フォト
無料ブログはココログ

« 諏訪大社上社 前宮 そして諏訪湖 八ヶ岳遠景 4 | トップページ | 奈良市民体育大会 水泳競技会へ »

2015年7月17日 (金)

7月18日から奈良国立博物館では白鳳特別展です

Img954

7月18日から9月23日まで奈良国立博物館では開館120周年記念特別展「白鳳」が開かれます。

薬師寺の聖観世音菩薩立像、興福寺の仏頭、法隆寺の夢違観音、などが展示されます。

「白鳳は7世紀の半ばから710年に平城京に遷都するまでの間の文化や時代を指す言葉として、美術史学を中心に用いられてきました。
この時代、天皇を中心とした国作りが本格化し、造寺造仏活動が飛躍的に展開し藤原京には大官大寺や薬師寺、飛鳥の地には山田寺や川原寺など壮麗な伽藍(がらん)が軒を連ねました。
新羅をはじめ朝鮮半島の国々との交流は毎年使節が往来するなど盛んであり、大陸の先進的な文化がもたらされました。
 白鳳美術の魅力は金銅仏に代表される白鳳仏にあると言って良いでしょう。
白鳳仏は若々しい感覚にあふれ、中には童子のような可憐な仏像も見ることができます。
神秘性や厳しさを感じる飛鳥彫刻や、成熟した天平彫刻とはまた違う魅力です。
一方、考古遺物に眼を向ければ、白鳳期の瓦の文様はわが国の瓦当(がとう)文様の頂点と呼ぶにふさわしく、寺院址からは堂宇(どうう)の壁面を飾っていたと思われる美しい塼仏(せんぶつ)が出土しています。
白鳳文化が高度に完成された様式を築き上げていたことがわかります。
 奈良国立博物館は平成27年に開館120年を迎えます。これを記念し、仏教美術の専門館として長年にわたり構想を温めてきた白鳳美術を取り上げ、その魅力を追求します。 」
とのことです。

奈良国立博物館のhpです。→http://www.narahaku.go.jp/

« 諏訪大社上社 前宮 そして諏訪湖 八ヶ岳遠景 4 | トップページ | 奈良市民体育大会 水泳競技会へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 諏訪大社上社 前宮 そして諏訪湖 八ヶ岳遠景 4 | トップページ | 奈良市民体育大会 水泳競技会へ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31