フォト
無料ブログはココログ

« 8月5日から なら燈花会。そしてライトアッププロムナードなら2016 | トップページ | かつての三条通  1 »

2016年8月 2日 (火)

8月5日から富本憲吉 憧れのうぶすな展

Img418


Img419

奈良・安堵町出身の陶芸家、富本憲吉の展覧会が、8月5日から9月25日まで、奈良県立美術館で開催されます。

日本近代陶芸の巨匠、富本憲吉(1886-1963)。奈良県安堵町に生まれ、郷土を代表する芸術家として奈良県立美術館で開館以来継続的にその創作活動を紹介してきました。

富本憲吉は出生の地である安堵を“うぶすな”と呼んでいました。“うぶすな”は「産土」とも書き、生まれた土地、自身のルーツを表す言葉です。作品に施された故郷の風景から生まれた多数の図案からも、富本憲吉の創作と“うぶすな”奈良・安堵の深い繋がりを感じ取ることが出来ます。
 本展では、富本憲吉が「うぶすな」という言葉に込めた故郷への心情と、安堵というルーツにはじまる創作の歩みを通じて華開いた多種多様の華麗な美の精華を展観するとともに、富本の芸術と“うぶすな”安堵の関わりを紹介して、奈良の歴史と文化の魅力を発信する機会といたします。

 また、関連展示として、安堵町による「憲吉の望郷 ~大和安堵の風土と人々~」を同時開催いたします。

 主催:奈良県立美術館

« 8月5日から なら燈花会。そしてライトアッププロムナードなら2016 | トップページ | かつての三条通  1 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月5日から なら燈花会。そしてライトアッププロムナードなら2016 | トップページ | かつての三条通  1 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30