フォト
無料ブログはココログ

« 7月23日から忍性 特別展 | トップページ | 富士山麓、静岡市、久能山東照宮へ »

2016年7月17日 (日)

奈良少年刑務所についての報道

Images
このほど朝日新聞WEBは以下のように伝えています。

明治時代に建てられ、現存する最古の刑務所の奈良少年刑務所(奈良市)について、法務省が今年度で受刑者の収容を停止する一方、建物は保存する方針であることが分かった。

閉鎖後は民間の管理者を公募して委託することや、文化財の指定を受けて後世に残すことも検討するという。
 ジャズピアニスト・山下洋輔さんの祖父で建築家の山下啓次郎氏(故人)が設計。
1908(明治41)年に「奈良監獄」として建てられた。
重厚なれんが造りで、同時期にできた千葉、長崎、金沢、鹿児島と並ぶ「明治の五大監獄」のうち、建築当時の姿をそのまま残すのは奈良だけだった。
放射状に並ぶ受刑者の収容棟や、アーチ形の正門などが特徴的だ。
 
ただ、建築から100年以上が経過して老朽化が進み、法務省は改築の必要性を検討していた。
建築物としての価値が高く、地元自治会や日本建築学会などから建物の保存を求める声も上がっていた。
同省幹部は「多くの要望を踏まえ、全体を残すことに価値があると考えた」と話す。
 同刑務所は、初犯などの26歳未満の受刑者を中心に収容し、定員は696人。
6月末時点で、裁判中の被告を含む405人を収容している。今年度末までに受刑者を県外の刑務所に移す。
裁判中の被告については、裁判に支障が出ないよう、敷地内に新たに被告を勾留する施設を建てるという。
ドリームランド跡地につづいて大規模な施設の今後が注目されます。 (写真はWEBから拝借)
http://keimusho.net/73nara_boy.html

« 7月23日から忍性 特別展 | トップページ | 富士山麓、静岡市、久能山東照宮へ »

コメント

19日に発表予定の内容を、朝日がなぜか先に書いてしまいました(うちは受刑者向けの授業を受け持っているため、事前説明を受けていました)。
今後の活用方法について夢想し、まとまった内容を法務省に伝えるための連続企画をたちあげました。よろしくお願いします。
http://ryomichico.net/bbs/planets0031.html#planets20160716234323

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月23日から忍性 特別展 | トップページ | 富士山麓、静岡市、久能山東照宮へ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31