいへんな行が行われたということでした。
また奈良県観光局理事の中西 康博氏、岡本先生、五條管領による白熱したお話でした。
岡本先生の長年の宿願である「奈良県みんなで南都の復活を」という一貫した主張。
「京都は公家、金沢は武家による町であるが、奈良は社寺による町なのだ」、「奈良らしい復活を」といった発言で場内に拍手が起こっていました。4時間あまりのシンポジウムは5時過ぎに終了しました。

おみやげに、たくさんの資料や保山耕一さんの吉野の春のDVDをいただきました。
会場入口では本や朱印帳、クリアファイルなどが販売されていて買うと、保山さんの「吉野の秋」のDVDをもらいました。
2つのDVDはたいへんな大作です。ありがとうございました。

そしてご挨拶にもありましたが、これを機会に、奈良県でも南へ、吉野町、川上村、上北山村、さらに十津川村など多くの町村に出かけてもらいたいということでした。(奈良県でも県内の宿に宿泊すれば、バスが実質無料になるなどの支援もされています。)

奈良県の観光公式サイト→http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/


またNHK奈良放送局の「ならナビ」は平日夕方6時30分から7時まで。HPでは放送の翌日以降、コーナー動画も公開しているそうです。
NHK奈良のHP→
http://www.nhk.or.jp/nara/

岡本教授の「大和まだある記」→http://www.nhk.or.jp/nara/program/madaaruki/index.html#1213

小さなホテル奈良倶楽部パートⅡ のブログにも長文で書かれています。http://naraclub-naraclubpart2.blogspot.jp/2016/12/blog-post_26.html

2016年12月25日 (日)

『ならら』1月号より、「奈良もちいどのセンター街」歴史散歩

Img697   Img700


画像をクリックすると拡大します。

奈良の情報誌「月刊大和路 ならら」2017年1月号が出ました。なら旅いんふぉ、というページで、「奈良もちいどのセンター街」歴史散歩、箱屋勘兵衛と七人衆の町を訪ねて、とりあげられました。
税込500円。月刊『ならら』のHPです→
http://www.narara.co.jp/

Img695

Simg696

 

箱屋勘兵衛と七人衆の町を訪ねて
「奈良もちいどのセンター街」歴史散歩

猿沢池から三条通りを少し西へ。ひときわ目立つ大きな三角屋根が「奈良もち いどのセンター街」の入口だ。奈良でもっとも古いといわれるこの商店街、約
250m
の町並みには歴史スポットが点在している。活気あふれる師走の町に、古 きを探して歩いた。

 道先案内人は奈良もちいどのセンター街協同組合理事長の松森重博さん。 
「奈良まほろばソムリエ」に認定された歴史通で、自身のブログ「鹿鳴人のつ ぶやき」は奈良発信の有名ブログの1つでもある。
 「『もちいどの』は奈良の歴史の舞台の中心地に近く、平城京では東六坊大 路にあたります。江戸時代には三条通りとの丁字路に高札場が置かれ、明治時 代には奈良県、奈良市管轄の道路の起点となる『道路元標』も置かれました。 
ここは多くの人やモノが行き来する商業・交通の要衝の地だったんです」
 「もちいどの」は「餅飯殿」。室町時代にはすでに「餅飯殿」と呼称された 記録が見られるが、それ以前は蕗之畠郷(ふきのはたごう)や富貴郷(ふきごう)

と呼ばれた。

 OK広場の最奥に は吉野から勧請した七辨財天を祀り、76日、7日には弁財天祭りが行われ、宵宮には大蛇と子ども神輿が賑やかに商店街を練り歩く。
 主なる「餅飯殿」の由来は、後の醍醐寺の開祖・聖宝(しょうぼう)理源大師832909 を助けて、箱屋勘兵衛と七人衆が活躍する大峰の大蛇退治譚(たん)である。

大蛇のために廃れた大峰を再興せよという宇多天皇の命を受けた東大寺僧・聖宝理源大師。

これを助けようと富貴郷の箱屋勘兵衛と七人衆が立ち上がった。一行は餅 と干飯(ほしいい)を持ち、途中の村々にも分け与えながら大峰へ向かい見事大蛇を退治。 
黒滝村の鳳閣寺は理源大師が再興した寺だが、山号の百螺山はこのとき勘兵衛 が大きな法螺貝を吹き鳴らしたことに由来する。勘兵衛たちは餅や飯を届けた ことから「餅飯殿」と呼ばれ、いつしかそれが町名になった。辨財天の隣には 理源大師堂があり、77日に東大寺の僧侶が法要を営む。箱屋勘兵衛の意志を 継ぎ、餅飯殿には現在も餅飯殿大峰山上講が継承される。


 昭和52年の市役所の移転で通行量が減った商店街だが、平成19年に個性的で 意識の高い起業家にチャンスを与える『もちいどの夢CUBE』をオープン。多く 
の卒業生が近くで独立している。

「イベントも積極的に行い客足も戻ってき て、我々自身も〝再興〟を果たしつつあります。また〝通り〟としてのデザイ ンも意識し、同28年には『なら景観調和広告賞』を受賞しました」と松森さん。
 新しい試みで活性化した商店街。
そして町の至るところに、いまもささやか
  な歴史が見え隠れする。

例えば傘を広げては通れないほどの狭い路地「四室之 
辻子」、南市恵比須神社など路地裏に溶け込んだ小さな神社、反対に町なかに 驚くほどの空間が広がる「大宿所」。毎年1215日春日若宮おん祭のさきがけ となる大宿所祭が行われ賑わう。また大福稲荷神社もある。

歴史スポットは、 訪れる人が気がつく数だけある。賑わいをBGMに、もちいどの商店街とその周 辺の路地裏散策を楽しみたい。

2016年12月24日 (土)

高校ラグビーと応援歌

Cimg69812

高校ラグビーの全国大会が年末から、東大阪市の花園ラグビー場ではじまります。奈良から近鉄電車で便利ですので毎年多くのチームが奈良に宿をとります。12月27日開幕とのことです。毎日放送の高校ラグビーのページです→http://www.mbs.jp/rugby/

Img692

そんなとき、奈良県橿原市出身のシンガーソングライターの若林美樹さんの歌をもちいどのセンター街のクリスマスパーティーで聴きました。そのCDは「TEPPEN」。ラグビーの応援歌第1弾とのことです。

Img693

2016年12月23日 (金)

「祭礼で読み解く歴史と社会ーー春日若宮おん祭りの900年」

Img691_2


ことしの春日若宮おんまつりも無事終了しました。ことしのおん祭り以前に「祭礼で読み解く歴史と社会ーー春日若宮おん祭りの900年」という本がでていると新聞書評などでみていましたが、小西通りの啓林堂書店にあり手に入れ読みました。


ことしは881回目のおん祭りということですが、そのあたりの歴史を通して書かれた本が今までなかったそうです。

おん祭りの通史を書くことはなかなかむつかしいということでした。
このたび、安田次郎御茶ノ水大学名誉教授が第1章から第3章まで、幡鎌一弘(はたかま)天理大学おやさと研究所所長が第4章から終章まで担当されて、山川出版社から発行されています。
2000円+税。

創始は藤原忠通という通説として聞いていることは実は違って、やはり興福寺が創始だ、とか。

ひとことで881回といいますが、おん祭りもいろいろな時代にいろいろ変わった点もあります。

平安、鎌倉、室町の時代。

戦国、江戸時代。

明治から戦前まで。

戦後から現在まで。

日本全体の歴史の中での春日若宮おん祭りとしてとらえなおされています。

祭りは人とお金もいることはどの時代も共通していることであること。支える側も変化し、存続が危ぶまれることも何度もありながら、時の人々の努力で続いていることがよくわかります。
明治維新のころ、戦中の努力、戦後進駐軍がいる中でのおん祭りの継続、当時の観光協会会長の谷井友三郎さんの活躍。昭和52年頃の若い人たちによる大名行列の地元民による活性化、など民衆の楽しみであり地元の人たちによって支えられてきたことが明らかにされています。

また餅飯殿町にある大宿所の話。懸け鳥や大和士(やまとさむらい)の話。おん祭りの歌。850回目からの、のっぺい汁の復活、大宿所詣の話などもくわしく書かれています。

通説をふまえながらも、今一度読む必要があると思いました。目次は

第1章、おん祭りの成立

第2章、流鏑馬(やぶさめ)と武士

第3章、田楽と僧侶

第4章、中世から近世へ

第5章、『春日大宮若宮御祭礼図』を読む

第6章、近代の祭り

終章、現代のおん祭

186ページ+年表、資料

2016年12月22日 (木)

きらっ都・奈良で話題の「恋ダンス」に挑戦しました。

人気テレビドラマの『逃げるは恥だが役に立つ』は先日最終回だったとのこと。
きらっ都・奈良の若い坂本さんたちのリードで「恋ダンス」に挑戦しました。すでに公開されて反響が大きいので、ブログにもアップすることにします。
以下はきらっ都・奈良にオフィスがあるシンガーソングライターの氷置 晋さんからのメールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

RAKU MOVIEさんが作った「きらっ都・奈良」のPR動画です。

僭越ながら、星野源さんの「恋」をカバーしました。...
録音はKeisuke Inagakiさん、編曲は角悠介くんにお願いしました。ありがとうございました!

https://www.youtube.com/watch?v=Ixhm7rQuoIo&feature=youtu.be

最近話題の「恋ダンス」を、きらっ都の皆様とお届けしています。
総監督の
坂本 佳太さん、RAKU MOVIEの皆さん、本当にお疲れ様でした!

もっと見る

起業家支援施設【きらっ都・奈良】 公式PR動画です。 館内の全員で「恋」ダンスに挑戦いたしました。
以下 冒頭より出演順

株式会社まちづくり奈良
様(3名)

101 天平衣装体験 装束散歩710 様(2名)

110 中華粥 穀雨 様(1名)

103 株式会社ビューティーライフ青山 様(2名)

104 ELCAFLORA 様(2名)

NARA EGG スタッフ 様(3名)

105 画廊 絵屋 様(1名)

奈良市中心市街地活性化協議会 様(2名)

株式会社まちづくり奈良 様(3名)

106 Riro Riro 様(2名)

405 株式会社リアクト 様(1名)

販促ツールプロデューサー 中道 愛美 様(1名)

107 NOCTURNAL 様(2名)

Ai&T 谷川 卓 様

株式会社ジャパン関西ラボラトリー 様(1名)

株式会社Sheepl 様(3名)※102

特定非営利活動法人 ヒューリット経営研究所 様(1名)

奈良移住計画 様(1名)

奈良ミュージックデザイン 様(1名)

RAKU MOVIE (3名)

マスコットキャラクター ぴよっきー(1体)


歌・ピアノ:氷置 晋
編曲:角 悠介
撮影・編集・企画:坂本 佳太
撮影・振付指導:吉田 椋太
 
youtube.com

2016年12月21日 (水)

南市えびす神社にて

南市えびす神社に人を案内して出かけたときの話です。

自転車で、縁起物の看板をつけた青年に出会いました。出会った縁で、縁むすびと書いた縁起物の五円玉をくれました。

Dsc_08901 Dsc_08931

そしていろいろ話していたら、この11月から天気の良い日は、ならまちを屋台つきの3輪の自転車に縁起物を載せて行商をしはじめたとのことです。

寄席文字、橘右佐喜と書かれていましたので聞いてみると、橘右佐喜さんの息子さんということです。まあそんなことで、夢は叶うという字を書いたブローチ500円を一つ買い求めました。

最近、きたまち豆腐店さんがかつての豆腐売りのように自転車でリアカーを引っ張って販売していて好評ですし、こういう懐かしい商売もまた、昨今ありかな、と思った次第です。

2016年12月20日 (火)

1月21日古事記のまつり

Img678  Img679


画像をクリックすると拡大します。

4回目を迎える古事記のまつりが、1月21日(土)にひらかれます。場所は奈良春日国際フォーラム甍(旧の奈良県新公会堂です、まだ名前になじめません)です。
落語や古事記朗誦大会やこども古事記かるた大会や宮崎県から「高千穂神楽」など多彩なプログラムです。
応募締切が1月6日です。
インタ-ネットでの申し込みは、第4回古事記のまつりです

http://www.sap-co.jp/nara/kojiki/

2016年12月19日 (月)

来年2月珠光茶会

Img659

来年2月7日から12日まで、第4回奈良大茶会、珠光茶会が開かれるということで、パンフレットなどが配布され、申込み受付が始まりました。

奈良市内いろいろなお寺や春日大社、そしてならまちでもひらかれます。くわしくは奈良市のHPをご覧ください→HP

2016年12月18日 (日)

17日春日若宮おん祭り 点描

17日のお渡り行列はとても良い天気でしたが、かなり寒い日でした。もちいどのセンター街あたりではちょうど所用があって見られなかったので、一の鳥居あたりまで追いかけてみました。
Cimg69111 Cimg69131
お旅所あたり。
Cimg69202 Cimg69262  
Cimg69282 Cimg69292_3
知ってる人が行列に参加しているところがお祭りを地元で支えているということで良いですね。Yさん、Nさん・・・。
Cimg69362 Cimg69371
 
振り返れば特別観覧席の解説者として、奈良まほろばソムリエの会のSさん、Tさんがご活躍でした。
姫路から I さんも熱心に夜遅くまで観覧予定ということでした。
皆様の熱心さに敬意を表します。
Cimg69381 Cimg69401
I さんが写真を撮ってくれました。
15592529_933349376809675_1304897823
 
再びお旅所を拝見。
Cimg69451 Cimg69461  
 
警備で活躍の商店街のSさん、Nさんも無事任務終了でにこやかに歩いていました。
Cimg69711 Cimg69781  
この日は、「おん祭り展」開催中の奈良国立博物館は無料開放日でしたので拝観してきました。
多くの人が観覧で、今見てきたことが絵巻物や写真で拝見出来ました。
また、25分間のビデオで、夏のおん祭りの準備から15日の大宿所祭り、17日の様子、とくに夜遅い行事やお旅所祭りがくわしく映し出され、おん祭りの全容がよくわかりました。
奈良国立博物館の おん祭り展は年明け1月15日まで開催されています。→
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/special.html

2016年12月17日 (土)

入江泰吉写真展「春日大社」

Img672

第60次式年造替記念として入江泰吉写真展「春日大社」が12月16日(金)~平成29年1月24日(火)までひらかれています。場所は名勝大乗院庭園文化館。入場無料とのことです。
おん祭り展を開催中の奈良国立博物館も17日は無料とのこと。

1月22日まで「春日若宮おん祭り」展を開催されている高畑町の入江泰吉写真美術館とあわせて見られることをおすすめします。

2016年12月16日 (金)

15日春日若宮おん祭り大宿所詣の点描

12月15日は1月並みの寒さという予報の通り、奈良は朝から最低気温0.5度くらいの寒い日となりました。
幸い天気は晴れ、881回目の春日若宮おん祭りのさきがけの大宿所祭りは上上の天気となりました。
朝10時奈良商工会議所にて参加の皆さんが集まり、はからずも私ご挨拶させていただきました。
以下の写真は商店街振興会の機関誌の広報担当のかぎろひさんから早速写真を頂きました。
161215

その後皆さん軽い早めの昼食をいただいた後それぞれの装束に着換えさせてもらって、JR奈良駅に再集合。正木会長と奈良の観光大使の歌手の川井聖子さん、3人のミス奈良の皆さんとご一緒のスナップ写真です。私は赤い貴人の装束を着せていただいています。

161215_2 161215


日ごろお世話になっている中学高校時代の先輩と。
この日参列の皆さんとのJR奈良駅旧駅舎(現在奈良市総合観光案内所)を背に 全体の記念写真です。
161215_3

 

お渡り行列コースは予定では、三条通を東へ、そして東向き通り、東向き北、花芝、鍋屋町を折り返し、近鉄奈良駅、小西通り、再び三条通、もちいどの通りの大宿所へということでした。
ところが夜のNHKテレビのニュースであらためて知りましたが、この日朝から近鉄奈良駅近くの奈良地方裁判所で不審物が発見されたということで、急きょコースが変更となりました。
三条通からそのままもちいどの通りに入るという大変更でした。
お渡り行列は予定通り13時出発。上三条交差点ともちいどのセンター街あたりの写真です。
161215_4  161215_5
もちいどのセンター街の大宿所において神職による神事や御湯立神事などがおこなわれました。(この様子はNHKの夜の放送でも報じられていました)

161215_6

すべて終わってから、この春から春日大社に務める吉岡毅君(奈良ローターアクトクラブ役員)が 3人で一緒に写真を撮ってくれました。

吉岡君からのメールです。

「こんばんは。今日は寒い中、ありがとうございました!
赤い装束がとてもお似合いでした。

一緒に撮影した写真を送ります。
彼女は今年のミス奈良(第27代)で私が一条高校に
在学していたときの後輩、上野貴穂さんです」
 
Simage2
若い人との一緒の写真はうれしいものです。
 
ともあれ、寒さの中、不審物(爆発物?)騒ぎという思わぬ迷惑なトラブルがありましたが無事終了しました。
もちいどのセンター街の振る舞いの「のっぺい汁」と「あめ湯」もたいへん好評のうちすべての振る舞いを夕方には終了しました。のっぺい汁の写真もいただきました。
15442383_1046777072112143_224895271


さて17日は午前0時からの闇夜の中での遷幸の儀からおよそ22時間後の還幸の儀までの24時間、春日若宮おん祭りはいろいろな伝統の諸行事が行われます。18日は後宴納の行事です。
(追記)
まほろばソムリエの会の有力ライターの I さんから写真を送ってきていただきました。ありがとうございます。記念にアップします。
Img_9824cr21_2 Img_9840cr21_2
Img_9855cr22_2 Img_9854cr21_2
Img_9892cr22

2016年12月15日 (木)

1月20日リニア奈良駅を考えるシンポジウム

Img670 Img671

(画像はクリックすると拡大します)

1月20日(金)14時からホテル日航奈良4F飛天の間で、リニア奈良駅を考えるというシンポジウムがひらかれます。12月22日まで受付中ということです。無料ですが申し込みが必要です。

2016年12月14日 (水)

会員制季刊誌「やまとびと」

Img660 Img661

以前、銀行ロビーなどで拝見していた、「やまとびと」が会員制季刊誌になったということで申し込んだところ早速送られてきました。

桜井市の共栄印刷株式会社が発行されています。

奈良県の桜井や橿原より南の情報が多くて、とても良い本だと思います。

存じている、もと春日大社権宮司の岡本彰夫さん、増田隆さんら充実した執筆陣です。

A4で36ページ。1年間の購読料が1000円です。

申し込みは→http://www.yamatobito.net/free_paper/info.html#fp_link3

2016年12月13日 (火)

ひがしむき光のページェント&チャペルコンサートはじまる

11日夕方から、ひがしむき商店街の奈良キリスト教会では光のページェントが始まりました。
Cimg68872 Cimg68942
 
そして礼拝堂では、チャペルコンサートも始まりました。
知人も出演する、アンサンブル・シュヴァリエの男声合唱や混声合唱がありましたので聴いてきました。
Cimg68951 Cimg69021
Cimg69011 Cimg69061
今後の予定です→HP
 

2016年12月12日 (月)

奈良マラソン2016へ

12月11日朝8時30分の気温は3.5度と寒い日でしたが、奈良マラソン2016は無事スタート。近鉄奈良駅・高天交差点あたりで応援してきました。

Cimg68521 Cimg68491

フルマラソンは1万人くらい参加とのことです。トップの選手が朱雀門あたりを折り返して帰ってきました。

Cimg68622 Cimg68611

9時半スタートの10キロの部の応援に登大路あたりで応援。10キロの部とフルマラソンが車線をはさんで走っておりたいへんな迫力です。附水会の今井選手の姿をとらえることができました。
Cimg68772_2 Cimg68791

Cimg68401

奈良マラソンのHPです→http://www.nara-marathon.jp/

2016年12月11日 (日)

「宮司が語る御由緒第三十話ーー春日大社のすべて」

Img662_2

今年第60回目の御造替をおこなわれた春日大社ですが、「春日大社のすべて」を花山院弘匡(かさんのいん・ひろただ)宮司によってわかりやすく三十話で書かれている本が出ました。

あとがきによれば、預職の社家の末裔で元県文化財課長を務められた大東延和氏が二十年前に書かれ春日大社が製作頒布したものがあるが絶版になっています。そこでその引用を中心に花山院宮司がわかりやすく書かれたということです。


第1話、神山 御蓋山
第2話、春日社創立、
第3話、平城京の守護神、
第4話、春日社創建、
第5話、1200年続く勅祭 春日祭、
第6話、勅祭春日祭(申祭)の儀式、
第7話、若宮社、
第8話、春日若宮おん祭、
第9話、宮中からの旬祭、節供祭、日並御供、
第10話、式年造替、
第11話、六十一社の摂社・末社、
第12話、平安の正倉院(皇族、貴族奉納の御神宝)
第13話、社伝神楽と御神楽(陪従神楽)、
第14話、山水枯槁、神鏡落御、春日山鳴動、神木動座、神鏡強奪事件、
第15話、宮中と春日
第16話、日本最初の神道曼荼羅である春日曼荼羅、
第17話、世界一大切にされる神鹿、
第18話、宮中の技を尽くした春日権現験記絵、
第19話、シルクロードの終着に残る舞楽、
第20話、能舞台の松は春日参道の松、
第21話、三千基の春日大社の灯篭、
第22話、春日大社の建物、
第23話、春日興福寺、
第24話、伊勢・春日・八幡の三社託宣、
第25話、全国に広がる春日神社、
第26話、神峰春日山と聖蹟、数々の神々に関わる場所、
第27話、神域の樹木と生物、
第28話、社家制度、
第29話、春日の職人、
第30話、春日大社の歴史の流れと文学

という30話です。はじめて知ることが多くあり、あらためてなるほどというところもあります。花山院宮司さんは高校の地理などの先生を長年されただけにとてもわかりやすく書かれています。
奈良のことや春日大社のことを理解するために、おすすめの一冊です。

中央公論新社発行。1800円+税。

2016年12月10日 (土)

美ビット見て歩き 私の美術ノート *47

いつも楽しみにしている、川嶌一穂さんの美ビット見て歩き、奈良新聞に載っていました。
中ノ島の大阪市立東洋陶磁美術館の「台北國立故宮博物院北宋汝窯青磁水仙盆」展です。
会期は12月10日(土)から来年3月26日(日)まで(年末年始および原則として月曜休館)とのことです。
昨年秋、台北の國立故宮博物院を訪れましたが、たいへんな来館者でした。この機会に大阪で拝見できるというのはとても良いチャンスだと思います。

Img666

Img667
美ビット見て歩き 私の美術ノート *47 川嶌一穂
大阪市立東洋陶磁美術館 「台北國立故宮博物院北宋汝窯青磁水仙盆」展
写真 青磁無紋水仙盆 汝窯 北宋・11世紀末~12世紀初 台北國立故宮博物院蔵 撮影=六田知弘(大阪市立東洋陶磁美術館提供)
 もう10年も前になるが、1月の授業が終るのを待ち兼ねて、はじめての台湾に飛んだ。
故宮博物院創立80周年記念「北宋書画、北宋汝窯(じょよう)、宋版図書」特別展を見るためだ。
中でも北宋の画家・笵寛(はんかん)、郭熙(かくき)、李唐(りとう)三人の山水画の名作が同時に公開されるのは後にも先にもないという話を聞き、それは大変、とばかりに駆け付けたのだ。
 三作とも「山水画」というイメージからは程遠い大作で、同じ壁面に並んで異様な存在感を放っていた。
他にも有名な玉(ぎょく)の珍品「翠玉白菜」や「肉形石」を見たり、館内に置かれた記念スタンプの印章を、章句の意味は分らないが漢字が美しいのに惹かれて、手帳にペタペタ押したりしてすっかり満足していた。
 予備知識もなくただ道なりに「北宋汝窯」の部屋に入った。人数をさばくためなのか、細長い部屋の中央に二十数点もの作品を一列に展示し、それに沿って左右にひな壇がこしらえてあった。
並んだ作品はみな形も地味、色彩もほとんど同じ淡青色で、一般的なイメージである中国陶磁の派手さとはまったく無縁だ。
 しかし一点一点見て行くうちに、その色彩に何か説明の出来ない静けさと、深さと清らかさを感じて、虜になった。展示室を立ち去り難い思いがして、ひな壇の最上段に腰掛けた。
遠目に器(うつわ)を眺めるというよりは、ただこの器と同じ時空に自分も存在していることに心満たされていた。
お尻が痛くなってふと時計を見ると、一時間以上もそこに坐っていたようで、自分でも驚いた。
 日本に帰ってからもしばらくこの感動が後を引き、思わぬ副作用も経験した。
それ以来、日本や高麗のどんな青磁の名作にも感動しなくなってしまった。
どうにも色が「濁っている」と感じてしまうのだ。いいものを見るのは恐ろしいことだと思い知った。
 ようやくその印象も薄れて来たこの頃だが、前々回の本欄「水滴展」で東洋陶磁美術館を訪ねた時、館内の予告ポスターを見て、本展覧会のことを知った。
門外不出と思われていた汝窯水仙盆が四点も公開されるという。
あり得ない!きっと当館安宅コレクションの汝窯水仙盆一点に久しぶりに会いに来たのだろう。
 前世紀末から河南省で汝窯の窯址が発掘され、伝世の汝窯作品とは違う多種多様な作品片が発見されたが、それでもなお解明されない謎は多い。
「水仙盆」は水仙栽培用なのか、それともペットの猫の食器だったのか、それも不明だという。
 本欄の写真は白黒だが、どんなカラー写真も汝窯の色とされる「雨過天青雲破処」(雨上がりの雲間に見える青い空)の色を伝えることは難しいだろう。
会期も長いのでぜひ実物をご覧下さい。
公開は明日から。
  
 =1月はお休みを頂いて、次回は2月10日付(第2金曜日掲載)=
・ ・・・・・・・・・・・・・・・
かわしま・かずほ
元大阪芸術大学短期大学部教授。
メモ 大阪市立東洋陶磁美術館 大阪市北区中之島1−1−26。電話06(6223)0055。地下鉄御堂筋線淀屋橋駅から土佐堀川を渡り、東へ徒歩5分(大阪市中央公会堂東側)。http://www.moco.or.jp/
会期は12月10日(土)から来年3月26日(日)まで(年末年始および原則として月曜休館)。
 

2016年12月 9日 (金)

「和楽」とすみだ北斎美術館

「和楽」の12-1月号に奈良の晩秋と北斎のことが特集されていました。
先日東京出張の折、11月にオープンしたばかりの両国のすみだ北斎美術館を訪ねることが出来ました。
Cimg67951 Cimg68201
通りも北斎通りというそうです。東京スカイツリーもよく見えます。
Cimg67921 Cimg68002
もと津軽藩の屋敷跡という公園の中にモダンな建物がありました。葛飾北斎はこのあたりで生まれ、1849年に90才で亡くなったそうですが、その若いころから晩年までの作品が集められていました。
 
Cimg67931 Cimg68213
隅田川沿いの風景を描いた長さ7メートルの巻物が明治時代にヨーロッパで売られてその後所在がわからなかったそうですが、100年ぶりに見つかって、葛飾北斎の生地である墨田区に帰ってきたそうです。 
また両国駅前の特設のスタジオで北斎の絵の中に入ってスタッフの方に記念写真を撮ってもらいました。
スカイツリーや北斎など、墨田区はなかなか面白いところです。
Cimg68071 Cimg68102
地図はクリックすると拡大します。

すみだ北斎美術館のHPです→
http://hokusai-museum.jp/
 

2016年12月 8日 (木)

光のページェント&チャペルコンサート2016

Img645

ことしも、ひがしむき商店街に面した、奈良基督教会では、12月11日からイルミネーションとチャペルコンサートがひらかれます。もう10回目を迎えるということです。写真は昨年の様子です。

Scimg2561
また15日朝10時頃から親愛幼稚園の園児たちが、ひがしむき通りやもちいどのセンター街をクリスマスキャロルで歩いてくれるそうです。

2016年12月 7日 (水)

12月のならシネマテーク

Img587
12月のならシネマテークの案内です。12月9,10,11日に奈良女子大学の講堂でひらかれます。「ヴィンセントが教えてくれたこと」という映画です。

2016年12月 6日 (火)

もちいどの歳末大売出し 12月9日から18日まで

もちいどのセンター街では恒例の大売出しを9日(金)から18日(日)まで行います。
この年末は、お買い上げ3000円分の抽選券で1回というコースと500円の補助券で1回というふたつのコースです。
ガラポン抽選会場は、オーケスト前のOK広場前です。

P10409941

裏面は外国の方にも楽しんでいただくように英語と中国語で表記しています。

P10409951

器まつもりでも、12月に入っても風鈴を買われる外国の方がおられ、聞けばマレーシアから来ていてこの日はホテル日航奈良で泊まるというお話でした。
商店街はクリスマスと春日若宮おん祭りの装飾です。

P10409982 P10500011


2016年12月 5日 (月)

12月10日から奈良国立博物館では「おん祭りと春日信仰の美術」展

Img643

12月10日から奈良国立博物館では「おん祭りと春日信仰の美術」展がひらかれます。

 春日若宮おん祭は、長承4年(1135)の若宮社御遷座(ごせんざ)を承(う)け、翌保延2年(1136)に始まったとされます。その後、祭日が変わることはあっても絶えることなく現代まで続き、今年の12月17日で881回を迎えます。
 おん祭では、若宮神が一日だけ御旅所(おたびじょ)に遷座されますが、そのもとに芸能者や祭礼の参加者が詣(もう)でる風流行列(ふりゅうぎょうれつ)が有名です。この行列は平安時代以来、時々の風俗や流行を採り入れながら続けられてきました。 
 本展覧会は、おん祭の歴史と祭礼を取り上げ、あわせて春日信仰に関する美術を紹介する恒例の企画です。本年は、華やかな風流行列の様子を描く絵巻を多く展示するとともに、江戸時代のおん祭を支えた、奈良奉行所(ならぶぎょうしょ)のかかわりをご紹介します。

展覧会のHPです→HP

おん祭りは12月15日から18日までが本番です。奈良国立博物館でも拝見するとより深く、おん祭りを理解し、楽しめると思います。

Img644

2016年12月 4日 (日)

奈良歳時記・冬-奈良写真家3人展-

奈良市の三条通、橋本町御高札場前のクロネコならTABIセンター2階で、12月3日から奈良歳時記・冬-奈良写真家3人展-を開催すると案内いただきました。早速拝見してきました。おすすめです。
Scid_9621191f35364e3eb31412cba83f0f
奈良歳時記・冬-奈良写真家3人展-
会期---12/3〜12/27
会場---クロネコならTABIセンター2階
今回は、松本純一さん、豊田定男さん、野本の3人展とさせていただきました。
お二方ともほぼご同輩で、言わば、アラセブンでございます。
奈良にはたくさんのベテランさんがおられますが、以前よりホームページやブログ、最近ではフェースブックでも配信されている方々です。おかげさまで今の所元気三人組でございまする。
なお、期間が長いこともあり、作者不在の時はご容赦くださいませ。

2016年12月 3日 (土)

一の鳥居・入江泰吉旧居・大仏殿・西塔跡・吉城園散策へ

奈良ホテルからの帰り道、すこし大回りして奈良公園を歩きました。春日山。奥山。   興福寺五重塔

P10408612  P10408651
一の鳥居                                       奈良国立博物館

P10408661 P10408682

依水園               皇帝ダリア

P10408792  P10408811


入江泰吉旧居へ。200円。案内の方によれば、日当たりが良くないところは紅葉が遅く、今からが見ごろですとのこと。まわりの庭に紅葉が多くて素晴らしいおうちです。


P10408871  P10408881


P10408971  P10409041

 

12月10日入江泰吉の心を語る~奈良の光と風と影~

12月10日(土)13時から(終演16時30分頃)、東大寺総合文化センター、金鐘ホールにおいて、入江泰吉の心を語る~奈良の光と風と影~という3部構成の素晴らしい催しがあります。残席わずかとのことです。

https://www.quartet-online.net/ticket/histoire2016

 

戒壇院から大仏殿への道。



P10409151 P10409231

西塔あとあたり。

P10409251

この時期はじめて吉城園へ。県が管理していて、65才以上無料です。

P10409271 P10409303


東大寺南大門のむこうに若草山が遠望できました。


P10409351 P10409441

シャッター押してほしいといわれた若い女性ふたりは、ニューヨークからきたとのことでした。
P10409441_2 P10409521
一巡しましたが、とても素晴らしい紅葉でした。(12月1日撮影)

P10409601

 

2016年12月 2日 (金)

錦の里 正暦寺へ

11月の末、逝く秋の錦の里 正暦寺を訪ねました。

P10408221  P10408261

日本清酒発祥之地の石碑        

本堂では薬師如来などを拝観できました。南天も美しく咲いています。

P10408551 P10408421

P10408191 P10408391

福寿院の庭

P10408101 P10408161


P10408181  P10408571

P10408511 Img658

美しい紅葉を紹介されている正暦寺のHPです→http://shoryakuji.jp/










2016年12月 1日 (木)

12月15-18日春日若宮おん祭

Img654

ことしのおん祭のチラシです。

12月にはいるとおん祭の近づいていることを感じます。

私はことしも15日の大宿所詣に参列します。
昼1時ころからJR奈良駅ー三条通ー東向き通りー東向き北ー花芝ー鍋屋町(折り返し)-近鉄奈良駅ー小西通りー三条通ーもちいどの通り→大宿所までお渡り行列があります。

また、もちいどのセンター街にある大宿所では、2時半から御湯立の神事がおこなれたり、椿井小学校児童による、わらべ歌の奉納があります。17日のお渡り行事の大刀や装束の展示も行われます。古くから行われている、懸鳥(かけどり)は魚や鳥が掲げられていて見ものです。

また、のっぺい汁やあめ湯の振る舞いがありますのでどうぞお出かけください。

おん祭のHPです→http://www.kasugataisha.or.jp/onmatsuri/

Img655

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31