フォト
無料ブログはココログ

« 「飛鳥・奈良時代の朝廷と酒文化」 | トップページ | 10月のならシネマテーク »

2015年10月 6日 (火)

浮世絵版画 美の大世界

Img091  Img092

錦絵誕生250年ということで、奈良県立美術館では、10月10日から12月6日まで「浮世絵版画 美の大世界」という展覧会が開かれます。(画像をクリックすると拡大します)

以下、奈良県立美術館のhpです。→http://www.pref.nara.jp/40606.htm

 

「錦絵」とは、一つの作品に対して彩色用の版木を何枚も用い、美しい色彩や質感を表現した浮世絵版画のことです。下絵を担当した浮世絵師と版木の彫り師、摺(す)り師が力を出し合って作成した錦絵は、江戸時代の人々はもちろんのこと、欧米のジャポニスムの画家など外国の人々、そして現代の私たちにも驚きと喜びを与えてくれます。 

 

 明和(めいわ)2(1765)年から翌年にかけて、江戸では俳人などの間で大小暦(だいしょうれき)(大小または絵暦(えごよみ)とも。一年間の大の月と小の月を短文や絵の中に示した摺物(すりもの))の交換会が行われました。各人が趣向を凝らして大小暦を制作する中で多色摺り(たしょくずり)の技法が洗練され、この技法を用いて「東錦絵(あずまにしきえ)」として売り出したのが錦絵の始まりとされます。以後、錦絵の技術と表現は更に磨かれ、浮世絵版画の隆盛をもたらしました。

 

 今年平成27年は、錦絵元年とされる明和2年から250年目にあたります。この記念すべき年に、当館が誇る写楽・北斎・広重らの作品や、充実したコレクションで知られる和泉市久保惣記念美術館の作品を展示し、多彩で斬新な浮世絵版画の美の大世界をご覧いただきます。 

 

« 「飛鳥・奈良時代の朝廷と酒文化」 | トップページ | 10月のならシネマテーク »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「飛鳥・奈良時代の朝廷と酒文化」 | トップページ | 10月のならシネマテーク »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30