フォト
無料ブログはココログ

« 心に残った言葉 「老いるということ」 | トップページ | 7月23日から忍性 特別展 »

2016年7月16日 (土)

氷置 晋さん 『いにしえの風』  

奈良市出身で、もちいどのセンター街のきらっ都・なら4階に事務所を構えて、この春から奈良で音楽活動をしている、氷置 晋(ひおき しん)さんの新しい歌です。
『いにしえの風』をもちいどのセンター街で作ってもらい歌ってもらっています。
毎日、11時、15時、18時の3回、さわやかな歌声がアーケードのスピーカーからもちいどのセンター街で流れています。
どうぞ、耳をかたむけてください。歌詞は以下の通りです。

Img420

Img421

来年春、なら100年会館中ホールでコンサートが決まっているそうです。
氷置 晋さんの公式ホームページは→
http://shinhioki.com/


若き友商店街のツバメ飛ぶソング作りて明るく歌ふ(毎日やまと歌壇)

« 心に残った言葉 「老いるということ」 | トップページ | 7月23日から忍性 特別展 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心に残った言葉 「老いるということ」 | トップページ | 7月23日から忍性 特別展 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31